繋がるご縁

利庵さんのお家からパイン君が脱走してしまいました

 

まだ遠くには行っていないと思います

 

仕事中メール確認ができませんので

 

目撃情報はできるだけ早く利庵さんにお知らせしたいので

 

利庵さんのインスタにダイレクトメッセージで

 

ご連絡をお願いいたします

 

 

利庵さんのインスタ

 

 

 

いつもは大丈夫な猫さんも

 

何故かある日突然、帰宅する飼い主を待ちかまえていて

 

ドアが開くのと同時に

 

飛び出す事があります

 

もしかしたら聞きなれない音がしたとか

 

雷が鳴っていたとか、外を見かけない野良猫が通って興奮して

 

いたりと理由はいろいろだと思いますが

 

いつもは飛び出してもその場でコロコロ転がるでも

 

一気に見えなくなるほど走って逃げてしまう事もあります

 

 

 

 

でも、玄関に猫が行かないような工夫は出来ると思いますので

 

脱走防止対策を皆様ももう一度しっかり見直してくださいね

 

 

リードのお散歩やベランダの日光浴も同じです

 

いつもは大丈夫は、いつか取返しのつかない事故につながります

 

リードのお散歩している時に

 

犬に襲われて亡くなった猫の話や

 

すっぽ抜けて行方不明になった猫の話を何度も聞いた事があります

 

猫に興奮する猟犬の血の入ったわんちゃんが

 

本能で飛び掛かる事があり

 

飼い主さんがいてもそのとっさの力に

 

犬のリードが手を離れます

 

ワンちゃんが悪いのではありません

 

猫を危険な散歩に連れていく事が事故の原因です

 

 

里親様からのご連絡で一番辛いのが脱走です

 

病気で死ぬ事よりも脱走は辛すぎて

 

無事に保護できるまで忘れることはできません

 

脱走した猫はもっと辛い思いをしているはずなので

 

 

 

パイン君が無事に戻ってきますように

 

利庵さんもパインを探しまわって

 

心身ともにお疲れだと思います

 

にゃんちさんが保護した時は

 

外でも人に寄ってくる甘えん坊さんでしたので

 

目撃情報があった時に利庵さんがお仕事で行けない時に

 

お近くの方で駆けつけられる方もいましたら

 

連絡先をお知らせいただけると大変助かります

 

 

パイン大好きな利庵さんの所へ戻っておいで!

 

今年の夏は雨が多かったですね

 

湿度が高く、猛暑日が続いた時

 

何故か冬の間は全くいないコクシジウムが

 

保護された子猫たちの便に出たとあちこちで聞きました

 

 

 

何度も検便しているのに何故?と思いましたが

 

パルボも同じように気温や湿度で眠っていたウィルスが

 

活発になる時に弱っている子や免疫力の低い子猫に

 

発症するのかもしれませんね

 

 

元気に見えても保護して2週間の隔離の必要性を

 

猫のようちえんさんの記事を見ると分かります

 

 

保護活動をしている皆様必見です↓

 

 

http://nekonoyoutien.seesaa.net/article/482462371.html

 

 

隠れパルボの説明↓

 

http://nekonoyoutien.seesaa.net/article/457322517.html#comment

 

 

 

威嚇している写真の黒猫君はビビりなマト君

 

保護の相談を受けたメールには

 

半月ほど前に現れた子猫と書いてありましたので

 

お家で保護されているんだと思いましたが

 

写真を送っていただくようお願いしましたら

 

 

 

 

 

家族に猫アレルギーの方がおられ

 

子猫はまだ外にいました

 

 

 

カラスにいつ持っていかれてもおかしくないので

 

保護しに行きました

 

最初は母猫がいたそうですが

 

全く姿を見なくなり、事故にあったのかもしれません

 

 

餌を待つようになり、足元にスリ寄ってくる甘えんぼさん

 

山道をくねくね、田畑にかこままれた場所で

 

目印も何もないので迷いに迷ってたどりつきました

 

 

保護主さんが抱っこして連れてきましたが

 

私を見て逃げようと飛び降りそうな所をキャリーに入れましたが

 

 

キャリーの中でシャーシャー怒っていました

 

 

左目の上には怪我の跡でしょうか

 

カラスにつつかれたり、どこかから落ちたりしたのかも

 

今でも抱こうとすると怖がって逃げようとしますので

 

 

怖がりでもいいよ、ゆっくりお家に慣れればいいよ

 

と、暖かく見守ってくださる里親様を探しています

 

 

少し前に保護したキジトラのチーチーもなかなかご縁が無く

 

寂しくしていましたので

 

 

マト君とチーチー君を一緒にしています

 

まだまだちびっ子ですが、子猫の成長はとても早いので

 

里親様にこの可愛い時期を一緒に過ごしてもらいたいな

 

 

 

多頭飼育のお家から保護した赤ちゃん猫たち

 

エータ、シーナ、フータが里親様の元へ行き

 

幸せになりました

 

近況も載せていますので見てくださいね

 

 

 

白黒のディータは少し瞼に後遺症がありますが

 

視力も失わずとても可愛く成長しました

 

 

 

 

 

背中の水玉模様があります

 

ずっとの家族ができますように

 

 

 

 

 

生きるか死ぬか毎日が不安だったジータ君

 

集中治療室で長い間入院して元気になりました

 

 

 

大きくなりましたよ

 

片目は失明していますので

 

眼球摘出手術を予定しています

 

うんちがなかなか出なくて、退院してからも通院が続いていましたが

 

元気で甘えんぼさんの男の子です(ジータ君お申込みが入りました)

 

 

下剤などでなんとか自力でうんちが出てくれるように

 

なってきました

 

 

 

 

ジータたちのお世話をしているTさんの紹介で

 

少し前に外で暮していた

 

オッドアイの白猫みぃちゃん(元ミルキーちゃん)が

 

里親様に迎えていただき

 

 

 

 

 

その後、お友達にとスカイちゃんも迎えていただきました

 

 

みぃちゃんはくぅちゃん(元スカイちゃん)が来てから

 

2階から降りてこなくなっていて

 

ご飯をあまり食べなくて、おしっこも出ていないのではと

 

心配になり、里親様は獣医さんに連れて行ってくださったのですが

 

おしっこはたまっていませんでした

 

検査のための鎮静でそのまま獣医さんで

 

みぃちゃんは亡くなってしまいました

 

 

 

 

ワクチン接種の時にも呼吸がおかしくなっていて

 

先天的な疾患を持っていた可能性が高く

 

突然のお別れで里親様ご家族がどんなにショックだった事か

 

yunoさんのご紹介で繋がったご縁で

 

みぃちゃんとの出会いや猫との生活の楽しさを

 

yunoさんのお店にも何度も

 

ご報告してくださっていました

 

 

 

Tさんはみぃちゃんが亡くなった事を

 

保護主さんにお知らせしなくてはと思いつつ

 

なかなか連絡できなかったそうですが

 

先日偶然、にゃんむす、Tさん、みぃちゃんの保護主さんが

 

獣医さんの待合室で一緒になりましたので

 

みいちゃんの事をお話する事ができました

 

 

みぃちゃんは短い命ではありましたが

 

里親様のご家族に愛され幸せだった事を喜んでくださり

 

外にいたままだったら、誰にも知られず

 

亡くなっていたと思いますので

 

里親様に辛い思いをさせてしまった事が

 

申し訳なかったです

 

 

その時、保護主さんのキャリーには

 

黒い子猫が入っていました

 

 

 

敷地内に迷い込んだ子猫で、餌をあげていたそうですが

 

ぐったりしていたのを見つけ

 

獣医さんで診ていただいたら

 

どうやらムカデか何か毒のあるものに噛まれたようで

 

噛まれた所が熱を持って腫れていたそうです

 

今日はその再診で来ていました

 

実は予約は昨日だったのですが

 

走り回って、捕まらず予約をキャセルして

 

今日連れてきたと言うので

 

偶然、Tさんや保護主さんにお会いできたのは奇跡のよう

 

まだ子猫ですし、里親探ししませんか?とお話しました

 

 

 

保護主さんもお家の猫が5匹に増えていましたし

 

子猫が元気になったのでまた外に戻すつもりでいたようですが

 

その場でウィルス検査もしてくださって

 

里親様を探す事になりました

 

 

 

 

 

 

獣医さんから帰宅して1時間ほどたった時

 

みぃちゃんとくうちゃん(スカイちゃん)の里親様から

 

もう1匹お家に迎えたいとご連絡があり

 

 

たった今獣医さんでみぃちゃんの保護主さまに会った事や

 

保護した仔猫を連れてきた事

 

その時スカイちゃんの保護主でもあるTさんもいた事をお話したら

 

『この子は家に来る事になっている子なんだと

 

みぃちゃんから繋がったご縁』と

 

黒猫ちゃんを迎えてくださる事になりました

 

 

名前はちぃちぃちゃんになりました

 

 

お家に着いて最初の写真は

 

 

「さっそくキャットタワーに登りました

 

秒で仲良くなりました」と

 

近況の可愛い写真、この後にも載せていますが

 

くぅちゃんもちぃちぃちゃんも順応性の高いのに驚きます

 

 

 

みぃちゃんやちぃちぃちゃんが保護されたお家では

 

3年ほど前にあっと、もっと、きゅっと、おっとっとを

 

Tさんが保護してくれて

 

当時はにゃんむすもワンニャンクラブの保護部屋で

 

猫たちのお世話をしていましたので

 

よく覚えています

 

 

あっと、もっとたち4兄弟には実はもう1匹三毛猫の兄弟と

 

母猫あなごちゃんが保護主さんがお家の子になっていると

 

聞いて写真を送っていただきました

 

 

 

 

↓の写真の白猫さんがお母さんのあなごちゃんです

 

 

そして兄弟は三毛猫のあんずちゃんです

 

インスタやメールで兄弟たちの近況をいただいていましたので

 

保護主さんに幸せに暮らしている写真を見ていただきました

 

 

 

外で暮している猫さんたち

 

きっと助けたいと思っていても

 

保護できずにいる人も多いと思います

 

 

たとえ全部の猫を救う事ができなくても

 

たった1匹でも、寒さや飢えや危険な事から救ってあげれるなら

 

手を差しのべて欲しいです

 

 

 

 

現在利庵さんの所にいるりんちゃん(元おりんちゃん)

 

フータがトライアルに行ったお家の先住猫さんマロ君(元ペロ君)を

 

トライアルをしてくださった里親様から相談がありました

 

 

(トライアルは2回頑張ってくださいましたが

 

先住猫さんとうまくいかなくて2匹目を飼う事を断念されました)

 

 

 

 

昨年12月に雑木林で耳カットのある地域猫に出会ったそうです

 

メールをいただいた日に、別の場所で地域猫の子が

 

亡くなっていたのを知ったそうです

 

 

餌をあげている子も明日の命の保証はありません

 

何とか幸せにしてあげたいのに保護してやれないと

 

餌をあげていてだんだん苦しくなりますね

 

同じ思いの方も沢山いると思いますが

 

できない事を考えるより

 

今できる事は何だろうかと考えて

 

行動する事が命を救う第一歩になります

 

 

 

まずは預かり先を探す事(ウィルス検査が陽性かもしれませんので

 

隔離できるお家か先住猫さんがいないお家がいいですね)

 

預かり先が見つかれば保護機を使い保護

 

 

保護する前に、保護機に入った状態で

 

 

人馴れしていない野良ちゃんの診察をしてくれる獣医さんを

 

探しておきましょう

 

 

近くの保護団体や保護活動家に獣医さんを

 

 

教えていただくのも良いと思います

 

 

 

すぐにウィルス検査やワクチン接種をしておき

 

うんちが出ていたら検便をしておきましょう

 

未去勢の猫の場合は手術も予約確認しておくと良いですね

 

 

あとは出来るだけ触れるようになるよう

 

愛情いっぱいで人馴れ修行しながら

 

 

里親募集サイトで気長に里親様を探しましょう

 

 

 

すぐに見つかる場合もあれば何年もかかる場合がありますので

 

預かりを申し出た方は長期になる事も了解の上で

 

フードや医療費の事も保護主さんと預かり先で

 

しっかりお話しておきましょう

 

 

世話をする人は猫に情が移りますので

 

里親様を決める時の条件も

 

年齢制限や家族構成

 

お住まいの環境など

 

 

里親様を決める条件にはこだわりや個人差がありますので

 

預かりする人と保護主さんで

 

事前に話合い、どんな環境であれば譲渡できるかを決めておかないと

 

もめてしまう事があります

 

 

 

 

 

今回、ご相談の猫さんは右耳カットなので男の子だと思います

 

仮の名前は「まりも」とつけているそうです

 

まりも君と出会った経緯と性格を

 

お聞きしました ↓

 

 

 

『怖がりですが、甘えたい気持ちもあるらしく
近くでじっとしていることがあります。
少し、おっちょこちょいな感じです。
ときどき鳴いて、目をしばしばさせてくれるようになりました。
2021年12月の積雪の日
六甲山の雑木林の溝のなかにうずくまっていました。
周辺には噛み切られた菓子袋やスーパーの袋が
散乱していましたが
定期的に餌を与えている人もいない様子なので
以来、雨風をしのげるハウスを雑木林内に置いて
毎日餌をあげています。』

 

 

 

 

家族に迎えてくださる方いませんか?

 

野良ちゃんの扱いに慣れている方でないと

 

ゲージに入れたり、キャリーに入れたり

 

出来ないと思いますが

 

人馴れ修行も兼ねて預かっていただけるお家も探しています

 

 

里親応募フォーム からご連絡ください

 

お繋ぎいたします

 

六甲山は気温も低く雪が降る事も多いですね

 

今年の冬は暖かなお部屋で暮せますように

 

 

 

 

 

Hさんが保護したコテツ君

 

ワクチン接種も2回済んだとご連絡いただきました

 

外で育った子ですが

 

すっかり慣れて可愛いですよ

 

コテツ君には兄弟がもう2匹いましたが

 

Tさんが保護機で保護してくれました

 

 

怖がりの小太郎君

 

少し触れるくらいにはなりました

 

 

 

濃いめのキジトラの可愛いお顔の男の子です

 

 

 

 

ムギワラ色の小夏ちゃん

 

お顔も目もまん丸で

 

とても可愛いですね

 

慣れてきていますので

 

縁が見つかりますように

 

 

 

 

 写真で見るより小さいですが

 

3兄弟は生後4か月ほどになると思います

 

 

 

 

コロナの事もあり、なかなかご縁探しが難しい時期ですが

 

淡路島の行き場の無い猫たちを

 

迎えてくださると嬉しいです

 

 

 

 

いつも緊急な時に預かりをしてくれているAさん(80代の方です)から

 

連絡がありました

 

 

洲本のイオンの近くの公園の駐車場で

 

車の中から子猫の鳴き声がしていたそうで

 

車の持ち主さんは旅行者だったのかわかりませんが

 

警察を呼んだようです

 

 

警察官がボンネットをあけて見ても

 

子猫を出す事が出来ず

 

近くの自動車修理の会社に連絡が行き

 

修理士さんがバッテリーなど外して子猫を出そうとしても

 

だめで、たまたまその修理士さんが

 

先日Aさんに子猫を保護して預かっていただいたそうで

 

 

Aさんが呼び出されました

 

ボンネットの中の機械の隙間に小さな耳だけが

 

見えていたそうで、Aさんがそっと耳をつまんで

 

引っ張り出し、首の皮を掴んで保護する事ができました

 

人馴れしていない子でしたので

 

Aさんでなければ引っ張りだしても

 

走って逃げてしまった事でしょうし

 

警察が連れて行けば

 

 

数日でセンター行きです

 

センターでは野良猫は殺処分になります

 

 

Aさんにつながったおかげで命拾いしましたね

 

ガリガリに痩せて、脱水していた小さな子猫

 

いったいどこでボンネットに入って

 

運ばれてきたのでしょうね

 

8月15日の真夏でも、子猫はボンネットに入ってしまうのですね

 

冬の寒い時期なら、エンジンを止めたばかりのボンネットの中が

 

暖かいので冬だけのような気がしますが

 

 

実際には年中ボンネットの中に子猫が入り込んでいるようです

 

入れないような車体を作って欲しいですね

 

 

 

キャリーを開けるとシャーシャー威嚇していましたが

 

ご飯をあげるとすぐにゴロゴロなついてきました

 

お盆に保護されたこぼん君

 

沢山食べて、元気になったら

 

めちゃめちゃ可愛いお顔になりましたよ

 

 

 

サランちゃん(元ムギティ)と

 

アムールちゃん(元チャノン)を迎えてくださった

 

里親様からすぐにお申込みいただいて

 

風邪の治療のお薬が終わったので

 

健康診断をしていただいてから

 

お迎えしていただきました

 

 

 

 

 

先住猫のアムールちゃんと

 

早速仲良く遊ぶ動画を送っていただいて

 

可愛い~と思ったのも束の間

 

 

里親様から「この子の耳大丈夫ですか?」と

 

耳の写真が届きました

 

 

わ~!

 

これは真菌では。。。

 

いつもは初診でブラックライトで真菌の検査をするのですが

 

お盆休みで休診日の獣医さんに

 

ジータのうんちが出ないのでとTさんが獣医さんに預け

 

夕方迎えに行くと聞いたので

 

時間を合わせて保護した仔猫を連れて行ったのです

 

 

 

 

休診日でなければ全身の健診をしてもらったのですが

 

風邪の薬とウィルス検査だけでも良いのでと

 

お願いしたのです

 

 

 

検便は後日、便だけ持って行き

 

風邪の薬が終わったので2度目の診察の時に

 

風邪の症状と耳の中が汚れていたので診てもらい

 

 

初診では無いからブラックライトの真菌検査を

 

先生はしませんので

 

本当にうっかりしていました

 

 

でも、お迎えの当日、キャリーに入れる前に

 

真菌とか無いよね?と思いながら

 

顔や手足にハゲが無いか確認したのですが

 

たぶん、キャリーに入れる時に洗濯ネットに入れましたので

 

網でこすれて、カビの生えていた耳の毛がごそっと抜けたのでしょう

 

 

先住猫さんをすぐに洗っていただくようお願いして

 

ご家族のみなさんもすぐにお風呂でしっかり体を洗って

 

子猫は別の部屋でゲージから出さないようにと

 

お伝えしました

 

 

 

初日から里親様に大変な思いをさせてしまいました

 

翌日獣医さんに連れて行ってくださって

 

真菌の薬を処方していただいて

 

しばらくは投薬と隔離になってしまいました

 

 

 

連れて行った病院は

 

以前里親様からどこか良い獣医さんが無いかと聞かれ

 

わりと近くのお住まいのアメリオままさんにに教えていただいた

 

獣医さんがかかりつけになったそうです

 

 

 

 

こぼん君は保護して2週間過ぎていましたし

 

他の猫に接触も無く、真菌の猫もいませんので

 

他の猫からの感染では無さそうです

 

 

 

真菌はどこにでもいる菌なので

 

免疫力の低い子猫に発症してしまうのでしょうね

 

 

塗る薬やシャンプーではなかなか治らず

 

症状が悪化したり、他の猫に移りますので

 

真菌の疑いがある時は培養検査の結果を待たずに

 

真菌の飲み薬をを処方してもらう事で

 

早く完治できます

 

2週間薬を飲ませれば、ほぼ感染力が無くなります

 

4~5週間の投薬は長いですが

 

里親様に申し訳なくて

 

でも、里親様から『にゃんむすさんが悪いわけではありません

 

たまたまです

 

獣医さんも保護団体さんのせいではないからねと

 

私もそんなふうには思っていませんよ』と

 

優しい言葉をかけていただいて救われました

 

 

 

湿度の高い時には、真菌に気をつけたいと思います

 

 

1日だけ写真を募集ページに載せた2匹の子猫たちですが

 

母猫の姿は無く

 

どうして子猫だけで

 

このお家に迷い込んだのか

 

 

ボンネットの中に入って運ばれた?

 

 

 

 

その日はお見合いの子猫の引き渡しがあり

 

朝から忙しい1日でした

 

 

 

お見合いの後、さきちゃんの避妊手術のため

 

獣医さんに連れて行き

 

 

フードやチップ、ゴミ袋やキッチンペーパーなどの

 

買いだしに少しでも安く買える所でと何軒かまわって

 

 

亡くなった猫に買いためてあった

 

 

フードを渡したいという方と待ち合わせをして受け取り

 

同じ場所でにゃんちさんからIさんのお野菜を受け取り

 

暑さでにゃんちさんと汗だくになって

 

今日の暑さはすごいねと話して

 

お見合いでもらわれた子のゲージを解体して洗うために

 

雑貨屋さんの家に行く途中の道で写真の子猫たちの話を聞きました

 

 

こぼん君の真菌が付いているゲージなので

 

自宅に戻り、漂白剤で念入りに洗わなければと

 

炎天下の外でゲージを洗っているうちに

 

気分が悪くなり、そういえば朝から走り回って

 

コンビニの駐車場で朝ごはんをかき込んで

 

一度も水分補給をしないで走り回っていたと気付き

 

 

これは熱中症だ。。。やばいな

 

 

 

何とか日のあるうち子猫たちを探しに行けないだろうかと

 

思っていましたが、ひどい頭痛と吐き気で

 

ダウンしてしまいました

 

 

 

翌日は仕事が残業で遅い時間になってしまい

 

子猫が迷い込んだ家から50㎞も離れた場所でしたので

 

探しに行けたのは午後8時頃でした

 

真っ暗な中、イノシシの鳴き声がしていて

 

家の敷地内しか探せませんでしたが

 

朝から全く姿が無いらしく餌も減っていないと言うので

 

もう、ここにはいないと思いました

 

 

その後も子猫たちは現れなかったそうです

 

 

 

 

 

小さな子猫は本当に短時間でカラスなどに命を奪われます

 

母猫がいて、戻ってきて連れて行ったと思いたいですが

 

母猫と一緒でも、外で生きていくのは

 

本当に過酷だと思います

 

 

餌を求めてさまよう猫がゼロになる日が来るのかな

 

 

 

 

アメロとみつは、シャアちゃんの里親様のHさん

 

保護した猫さんが腎不全末期で毎日点滴をしているそうです

 

 

里親募集のページのグレーのジロ君も

 

 

Hさんが仕事の途中で見かけ、保護した仔猫です

 

里親探しも頑張っておられ

 

ジロ君は1週間後にトライアルが決まったそうです

 

 

 

 

沢山の野良猫のいる場所がありHさんは

 

神戸の猫とわたしのスペイクリニックさんに相談され

 

6匹の猫の手術をしていただいたそうです

 

 

 

 

 

2匹の猫は術後戻されましたが

 

残りの4匹は母猫と3匹の子猫ですので

 

 

 

何とかこの親子の猫の里親探しをしたいと

 

Hさんはあちこちに相談していましたが

 

どこもいっぱいでなかなか預かり先がみつかりませんでした

 

 

以前にゃんむすがお世話になった

 

タムちゃん(元ゆうちゃん)とバイ君(元イゴ君)の里親様

 

らぽーるのMさんが預かってくださる事になり

 

これから検便で出た虫の駆虫と

 

人馴れ修行をしながら里親様を探します

 

 

TNR予定の猫たちも

 

必死になって何とか幸せにとHさんのように

 

いろんな人に相談をすれば

 

同じ思いの人が助けあい

 

猫たちは幸せになれるチャンスが見つかるかもしれません

 

沢山の猫のいる場所なので

 

きっと沢山悩んでTNRをするのに勇気がいったと思います

 

 

 

 

 

お母さんだけでも良いですし

 

子猫1匹でも家族に迎えてくださる方いませんか?

 

HさんとMさんにお繋ぎします

 

お見合いは加古郡の稲美町でとなります

 

親子の猫のお問合せはこちらから

 

里親応募フォーム

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

生糸君(元ひなた君)、衣織ちゃん(元ハピちゃん)の里親様が

 

可愛いまきびしを作って、メルカリで販売して

 

保護猫たちへとご支援してくださいました

 

猫も里親様も

 

みんなが幸せな気持ちになりますね

 

ご支援本当にありがとうございます

 

 

里親様からLINEで近況も届くので

 

時々LINEでお話していましたが

 

今回は緊急な子猫の保護でご連絡がありました

 

 

昨夜の夜中から子猫の声がしていたそうで

 

隣の車屋さんの車の中に子猫が入り込んで

 

出て来ないと

 

保護機の貸し出しも時間が遅くみつけられなかったようで

 

 

里親様の住所がにゃんむすのメルボルン時代からの

 

友人の家の近くでしたので

 

同じ活動を大阪でしている彼女なら

 

保護機を確実に持っているはずなので

 

連絡しました

 

 

30分ほどで借りに行ける近さでしたので

 

里親様が借りに行く事ができました

 

 

車屋さんが子猫を引っ張り出す事が出来たそうで

 

 

保護機にとりあえず入ってもらっていますと

 

 

 

 

無事に保護できるとほっとしますね

 

きっと鳴き声が気になって寝不足だったと思います

 

安心して猫も里親様もぐっすり眠れますね

お顔を見るとボンネットでついた傷にも見えますが

 

このハゲ方は真菌かもしれないと里親様にお伝えすると

 

獣医さんも疑って培養検査をしてくれていました

 

先住さんたちとも隔離しておられましたので良かったです

 

 

この子をお家の子にするとお聞きして

 

本当に嬉しく思いました

 

大きな声で鳴いて、きっと気になっていた人も沢山いたでしょうね

 

でも、保護しようと行動出来る人はなかなかいません

 

 

 

みんなと対面できる日が待ち遠しいですね

 

 

 

 

ご支援のご報告と卒業生たちの近況報告

終わりの見えない活動ですが

 

ご支援してくださっている皆様のおかげで

 

猫たちにご飯を食べさせ、医療にかけてあげる事ができ

 

本当に感謝の気持ちでいっぱいです

 

ありがとうございます

 

ここからは

 

ご支援のご報告と近況報告です

 

洲本市 K.M様  まと君保護主様

 

引き渡しの日はお別れが辛かったと思います

 

ご寄付をありがとうございました

 

 

 

 

 

淡路市 T.H様 さーみんちゃん保護主様 アメロみつはシャア里親様

 

さーみんを一緒に保護された方からもご寄付をいただきました

 

ありがとうございます

 

TNRもお疲れ様でした

 

親子の猫さんも良いご縁がありますように

 

 

淡路市 Y.A様

 

保護機を返しに来てくださった時にお礼をいただきました

 

保護できなかった事が本当に残念です

 

保護依頼は一か所であきらめないで

 

沢山の人に声をかける事で助かる命もあります

 

 

南あわじ市 M.T様

 

慣れていない野良ちゃんの保護時や

 

通院に必需品です

 

ありがとうございます

 

 

神戸市 Y.Y様 うるるちゃん(元フォルテ)里親様

 

毎月沢山のフードやおやつをありがとうございます

 

だんだんわがままになってくる猫さんたちですが

 

種類が変わると食べてくれます

 

食べてくれる事が嬉しいです

 

ちびたの保護主様 南あわじ市 I様

 

 美味しいお野菜をありがとうございます

 

じゃがいもは生ハムとブラックオリーブとアンチョビの

 

ポテトサラダにしました

 

ほくほくでめちゃめちゃ美味しかったです

 

那須はグリルして皮をむき、オリーブオイル、塩、

 

アンチョビ、にんにくをブレンダーで混ぜて

 

バケットに乗せて食べたら最高に美味しかったです

 

たまねぎは縦に四つ切にして

 

一枚一枚はがして天ぷらにすると

 

いくらでも食べれるほど美味しいです

 

みなさんも淡路島に来た時は産直でお野菜買って

 

是非試してみてくださいね

 

アンチョビは苦手なんですが

 

隠し味に使うと臭みがうま味に変わりますね

 

 

 

 

阿南市 M.S様  シーナちゃん里親様

 

風邪をぶり返し、治療を続けてくださってありがとうございます

 

 

かなりのお転婆さんのようで

 

起きている時はじっとしていないようです

 

お子さんのゲームも邪魔してますね~

 

 

 

 

丸亀市 S.S様 エータ君里親様 

 

美味しいお土産とご寄付をありがとうございます

 

 

距離のあった先住のミーちゃんとも

 

少しずつ縮まってきたそうです

 

やんちゃすぎてミーちゃんも子猫のパワーは

 

きっと大変ですね

 

 

メルボルン Uちゃん 

 

愛猫のるいちゃんが亡くなって

 

また猫と暮らしたいUちゃん

 

日本に帰国予定なので

 

淡路島の猫たちに会いに来てね

 

待ってますよ~

 

 

 

南あわじ市 ミルキーちゃん、クロチビちゃん保護主様

 

クロチビちゃんのパウチをありがとうございます

 

ミルキーちゃんがクロチビちゃんのご縁を結んでくれましたね

 

きっとトラ君とミルキーちゃんお空で走り回っていると思います

 

 

 

 

神戸市 T.K様 クロチビちゃん、ミルキーちゃん里親様

 

ご支援の物資、美味しいお土産もありがとうございます

 

 

 

 

あっという間に仲良しになって本当にビックリですね

 

くぅちゃんもちぃちぃちゃんも

 

嬉しそう

 

2匹ともお膝猫ですね

 

 

 

ももしゃんさんからいただいたギフト券で

 

購入させていただきました

 

 

みんな食いしん坊なので

 

なんでも食べますが

 

パウチやおやつが好きな子多いですね

 

ゲージで狭い思いさせているので

 

喜ぶ物を食べさせてあげたいです

 

 

 

神戸市 M.T様 ムギティ、チャノン、コボン里親様

 

ご寄付と美味しいお土産をありがとうございます

 

迎えてすぐに真菌で通院になってしまい

 

お世話をおかけしています

 

薬が効いて、早くサランちゃん、アムールちゃんと

 

遊ばせてあげたいですね

 

 

 

 

 

神戸市 H.S様 はじめ君(元善君)、たける君(元豆茶君)里親様

 

アレルギーの猫用の療法食にもいろいろな種類があるのですね

 

さきちゃんのアレルギーも心配してくださってありがとうございます

 

何とか嘔吐が止まったので

 

さきちゃんに合うフードで喜んで食べる事ができる物が

 

見つかると嬉しいです

 

アレルギー検査では少し反応する物がいくつかありましたが

 

陰性の範囲でした

 

いろいろ試して、さきちゃんが食べられるフードが

 

いくつか見つかりそうです

 

 

南あわじ市 K様 

 

同じ南あわじ市在住なんですね

 

暑い中、物資のお届けありがとうございました

 

預かり先や外猫やTNRの猫たちに餌をあげている方にも

 

分けていますのでどんな種類のフードでも嬉しいです

 

 

 

 

 

大阪府 K.M様 ジジちゃん(元アロマちゃん)里親様

 

支援物資のページに載せている物を

 

選んで買ってくださったのですね

 

沢山送ってくださってありがとうございます

 

保護する予定だった子猫たち

 

無事に成長して保護できますように

 

 

 

うぶちゃんまま様  千葉県 Y.S様

 

いつもご支援をありがとうございます

 

トイレ用品やご飯本当に助かります

 

にゃんむすたちへの差し入れも沢山ありがとうございます

 

体の事を考えてくださったり

 

猫たちに何が必要かと

 

選んでくださっている事が伝わってきます

 

 

 

 

 

 

トライアルのフータ

 

茶トラの先住猫マロ君は元ペロ君です

 

 超の付く怖がりなマロ君なので

 

トライアルを延長して頑張ってくれました

 

 

トライアル終了、正式にお迎えとなりました

 

フータはてん君になりました

 

冬にはくっついて寝ると暖かいね

 

 

 

 

あわちゃん(元サーミンちゃん)

 

野球のボールをナイスキャッチ!

 

いいお顔になってきました(´艸`*)

 

呼吸は相変わらず早いようですが

 

元気いっぱいだそうです

 

 

銀太君トライアル終了、正式にお迎えとなりました

 

先住猫さんに毎日毎日飛び掛かって

 

忍耐強く銀太につきあってくれてますね

 

子猫が落ち着くのっていつくらいかな

 

個体差があると思いますが

 

生後3か月くらいがピークでしょうか

 

 

 

 

 

ムギちゃんをいちまる君がなめてあげてるそうです

 

いちまる君ムギちゃんと仲よくなってきましたね

 

バルコニーにいたセミを

 

並んで見ている姿が可愛いですね

 

 

 

 

レオ君(元りぃ君)2才になったそうです

 

お店の駐車場でミルティちゃんのママさんが保護した子でしたね

 

 

段ボールを置いたら

 

猫たちは入らずにいられませんね

 

箱にはまっている猫を見るとにやけるのは何ででしょう

 

 

 

 

スバル君ソウ君

 

里親様が昨年夏に保護してくださったメイちゃん

 

3匹で大運動会をする事もあるそうです

 

よく見ると白い毛があるのがスバル君

 

キジトラがそう君

 

オレンジがかったムギワラがメイちゃんですね

 

みんな仲良くなれて嬉しいですね

 

 

高速バス停留所の駐車場でしっぽを怪我していたバース君

 

 

お家での生活に慣れるまで

 

夜鳴きもあったりしましたが

 

少しづつ慣れてきて

 

 

控えめながら遊んだり、里親様がいてもゲージから出たり

 

抱っこはまだできないそうですが

 

徐々に気を許してくれるのが嬉しい毎日ですと

 

 

野良ちゃんの生活をしていた子達が

 

お家の猫になるには

 

いろんな事にとまどいがあるようですが

 

暖かく見守ってくださって嬉しいです

 

 

 

タムタムちゃん

 

ちょっと前に届いた近況の動画からのショットなので

 

今はもっと大きくなっていますね

 

先住のマロンちゃんと格闘技を披露してくれているそうです

 

運動神経抜群だそうです

 

 

 

まるちゃん(元福太郎)とムギちゃん(元ひいらぎ)

 

めちゃめちゃビビりな2匹だったのに

 

こんなに新しい生活に馴染んで

 

里親様の愛情は本当にすごいな~といつも感動します

 

 

きっとキャリーに入れたりするのも

 

捕まらないのでは心配していましたが

 

獣医さんで爪切ってもらったそうで

 

 

猫たちもきっと家族になった事

 

分かっているんですね

 

 

 

なるチャン(元ちょびた)

 

あいかわらずなおっさんな寝方に笑ってしまいますね

 

しぶい顔して、どんな夢見てるのかしら

 

癒されますね

 

 

 

パン君(元カシス君)、テン君(元シャイン君)

 

すっかり仲良しになって

 

パン君がテン君を毛づくろいするようになったそうです

 

体重も2.5㎏と1.9㎏に

 

子猫の成長は早いですね

 

 

 

 

 

 

 

ランちゃん(元ニンニンちゃん)

 

動画でお座りやお手ができるランちゃんすごい!

 

 

寝る時はいつも里親さまと一緒のランちゃん

 

噛み噛み魔なので足はきずだらけだそうですが

 

可愛くてたまらないランちゃん

 

ちっちゃかったのに大きくなりましたね

 

 

 

 

まきびしの制作、販売の売り上げより

 

ご寄付をありがとうございます

 

新しい家族が増えましたね

 

インスタでいつも幸せいっぱいの写真を楽しみにしています

 

 

 

つむぎ君、むすびちゃん、生糸君、衣織ちゃんと

 

仲良しになれるといいですね

 

 

8月の会計報告

香川県  S.S様   20000円  エータ里親様

 

洲本市  K.M様   5000円  マト保護主様

 

淡路市  T.H様   14000円  サーミン保護主様アメロみつは里親様

 

神戸市  H.S様   10000円  善、豆茶里親様

 

神戸市  M.T様   10000円  ムギティ、チャノン、コボン里親様

 

 

洲本市   K.T様   30000円   ちゃぼ、みけみけ保護主様

 

香川県   T.M様    5000円

 

岡山県   M.U様   10000円   ひいらぎ、福太郎里親様

 

横浜市   M.Y様   3000円   菊次郎里親様

 

四万十市  S.K様   30000円  

 

南あわじ市 T.K様   3000円   ハピタ、ハピ里親様

 

不明    A.K様   20000円  

 

横浜市   S.I様    3000円

 

淡路市   M.S様   3000円  すず、ねね里親様

 

南あわじ市 Y.N様   10000円  こはく保護主様

 

朝来市   A.I様   3000円   オルセー里親様

 

 

 

 

東京都  popteko様  15000円

 

粘土で可愛い作品を作っておられます

販売し、売り上げからご寄付をいただいています

注文してくださった方ありがとうございます

寄付金もいただきました

制作してくださったpopteko様

ありがとうございます

 

半分をワンニャンクラブさんへお渡しします

 

これからオーダーしてくださる方は

届くまで時間がかかるそうですが

楽しみに待ってくださいね

世界にたった一つだけの作品です

 

 

猫とインコと一緒。Happyな毎日

 

 

 

 

 

尼崎市  yuno様  54600円

もじゃ、レフ、タク、ジャック里親様

 

 

湊川のお店では

にゃんむすびの猫たちの里親募集の写真も

展示してくださっています

 

保護猫たちへのご寄付を

小物の売り上げよりご支援してくださっています

あたたかな気持ちになる作品ばかりです

 

 

購入してくださった方ありがとうございます

毎月ご寄付をしてくださっている方

ありがとうございます

 

制作してくださっているyuno様ありがとうございます

 

yunoのアトリエ

 

 

 

 

堺市    K.T様   5000円 

ひなた、ハピ里親様

 

まきびし制作販売よりご寄付

猫たちが夢中になる手づくりのまきびし

柄も可愛くて、棚に並べても可愛いです

制作、販売してくださったT様ありがとうございます

購入してくださった方ありがとうございます

インスタでお家の子たちがまきびしで遊ぶ姿を

載せているのを見て嬉しくなりました

 

 

 

 

メルカリのショップ

 

 

 

 

 

 

 

収入    253600円 

 

支出    272662円

 

募金振込先

 

 

 

ゆうちょ銀行からの振込み

 

口座記号番号  00990-2-305364

 

口座名称    にゃんむすび

 

 

 

 

他の銀行からの振込み

 

ゆうちょ銀行 

 

店名(店番) 〇九九 ゼロキュウキュウ  (099)

 

口座名称 にゃんむすび

 

口座番号 0305364

 

預金種目 当座