2015年

8月

27日

スヴェン、おりにゃん、みけにゃん卒業おめでとう

アナ母さんの育てていた子猫たちはドライフードも食べるようになり

 

トイレもできるようになり

 

子猫たちだけで過ごす時間を増やしていきました

 

 

最初の卒業は真ん中でひっくり返っている黒い仮面をかぶってるように見えるスヴェン

 

お迎えに来てくださった里親様と性別をもう一度確認してみましたが

 

う~ん、パッと見は男の子のような感じだけど

 

他の子のタマタマに比べると小さくて

 

女の子にも見えましたが、里親様は女の子でも男の子でもスヴェンちゃんをと

 

迎えてくださいました

 

先住猫さんは保健所引出しの子と、福島の被災した猫さんです

 

スヴェンもですが、誰かが手を差し伸べなければ今は生きていなかった子たち

 

新しいにゃんこ人生が始まりました

 

幸せの橋を渡って大阪っ子になりました

 

スヴェン卒業おめでとう

 

 

ミルクっ子4兄弟が保護されたのは七夕の日でしたね

 

ジャズさんがベガちゃん、アルタイル君を育ててくださり

 

Aさんがおりにゃん、ひこにゃんを育ててくださいました

 

おりにゃんとっても可愛いにゃんこに成長していましたよ

 

 

おりにゃんは猫ジルシというサイトで里親さんを探していましたが

 

お申込みをいただいた里親様はなんと卒業生を迎えてくださった方でした


ブログを知らなかった里親様は


お話ししていて、もしかして先住猫を迎えた時に担当だった人とにゃんむすが


同じ人なんてと驚いていました


先住の猫さんの名前を聞いてみると


保護部屋で出産したななみ母さんの子のえっちゃんでした!





前髪のえっちゃんが大きくなってる~~~

 

あっちゃん、いっちゃん、うっちゃん、おっくん

 

そして生まれた日は違いますがマリン、カモメ、セーラの兄弟ですよ~

 

 

 

子育てしていたななみ母さんと5匹の仔猫と


あずき母さんと4匹の仔猫が仲良く一緒に過ごしていましたね


懐かしいですね~


(動画見づらくてすみません (^_^;) )

幸せの橋を渡って神戸っ子になりました


おりにゃん卒業おめでとう


お家に着いてまずは


「のるさん(元えっちゃん)とのご対面ッッ


赤ちゃんは家の中を探索してます。


その後ろを、のるさんが付いて回ってる感じです。 目が合うと


のるさんは、威嚇して唸ってますけどのるさんが、ビビってる感じ(笑)


また、結果報告しますね。」


翌日

 

「おはようございます。。 のるさんは、フーと言って


探るように猫パンチをしてます。 のるさんが、ビビってる感じがします。。


お腹を見せてるのは、敵じゃないよってって言ってるんですね。


それを、聞いて安心しました。


フーと言いながら、ずっと後を追いかけてます。


それも、面白くて微笑んでしまいます。 のるさんが先輩だから


のるさんが、淋しく思わないように二人で、


のるさんを一番だよって分かってもらうようにしてます。


名前はトラッキーで


愛称はラッキーさんになりました。。 また、報告しますね」


その後もいい感じになっていますよ~


近況報告のページに写真を載せますね



この写真はシャイニー、チャミケ、ミケニャンがまだ助けを待っていた時の物です


一番奥にいたミケニャンは卒業生チルチルのお家へトライアルへ行きました


もしも保護されていなかったら


この子たちはこの山道で一生を過ごしたのでしょうか


生きていくことができたでしょうか


三毛猫の姉妹はホクホクさんのお家で預かっていただいて


風邪の治療をしていただいていました


きれいなお顔になって、お見合いで里親様の心をつかんだミケニャン


トライアルはどんな感じでしょうか~







ミケにゃんちゃんのトライアルについて報告です。


トライアル1日目は、ミケにゃんちゃんはソファの下でふくちゃん(元チルチルちゃん)


にシャーシャーと威嚇状態でした。


ふくちゃんはずっと遊んでもらいたそうにミケにゃんちゃんの後ろへ


着いて行ってました。


2日目になると、ミケにゃんちゃんのシャーシャーも落ちつきだして、


オモチャで遊んだりしていましたが、ふくちゃんのオモチャを奪って遊ぶので、


ふくちゃんが遠慮をしていて寂しそうにしていました。


大丈夫かなと心配でしたが、3日目になるとお互いに追いかけ合ったり、


かくれんぼをしたりして、ふくちゃんは、オモチャよりもミケにゃんちゃんに


興味津々になっていました。


また、2匹でキャットタワー遊んだり、ソファでくつろいだり


ふくちゃんがミケにゃんちゃんの耳を舐めてあげるような様子も見られたので


とても良い関係になりました!


さらに、ミケにゃんちゃんは私達にもとても甘えてくれるので


とても満足しています。

という事で、ミケにゃんちゃんのトライアルを終了し、我が家でお迎えしたいと思います。

パン屋ということもあり、パンにちなんで、小麦ちゃんという名前も付けました。

本当にありがとうございました! !︎(^^)


こんなに早く仲良しになれるなんて嬉しいですね



幸せの淡路島っ子になりました


ご実家では「奇跡の猫」で最初に白い子猫をお迎えしていただいてるんですよ



卒業したミケニャンの姉妹のチャミケもひどい風邪でしたが


通院しながら治療を続けていましたので


すっかり風邪も良くなり保護部屋へ移動です




同じニャンコとは思えないほどの変身ぶりにみんなビックリですよ


なんて可愛いお顔に!


チャミケちゃんにキュンときた方いませんか~?



お腹は全体に白いのですが、上から見るとこんな感じの


三毛柄です♡

まだまだ小さなオリーブは本当ならお母さんのお乳を吸っていたでしょうね


アナ母さんの子たちよりずっと小さいのよね



保護部屋では夕方のご飯の後、翌日の朝ご飯まで長い時間あいてしまいます


日に何回も食べさせなければいけないこの小さな子猫の時期には


栄養不足になってしまいますし、風邪の治療中で点眼点鼻もまめにしてあげたいので


ホクホクさんがチャミケと入れ替えでオリーブを連れて帰ってくれました


ワクチンもまだ小さくて打てないので


保護部屋にいるのは本当に心配です


ワクチン後2週間したら保護部屋に戻って来る予定です


でも、留守時間の短い里親様でしたらいつでもお迎えお願いいたします


オリーブに運命を感じた方


ご連絡お待ちしています



こちらはちょっと成長してイケニャンになって帰ってきたハット君


にゃんむすの職場の先輩がワクチン後2週間預かってくださいました


やんちゃで噛み癖が出てきているので他の子と仲良くなれそうなら


同じ年頃の子と一緒のゲージにしてあげたいですね



茶シロの可愛いハット君です


なんでハット君という名前になったんだろう~って思っていましたが


あ!麦わら帽子のハット?


ですよね( ̄m ̄〃)ピッタリだわ




こちらは職場の社長さんの友人が七夕の前日に


子猫の声がすると探して探して、見つけたのは木の上でした


カラスかトンビが落としたのでしょうね生後1カ月にならないくらいの


小さな子が登れるような高さでは無かったようです


6月中旬生まれのマキちゃん、女の子です


里親様を探しておられますが、なかなか見つからず


写真をにゃんむすびに掲載する事になりました


もっと小さい時ににゃんむすも一度会いに行った事がある子なので


弱々しかったマキちゃんが可愛く成長している姿にほっとしました



保護主さまは預かりのボランティアも申し出てくださいました


この子が里親様の元へ迎えていただいた後


お願いできるのは頼もしいです

ビビり兄弟のジュークとブルー


ゆっくり遊んであげる時間が無くてなかなか心を開いてくれないのですが


ご飯の催促はすごいのよ

 

触られるとビクビクしてしまう子たちですが


お家でゆっくり見守ってくださる里親様を探しております



 

この子たちの母猫が先週TNRできたとヒコニャンを預かってくれている


Aさんより連絡を受けました

 

Aさんがこれからは地域猫として見守ってくださる事になりほっとしました



 

保護しに行けなかったので、捕獲機をお貸ししていたのですが

 

初めて使う捕獲機での保護はとても不安でドキドキしたでしょうね



 

サンケ(三毛)猫と呼ばれていたので

 

サンケちゃんと名前をつけました

 

もう過酷な外での子育てはしなくていいけれど


この子もお家で生まれて、大切に育てられていたら


寒い冬もあたたかく過ごせたでしょうね



お見合い候補に何度か上がっていながら

 

なかなか決まらないマリモちゃん

 

ゴロスリでは無いけれど

 

見ていて元気が出たり、癒されたり

 

アイドル的な存在になりそうなんですが

 

 

早く自由に走りまわって遊びたいね

 

マリモは母猫が3匹の仔猫を育てていたうちの1匹ですが

 

子猫の保護とTNRの相談を受けた時はまだ小さくてお乳を飲んでいました

 

にゃんむすがオーストラリアから帰ってきて

 

見に行くと子猫はマリモ1匹だけになっていました

 

人の姿を見ると走って逃げる子たちだったので

 

簡単に人に捕まる感じでは無いのでカラスに連れていかれたか

 

事故あったのでしょうか・・・


 

親子でいる所に捕獲機を置いたらマリモが入り保護できました

 

その後、なかなか母猫が保護できずにいましたが

 

 

ブルーとジュークの母猫をTNRしたAさんから

 

マリモの母猫もTNRできましたと連絡がありました


さすが、今まで個人で50匹以上もTNRしてきた方なので


行動力も見習いたいものです



これはマリモを保護した時に写した写真

 

車の下にいるのがマリモのお母さん

 

名前をレイクとつけました

 

この子も地域猫としてこれから見守っていただく事になりました

 

いつかきっとマリモの里親さんがお母さん猫に

 

マリモを産んでくれてありがとうって思ってくれる日が来るからね

 

ご飯をもらえてもTNRした猫たちはこれから暑い日も寒い日も嵐の日も

 

外で生きていかねばなりません


TNRする必要がない日が淡路島にも来ますようにと心から祈ります



 

 

 

 

 

 

この写真は現在の隔離部屋の様子

 

ゲージが2段ずつぎっしり並んでいて満室状態です


掃除の時にそれぞれ名前のついたキャリーに入れているので


ゲージの上にはキャリーも並んでいます



 

保護部屋は3つの部屋に分かれていて

 

この隔離部屋にはカエラ、プリスの他に(ワクチン未接種で本来なら別の場所での

 

隔離が必要なんですが、他の猫たちがワクチンして2週間以上がたっているので

 

仕方なくこの部屋へ)

 

モコ、ハット、チャミケ、シナ、マリモ、サワ、あんず、サクランボ、りょうすけ

 

みーちゃ、めーちゃ、ゼンチャの14匹がいます

 

 

お隣の大人の部屋には

 

こはく、おくに、コテツ、ひすい、レナ、アナ、クリス、オラフ、エルサの9匹

 

 

そして、その奥の部屋はワクチン済みの子猫の部屋ですが

 

ポール、コバン、ジューク、ブルー、シロ、チャ、メロン、ココナッツ、アルの

 

9匹がいます。この子たちは感染した子もしていない子も真菌の薬を飲んでいるので

 

投薬が終われば全てのゲージや毛布、にゃんもっくを消毒して

 

部屋も壁や床などを消毒してから隔離部屋の仔猫たちを移動する事ができます

 

それまでにあともう10日ほどかかりそうですが

 

その時には預かっていただいてる猫たちが

 

保護部屋へ移動できそうです

 

 

 

部屋に入りきれず、隔離期間でもあるため

 

階段におとめちゃん、廊下にローズちゃん

 

34匹の猫たちが保護部屋にいます

 

預かり猫さんが20匹、その他に入居まちが10匹

 

全部の待っている子が入居できるのはいつになるかわかりませんが

 

そろそろ避妊去勢手術が必要になる月齢の子もでてきそうですね

 


 

*****皆様からいただきましたご支援のご報告******

 

大阪府  J.K様  20000円 ドライフード1

 

京都府  Y.S様  チュール20本、チャオスティック12本、犬おやつ1袋

 

淡路市  M.N様  子猫パウチ16袋、消臭スプレー2本

 

南あわじ市 H様  猫砂2袋、子猫パウチ16個、成猫パウチ16個、ドライフード1袋

 


皆様からのご支援のおかげで


ワンコもニャンコも命を繋ぐ事ができています


本当にありがとうございます

 

 


暑さが少しだけやわらぎ、朝晩涼しくなりました


寒い冬が来る前にどの子も家族ができますように


近況報告ページの更新も今晩中にできそうです


では、今日もあーもんさん、POPTEKOさんのブログへ行ってみましょう~



あーもんさんのブログ


POPTEKOさんのブログ




 

 

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。