2015年

6月

10日

ダイ君、フレアちゃん、アラン君、ミルティちゃん、ぽぽん君、モモンちゃん卒業おめでとう

卒業生がたくさんいて、入居した子もたくさんいて

 

その度にゲージの解体、消毒、組み立て、毛布やベッドは毛を取り除き

 

消毒後洗濯して干します

 

獣医さんでの健診、治療、ワクチンと

 

目のまわる忙しさ



気が付けば子猫シーズンまっただ中ですね

 

 

メールの返信遅れていますが

 

近況、問い合わせには必ずお返事していますので

 

届いていない場合はコメント欄でも良いのでご連絡お願いいたします


近況を送ったのにブログで紹介されないという場合も


すみませんがご連絡くださいね



 

ご支援のお礼が本当に大切なのですが


ブログやご支援のページでの掲載でご確認お願いいたします



 

得にメールアドレスがわからない方には

 

なかなかできていなくて申し訳ないです




お名前だけでのお振込みしてくださる方も


「○○の里親です」「ブログ読者です」「○○を保護した者です」など


通信欄でお知らせいただけると嬉しいです



 

 

 

では、今日もうれしい卒業生の記事から

 

先住猫さんとうまくいかなくて

 

保護部屋に戻ってきたダイ君ですが

 

 

猫さんの相性だけは、私たちにはどうする事もできないので

 

また、良いご縁を待ちましょう


 

ダイ君、幸せはつかもうとすると逃げちゃうよ

 

いっぱい食べて、いっぱい遊んで、いっぱい寝て

 

待っていたらいいんだよ

ここでは、たくさんの人があなたたちの幸せのために

 

ご支援してくれたり、おそうじに来てくれたり

 

獣医さんに連れて行ってくれたりするからね

 

あとは運命の里親さんがあなたを見つけてくれるのを待ちましょうね

 



と、言う間も無くダイ君にお申込みが入りました!

 

一度戻って来た子はついつい慎重になってしまい

 

里親様にはヤンチャなダイ君で大丈夫か

 

1匹で育てると噛み癖が出るかもしれないと

 

不安になりそうな事もいろいろお伝えしてしまいました

 


 

幸せの橋を渡って西宮っ子になりました

 

ダイ君卒業おめでとう

 

 

さっそくお家に着いてご報告をいただきました

 

 

 「本日はありがとうございました


大切な命お預かりいたしました。

家に着くなり 元気に走り回っております

 

トイレも難なく受け入れて排泄しており、

 

食事も摂っております。

 

当方で用意していたものがおそらく同じだったからか?もしれませんが、

 

取り急ぎご安心ください。」
 


 そしてにゃんむすがなかなか記事を更新できずにいる間に

 

次のご報告が届きましたよ

「 こちらに来て毎日元気に走り回り、

 

食欲旺盛、排便も問題なく元気に過ごしております!

 


娘達も新しい家族が増え楽しく、

 

又世話を進んで行っております。

 

名前ですが   そら君と相談し決めました、

 

このまま元気良く育って欲しいものです。

 

また1ヶ月過ぎた頃に連絡しますね、

 

ありがとうございました」

 

ダイ君、いっぱい遊んでもらって

 

すっかり家族の一員になっていますね

 

 

 

 

サビ猫の中でも美人?のフレアちゃん

 

体も小さくて、ご飯たべるのもへたっぴでしたが

 

元気に育ってくれました

 

兄弟たちがみんな里親様の元へ迎えていただき

 

先住猫さんがいるから

 

兄弟と離れても寂しくないですね

 

幸せの橋を渡って姫路っ子になりました

 

フレアちゃん卒業おめでとう

 

さっそくご報告が届いていますよ

 

 

 

 

「こんにちわ。6月6日にフレアちゃんをお迎えして、


今日で3日になりました。


我が家に来て、フレアちゃんからパーピンになりました。

年の近い子とはすぐになかよくなり、


じゃれ合いは激しいですが夜も一緒に寄り添って眠ってます。



長女は、少し離れたところから見守っていますが、受け入れはできているようです。

6月7日に、ちびっ子達の目ヤニか気になり動物病院を受診してきました。


ふたりとも軽い猫風邪をひいたようで、


飲み薬と目薬と栄養補助サプリを処方してもらいました。

今朝時点で目ヤニも止まり、新しい症状もないので引き続き処置を続けています。

食事も水分もしっかり摂取してくれています。

風邪の事があるので、また、近いうちにご連絡させてただきます。」


母猫の免疫力が消えていくこの時期は風邪をひきやすく


お迎えしていただいてすぐに獣医さんのお世話になってしまう事が多いですね


里親様には大変な思いをさせてしまっていますが


お世話をしていただけて、本当に猫たちは幸せですね



 

こちらはアラン君

 

保護部屋ではおっとり系男子で甘え上手でした


でも、甘えん坊さんほど寂しがるので


早くにお迎えが決まって本当に良かったです


保護主さんもご家族と相談して、アラン君を迎えようかとお話ししてたそうです


でも、いつもブログを見てくださってた里親様のご家族が


アラン君を見つけてくださいましたよ


保護主さんもアラン君の幸せをとても喜んでおられます


幸せの橋を渡って神戸っ子になりました


アラン君卒業おめでとう



最初のご報告はお迎えに一緒に来てくれた娘さんからです


「今日は本当にありがとうございました。


たくさんのかわいい猫ちゃん達に会えて嬉しかったのです黒ハート
母は夕食の支度(今ごろ!)で忙しいので私(娘です)が代わりに報告させていただきます

今日は四時に帰ってきてから、すぐにお水を用意したのですが飲まず、


弟と元気に遊んでいました。


(というか、弟があとを追っかけまわしてました)


7:30頃にやっとご飯(大さじ1杯半くらい)を食べ、トイレでおしっこをしました。

その後も私や弟のベッドでうとうとはしますが、


家のなかをで探検したり、弟や私と遊んでいます。



8時くらいにまたご飯を少し食べてました。


が、まだお水は飲んでいません


ウンチもまだです。


あと、全然鳴かないのも少し気になります。


私の部屋のベランダを覗いてます!


きゃわいい! !




弟がすぐ自分の部屋に連れて行ってベタベタしてます。キモいです!

弟といる時、何回かくしゃみしたようで、弟が心配しています。

では、またあしたメールさせていただきますね!


今日は本当にありがとうございました、いい猫ちゃんに出会えて幸せです!

名前は家族が気に入っているのでアラン君のままになりそうです」



( ̄m ̄〃)プププ♪


娘さんの楽しいご報告に笑ってしまいました


弟君、アランを可愛がってくれてて嬉しいですよ~



 

「今日のアランの様子をご報告しますね。

朝7時にゲージを覗くともうおきていたので、


カリカリをあげると、大さじ1杯半くらい食べて、


お水もたっぷり飲んでいました。


一通り家事を済ませて、10時前に覗いた時には、


しっかりとしたウンチもしていました。


そのあと、コクシジュウムのお薬を飲ませましたが、


イヤがらず上手に飲んでくれました。

それからは、昨日とは人が変わったみたいに家の中を走る走る


全然写真が撮れません


近くによってきたと思ったらスルーしてダダダッと追い越していく、


かわいい顔してジッとみつめるので、撫でようとしたら、ガブッ、ネコキックの嵐、


もう腕が引っかき傷だらけです
 
 
部活から帰ってきた息子とヒモで激しく遊んだら、


整腸剤入りのパウチを食べて、急にお昼寝モードに


息子と2時間しっかりお昼寝したらまた走り回ってました



 
昨日はネコかぶってたのかな、と子供達が言うほど元気一杯なアランでしたが、


くしゃみと目の縁が少し赤くなっているような気がするので、


明日、病院に行ってみます

比較的近くにネコ専門の動物病院があって、


評判もいいそうなので。


ついでに爪も切ってもらいたいと思ってます」


(^_^;)ひゃ~、やっぱりお見合いでは猫かぶってましたか


狭いゲージから、自由に走り回る事ができるお部屋で


興奮マックスですね( ̄m ̄〃)



 



「 おはようございます。

 


 昨夜メールしようと思っていたのですが、

 

11時頃アランがウンチした時、念入りに砂かきしていたからか、

 

足がウンチまみれになってしまって

 

足としっぽだけですが、洗ったり、

 

ドライヤーしたりで遅くなってしまったので、できませんでした


   後でトイレの掃除をしたら、特に下痢していたわけではなかったのですが、

 

一昨日より少し柔らかいかな、という感じでした。

 

 昨日、一昨日と1日2回ウンチして、ご飯もしっかり食べてくれてるので
 

安心しています


 昨日病院に行ってきたのですが、

 

ウンチを持って行くのを忘れてしまっていただいていたお手紙とおクスリを

 

見ていただいて、コクシジュウムに関しては多分大丈夫でしようから


 2週間後にワクチン接種する時に持ってきて下さい、と言われました。

風邪かも、と心配してたのですが、


くしゃみの原因は埃でしょうとのことでした冷や汗

鼻水も出ていないし、目の縁が赤く見えるのは白ネコちゃんは色素が薄いので

 

激しく遊んだら血行が良くなって、赤くなる感じがする、とのことでした。


鳴かないのも、声が出ない訳ではなくて、

 

鳴く必要がないから鳴かないだけでしょう、性格ですねー、とのことでした。

その後、先生と色々お話ししていて、2匹飼いを勧められて

 

白血病の検査だけしておきましょうか、ということになり、

 

採血された時は、しっかり声出てました


(それでも怖がりのネコちゃんはもっと大騒ぎしますよ、と言われました)


初めて行った病院でしたが、イケメンのとっても優しい先生で、

 

お話ししやすいので安心しました。


爪も切ってもらって、引っかかれても血は出なくなりました
 
今朝もアランは元気一杯で、先程もメール途中で飛びつかれて、

 

画面に足踏みされてメール送信になってしまいました。すみません


夜は毎晩娘と朝まで寝ているからでしょうか?
 
私が相手出来ない時は、ゲージの中で大人しくしています。


とってもお利口さんです。
 
 遊んでいて興奮してくるとバッグの中に出たり入ったりして、

 

こちらを見ながら戦闘態勢になってます!


それでは、またメールしますね。」

 

 

 


「おはようございます


お忙しいのに返信ありがとうございます

 


昨日もアランは元気一杯で、よく遊び、よく食べ、よく寝て、

 

見ているだけで幸せな気持ちにしてくれます。


思春期の子供達も、ご飯の時や見たいテレビがある時意外は

 

自分の部屋に籠もりがちだったのですが、アランが来てからは、

 

ずっと和室でアランの相手をしています。

 

弟にいたっては、受験生なのに昨日は1分も勉強してないはず...冷や汗

アランは人が大好きで、走り回って遊んでいても、

 

眠たくなると必ず誰かにくっついて眠ります。

 

よく顔まで上がってきて口や鼻をペロペロなめてきて、

 

子供達は「舌がザラザラで痛い〜うれしい顔」と言いつつ、デレデレに喜んでいます。

 


息子は「アランは人が大好きだから、きっと野良猫の子供じゃないよね。

 

こんなかわいい子を捨てるなんて、人間のクズやな。鬼か!」と憤り、

 

娘は「アランが人間嫌いにならなくて良かった。良い人に拾われて良かったね。」

 

と言っていました。

アランがうちに来ることになってから、

 

子供達もあーもんさんのブログを毎日楽しみに見ています。


アランの保護主さんの話は、ちょっと複雑な気持ちだったようですが、


あのホワホワのかわいい猫ちゃんが優しい保護主さんのお家に行ける事になって

 

良かった、と言ってました。

レンガちゃんの痛々しい傷を見て、

 

カラスって怖いな、でもカラスも生きるためだから、

 

本当はお外に子猫がいる状態がおかしい、

 

野良猫の子供にしても捨てられてた子猫にしても結局悪いのは人間、

 

と熱く語りあってました。

黒白鉢割れ5兄弟の残り2匹も見つかって良かったですね。

 

残酷に子猫を捨てるのも人間、なんの見返りも求めず拾った

 

子猫を病院に連れて行くのも人間...。

 

優しい人間の方が多いことを願うしかないですね。


そして、私たち家族は何もできませんが、

 

あーもんさんのブログを猫好きの友達に紹して、

 

ポチっとしてもらえるよう、頑張りますね冷や汗

これから暑くなり、保護活動も益々大変になるでしょうから、

 

お体に気を付けて、頑張って下さいほっとした顔
応援しています。

お忙しいので、返信不要です。


では、またアランの様子報告させていただきますね。」
 
                                

娘さんや息子さんにとっては初めての猫ですので

 

お外にいる子達もみんなアラン君のように

 

家族がいたら幸せだったはずなのにと

 

大人になる前に猫との生活を経験できて良かったな~と思います

 

こんなに愛されて幸せですねアラン君

 


そして、アラン君の保護主さんが

 

ジャズさんが預かって育てていたミルクっ子を

 

迎えてくださる事になりました


本当は保護したアラン君をお迎えしようかと


ご家族で話してたそうですが


お申込みが入りアラン君には里親様が決まりました

 

キジシロのミルティちゃん

 

アラン君が結んでくれたご縁ですね

 

幸せの淡路島っ子になりました

 

ミルティちゃん卒業おめでとう

 

 

 

早速ご報告が届きました

 

「おはようございます。


 まだまだミルクを飲んでるとおっしゃってたので引き取るのは少し先になるかなと

 

思いながら会いに行ったのですが娘が連れて帰りたいと言ったので帰りにイオンに走り

 

哺乳瓶、ミルク、小さい子のキャットフードを買ってきました(笑)


慣れない小さい子なのでわからないことだらけですが

 

ジャズさんやわんにゃんの方に教えていただきながら頑張りたいと思います。


あと先住猫のむぅは興味はあるのですがまだ緊張している様子でした。

 

徐々に慣れさせようと思っています。

 

昨日は眺めすぎてご連絡するの遅くなってすいません(笑)

 

また落ち着きましたら改めてご報告したいと思います


名前ですが男の子だったので、「るぅ」にしました。

 

先住猫むぅと仲良くなれる日が楽しみです。


アラン君もそのままアラン君と決めていただいて娘が大変喜んでいます。


モコモコパンツの上着を今はうちの子が愛用中です(笑)


いい里親さんのところで幸せになってほしいです。


うちもアラン君が繋げてくれた、るぅを幸せにしてあげたいです。


本当にありがとうございました。」

 

離乳食も少し食べ始めた子ですが

 

ミルクっ子を迎えていただけ

 

里親様は大変ですが先住の猫さんともう少ししたら遊べる大きさに成長しますね

茶シロのポポンと三毛のモモンちゃんが

 

一緒に里親様に迎えていただけました

 

3匹の兄弟から2匹を選ぶのは

 

本当に本当に悩んでおられ

 

決めてからも、ご家族と電話で話し合って

 

それでもやっぱり悩んでと

 

 

 

いつも親子や兄弟と離さなければならないときは

 

辛いかもしれませんが

 

無理の無いようお迎えしていただければと思いますし

 

残った兄弟も必ず運命の里親様が見つけてくださるので

 

ラランちゃん、あせらず待ちましょうね

 

 

幸せの橋を渡って徳島っ子になりました

 

ポポン君、モモンちゃん卒業おめでとう

 

 

いつも、ノミダニ駆除や生まれた日やワクチン、避妊手術などの予定などを

 

書いた書類をお渡しするのですが

 

うっかり忘れてしまい(^_^;)

 

メールでお知らせいたしました

 

 

「今日はありがとうございました。


また早々のご連絡も感謝いたします。


ご連絡の通り今月末には病院に連れて行きますね。

さて、連れ帰り、家族の反応はというと 皆でかわいい②と

 

盛り上がりました。


ダンボールでネコ要塞を作り、

 

ガーゼの てるてる坊主のおもちゃも吊るし、


うさぎ皮のネズミおもちゃもお気に入りで取り合いをしています。


早速100均で材料を揃えて、玄関飛び出し防止の柵も作りましたよ!


名前は意見がまとまらず まだですが。

でも 少し聞いて頂きたい事がありまして。


食べて走り回って遊んで、11時頃 勝手に寝床に入って寝始めたのですが、


ポポン君のお腹をモモンちゃんが おっぱいを捜すように探り、


まるでおっぱいを吸うようなしぐさをするので、ヘルニアを吸っているのでは!!!と


あわてて引き剥がしたのですが、

 

へそ周辺のお腹のうすい たるんだ皮に吸い付いているようで、


ぐんぐん吸っている様子ではなく、

 

くわえたまま寝たいのよ アタシは といった感じで、


これはどうなの~~と焦りましたが、


引き剥がしても 一緒にするとすぐ吸い付きますし、

 

ポポン君は嫌がりもせず ごろごろいって


落ち着いてお股開いて寝ています。


よだれでぬれている箇所がおへそではないので、


今日はこのままにしておきましたが、放置しておいても大丈夫でしょうかね。

以前飼っていた16歳の姉妹は 幼少期一人は自分のしっぽを吸っていて


もう一人はヒトの頭元に来て寝て、頭の中に顔を突っ込んで 髪の毛を


モミモミしながら吸っていたのですが。


口さびしいのは分かるのですが、されているのがポポン君なので少し心配です。」

 




サイヘルニアでお腹にぽこっとふくらみがあるので

 

吸われていたら心配ですね(^_^;)

 

ラランがいる時はポポンもモモンもラランのお腹を吸ってたのですが

 

ポポンが今度は吸われていますね

 

 

膨らんだところでなければ大丈夫だと思いますが

 

寝る前はお腹いっぱいの方が良いかもしれませんね

 

娘さんたちも一緒に遊んでくれて

 

これから一緒に成長していきますね

 

 

兄弟のラランちゃんは一人になってお腹を吸われなくなったわけですが

 

器用に自分で自分の胸のあたりをチューチュー吸っています

 

ラランちゃん里親さん募集しています


柱の中に閉じ込められ鳴きつづけたサニー君

 

5日目に救出された時はお尻から腸が出てしまっていました

 

 

その後元気いっぱいになりましたが

 

(動画はサニーとタイガー)

 

排泄が自力でできないため、保護部屋でのお世話ができず

 

ムートンが預かっています

 

お家には自力で排泄できない猫のマース君がいて

 

ご家族もこれ以上の猫はと反対もあり

 

里親様を探しています

 

ムートンは下半身不随で保護されたタイガー君を預かりましたが

 

やはり最初は自力で排泄ができませんでした

 

でも今ではトイレでちゃんとできて、少し足にふらつきは残りましたが

 

元気に階段も昇り降りできるようになりました

 

タイガー君はムートンが家族に迎えました

 

 

サニー君にも運命の里親様が見つかりますように


トライアルも歓迎いたします


 

 

 

あーもんさんが育てていた、ミルクっ子のピュアちゃん

 

里親様に迎えていただいてから

 

何度も近況を送ってくださっていましたのに

 

 

パソコンのアドレスが何故か差出人には「送信済」になっているのに

 

届いていない事が時々あります

 

原因はわからないのですが、ocnやフリーメールからのアドレスから


届かない事が多いようです


そんなに強いセキュリティにしなくても改善が見られないので

 

申し訳ないです

 

里親様にスマホのアドレスに再送信していただきました

 

 

「おはようございます(^ー^)ノ


昨日はありがとうございました。


ピュアちゃんの名前は長女がひらめいた


ミルクちゃんに決まりました!

うちに帰ってからも、よくミルクを飲み、

 

夜も朝までぐっすり寝てくれてとても親孝行なミルクです(^ ^)

またメールしますが、昨日の様子を写真で送ります(o^^o)」
 

 

「おはようございます!

この座椅子の上はミルクのお気に入り


 いつも体を寄せてコロコロしてます(≧∇≦)
 
オシッコとミルクを飲んでから、しっかりとしたウンチをしてくれました♪(๑ᴖᴖ๑)♪」
 
 
里親様は嬉しくて嬉しくて、迷惑かなと思われないか心配になるほど

 

何度も近況を送ってしまったと

ミルクっ子を育てる大変さより、可愛さが勝って

 

こんなに愛されて幸せですね

 

 

 

 

 

コタロウ君の餌やりをしてたおばあちゃんに

 

サンデーちゃんが幸せになったコタロウ君の写真を見せたら

 

とても喜んでおられたそうです

 

「その後のコタロウ改めジョジョ君のご報告です。


野良生活が長かっただけあって、

 

まだ人を怖がり音にビックリしたり隠れることが多いですが、

 

ご飯になると『ニャンッ♪』と急いで出て来るようになりました。


 先住猫とは毎晩運動会を盛大に繰り広げております。
 
ジョジョ君はしばらく下痢をしていて心配しましたが、

 

今はすっかり治って食いしん坊っぷりに拍車がかかっています(;´д`)
 
  少しずつ信頼関係を築きながら、

 

ゆったりと猫のいる生活を楽しんでいきたいと思っています(´ω`) 」

 

 

怖がりの大人になった猫さんをこの時期に迎えていただけた事に


本当に感謝です




コタロウ君とコテツ君の母猫にも先日会えましたよ

 

でも、思ってた以上に猫の数が多い地域とわかり

 

なんとかコタロウ君たちの母猫だけでも

 

子猫を引き取った責任として

 

TNRできればと思っていますが

 

外で生活している保護依頼の小さな子猫も多すぎて

 

捕獲器で保護しに行く時間もほとんど作れず

 

焦ってしまいますが

 

できる時に1匹ずつでもしていかないとですね

 

TNRには反対の意見も聞きますが

 

私たちも全ての猫を受け入れできるだけの施設があればと願っていますが

 

助けることができない猫が多くて苦しい思いをしています

 

きれいごとばかりでは無いこの活動は

 

時にひどく言われる事もありますが

 

スタッフはみな家庭があり、家族を介護していたり

 

仕事をしていたり、お子さんを育てていたりと

 

1日に限られた時間で猫たちのお世話をしています

 

 

自分たちが出来る範囲でできる事をしていきたいと思います

 

 

 

私たちに厳しい意見をする方も、猫を思っての事なので

 

しっかり心には受け止めております

 

ただ、思い違いで批判されている話を聞きますと

 

誤解を解きたいと思ってしまいますが・・・


いろんな考えの方がいますので


説明しても言い訳にしか聞こえないかもしれませんね



 

 

 

 

こちらはラブ君(元ピース君)のご報告です


「1日に我が家に連れ帰りましたが、


新しい環境とストレスからか?5時頃、お昼に保護部屋で食べさせて


貰ったウェットフードを消化していない状態で2度ほど吐き戻しました。


初日いきなりの嘔吐でビックリしましたが、



その後はゲージから出たそうに鳴くので出してあげるとカーテンをよじ登ったり、


見慣れない部屋中を探検でもするように走り回ってました。

ゲージに戻すと少し寝て、お腹が空いたのか?


 また鳴くので、用意していたミルクと離乳食を混ぜて食べさせたところ、


ガツガツとよく食べ、排便もし、吐き戻しも無しに機嫌よくコロコロしていましたよ。(*^^*)

おトイレは1発で覚えて、


2回目からは鳴いてゲージを開けてあげると自分でトイレへ行っています。


今日まで1回も失敗無しです。指で OKぴかぴか

ウェットフードを食べるようになっているのに


離乳食とミルクでは、お腹が空くと思い保護部屋で食べていた


同じメーカーのウェットフードを初日の夕食に少し食べさせたら、


夜中にまた吐き戻してしまいました。ショッキング

それでも跳ねたり走ったり飛び付いたりと元気はあり、


夜中目を覚ました時もトイレ後に 


ひとしきり私と遊んでから寝ました。

すこぶる元気なのですが、以前の下痢の事もあり、


初日(2回)と2日目(1回)の吐き戻しが心配で病院へ行く方が良いと思い  


昨日 朝一番の便を取っておき、先住猫の掛かり付け病院へ電話で症状を伝えたところ、


ウェットフードだけを吐き戻しているので、


ウェットフードが体質に合わないのだろう。


暫く離乳食で様子を見るようにと言われました。


確かに離乳食は1度も吐き戻していません。


便の固さも先生に伝えた固さで問題ないとの事でホッとしました。


ラブは早食いっぽいので、ゆっくり食べるよう深いお皿に変えました。

今月中旬に先住猫の月健診を予約しているので、


ラブも予約をし一緒に健診して貰います。


ところで、先住猫もピースなのです。愛と平和黒ハートlove & piece でチビちゃんにはラブと名付けました。

先住ピースは、生後2ヶ月頃に娘が拾ってから完全室内飼いで、


猫馴れしておらず、まだ子供で病院の先生に 


この子は気がキツイなぁ!とまで言われていたので、


兄弟の中で一番のおっとりと聞いていたラブに怪我をさせないか心配でしたが…

なっかなか~ラブ、負けず劣らず気が強いですよ(笑)

数分間ずつラブをゲージから出しピースと馴れる練習をしています。


 ピースが先住猫のプライドをかけてラブに新人教育で追い回していますが、


ラブには爪を立てず噛み加減も心得ているようで、


ラブがひと鳴きしたら離しているのに感心しました。

逆にラブはピースを怖がる事なく、


寝ているピースにゲージの中からチョッカイを出し、


ピースに捕まると威嚇、猫パンチ、


逆さにアゴを噛み付きオデコを後ろ足で連打キックします。

これもビックリですが、


お互いがトイレの時は一時休戦しています。


早くもご飯は一緒に食べるようになり、顔や体を舐め合ったりもしています。



(写真2は 途中からお互いの皿を逆に食べようとしています。


去勢後ダイエット中のピースにはヤバイ状況です)

馴れるまではラブを2階、ピースが1回で隔離して徐々に


、顔を会わす回数を増やして行こうと思ってましたが、


ラブのお迎えにピースも同行させたのが良かったのか? 


家に着くとゲージ越しに鼻をつけ合って、


割りと良い感じだったのでゲージと外で同じ部屋に居ます。

まだまだ出逢ったばかりの2匹なので、充分な注意が必要ですが、


今までのところ思ったより早く仲良し兄弟になれそうな気がしています。(^^)

ピースもラブと同じ施設に3匹で捨てられていました。


あと2匹は娘の友達と学校の先輩とで連れ帰ったそうです。

我が家は夫婦とも犬派の猫嫌いでしたがあせあせ (飛び散る汗) ピースに会って猫の癒しにメロメロになりました。(笑)

もしかするとラブとピースは実の兄弟かも知れません。


そうならば奇跡的な絆を持った兄弟だと思いますクローバーぴかぴか
 
 大きさに差があっても上手に遊ぶ事ができるのは


すごいですね


同じ施設で、同じ名前だった、不思議なご縁のピース君とラブ君


名前のとおり、愛と平和を運んでくれそうですね






こちらはミディくんとミットちゃんのご報告です



「元気に過ごしてもらってます(^^)


新しい名前が、


ミディくんが「トム」


ミットちゃんが「アリス」になりました。


トムという名前は父が決めてくれました。

最初は2匹飼うことに不安でしたが、


2匹が一緒に遊ぶ様子や、寄り添って眠る様子を見ると、


家族みんな2匹で良かったと言っています。


ありがとうございますm(_ _)m

トムもアリスもとっても元気で、


リビングを走り回ってます(^^)


こんなに元気なのかと少し驚きつつ、


その元気さや可愛さに癒やされています。

トムは日に日に頭の黒い毛がグレーっぽくなって縞模様?


が濃くなって、身体も大きくなってきてます。


アリスも頭に縞模様が出てきてます。


食欲はトムよりあるかもで、とってもおてんばです。


2匹ともとっても可愛いです。


父母弟も家族として可愛がっています。

写真は眠っている所くらいしか撮るのがむずかしくて、寝ているところばかりですが


(^_^;)
イビキかいて寝ている父の上で眠る2匹などなどです。」



兄弟一緒に迎えて良かったと言っていただけると嬉しいですね


ワクチンや避妊去勢手術などのお世話の大変さも2倍ですが


楽しさや愛しさも2倍にですね


小さなももちゃん(元あみちゃん)と大きな先住猫さん


「こんにちは、今日、予防接種に行って来ました


毎日、食べまくって、遊んで、寝て


とっても元気にしてます


先住猫とも親子のようで、ホントにほのぼのしています」



まだお母さんのぶくもりが必要な小さな小さな子たちが


今年は多いですね


家族や先住猫さんがこの子たちには母親ですものね



 

 

 

サラちゃんとココアちゃん(元どんちゃん)

 

 

「二人揃って撮れました


よく食べ、よく遊んでとても元気です

 

可愛いです」


思わず綺麗にツーショットが撮れたらうれしくなりますね♪


ぴったり並んでピントが合った写真を撮るのって


本当に難しいものね

 



こちらはみぃちゃん(元サタ君)のご報告です


みぃちゃん、ワクチンを打ちましたのでご連絡させて頂きます。
 
ウンチも調べていただきましたが何も問題なく大丈夫でした。


我が家にやってきた時は、700gでしたが1キロになりました。
 
体温を測る時、怒って先生の手を噛み噛みしていましたが、


ワクチンを打つ時は、お利口さんにじっとしていました。


打った翌日は、しんどそうでぐったりしていたので、心配していたのですが


午後になるといつも通りのお転婆で走り回ってあらゆるものを噛み噛みしてました。


噛み噛み魔のみぃちゃんですが、最近は少しずつですが甘噛みを


覚えました。強く噛まれることは減りましたが、まだ噛みます!笑


眠くなると、家族の誰かのところにやって来て、体の上で寝るので


私達は身動きができず、、、笑


噛んだり、遊んでほしいとおもちゃを持ってきたり、甘えたりと


我が家のお姫様状態です!笑
 
 
三週間後にまたワクチンを打ちにいきます。
 
それでは、またご連絡致します。」


1匹で小さな子猫を迎えていただくと


噛み癖に悩まされる事が多いですが


みなさん噛まない工夫をしてみたり


噛むのをじょうずにかわすようになったりですね


寝顔を見ると何故か許せてしまうのは猫の不思議な力ですね

こちらはマロン君(元にゃんちゃ君)のご報告です


昨年の9月ににゃんちゃ君という


小さな子猫を引き取らせて頂きました
 
今はマロンくんです꒰*´∀`*꒱



先日去勢の手術が終わりましたので


ご報告させていただきます(*´艸`)

今は体重も5キロ越で


すっかり大きくなりました笑


でも相変わらず小さい時と変わらない高〜い可愛い声で鳴きます꒰*´∀`*꒱

とってもやんちゃですが


元気に仲良く暮らしています!」


ジャズさん預かりの猫ちゃんだったですね


お子さんも生まれ、一緒に成長していきますね



この日は(先週の土曜日)一人で保護部屋で

 

夕方までゲージを洗ったりしていました

 

最近おそうじのお手伝いに来てくださってるKさんからの

 

電話で、職場の近くの草むらから急に子猫の声が聞こえてきたと

 

見に行くと小さな茶トラの子がいたそうです

 

見回しても捨てた人の姿が見当たらなかったそうです


 

保護部屋に連れてきていただいた時は

 

元気に鳴いたり、威嚇したりしていましたが

 

やせ細っているのにフードを置いても食いつきが悪く不安になります

 

普通は飢えている子たちは保護された時にものすごいがっつきなのです



 

この子は首の皮を持ち上げると皮が元にすぐに戻らないので

 

かなり脱水がすすんでいます

 

脱水してる子は食べない事が多いので

 

このまま保護部屋で一晩越すのは危険と思い

 

獣医さんへ走りました

 

 

補液をしていただき、真菌やシラミなどの検査をして


検便や体温測定、先生が念入りに触診していましたら


背中の左右に穴が二つ開いていました





もう一つ穴まで開いていないが何かがささろうとした跡があり

 

カラスの3本の爪で捕まえられて、2本の爪が食い込んだようです

 

縫うほどの穴では無いけれど、消毒して穴を薬で埋めていただきました

長期はダメですが、保護した日の一晩は家で預かりができるようになりましたので

 

家で預かり、フードを何度かあげましたが

 

補液で元気が出てきたのは夜になってからで


 

朝まで何回かに分けてパウチを1個を完食(〃´o`)=3 フゥ

 

一安心です

 

名前はレンガちゃん

 

茶トラには少ない女の子です

 

あっと言う間に甘えたさんに変身しましたよ

 

ルルちゃん(元もっこちゃん)の里親様が

 

ルルちゃんのお友達にと迎えてくださる事になりました

 

まだとても小さくてワクチンも打てないのに


隔離場所が無くなるほどの数の猫の入居ですので

 

レンガちゃんはホクホクさんのお家でお迎えの日まで預かっていただく事になりました

 

カラスに運ばれたレンガちゃん

 

痛くて怖い思いをしたけれど、落とされた場所が良かったですね

 

危機一髪で助かった命です

 

 

捨てられた生後間もない子猫を育てておられるAさん


個人でTNRしたり、保護した猫を避妊した数は50匹を超えるそうです


事故にあった猫を保護して治療したり


家でお世話している数も20匹以上で


これ以上増やしてはと、子猫の里親様を募集したいそうですので


写真で募集を始めています


ハチワレがミルミルちゃん、お顔が黒い子がチルチルちゃん


離乳食も勢いよく食べていたので


ミルクももうすぐ卒業です







最近6月だというのに、朝晩冷えますね


サンデーちゃんのご近所で停めてあった車のエンジンルームに


入り込んでいた子猫



顔にも肉球裏も火傷ではがれ


たぶん、車に乗ったまま長い間エンジンルームにいたのでしょうね


暑くて、痛くて、怖かったでしょうね


焼け死んでしまう猫もいるそうです


生きてて保護できて良かったです



サンデーちゃんが預かっています


名前はヒヨ君


アイラインくっきりのイケニャンですね


里親さんを募集しています

体重差が200gあったけれど、一緒にいたので

 

兄弟の可能性も高いエマちゃんとアル君

 

アル君の眼球の中に出血や光彩の癒着があったため

 

頻繁に目薬が必要でしたので

 

保護部屋ご近所のMさんが預かってくださいました

 

通院をしながら、目の状態はどんどん良くなり

 

出血も吸収され、癒着もなくなり、きれいな目を残すことができました

 

視力にも問題ないようで完治です

 

アル君はフードを吐くので、今回はレントゲンを撮っていただきました

 

心臓が少し大きいそうですが

 

心配していた釣り針などの異物は見つからず

 

整腸剤と胃腸の動きをよくする薬にして

 

日に4回だったフードを3回に減らして様子を見る事になりました

 

保護部屋ではここまでケアしてあげることができないので

 

本当に助かりました

 

エマちゃんも小さかったけれど

 

すくすく成長して可愛いお顔になっていました

 

 

こちらは行方がわからなくなった猫を探していたら

 

知り合いの方が見つけてくれて、保護して戻ったと喜んでいたご家庭から



 

 

 「脱走してから3か月の間、どうやって生きてきたのか

 

人相も変わってしまい、やつれて、無残な姿で戻ってきて

 

名前を呼んでも逃げてしまうし、隠れたらなかなか見つからない」と・・・


 

 

家では飼えない事情があり、職場の横の無人の空き家で餌だけもらっている状態だそうで

 

飼えないのなら里親さんを探してはと昨年一度お話しをした方でした

 

甘えたさんなのに、長い一日をほとんど1匹だけで過ごしていました

 

 

今回、無事に保護された事は嬉しいけれど、やはり、こんな状況では

 

もっと幸せな暮らしが里親さんの元でできるならと

 

里親募集をして欲しいという事でした

 

 

 写真だけ撮らせていただきに行ってきました

 

 

ところが、逃げて逃げてやっと押さえつけたら

 

お腹側の毛がいくつもの団子になっていて

 

長毛の猫がわずか3か月でも、外で暮らすとすごい事になってしまうのですね

 

とりあえず、募集する前に毛玉を刈って、ワクチンをしていただく事に。

 

 

獣医さんでワクチンをして健康診断していると

 

避妊した8歳のメスの猫なのに、なんと

 

未去勢の若いオス猫でしたΣ( ̄ロ ̄lll)

 

猫違いです!

 

 

保護された元の場所へ戻す?

 

戻したら、また飢えて毛玉いっぱいになるの?

 

TNRするにしてもまずは去勢手術です

 

そう言えば少し前に、そのあたりで長毛のきれいな子が捨てられていると

 

噂では聞いていたのに、一度も出会った事が無かったのです

 

元は飼い猫だったような気がします

 

 

頭を触ろうとするとものすごくおびえますが

 

あごの下をなでると喜びます

 

獣医さんで洗濯ネットに入れたりする時も

 

怖がっていましたが、威嚇もパンチも無いのでわりと温厚な性格ではないかと思います

 

退院してきて、保護部屋に入居しましたが



 

子猫用の小さなゲージで長い間すごさせてしまう事にならないようにしたいですね

 

名前はポール君 本当の家族になる里親さんを募集しています


 

 

 

そろそろ、保護部屋から帰らなければと思っていた時に

 

保護部屋専用のケータイ電話が鳴りました

 

毎年5.6.7.8月はこの電話が鳴るたびにドキ~~~~っとします

 

箱に入れて捨てられた子猫が5匹

 

箱から飛び出てさまよっていたようですが

 

最初にその方の家の前で見た子は4日前だと聞きました

 

その猫は姿を消し、鳴き声がするので、犬がものすごく吠えていたそうです

 

手分けしてなんとか3匹保護したという事で

 

保護部屋に連れてきていただく事になったのですが

 

遅い時間になりそうで、子猫の状態によっては

 

すぐに獣医さんへ駆け込む事になるのか

 

スタッフはにゃんむすとサンデーちゃんしか残っていないし

 

引取りに行く方が早いのではと

 

サンデーちゃん運転でナビを頼りに迷いながらもなんとか到着

 

箱の中を見ると2匹しかいません

 

もう1匹はとお聞きすると

 

さっきまで山の斜面で大きな声で鳴いてたと言うのです

 

 

軽トラの座席の上に箱に入れて置いてあったらしいのですが

 

箱から子猫が出てしまい、ハンドルやダッシュボードの裏側に

 

入り込んでしまってたそう

 

車の中では2匹しか見つからず、お孫さんが車のドアを開け閉めしてたので

 

車から出て、山の斜面に逃げたのではと・・・

 

 

斜面はびっしり草木が生えていて

 

かきわけ入ることもできなくて

 

とても姿を見つける事はできず、木の棒でガサガサ音をたててみて

 

鳴きださないかと思いましたが

 

もう、時間が無く

 

戻らなければと思った時、軽トラの中から声がすると

 

ダッシュボードの裏側に小さな足が一瞬見えました

 

手をつっこみ引きずりだす事ができ

 

3匹揃ったのですが、斜面で鳴いてた子はこの子では無いので

 

保護主さんに子猫が出てきたら保護していたくようお願いして

 

保護部屋に戻りました

 

 

 

 

3匹ともすごい勢いでご飯を食べはじめました

 

気が狂ったように唸りながら食べる姿に

 

どれだけ飢えていたのだろうと・・・・

 

水分もとらせるため、離乳食に水を混ぜておきました

 

 

食べる元気がある子たちはほっとしますね


でも、確実に斜面に残された子猫はもう一晩ご飯にありつけなければ


衰弱してしまうかもしれません

 

 

 

 

白黒ハチワレ3匹なので、名前を覚えるのが大変です

 

温室の雑草さん、わかりやすい名前をつけてくれてありがとう~

 

右からミリ君♂ センチちゃん♀  メートル君♂

 

どうか山の斜面の子が無事でありますようにと祈りました

 

翌日、3匹の保護主さんのご近所に住む方から電話がありました

 

 

 

犬の散歩をしていて、死んでいる子猫を見つけ

 

スコップでうめてあげようと抱き上げたら

 

暖かかったそうです

 

アリがたかっていたけれど

 

まだ死んだばかりだったのかと思ったその時

 

「ニャア」と鳴いたのだそうです

 

「生きて、生きて」と呼びかけながら

 

獣医さんへ走ってくださったそうです

 

翌日には少しだけ回復のきざしが見え

 

翌々日にはご飯をもっと欲しいとねだるほどの回復でした



 

3匹の兄弟の保護主さんから話を聞いたそうで

 

斜面で鳴いて子が見つかったと

 

みんなで喜びました

 

生死をさまよっている時の呼びかけは


意識や心臓の動きにを復活させる事があると聞きます



もしも、猫が道路で死んでいるのを見つけても


避けて通りすぎたり、目を覆ったりしてしまう人の方が多いのに


埋めてあげようとしてくださった保護主さんに


出会えた事は本当に奇跡のよう



名前はマイル君にしました

 

 

小さな子猫にはまだ暖かいお布団が必要なこの季節

 

にゃんぶくろが大活躍です



 

衰弱死寸前だったとは思えない回復力です

 

退院するので見送りたいと、保護主様が獣医さんへ会いに来てくれました

 


獣医さんに預けたお金から清算をすませ、おつりを全額寄付してくださいました

 

保護部屋の子達のために大切に使わせていただきますね

 

 

 

 

マイルを見つけたのは

 

いつもは行かない道を「こっち、こっち」と

 

導いてくれたこちらのワンちゃんのおかげです

 

ありがとうね

 

退院は今日でしたが

 

実は昨日の朝、どこでマイルを見つけたかお聞きしたら

 

3匹の兄弟を保護した家から2本先の通りだったようです

 

 

 

あの小さな子猫が1日でそこまで移動できるだろうか?

 

もしかしたら、最初に姿を見たきり行方がわからなくなってた子では

 

ないだろうか?

 

レンガのようにカラスが運んだ?

 

斜面で鳴いてた子はまだいるのでは・・・・

 

 

 

 

そして、昨日の夕方

 

にゃんむすが出先から帰り、家の駐車場に車を停めた時に

 

電話が鳴りました

 

なんと、最後の1匹を保護できたと言うじゃないですか!

 

 

保護部屋にはもうスタッフがいない時間でしたので

 

にゃんむすの家と保護主さんの家の間で待ち合わせ場所を決めて

 

引き取りに向かいました

 

すると、カーブを曲がった海岸沿いの道の真ん中に黒い塊が

 

タイヤとタイヤのちょうど間でかわせるかと

 

思ったら、子猫の顔がこちらを向きました

 

急ブレーキをかけ、後ろから車が来たら追突でした

 

車を降り車に当たって動けないのかと思い、手を伸ばすと

 

ダッシュで走り去って行きました

 

 

どうやらひかれたカエルか虫を食べていたようで

 

少し先の海水浴場に車を停め

 

キャリーとあみを持って走って戻ると

 

また道の真ん中で死んだ何かをはがして食べようとしています

 

 

にゃんむすを見るとまた逃げて草むらに入り込み

 

呼べば「ニャアニャア」と返事はするのに

 

逃げてしまいます

 

5匹目の保護をした方から待ち合わせの場所に着いたと連絡があり

 

状況を説明しましたら、待ってくださると言うので

 

 

どうか、道の真ん中に出ないでと祈りながら

 

ウェットフードを少し隠れている草むらに置き

 

待ち合わせの場所へ行きました

 

保護された子猫に離乳食を食べさせてみると勢いよく食べたので


一安心


先ほどの黒猫のいた場所へ戻りました

 

置いてあったフードは食べてあり

 

歩道に姿を見つけ

 

もしかしたら、今連れて来た子猫がキャリーの中で鳴いたら

 

安心してフードを食べに出てくるかもと期待して

 

離乳食を置いてみました

 

鳴かせてみると、一緒に鳴くのですが草むらに逃げ込んで出てきません

 

そこへ、近くの牛舎の人が歩いてきて

 

猫を捨てに来たのかと言われました

 

この道では年間何匹もひかれて死んでいる猫がいるので

 

たぶん海岸に向かって投げた猫が這い上がってきて道路を渡り

 

車にひかれているのではないかと思います

 

このあたりで捨てられた猫や犬を何匹も飼っているのだそうです

 

 

 

黒い子猫が道の真ん中にいたから保護したいのだと言うと

 

キャリーの黒いのもここで拾ったのか?と

 

いやいや、この子は別の場所で保護されたのを引き取ってきたと説明しましたが

 

見た目に同じような色と大きさなので

 

まぎらわしかったでしょうね

 

 

 

草むらの中から子猫の目がこちらを見ているのに

 

手を伸ばすと茂みの奥へ行ってしまいます

 

離乳食を1つ置き、小さな子なのでお腹いっぱいになれば

 

道路で死骸を食べないだろう

 

 

 

もう、タイムリミット 夕ご飯の用意が間に合わないので

 

家に戻りました

 

 

今回も1晩だけならとマイルを預かる事を主人に許してもらい

 

何回かにわけ、フードと水分をたくさんとらせる事ができました

 

目やにが出ていましたが、目薬できれいになりそうです

 

 

 

名前はフィートちゃん 女の子


ゴロゴロスリスリの甘えたさんです



真っ黒では無く、黒い毛にシマ模様が入っています

 

これで最初に箱に入れられ捨てられた5匹兄弟がそろいました

 

ワクチン未接種で、飲み薬や目薬が必要な5匹の入居は


お世話は大変になりますが

 

生きていてくれた事に感謝です

 

 

そして今朝は、預かったフィートを連れて、保護部屋に向かったのですが

 

少し家を早く出て、昨日の黒い猫のいた道を通る事にしました

 

 

スピードを落とし、道でひかれていないか、どこかに黒い子がいないかと

 

探しながら運転していましたら

 

 

 

 

草陰にいました!

 

車を少し手前の歩道が区切れている所から車を乗り上げておき

 

子猫の方へキャリーとアミを持って行くと

 

また走って逃げて行きました

 

 

赤い丸の中にいる黒いのが子猫です黄色の丸い線のところに昨日はいました

 

どんどん離れてしまうので

 

先のカーブの向こう側に車を停めたのですが

 

日陰が全く無くて、車の中はとても暑くなってしまいそう

 

マイルを小屋の影に置き


子猫を見失った場所へ走って戻りましたが


普段運動不足のにゃんむすには緩やかな登り坂は超ハード


猫のためでなければ絶対できないわ~~


日差しが強く汗ダラダラ

時間は45分しかありません

 

朝6時に起きて、返信が遅れている問い合わせの返事などを

 

2時間ほどしてから、家のそうじ洗濯をして

 

ダッシュで向かっても探してあげる時間は限られてしまいます

 

 

また、草むらに入ってしまい、フードを置いてもなかなか出て来なくて

 

少し離れると食べに出て来るのですが、アミが届かず


途中、何度かマイルに日が当たっていないか見に行き

 

43分が過ぎ、もう、今日の保護は無理か・・・

 

と、フードを入れた器をさげようとしたら

 

草むらからこちらを見る子猫と目が合いました

 

子猫は、はっとして

 

そ~~~と向きを変え忍び足で草むらの奥へ行こうとしました

 

手が届く!

 

首をつかめばきっと暴れて噛むだろう

 

皮の手袋は噛まれても怪我をしないが、生後1カ月ほどの小さな子猫の

 

首をつかむには厚くてダメなのだ

 

 

少し厚手のビニールの手袋をはめていましたが


「噛むぞ!絶対に噛んでも離すなよ!」と自分に言い聞かせ

 

首をつかんだ瞬間

 

指先に歯が刺さる感覚に「あ、やっぱりな」と

 

叫び声をあげながらグルングルン体を回しながら何度も噛んできましたが

 

押さえ込み、引き寄せようとすると子猫に絡んだ草が邪魔をします



 

草を引っこ抜きながら

 

蓋をあけておいたキャリーに

 

投げ込むように子猫を入れ蓋をしました


乱暴にするのは子猫が可愛そうですが


今までの経験で、そっとキャリーに入れると飛び出して逃げてしまうので


失敗を重ねてきた事が今回の保護につながったと思います


もう、何度経験しても、この瞬間は心臓が口から飛び出しそうになります

 

ここで、絶対にすぐしなければいけないのが


噛まれた所をギュウギュウと血が出なくなるまで絞り出します


綺麗な水が無い場所での保護が多いので


かばんにはいつも使い捨ての1枚ずつ入った消毒綿を持ち歩いています


それで、きれいに血を拭いておけば


たいていは腫れずに化膿する事無く治っていきます


 

 

首の皮を思いっきりつかみあげていたので


苦しかっただろうね


ごめんね、怖かっただろうね

鳴きつづけてたのでしょうね

 

声がガラガラです

 

ガリガリで栄養失調の子は目がつりあがっていますが

 

きっと美人さんになりますね

 

名前はノイちゃん、女の子です

 

 

マイルを引き取りに昨日行かなければ、普段は保護部屋に向かう時に

 

通らない道ですし

 

ノイちゃんにはきっと出会えなかったでしょうね

 

あんなに暴れて噛んだけど

 

獣医さんではいい子に診察していただきましたよ


急いで保護部屋に行かなければならなかった理由は


エマちゃんとアル君を迎えに行って獣医さんで再診


同時に退院のポールとマイルのお迎えがあったからです


(保護したばかりのノイを入れると5匹の猫です)


今日はお休みスタッフが二人いる事もわかっていたので


診察時間内にどうしても連れていかなければなりませんでした



先ほどの記事に戻りますが、マイルとフィートの保護主さんが


退院するマイルを見送りに来てくださっていて


待合室でお話ししていたら


保護部屋の修理やご支援をしてくださってるTさんが


具合の悪い猫ちゃんを連れてきました


Tさんもたくさん猫を飼っておられるので獣医さんで良くお会いするのですが



マイルとフィートの保護主さんを見て


「あ~~~、こんにちは~○○です~」とご挨拶


何年か前にお仕事で保護主さんのお家のお庭をされたとか


ご縁がいろんなところで繋がっていますね



そして、今日もまた保護部屋の電話が・・・

 

箱に入れられ、海岸に捨てられてた臍の緒の付いた4匹の茶トラっ子

 

1本の電話で毎回パニックです

 

あーもんさん預かりのパインとキッシュをムートンが預かる事に

 

そして、あーもんさんが4匹とも育てる事になりました

 

休む間も無く、綱渡りの連続です

 

こんなにたくさんの仔猫が一気に増えてきた中

 

3匹のハチワレ兄弟のセンチちゃんがご飯を食べません

 

緊張がマックスです

 

センチちゃんを隔離して、1匹1匹手袋交換

 

2種類の目薬する子が8匹もいるのに

 

手袋交換しながらの点眼点鼻は

 

いつもの何倍も時間がかかります

 

 

フードを食べる大きさの子を2週間ほど預かる事ができる方

 

又はミルクっ子経験があり、1週間だけでも、離乳するまででも良いので

 

預かりができる方

 

ご連絡おまちしています

 

追記*パインちゃんとキッシュちゃんの里親様が

 

予定を早め急遽お迎えに来てくださる事になりました

 

助かります!ありがとうございます

 

 

他にもたくさんの近況報告が届いていますが


また次回紹介させていただきますね



 


 

******皆様からいただきましたご支援のご報告*******

 

姫路市  Y様ご夫婦   猫砂5袋、粉ミルク2個

 

東京都  Y.H様    子猫パウチ32個、成猫パウチ32個

 

洲本市  T様ご夫婦  犬おやつ1,猫おやつ14個、ドライフード1、介護パウチ2

            スープパウチ1,チュール4本

 

洲本市  M.M様    パウチ20個

 

淡路市  M.S様    5000円

 

神戸市  S.T様    20000円

 

徳島県  R.U様    3000円

 

群馬県  K.S様    10000円

 

京都府  M.U様    10000円

 

南あわじ市 T.O様   10000円

 

*******************************

 

にゃんむすが受け取りましたが、「にゃんむすび」のホームページへの

 

寄付では無く、ワンニャンクラブさんへ保護依頼のものでしたので

 

直接ワンニャンクラブさんの方へ入金させていただきました

 

洲本市    T様   3000円

 

大阪&洲本  T様   16940円

 

**********************************


たくさんのご支援を皆様本当にありがとうございます


わんにゃんクラブさんの繰越金も残り少なくなってきましたので


にゃんむすびにいただいた寄付を今月からまた使わせていただきますね


怪我や病気の子達も治療でき、元気になって里親様の元へ迎えていただけるよう


大切に使わせていただきます


 

では、今日も死にそうに忙しいあーもんさん、POPTEKOさんのブログへ

 

行ってみましょう~

 

あーもんさんのブログ

 

POPTEKOさんのブログ

 

 

コメントをお書きください

コメント: 12
  • #1

    ぽてと (木曜日, 11 6月 2015 20:08)


    にゃんむすさん こんばんは♪

    タイガー君の動画をありがとうございました^^
    (相変わらず、ムートンさんのお家は、ピカピカですね)

    世の中にはいろんな考え方の人がいらっしゃると思うので、
    ブログ等で、有名になると応援して下さる方も増えるのでしょうが、
    いろいろ言われる事も増えるのでしょうね。

    私も、以前、何も知らないのに、エラソーに、ああしたら、こうしたらと言ってしまいましたが、自分が出来ない事を人に言ってはいけませんね。
    みんな事情も違いますしね。

    今日も実況中継風の記事に、ハラハラ・ドキドキ、手に汗握りながら、読んでいました><

    保護部屋、みなさんの頑張りには頭が下がります。ありがとうございます。
    1人で50匹以上TNRし、20匹も飼ってる方もすごいと思います!

    TNRに賛否両論あるのかもしれませんが、ご飯をあげるなら、避妊は必須と思います。去勢もした方がいいと思います。
    避妊しないなら、ご飯はあげてはいけないとも思います。
    捨て猫がいなければ、TNRする必要もないですのにね。

    1匹でも多くの犬や猫が幸せになれますように☆彡

  • #2

    O・Y (木曜日, 11 6月 2015 22:12)

    ダイ君 良かったね❗️
    お姉ちゃんに抱っこされての幸せそうな様子に安心しました。
    本当に良かった…

    サビ猫さんのフレアちゃん 先住猫さんとの幸せな様子で
    本当に嬉しいです。
    幸せにね。

    白猫さんのアラン君 里親様のお家で元気いっぱいのようですね。
    ご家族の皆様を癒してあげてますね。

    レンガちゃんの傷は本当に痛々しいです。
    カラスに殺されないで本当に良かったです。
    あっと言う間に里親様も決まって本当に安心しました。

    にゃんむすさんは今年も本当に手に汗握る救出リポート
    本当に大変でしたね。
    キャリーバッグの中の草が大変さを物語っています。
    どうぞ車の事故だけはお気を付け下さいね。

    一日で読んでしまっては惜しい程の盛りだくさんの
    ブログです。
    深呼吸しながら少しずつゆっくり読みました。
    捨てられる猫さんが0になる日が早く来ますように…



  • #3

    フィガロソアラ (木曜日, 11 6月 2015 23:33)

    5匹みんな保護されて本当によかった!!
    綺麗ごとだけではやっていけない。
    辛いですけど現実はそうですよね。

    色んな人がいますから色んな意見も
    もちろんありますが、私はにゃんむすさんたちの活動を応援していますし、心から尊敬しています!
    こんなにも猫のために朝から晩まで一生懸命活動してくださっているんですもの!

    みんな元気に育って、素敵な家族が見つかりますように♪

  • #4

    なお (金曜日, 12 6月 2015 07:29)

    こんにちは お久しぶりです。3年ほど 前に 箱に入れられすてられた猫を保護し お世話になったのも ここの 場所です。つい 先日も カラスに 殺られたのか事故なのかわからないけどカラスに つつかれているのを みました。

    助けてもらい ありがとう。

  • #5

    にゃんむす (金曜日, 12 6月 2015 08:15)

    ぽてとさん
    タイガーも立派に育ったでしょう~
    サニーも痛みも無さそうだし、元気なので良かったです
    あとは成長とともに排泄が出来るようになるといいのだけど
    私たち自身ももっとこうしたいと思うことはたくさんあるけど
    無理したら結果的に助ける命を減らす事になるので
    その時その時の判断が難しいですね
    ぽてとさんもTNR頑張ってますね、保護部屋があっても大変なので
    個人でやってる方は本当にすごいなと思います

    猫たちのためにありがとうございます

  • #6

    にゃんむす (金曜日, 12 6月 2015 08:20)

    O.Yさん

    あーもんさんのように毎日その日の事を記事にできるといいのですが
    こまぎれな時間をつなぎつなぎの更新で、下書きしているうちに
    いろんな事が起きてしまいますね(>_<)

    無事に保護できるのはほんの一握りなので、せめて生きて出会えた子は
    (自力で食べ物を探せない子)はなんとしても保護したいと思ってしまいます
    この道ではひかれて死んだ子ばかり見ているので
    無事に保護できてほっとしています

  • #7

    にゃんむす (金曜日, 12 6月 2015 08:29)

    フィガロソアラの母さん

    3匹を迎えに行った時は確実に山の斜面でさっきまで鳴いてたと言われたら
    そこにいる事に間違いなく、でれだけお腹を空かせているんだろうかと思うと
    辛かったです。無事に保護され本当に良かったです
    行方がわからなくなった子も奇跡的に保護されて兄弟5匹そろいました

    うれしい事や感動する事も多く、里親様の元で幸せそうな姿を見ると
    頑張ろう!って力が湧いてきます

  • #8

    にゃんむす (金曜日, 12 6月 2015 08:38)

    なおちゃん

    シシ君もこのあたりでしたか
    牛舎の人が少し前は2匹チョロチョロしてたと聞いたので
    もう1匹の姿が無く、心配していましたが
    死んでいた子が兄弟だったのかな

    ここでは生きて出会える事がほとんど無くて
    いつもひかれてしまっていますね
    逃げ場が多くて、内心保護は難しいとあきらめかけていましたが
    良かったです

  • #9

    噂の神戸SSアメリオさつきままん (金曜日, 12 6月 2015 17:59)

    ダイ君、フレアちゃん、アラン君、ミルティちゃん、ぽぽん君、モモンちゃん卒業おめでと~!

    たくさんすぎて何を書けばいいのか・・
    にゃんむすさん、おてて化膿してない?
    にゃんむすさん達はきっと体内に猫探知機があるんですよ^^

  • #10

    にゃんむす (土曜日, 13 6月 2015 06:41)

    噂の神戸SSアメリオさつきままん
    いつも長文になってしまって(^_^;)
    指は腫れずに穴だけ開いてますが治ってきてます
    ままんは猫呼び寄せ機を持っていますね
    それも衰弱してたり、怪我してたりの猫の
    今まで見送った猫たちがままんの所へ行ったら
    助けてもらえるって弱った猫たちに教えてくれてるのかも
    たくさんの猫のお世話さつき、アメリオを含め
    本当にありがとうございます

  • #11

    和代 (土曜日, 13 6月 2015 08:20)

    沢山の猫ちゃんが卒業出来て、大変嬉しく思っています!
    でも、卒業猫ちゃんを送り出しても、送り出しても保護される子が多いですね。
    にゃんむすさんをはじめ、スタッフの皆さん本当にありがとうございますm(_ _)m
    私も、少しでも猫ちゃん達の為に出来る事をしたいと思ってます。
    4月に保護した子猫ちゃんがまだまだヤンチャで、噛みグセがあったりで、病院からも「もう1匹一緒に遊べるお友達探した方が良い」との事だったので、後1回残ってるワクチン接種が終わったら是非、伺わせて下さい。

  • #12

    にゃんむす (日曜日, 14 6月 2015 08:42)

    和代さん

    和代さんが保護してくださった子猫もすくすく成長しているようで
    嬉しいです
    1匹で育つ子は噛み癖がどうしても出てきますね
    一日中遊んでいる兄弟子猫たちを見ているとそのパワーのすごさに
    「あ~、人間がちょっと猫じゃらしで遊んであげるだけでは足りないんだな~」と
    感じます
    小さな身体で2匹共存することで噛み癖だけでは無くいろんな事を
    学んでいくのでしょうね
    良いご縁が淡路島の子と結べたら嬉しいです
    よろしくお願いいたします