2014年

9月

27日

シャラちゃん、デン君、ルーブル君、チロルンちゃん、リラちゃん、ボン君、えなちゃん卒業おめでとう

春の出産シーズンから子猫たちが途切れることなくやって来ましたが

 

気が付けば秋の出産シーズンが始まっていましたね

 

これからは気温が低くなり、捨てられた子たちは

 

低体温になりやすく、保護されるまでの数時間が生死を分ける

 

厳しい季節になりました

 

小さな子を保護した時はあたためてあげてくださいね

 

 

では、今日もたくさんの卒業生たちのうれしいご報告から

 

 

7匹の子猫を連れてあるお家の納屋にやってきたシャムの母さん猫がいました

 

この子たちはその7匹の兄弟のうちの2匹シャラちゃんとデン君です

 

とっても可愛い兄弟で里親様は抱っこして

 

お顔がとろけそうなほどうれしそう

 

ご主人様のおばあ様が淡路島だそうで

 

思い出の詰まった淡路島から子猫を迎えてくださることになりました

 

ミルクから育てた経験もあり、先代の猫さんは17年、20年と

 

長寿の猫さんだったそうです

 

幸せの橋を渡って大阪っ子になりました

 

シャラちゃん、デン君卒業おめでとう

 

 

 

 

 

シャラちゃんはモモちゃんに

 

デン君はチョコ君になりました

 

チョコ君はすぐにトイレができ、モモちゃんは1回失敗しちゃったけど

 

2回目からはできているそうです

 

ご飯もたくさん食べて

 

初日からパパさんとママさんと1本線の多い川の字になって寝たそうです

 

( ´艸`)

 

お見合いの時はおとなしかったこの子たちも

 

歴代の子たちをはるかに凌ぐわんぱく&オテンバっぷりを

 

発揮しているそう

 

(^_^;)みんなお見合いでは猫かぶっちゃうんですね~

 

 

 

 

TNRしたシャーミーちゃんの子供のルーブル君

 

最初はシャーシャー言っていましたが

 

すぐにゴロニャンの甘えん坊さんになりましたね

 

餌やりさんは避妊手術の事など今まで考えた事もなく

 

生まれた子猫は愛護センターへ渡していたそうです

 

殺処分の事も知らず

 

今回の事でいろいろと勉強になったとスタッフにとても

 

感謝していると言っておられたそうです

 

避妊手術の費用も出してくださってたのですが

 

これから他の猫たちにも役立ててくれればと

 

たくさんの寄付もしてくださいました

 

ルーブル君、危うく君もセンターへ連れて行かれてしまうところだったのよ

 

Oさんがその事を聞いて動いてくれたおかげで

 

新しいにゃんこ人生をはじめることができましたね

 

猫が大好きな息子さんの希望でルーブル君を選んでいただけました

 

 

幸せの橋を渡って西宮っ子になりました

 

ルーブル君卒業おめでとう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

名前も息子さんが考えトラ君になりました

 

食欲旺盛でトイレもすぐにできて

 

ビックリするとシャーと言ってたそうですが

 

寄り添って昼寝してくれて癒されっぱなしですって

 

寝顔が本当に可愛いですね

 

 

 

 

チロルンの保護主さんは支援物資を届けに

 

先日来てくださった時に

 

チロルンのゲージの前で「飼ってあげられなくてごめんね」と

 

泣いていました

 

お家には4匹の保護した猫さんがいますので

 

ご両親もこれ以上はと・・・

 

チロルンにはサリーちゃんという姉妹がいましたが

 

徳島の里親様に迎えていただきました

 

その後しばらく預かっていただいてたので保護主さんは

 

情が移ってチロルンの事がどうしても気になって

 

ご両親を説得され、チロルンを家族に迎えてくださる事になりました

 

チロルンが一番待ってた人がお迎えに来てくれましたね

 

幸せの淡路島っ子になりました

 

名前は元のチロルに戻りました(昨年保護部屋にチロルという名の猫さんが

 

いましたのでチロルンと呼んでいたのです)

保護部屋ではおっとりなチロルンでしたが

 

お家に帰ったら先住猫のまる子ちゃんを追いかけまわして

 

おしっこの邪魔までして

 

保護部屋のチロルンとは大違いだそうです

 

お迎えに来てくださった時もおとなしく抱っこされていたのに

 

まともに抱っこできたのはそれが最初で最後のようです( ´艸`)

 

猫かぶっていましたね

 

 

『もしあのまま引き取っていても大事に育てたかもしれませんが

 

離れたからこそ余計に愛おしく思えるのかもしれません

 

(これか私の自分勝手な解釈です)』と・・・

 

 

チロルン本当に良かったね

 

卒業おめでとう

 

 

 

こちらは今日の記事の最初の卒業生シャラちゃん、デン君の兄弟の

 

右上からリラちゃん、ミニ君、ボン君

 

お見合いはリラちゃん、ボン君だったのですが

 

ホクホクさんが風邪引きの3匹を保護主さんから

 

預かって治療してくださってたので

 

まだくしゃみ連発のミニ君も一緒にやってきました

 

ボン君も片目が少し目やにが出ていました

 

預かった時のひどい状態から見るととってもきれいになっていましたが

 

里親様は初めての猫さんだったので

 

お世話かけそうで申し訳なかったです

 

可愛いお嬢さんが二人、リラちゃんボン君を抱っこして

 

とてもうれしそうな笑顔でした

 

いっぱいこれから遊んでもらえるね

 

幸せの橋を渡って加古川っ子になりました

 

リラちゃん、ボン君卒業おめでとう

 

 

 

 

 

 

 

 

名前はリラちゃんがミルクちゃんに

 

ボン君がマロン君になりました

 

お家に着いてキャリーを開けたらすぐに探険をはじめ

 

運動会が始まったそうです

 

家族みんなの視線を独占、愛らしい仕草にメロメロですと

 

トイレもできて、ご飯は少し量がすくないような気がするそうですが

 

元気いっぱい、マロン君の目もよくなってきているそうです

 

きっともう猫のいない生活はできなくなりますよ~

 

 

たくさんの方に応援していただいてたえなちゃん

 

保護部屋に来た時はすでに両目を失明していて

 

ガリガリに痩せていました

 

保護主さんもえなちゃんを見つけた時は

 

きっと助けることにも勇気がいったと思います

 

ブログやフェイスブックで何もしてやれないと

 

ご自分を責めておられましたが

 

えなちゃんに出会って私たちスタッフも

 

ブログ読者の方もいろんなことを思い

 

えなちゃんから教えてもらったことがたくさんあったと思います

 

えなちゃんを見捨てずに保護してくださってありがとうございます

 

この写真のえなちゃんの幸せそうな姿は

 

またまたみなさんの心をズキューンですね

 

トライアルで先住猫さんとの相性を見ていただいていましたが

 

毛づくろいしてもらってうれしそう

 

 

えなちゃんが来ると同時に買ったというキャットタワーに

 

3匹がてっぺんのベッドで寝ていてビックリしたそうです

 

でも、やはり降りられなくて

 

それからは頂上には登らなくなったそうです

 

でも、きっと高さを覚えてまた登るようになるかもしれませんね

 

 

怒られることも理解して

 

「こらっ!」というと一目散に逃げる技を覚えたそうです(≧∇≦)

 

 

お留守の時はゲージに入ってもらってるそうですが

 

段々とお留守の時間を長くしながらゆっくりとリ完全リビング生活へと

 

移行していきたいと思っていますと

 

こんなに思ってもらってえなちゃん幸せですね

 

トライアル終了です

 

 

幸せの橋を渡って姫路っ子になりました

 

えなちゃん卒業おめでとう

 

 

 

 

 

 

 

 

まだまだ卒業生がたくさんいるのですがまた次回の記事で。

 

うれしい近況報告もたくさん届いています

 

白長毛猫さんのシャネル君

 

なんだかさらにモフモフしているように見えますね~

 

マリンと一緒に迎えていただきました

 

シャネル君はすぐにベッドでくつろいで

 

ごはんもトイレもばっちりだったそうです

 

 

マリンはおやつの焼がつおを手から食べたようなので

 

里親様の事を警戒していないんじゃないかな

 

手がとどかないところにいるので孫の手で撫でてあげると

 

気持ちよさそうにゴロゴロ大音量!だったそう

 

 

マリンはベッドの下から出てこなかったようですが

 

なかなかブログを書く時間が無く

 

ご報告いただいてからずいぶんたっていますので

 

もしかしたらもうマリンもくつろいでるかな

 

 

 

こちらはてん君(元バニラ君)

 

鈴音ちゃんが産んだ子ですね~

 

なんだか寝方が笑えるテン君ですが

 

立派に成長しましたね~

 

お子さんの誕生日とテン君が生まれた月が一緒なので

 

一緒に誕生日のお祝いをしていただいたそうです

 

 

いつもより豪華なおやつでお祝いしたのに

 

味わうでもなくさっさと食べてしまったみたい( ̄m ̄〃)

 

少し前までは障子をやぶったり、カーテンをよじ上って暴れまわって

 

いたそうですが、1歳になって少し落ち着いてきた感じで

 

嬉しいような寂しいような感じですと

 

 

寝る時は「テンちゃん行くで!」とお姉ちゃんが言うと

 

一緒に2階について行って寝ているようです

 

楽しそうなその光景が目に浮かびますね

 

 

美人のさくらちゃん(元あずきちゃん)

 

保護した時も少し片目から涙が出ていましたが

 

今も涙が止まらないようで獣医さんで診ていただいたそうです

 

涙目は猫風邪のヘルペスウィルスが原因で鼻涙管が潰れているせいなので

 

涙は拭いてあげればそれでいいですよと。

 

そして歯があまりきれいではないのは猫風邪のカリシウィルスに長いこと

 

やられていたせいなので、今後歯槽膿漏や口の中のトラブルに気を付けて

 

あげるようにと

 

漁港のおはるもおまめも涙が出ていたものね

 

うちの猫も猫風邪の後遺症で鼻水が止まる事がないですが

 

抗生剤もいろいろな種類で2年ほどすすめられた物を試しましたが

 

結局完治できずでした

 

大きな病気に比べたらたかが鼻水、涙と思うかもしれないけれど

 

見ているとなんとか治してすっきりさせて快適な生活をさせてあげたいと

 

思ってしまいますね

 

保護部屋卒業生にもなんらかの後遺症が残っている子がたくさん

 

いますね

 

今、ふと思ったのですが

 

チロルンの先住猫さんの黒猫さんは

 

もしかしたらお豆の血縁?かな

 

漁港で他に黒猫さんってあまり見ないのよね

 

もしそうだとしたらさくらちゃんとも血が繋がってるかも~

 

 

郡家のTさんが小学生から引き取ったにゃんちゃ君

 

1回目のワクチンが済み、片目が開きにくそうで

 

診ていただいたそうです

 

お母さんの母乳の免疫が切れるころに

 

風邪をひく子が多いのでしょうね

 

 

うんちもお迎えしていただいた時にゆるかったのですが

 

最初の2回だけゆるく、その後は正常になったそうです

 

 

毎日元気に走りまわってご飯もたくさん食べて

 

すくすく成長中

 

噛み癖も出てきたみたい(^_^;)

 

茶トラの子ってやんちゃで噛み癖が出る子多いと思いませんか~?

 

 

 

 

この子は夏目ちゃん(元ライラックちゃん)

 

7匹の兄弟(シャラちゃんやミニ君やボン君たちの)の1匹目に迎えていただいた

 

子ですね~

 

ワクチン接種、血液検査、寄生虫検査をしてくださったそうです

 

血液検査は得に問題無く、虫は後日結果出るようです

 

体重も680っが860gになったそうで

 

すくすく大きくなっていますね

 

名前は夏目ちゃんになりました

 

 

 

 

 

 

 

ジンジャー君もお迎えしていただいて1年ですね

 

迷い混んできた子猫が新たに仲間入りしたそうですよ~

 

やんちゃだったジンジャー君も

 

保父さんしてからおとなしくなったそうです

 

男の子も子猫が来ると遊んであげる子が多いですね

 

きれいな子猫ちゃんだね~!ジンジャー君もこうして比べると

 

本当に大きくなりましたね

 

ついこの前までゲージの中でピャーピャー言ってた小さな子だったのにね

 

毎日運動会だそうですよ

たくさんご支援の物資やお金も届いております

 

本当にありがとうございます

 

次回の記事でご報告させていただきますね

 

今日は時間が無くなってしまったのでこの辺で

 

ラインやメールのお返事もすみません、遅れていますが

 

お待ちくださいね~

 

 

では、今日もあーもんさんPOPTEKOさんのブログへ行ってみましょう~

 

 

http://aamonndaisuki2.blog.fc2.com/

 

 

http://blog.goo.ne.jp/popteko

 

 

 

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    きなこ (土曜日, 27 9月 2014 19:56)

    にゃんむすび様、チロルの里親です。その節は、チロルが大変お世話になりました。
    チロル確保に協力してくれた!おまめちゃんをブログで見たとき、うちの先住猫の、まるこに、そっくりで…まさか(^_^;)遠い親戚では?と思っていました。
    あずきちゃんは先住猫の、きなこに、似てるんです(*_*) 
    にゃんむすさんの、おっしゃる通り近所で黒猫は見かけないので、きっと!うちの子は、おまめ一族だと思います(^o^) にゃんむすびさんを通して素敵なご縁が結べました。
    ありがとうございました。