2014年

6月

23日

メッシュ君、ジュジュちゃん、八角君卒業おめでとう

 

シルバーのメッシュ君と黒シマのジュジュちゃん

 

対照的な2匹です。

 

保護部屋にやってきた時は神秘的に見えましたよ

 

コンビニに捨てられ、兄弟2匹はカラスにやられて無残な姿だったと

 

聞いています

 

このままではこの子たちカラスに殺されてしまうと思い

 

連れて帰ってくださった保護主さんのおかげでこの子たちは

 

幸せになることができましたね

 

トライアル終了です

 

名前はメッシュ君がハク君に

 

ジュジュちゃんはキキちゃんになりました

 

 

先住猫のぽんた君メイちゃんもまだ1歳前なので

 

にぎやかになりますね

 

幸せの橋を渡って加古川っ子になりました

 

メッシュ君、ジュジュちゃん卒業おめでとう

 

 

兄弟たちの分まで、そしてワカメちゃんが渡してくれたバトンを

 

しっかり握って元気で長生きするんだよ

 

 

 

さざえやタラちゃんにもお声をかけてくださり

 

里親様もずっと私たちと一緒に戦ってきました

 

心配して会いに来てくださってありがとうございます

 

 

 

迎えてくださったハク君キキちゃんに出会う事が

 

里親さまには運命だったような気がしてなりません

 

 

家族に迎えてくださり本当にありがとうございます

 

サザエちゃんとタラちゃんにも運命の里親様がいつか

 

お迎えにきっと来ますので見守ってくださいね

 

 

 

イケニャンの黒猫さんの八角君

 

ものすご~い寂しがりの甘えん坊さんです

 

どの子か決めずに保護部屋にお見合いに来てくださった里親様の

 

心を射止めたのは八角君でした

 

 

ご主人が抱っこすると八角君すぐにお顔に手を延ばし

 

ご主人のひげをチョンチョンしたり

 

毛づくろい(ヒゲづくろい?)をしたり

 

腕に抱かれたまま降りようとしません

 

 

 

 

先住猫さんが2匹おられるそうですが

 

抱っこがあまり好きじゃなくお布団にも入って来ないそうで

 

奥様はおひざに乗ってきたり、

 

お布団に入って来てほしい~と言っておられました

 

 

今頃甘え放題で八角君も嬉しいでしょうね~

 

先住猫さんと仲良しになるといいね

 

兄弟のサンショウ君を残していくのをとっても気にされていましたが

 

サンショウ君にも運命の里親様がきっと見つけてくださるので

 

大丈夫ですよ~

 

 

幸せの橋を渡って神戸っ子になりました

 

八角君卒業おめでとう

 

 

 

 

 

やっと避妊手術を終えた時

 

ゲージからキャリーに移すのに大暴れしたチェロちゃん

 

先生も触れないのでにゃんむすとムートンで

 

ネットにまず入れようとしますが

 

なかなかつかむことができず大変でした

 

敷いてあったペットシーツに血が落ちたのを見て

 

 

チェロが爪でもはいでしまったかと思ったら

 

ムートンの手からでした

 

 

噛まれなれている私たちなので

 

チェロが怖がっている事の方が可愛そうだとムートンは

 

気にもしていませんが

 

里親さんになる人が現れても、ワクチンにも連れていけないだろうね。。。。

 

どんなに慣れているとは言っても

 

噛む猫は私たちも怖いです

 

やっとの事でネットに入れてキャリーに移すことができました

 

ムートンに絆創膏を貼るにゃんむすの手が

 

ブルブル震えてなかなかうまく貼れなかったです

 

 

 

それでも、保護部屋にボランティアで来る前は

 

にゃんむすも猫にシャーと言われるだけでもビビっていて

 

友人の飼ってるパンチする猫も怖くて近づけなかったのよね

 

 

 

 

チェロの話を最初に聞いたのは昨年の11月ころだったかな

 

チェロが大きくなってきていてこのままでは妊娠してしまうだろうと

 

ずっと気になっていましたが

 

保護主さんの倉庫に住みついて半年、毎日ご飯をあげていても

 

近づけても捕まえることができないと聞いていて

 

 

 

発情期が始まる前に倉庫から出さないようにしてもらって

 

捕獲機をお貸ししました

 

 

 

これから始まる子猫シーズンでもあり

 

TNRすることになるだろうとお話してありましたが

 

もしかしたらフルートやピアノの今日だなので

 

最初は怖がっても慣れるのではないかという期待もありました

 

しかし、保護部屋に来てすぐにパルボ発生

 

チェロを慣らす時間が全く無く

 

ようやく落ち着いてきたら

 

今度は子猫シーズンで子猫が次々にやってきました

 

 

またまたチェロを慣らすための時間が無くなり

 

たまにゲージに手を入れ触ろうとするだけで飛び上がって逃げ、噛みつき

 

パニックになります

 

子猫の部屋のゲージを使っていることもあり

 

予備のゲージも無くなってしまったので

 

保護主さんの倉庫に戻すことに決めました

 

2階建ての大きな倉庫ではチェロはいつも2階にお気に入りの場所があるらしく

 

1日のほとんどをそこで過ごしていたそうです

 

外にも自由に出られますが

 

まわりは田んぼと畑ののどかな田舎でした

 

 

 

 

 

 

抜糸に連れていくのにまたまたネットにチェロを入れようとしたのですが

 

暴れて皮の手袋を噛んできました

 

恐怖でうんちをたくさんもらし、その上に乗ってしまって

 

体にもうんちが付いてしまいました

 

 

 

なんとかネットにいれた時にまたうんちをもらし

 

チェロがネットの中でうんちまみれになってしまい

 

獣医さんの診療時間が終わってしまうので

 

そのまま連れて行く事になり

 

 

診察台の上で3人で押さえつけなんとか抜糸できました

 

 

汚れたチェロを快く診てくださった獣医さんに感謝しています

 

 

 

最後に怖い思いをさせたまま

 

チェロとのお別れです

 

 

住み慣れた倉庫にキャリーから飛び出しダッシュで逃げて行く姿を見て

 

 

チェロのこれからのにゃんこ人生が

 

おだやかでありますようにと祈るしかありませんでした

 

 

保護主さんがこれからもご飯をあげてお世話をしてくださるので

 

またチェロの近況もお聞きしたときにはブログでご報告しますね

 

 

 

 

 

 

 

 

ちっちゃなことねちゃん

 

かなりの甘えたさんなので

 

ひとりぼっちは寂しいね

 

 

 

ひどい風邪をひいていましたが

 

少しずつ目も鼻も良くなってきました

 

 

ご飯はまだ手伝ってあげないといけませんが

 

口に何度か入れると自分で少し食べるようになってきました

 

骨がごつごつと手にあたり、こんなにガリガリになっても

 

生きていてくれて良かった

 

 

朝晩の飲み薬の他に日に3~4回の点眼点鼻、眼軟膏

 

お世話に時間がかかりますが

 

この子の目がきれいに戻ってくれたら

 

絶対美人さんなので後遺症が残らないようにしてあげたいですね

 

 

 

 

パルボ発生の後、たくさんの毛布を廃棄処分したため

 

皆さまに送っていただき大変助かりました

 

まだ肌寒い日が続いていますので

 

新しいふわふわの毛布でこの子たちも気持ちよさそうに寝ています

 

 

具合が悪くても自分で自分を抱かえこむようにして寝る姿を見ると

 

連れて帰って看病してあげたくなります

 

 

ことねちゃんの里親さんを募集しています

 

 

 

いつもご機嫌のえなちゃん

 

お目目が見えなくても毎日新しい事にチャレンジです

 

どうやって棚があることをわかるのでしょうね

 

 

飛び上がって棚の上によじ登ります

 

 

でも、しばらくどうするか見ていましたが

 

棚の下へどうしても降りられません

 

一度飛び降りれば高さが解るのでしょうが

 

怖くて降りられないようです

 

 

爪とぎをななめに置いて結束バンドで固定してみましたが

 

途中までは降りてもまた戻ったりできるようになっても

 

なかなか床面に手を付けないでいるので

 

手で体を支えながら何度か上から下へ爪とぎを伝いながら

 

床に降りる練習をさせてみました

 

他の部屋に行って戻ってみると

 

 

 

 いつの間にか自分で降りていました

 

えなちゃんすごいね~

 

 

 

 

 

 

そんなえなちゃんも寝ている姿は

 

寂しげで、保護部屋から帰る時は

 

後ろ髪引かれます

 

 

一緒に寝てくれる人がいてくれらたら

 

ゴロゴロスリスリ甘えるだろうな~~

 

眼球はしぼんでしまっているため

 

もう視力がもどることは無いけれど

 

この子の持って生まれた人を幸せな気持ちにするパワーはすごいな~って

 

思います

 

見ていて可愛そうという気持ちより

 

一緒にいると楽しくなるんです

 

両目の見えない子を迎えることってなかなか勇気がいると思います

 

 

トライアル大歓迎です(プレッシャーにならないよう

 

記事にしないでゆっくりトライアルしていただく事もできますので

 

えなちゃんが気になる方がおられましたらご連お待ちしています)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日はパルボ発症したコハクとカツオ君、サザエちゃん、タラちゃんの

 

ご報告をしたいと思います

 

 

一気に症状が悪化して死にかけたコハクちゃん

 

血液検査を何度かしてきましたが

 

先生がエイズ白血病の検査をしておられました

 

 

結果は、エイズ陽性、白血病陰性でした

 

エイズ陽性と出ても、ウィルス保持しているという意味で

 

発症しなければ元気に長生きする猫さんもたくさんいて

 

他の猫さんと一緒に暮らしても

 

よほどの血の出るような怪我をするケンカをしたり

 

交尾したりしなければ感染は無いと聞きますし

 

エイズ猫さんとそうでない猫さんを一緒に飼っている方は多く

 

家にエイズ猫さんがいる場合でも保護部屋の子達を譲渡することがあります

 

 

 

 

でも、もしエイズ感染の可能性のある子猫を迎えるとなると

 

里親様は先住猫さんがいれば不安になるでしょうし

 

子猫の時期は噛みあいをたくさんしますので

 

加減がわからず傷になるほど噛んだりもします

 

そのたびにヒヤヒヤすることになるのかもしれません

 

 

パルボの排出がいつまで続くかわからない上に

 

子猫たちのエイズの母子感染の心配も出てきました

 

すぐに子猫たちも検査をお願いしましたが

 

母猫から生まれた後の感染も否定はできないので

 

1カ月完全に母猫から隔離してから検査しましょうという事になりました

 

 

 

退院してきて、コハクちゃんと子猫たちを一緒にしてあげられないのは

 

本当に辛かったです

 

「どうして親子一緒にしてあげないんだろう?」と

 

思った方もきっと多かったと思います

 

 

 

獣医さんで長い間治療を頑張って

 

やっと元気になって退院できたのにね

 

 

 

お母さんに甘えたかったろうしお乳を吸いたかっただろうし

 

コハクもゲージから手を伸ばして

 

子猫たちを見て鳴いていました

 

 

里親様にお話を白紙に戻すことを伝えたのは

 

コハクのエイズの事もあったからでした

 

 

1カ月待って、検査して

 

陰性と出ればよいのですが、陽性と出た場合は

 

母猫の抗体が体に残っていると検査キットに陽性と出てしまうけれど

 

成長して抗体が消えて行くときにエイズも消えることがあり

 

再検査で陰性になることがあります

 

その期間は半年とも言われていますし

 

10か月過ぎてからとも言われているので

 

その長い間、里親様が待つというのは

 

させてはいけない事だと思いました

 

 

 

血縁関係にあるコハクの母猫のルビーちゃんの里親様と

 

コハクの子であるオパール君の里親様にも

 

血液検査の結果を報告しました

 

 

里親様から迎えた子達を思う心強いお返事をいただきましたが

 

不安や心配な気持ちになっていると思います

 

申し訳ないです

 

 

 

 

私たちは保護部屋に来る猫を選べません

 

持っている病気とどうやってうまくつきあっていくか考えたり

 

治療できる病気は治すこともできますが

 

年間200匹近い猫の入居がある保護部屋では

 

本来するべきである虫の検査やウィルス検査を

 

全部の猫にすることは不可能で

 

限りあるお金は治療と避妊手術を優先して使わせていただいています

 

 

 

 

 

1カ月がとても長く感じましたが

 

いよいよ子猫3匹の検査をする日がやってきました

 

 

 

3匹とも結果は陰性でした

 

 

 

 

新しい出会いを探していただくようお話した後

 

かつお君を迎える予定だった里親様は

 

おはぎちゃん(元ラズベリーちゃん)を迎えてくださいました

 

 

その時に「ずっと見てきたカツオ君をどうしてもあきらめる事が

 

できなくて・・・・」と言われました

 

検査結果を知らせるお約束をしてラズベリーを連れて帰られました

 

 

まだ小さなラズベリーちゃんはワクチン接種がこれからなので

 

念のためワクチンを打ってから

 

カツオ君を迎えてくださることになりました

 

 

エイズや白血病検査で陰性と出ると

 

ほっとしますが

 

もし、お家にエイズや白血病の猫さんを育てている方がブログとかで

 

「エイズじゃなくて良かった~!白血病じゃなくて良かった~!」と

 

喜んでいるのを見たらどんな気持ちになるのでしょうか

 

まるで陽性だったら不幸だと言われているように感じるのでは

 

ないでしょうか

 

 

 

以前、検査で陽性と出た保護部屋の猫さんがいた時

 

私は泣いてその悲しみをブログに載せたことが

 

ありました

 

でも、その猫はとっても幸せに今も暮らしているし

 

迎えていただいた後でエイズ陽性とわかった猫さんもいましたが

 

発症させないようにと大切に育てていただいています

 

 

 

病気の猫さんやハンデのある猫さんはは決して不幸ではないと

 

思うようになりました

 

病気やハンデがあるとわかっているのに迎えていただき

 

幸せを約束されているのだと

 

今まで保護部屋の子たちを迎えてくださった里親様のおかげで

 

そう思えることに本当に感謝しています

 

 

 

 

元気いっぱい走り回るカツオ君、サザエちゃん、たらちゃん

 

来週で生後3か月を迎えます

 

 

 

たらちゃんは3匹の中でも一番症状が重く

 

白血球も極限まで下がり

 

カリシも同時に発症しました

 

コハクちゃんとたらちゃんだけカリシの症状である

 

舌に潰瘍ができその治療もしてきました

 

サザエとカツオはもう普通の子猫と変わりなく走り回っていますが

 

たらちゃんには後遺症が残りました

 

 

 

 

後ろ足がふらつきます

 

脳に何か障害が残ったのか、足の筋肉に異常があるのか

 

ジャンプも出来ないのでゲージの棚に登ることができないようです

 

 

毎日ムートンが掃除の合間に猫じゃらしで

 

足を動かせているうちに

 

ずいぶんしっかりしてきましたが

 

階段のあるお家は難しいかもしれません

 

(降りることができても登れないかもしれません)

 

 

トイレも自力でできるので段差の上り下りができない事以外は

 

普通に生活ができると思います

 

 

パタパタと揺れて倒れながら走っていますが

 

それを見て可愛そうと思うのではなく

 

たくましいな~って思いながら見守って育ててくださるとうれしいです

 

だって、タラちゃん自信は足のふらつきをハンデだなんて思っていないし

 

毎日うれしそうに楽しそうにしているもの

 

 

生きていてくれてありがとう!

 

 

 

 

 

ウィルスがいつまで排出されるのか知りたかったので

 

カツオ君の便を遺伝子検査してもらう事にしました

 

いつもの検査キットではウィルスが活発な時しか反応が出ないので

 

微量でも出る遺伝子検査をお願いしました

 

 

 

たぶんまだ陽性と出るだろうなと思っていたので

 

2週間ごとに検査して、どのくらいたてば排出が止まるのか

 

今後の参考のためにも調べておきたかったのです

 

この検査は一週間~10日ほどで結果が出ます

 

先生から電話があり結果は陰性

 

すでにウィルスの排出は終わっていました

 

 

一度パルボに感染した猫はもう2度と感染しないそうです

 

カツオ君はお迎えが決まりましたので

 

 

頑張って治療に耐え、生き抜いたサザエちゃん、タラちゃんの

 

里親さん募集を始めたいと思います

 

 

 

コハクちゃんはこれからまだ避妊手術もありますので

 

体力戻って、手術が済んでから募集を始めたいと思います

 

それまでに飛びつき&噛み噛みを治したいわ~

 

たぶん子猫がいるから守ろうとしてるんだろうね

 

子猫を産む前はもっと甘えたさんだったもんね

 

 

 

チャコちゃんも保護部屋が長かったのでファンが多かった猫さんですね~

 

近況報告が届いていますよ~

 

*****************************

 

お久しぶりです。


まずは、報告から…


昨日、朝起きるとトイレじゃないところに下痢のような便がされていました。
その前日に、お弁当のご飯に乗せてあったジャコをつまみ食いしたので気にはしてたのですが…


今まで、お弁当を作っていてもチャコちゃんは、手を出すことがなかったので不注意でした。そのジャコはちりめん山椒だったので…


その後、様子をみていたら頻繁にトイレに行って、ウンチは出ないのですが何度もオシッコをする態勢をしてもちょびっとしか出てなかったり、それでも何度も何度もトイレでオシッコする態勢をしていました。


床に小さなオシッコがされてたし、慌てて動物病院に行ってきました。
病院で先生が膀胱をしぼってオシッコを取ろうとしたのですが、オシッコが溜まっていなくて、オシッコの検査はできませんでした。


そして、エコー検査では膀胱の壁が厚くなってるみたいな事を言われました。
トイレの回数が多いのは、おそらく膀胱炎ではないかと
薬をうまく飲ませる自信がないので、二週間効くとゆう注射をして帰ってきました。


その後、トイレの回数も元に戻ってホッとしました。(容態をみてオシッコを持っていくことになってます)



初めての猫との生活で、つい嬉しくて猫のオヤツをあげすぎてた事、晩御飯の焼き魚をちょびっとあげたりした事、色々反省です。
今日は、心を鬼にして、ロイヤルカナンのみ…

今回の事で、学んだ事
無知は罪
もっと猫を飼う事について勉強しなければと思いました。
忙しい中、申し訳ない報告ですみませんでした。

それと最近のチャコちゃんの画像を送ります。キャットタワーに登って外を眺めたり、夜中に本棚の上にいたり、活動的なチャコちゃんです。
今日は、昼寝から起きると私の布団でチャコちゃんが一緒に寝てました♪

お星さまになった小さな猫ちゃんたちに心痛みます。私たちに何かを教える為に生まれてきたのなら、次は自分の幸せな時を過ごす為に生まれてきて欲しいです。


保護部屋のみなさんの活動で、幸せな時を過ごしている猫ちゃんやワンちゃん、そして私たちです。うまく言えませんが、活動されてますみなさんが辛い思いをしませんよう願っています。
それでは、また報告しますね。

******************************

 

キャットタワーの穴の中に入ってるね~

 

目が覚めて、横にちゃこちゃんが寝ているなんて

 

あーもんやムートンがうらやましがるわね( ̄m ̄〃)

 

チャコちゃん幸せだね

 

おしっこの問題もたぶん、ジャコを食べたり、おかずのお魚を

 

もらった事が原因では無く

 

長年お外でくらしてきたチャコちゃんなので

 

今までの積み重ねからきていたと思います

 

おしっこが出にくくなっているのは気づかないことが多いのですが

 

よく見つけて獣医さんへ連れて行ってくださったと思います

 

ありがとうございます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3匹一緒に迎えていただいたネイビーちゃんたちの里親様から

 

さっそくやんちゃな様子が届きました

 

三毛猫の(黒多め)がもとちゃん

 

三毛猫の(白多め)がゆかちゃん

 

白黒がチョビちゃんになりました

 

 

おしっこもうんちも完了

 

下痢もしていないようで元気いっぱいです

 

三毛ちゃん2匹が仲良くいつもべったりで

 

 

白黒ちゃんが人が大好きなようで

 

里親様の足にぶら下がって、張り付いたまま歩いているそうです( ̄m ̄〃)

 

 

網戸に登る動画を見ても、この子が一番活発かな

 

網戸も猫脱走防止には

 

登っても破れにくい金網のようなのもあるのだそうです

 

猫の力で開かないようにストッパーもホームセンターで買えますので

 

みなさんもこれを機に取り付けしましょう~

 

 

と言うにゃんむすもまだ買ってきてないけど(^_^;)

 

最近気性の激しい野良ちゃんが家に来るようになってるから

 

今日買って来よう!!

 

 

 

お家にはセンターから来たワンコもいるそうですが

 

そのワンコちゃんとも仲良くなってきているそうです

 

 

 

まだ風邪のため目薬で治療中なのでお世話が大変じゃないかと

 

心配していましたが

 

(譲渡する前に獣医さんに子猫たちを連れて行き

 

診察していただきました。今まで使っていた眼軟膏を見せたら

 

強いステロイドの入った物だったので、良くなってきてたから

 

普通の眼軟膏に変えるようにと新しいのをもらってきていましたので

 

里親様にお渡ししました)

 

 

里親様は3匹とも心配で眼軟膏を続けてくださったそうで

 

猫風邪の結膜炎はぶりこともあるのでしっかりこれで治るといいですね

 

一番ひどかったローズィちゃんも膜も引いたようです

 

 

キャットタワーも買ってもらったようですよ~

 

 

紹介してくださった方からアメリオママンさんが聞いたお話ですが

 

里親様は誰もお世話しないボロボロになったお地蔵さんを

 

綺麗にして帽子をかぶせたりする心の優しい方だそうです

 

先住のワンコも3匹の子猫もとても大切に育ててくださっています

 

 

保護主さんもにゃんむすが3匹をお迎えに行ったとき

 

別れが辛く泣いておられました

 

手がかかった子ほど情も移りお別れは辛いですね

 

私たちも情を移さずに愛情を注ぐなんて難しい事は

 

なかなかできなくて毎日保護部屋の子たちも可愛くて可愛くて

 

メロメロになりながらもお別れの日はやってきます

 

 

近況報告で幸せそうな姿にまた「頑張ろう!」ってパワー充電しています

 

 

 

 

 

 

保護部屋の大人ニャンコも忘れちゃいけませんね

 

子猫の可愛さには勝てませんが

 

個性派揃いの保護部屋の大人猫さんも一緒に暮らしたら

 

きっと楽しいと思いますよ~

 

 

どこかチャコちゃんと性格が似ているミクちゃん

 

 

お尻トントンも喜ぶし甘えたな性格なのに

 

 

ちょっと抱き上げると大声で反論「なにするの~~~~やめて~~~」と

 

叫んだり

 

 

一日のほとんどをこの格好で寝て過ごしているけど

 

この前こっそりゲージから出ていましたね

 

 

確かすだちさんも4か月目にゲージから出るようになってたもんね

 

ミクちゃんも2月に入居してるから

 

そろそろお散歩するようになりそうね

 

 

 

 

 

ミケミケちゃんはかなり甘えてゲージの中からアピールしてきますよ

 

抱っこもできますが

 

噛み噛み姉さんですね~

 

痛てて!(>_<)となるくらい噛みますが

 

許せる噛み加減なので

 

今までいろんな猫さんと暮らしてきた方なら上手にかわしながら

 

遊んであげられると思います

 

 

 

 

大人の部屋には9匹の猫さんがいますが

 

ワクチン接種もしてあるし、手袋無しでおさわりOKになりましたよ

 

ゲージから出して、猫同士遊ばせる事もまたはじめています

 

 

本当はずっと手袋して猫たちをゲージから出さない方が

 

何か病気が発生したり、虫が出たりした時に防げるのでしょうね

 

 

ミケミケちゃん里親さん募集しています

 

 

 

 

 

 

 

 

サンデーちゃん預かりのティオ君

 

そろそろ保護部屋に移そうかな~って思っていると

 

新たな入居猫さんがやってきますね

 

どんどん可愛くなっていくティオ君

 

黒猫好きさんにはたまりませんね

 

 

まだまだ遊び盛りの小さな子猫なので

 

たくさん遊んでくださる里親さんを募集しています

 

 

 

なんだかどんどん貫禄でてきましたねタンポポさん

 

お迎えも近づいてきましたよ~

 

 

タンポポもゲージの扉をあけておくと

 

こっそり窓際へ行くようになったね

 

 

お家で暮らすタンポポはどんな猫さんに変身するのかな

 

 

 

 

*******皆様から届きましたご支援のご報告*******

 

神戸市   N.F様   パウチ16個  猫砂4袋

 

 

ご支援の物資が届くおかげで

 

寄付でいただいたお金を治療費に使うことができています

 

本当にありがとうございます

 

 

また在庫確認して、7月に必要になりそうな物を

 

支援物資のページでお願いすると思います

 

頼ってしまていて申し訳ないですが

 

よろしくお願いいたします

 

 

 

 

 

 

 

では、今日もあーもんさん、POPTEKOさんのブログへ行ってみましょう~

 

 

http://aamonndaisuki2.blog.fc2.com/

 

 

http://blog.goo.ne.jp/popteko

 

 

 

コメントをお書きください

コメント: 5
  • #1

    ぽてと (月曜日, 23 6月 2014 14:51)

    チャコちゃぁ~~ん、幸せそうーー
    コハクちゃん達もいろいろあったんですね。

    くる○こさんのブログを見られてる方も多いと思いますが、
    読者の投稿で「いろいろな脱走防止策」が載っていました。
    ここまでするの?という感じですが、窓からの脱走以外にも台所への侵入防止対策も載っています。

    http://www.catmew.net/for_cats/cats_life/casestudy_dassou-01.html

  • #2

    噂の神戸SSアメリオさつきままん (月曜日, 23 6月 2014 15:43)

    メッシュ君、ジュジュちゃん、八角君卒業おめでとう^^
    にゃんたがぽんた家は賑やかになりますね♪

    チェロちゃん、ツーロ2になりましたね
    倉庫での画像楽しみに待っています(ツーロも見たいです)
    ムートンさん、おてて大丈夫???

    えなちゃんの立てかけてるスロープがわりの爪とぎ、
    どっかで見たと思ったら春ちゃんのゲージでした^^
    旬君はジュン君が段から段に飛び移る音や、
    着地した時の音で場所や高さがわかってジャンプしていましたね
    えなちゃんも誰か一緒にいたらわかるかもしれませんね^^

    チャコがジャコ・・←すみません、少しクスっとしてしまいました
    あのチャコちゃんが一緒の布団で寝てるなんて、うらやましいです
    優しくて安心してる顔になってますね

    もとちゃんは旦那様、ゆかちゃんは奥様から名前を貰ったそうです
    チョビちゃんは・・忘れました><
    この子はだいぶやんちゃだそうです^^

    さつきはエイズとわかって迎えましたが、不安はほとんどありません
    来てすぐは発症したかもと言われ、目鼻口皮膚すべて悪化していましたが
    免疫↑とか色々なサプリを混ぜて穏やかに過ごしていたら、
    採血結果も凄く良くなってきて、あれ?キャリア期に戻った!?と言われましたよ^^
    たまにキャリア期に戻る子がいるそうです
    諦めません。さつきは今幸せだから^^

  • #3

    サンデー (火曜日, 24 6月 2014 03:13)

    コハクとコハクっ子達

    朝ご飯から晩ご飯まで1日お世話してくれているスタッフの方々
    カツオをずっと気にして下さった里親様
    タラ・サザエを心配して来て下さったポンタパパ、ママさん
    ブログで見守ってくれている皆様

    本当にありがとうございます

    コハク達が元気に卒業できることを目標に
    少しでもスタッフの皆さんの力になれるように努力していきたいと思います


    ティオ君

    近況を時々、コメント欄で報告させてもらいますね
    毎日、一人運動会しております
    一緒に遊ぶのがまだ少し怖いようで
    写真のようにベッドの下からモグラたたき状態です
    声を出すと逃げてしまうので静かに猫じゃらしを振って
    変な格好になっても笑いをこらえています
    未だに咬んだり爪で引っかいたりは一度もないいい子です(*^_^*)

  • #4

    あーもん (火曜日, 24 6月 2014 07:28)

    チャコままさんへ

    うらやましすぎます (๑º ロ º๑)

  • #5

    コチャピ (火曜日, 24 6月 2014 11:31)

    チェロちゃん、倉庫に戻ったんですね
    おうちねこにはなれなかったけれど、手術をしてもらったおかげで
    妊娠出産を繰り返してしんどい思いをせずに暮らせるね
    どうか穏やかで元気に、猫生を送れますように。

    バルボを克服したカツオ君、サザエちゃん、たらちゃんの
    検査結果が陰性でほっとされたことと思います。
    信頼していた飼い主さんに捨てられたりセンターに連れて行かれ
    た猫ちゃん達は本当にかわいそうで不幸ですが、エイズや白血病
    が陽性でもおうちで大切にされている子達はみんな幸せですよね

    コハクちゃんにもきっと運命の里親様が見つかりますよう
    心から願っています。