2014年

4月

13日

新入にゃん、そして卒業にゃん

 

コハクちゃんの赤ちゃん?

 

いいえ、柄は良く似ていますが

 

公園に捨てられていたそうで、中学校の生徒さんたちが

 

シューズ袋にこの子たちを入れて保護部屋に連れてきたそうです

 

生後1カ月くらいでしょうか、まだ目が青い子たちです

 

左から白黒のティラミス君、黒のエクレアちゃん、

 

キジシロのバーム君、キジシロのプリン君です

 

人馴れしていますし汚れていないのでどこかのお家で生まれて

 

捨てられたのではないでしょうか。。。。

 

すぐに発見されないとトンビがたくさんいる公園です

 

時々トンビやカラスなどに肉をえぐられた子なども保護されますが

 

無傷で風邪もひいてなくて良かったと思う反面

 

保護部屋では風邪や真菌を移してしまわないか心配ですね

 

 

 

 

長い時間無人になる保護部屋ですのでこんなに小さな子は

 

一日も早くお迎えしていただけると助かります

 

 

 

子猫の入居をお待ちしている里親様に連絡をさせていただきました

 

 

 

 

 

 

 

まずは黒猫さんで女の子を待ってくださってた里親様が

 

エクレアちゃんを。

 

お迎えできるのが20日なので、1週間ほどありますが

 

あーもんさんのお家で預かっていただく事に。

 

 

ルビーちゃんの赤ちゃんを決めてくださっていた里親様が

 

すぐに飛んできてくださいました

 

そして決めていたルビーちゃんの子猫とそっくりなプリン君を

 

迎えてくださいました

 

たった344gしかないプリンちゃん

 

他の兄弟たちは550g前後でしたので

 

200gも体重が少なくケアが必要な子でしたので

 

一番先に迎えていただけて本当に良かったです

 

お家でお世話をしていただけると

 

兄弟にご飯を取られてしまうことなく

 

ゆっくりいっぱい食べさせてもらえるので少しずつ体重も増えていくと

 

思います

 

 

3匹の兄弟とは別れてしまいましたが

 

お父さお母さんお兄ちゃんお姉ちゃんができましたね

 

さっそくお家に着いて遊んでもらったようです

 

保護部屋ではおっとりしていましたが

 

お家に着いたらウロウロ歩きまわってベッドで寝たそうです

 

なかなか活発で遊び好きな様子です

 

里親様を紹介してくださったご友人がにゃんむすの友人だったので

 

これからも話題に出てきそうですね~

 

南あわじっ子になりました

 

プリン君卒業おめでとう

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらのキジシロ猫のバーム君は

 

先日術後服を作ってくださった方のお家へ迎えていただきました

 

先日保護部屋に見学に来られたお姉ちゃんも写真をお送りしたら

 

すぐにこの子!って決めてくださったようです

 

以前娘さんが保護した犬を飼っておられたそうですが

 

わんこも女の子、お子さんも娘さんが二人そして奥様

 

ご主人様だけが男だったので

 

バーム君!!念願の男の子かな( ´艸`)

 

今のところ男の子っぽいのですが

 

もう少ししたらはっきりわかると思います

 

同じ洲本市の洲本っ子になりました

 

バーム君卒業おめでとう

 

 

 

 

 

 

 

そして最後の1匹のティラミス君

 

先日ご家族みなさんで保護部屋に見学に来てくださった時は

 

お子さんたちが保護部屋のやんちゃな猫たちとたくさん遊んでくださいました

 

今日は連絡した時にご両親と息子さんが保護部屋の近くにおられたそうで

 

すぐに会いに来てくださいました

 

 

抱っこされたままじゃれて遊んで肩によじ登りと

 

まったく人見知りも無く無邪気ですね~

 

待ちきれず途中でお姉ちゃんからも電話がかかってきていましたよ

 

今頃みんなの中心で愛情独り占めですね

 

とは言ってもこの時期の子猫は寝るのが仕事

 

遊んであげればいつまでもうれしくて遊ぼうとしますが

 

ぐぐっと我慢してたくさん睡眠を取らせてくださるようお願いしました

 

今日保護された子猫も一緒にというお話も出たのですが

 

その子がちょっと風邪の疑いがあったので

 

今日はティラミス君だけを迎えていただきました

 

 

また落ち着いて、もう1匹一緒が良いなって思ったり

 

気になる子がブログで出てきましたらご連絡いただけるとうれしいです

 

広島から引っ越してこられたご家族で

 

お子さんたちの広島弁がめちゃめちゃ可愛いかったです

 

同じ洲本市の洲本っ子になりました

 

 

ティラミス君卒業おめでとう

 

 

4兄弟のうちの3匹がたった2日間の保護部屋滞在でしたが

 

久しぶりにこのサイズの子猫たちにスタッフもみんな

 

メロメロに癒されましたよ~

 

 

 

 

 

今日は猫使いムートンがお花見に行くと聞いていました

 

にゃんむすは午前中家の事をすませ2時半の子猫のお見合いまでに

 

保護部屋へ行こうと思っていましたが

 

少し早めに家を出ました

 

 

車を運転中ムートンからメールが入りました

 

『諭鶴羽で子猫発見』

 

保護部屋へ向かう途中でしたが15分くらいで行ける場所だったし

 

車にはキャリーも積んでいますし

 

ムートンがご家族と食事に行かなければいけなのもわかっていたので

 

諭鶴羽へ向かいました

 

説明された場所には猫の姿は無く

 

 

登山口付近でしたので、リュックを背負ったご夫婦が

 

山から降りてきたのでしょう

 

しばらくそのご夫婦が立ち話をしていたので

 

「すみません、猫をこのあたりで見かけませんでしたか?」と

 

聞くと

 

「その溝の中にいます、何か食べさせてやりたいと探してたんですが」と

 

帰りたくてもその猫が気になってしばらくその場にいたようです

 

 

ムートンが見かけた時はそのご夫婦に猫がよじ登っていたようで

 

連絡を受けて15分ほど過ぎていたのに

 

まだその場所にいてくれたおかげで子猫を見つけることが

 

できました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いましたいました!ちっこいのが溝のふたの下に!

 

もしムートンが通ったのが15分後だったら

 

子猫は溝の中だったでしょうから

 

ほんとタイミング良く見つけてもらったね

 

 

にゃんむすが着いた時にこのご夫婦がいなかったら

 

見つけられなかったかもしれないしね

 

お皿にフードを乗せると駆け寄ってきて

 

うにゃうにゃ言いながら完食しました

 

お腹すいてたんだね

 

もしかして一晩この山で一人で過ごしたのかな

 

不安で怖かったろうね

 

 

 

キャリーの中でしばらく大絶叫していましたが

 

そのうち眠気との戦いになってきて

 

立ったまま目が閉じていって

 

ゆらゆら船をこぎながら必死で起きようとしてて

 

その姿に「なんかあんた誰かに似てるわね!その頭の黒い海苔のような

 

柄も保護されてすぐに寝ちゃうところも!」

 

思わずタマちゃんと名前をつけたくなってしまったわ

 

 

 

 

 

 

 

保護部屋に着くともう限界!

 

ふかふかベッドで安心したのか爆睡です

 

呼んでも、揺らしても起きません

 

ムートンが早めに食事をすませ飛んできましたが

 

全く起きる気配なくとにかく寝ていましたよ

 

この子は寝顔もしぐさも人を和ませ笑わせてくれるタマらん猫さんです

 

 

くしゃみを2回聞いたので風邪の疑い大ですが

 

明日ムートンが獣医さんへ連れて行って診ていただきます

 

 

 

子猫の入居を待っておられる方は黒猫オス、茶トラ、茶シロ、シャム系2人

 

キジトラ2人、子猫でメスなどで

 

今日保護したこの諭鶴羽君(そのまんまのネーミングですが(^_^;))は

 

ご希望の毛の色では無いので連絡をひかえているのですが

 

この可愛い子と一緒に暮らしてみたいと

 

思われた里親様がおりましたらご連絡をお待ちしています

 

「ホームページを確認して気になる子がいれば連絡をします」

 

と言っておられた里親様もこれからたくさん子猫が入ってきますので

 

ご連絡おまちしています

 

 

 追記*ゆづるは君にお申込みが入りました。ありがとうございます

 

 

 

フェル君(元トーマ君)の近況報告が届きました♪

 


フェルは変わらずビビりですが以前に比べ触られる事に少し慣れてきたように思います。

抱っこは…まだまだで、無理に抱っこすると必死に耐えています。時には鳴いて暴れて威嚇します。


先日爪きりをしたのですが、もう大変でした!暴れまくって、シャーシャー。フェルの牙は太くて大きくてさすがに恐怖を覚えたので、洗濯ネットに入れて主人と二人がかりでしました。

嫌われたかなと思いましたが直後にあげた焼き鰹でゴキゲンをとりながら撫でる事もできたのでほっとしました。


一度だけ、顎を撫でてた時にゴロゴロ言いながらお腹を見せてくれたことがあります。触ろうとした瞬間パンチがとんできましたが


三毛猫いろはとは凄く仲良しになり、追い掛けごっこや団子みたいに転げ回って遊びます。


残念なことにアッシュとはまだまだで、彼女がなかなかフェルを受け入れられないみたいで、確実に距離は縮まっているのですがこちらはかなり時間がかかりそうです。


猫じゃらし大好きで私が手にすると人を怖がってる事も忘れてとんできます。とても嬉しそうに反応します。

良く動き廻って、ご飯も良く食べます。最近は私の手や膝でも頑張って食べてくれるようになりました。キッチンにいると必ず入って来てすぐ横で立ち上がって私を見てくれ、その可愛らしさにもうメロメロです

最近外を良く眺めているのですが以前はお外にも出てたのでしょうか。それとも前のお家が懐かしいのでしょうか。

フェルに我が家が安心できるお家だと感じてもらえるよう頑張ります!

又ご連絡致しますね 

*********************************

 

怖がりのフェル君が先住猫さんのいろはちゃんと遊ぶようになるなんて

 

うれしいですね

 

アッシュちゃんともいつか仲良くなれますように

 

 

 

 

先月の18日に「あ~去年の今日はへその尾の付いた嵐を保護した日だわ~」と

 

思い出してブログの記事を読み返していました

 

 

大きくなった春嵐ちゃん(女の子だったのではるらちゃんになりました)

 

先住猫さんとも後から家族になった猫さんとも仲良しになって

 

おてんばさんしていますね

 

里親様は透析を受けておられ危うく命を落とすほど大変だったそうですが

 

元気になられ猫たちとの生活を幸せに感じながら暮らしておられます

 

ラインで可愛い写真がたくさん届きましたよ~

 

あーもんさんに育てていただいた春嵐ちゃん

 

どんな小さな命でも、どんな状況でも

 

あきらめてしまったら命が消えてしまう時があります

 

幸せに暮らす姿を見るとまた頑張ることができますね

 

 

 

 

 

 

 

ビビりだったクーちゃん(元ショコラちゃん)も

 

すっかり家猫さんになってお母さんにはやりたい放題?( ´艸`)

 

幸せな便りが届いていますよ

 

 

こんにちは。
次男の猫アレルギーのことでは、ご心配おかけしました。

あれから、空気清浄機2台フル稼働し予防しているためか、症状もでていません。


クーも、リビングでのびのびするようになり、次男のおもちゃを横取りして、ケンカしたり、昼寝をいっしょにしたり、仲良く過ごしています。


長女はビビりで、クーに触れなかったのが、だんだん慣れて(お互いに)この頃はビビリーズで抱っこしてイチャイチャしています。


しかし、私には、背中にとびかかってきたり、洗濯物をひっかいて、かみついたり、乙女のショコラからは想像もつかないやんちゃぶりです(((・・;)ジョエルのカミカミといい勝負では…。
それでも、私以外には爪を出さないので、賢いのかも?


私も、手を傷だらけにして遊んでいます(;´_ゝ`)
わんにゃんさんにいるネコチャンたちも
里親さんのお宅でのびのびと生活できるといいですね。
きっと、どの子にも幸せが待っていると思います。でも、こんな無責任なことをいうと、TNRが益々難しくなりますよね。

命を預かる、決断する、にゃんむすさんたちの活動には葛藤があって当然だと思います。
応援することしかできませんが、いつも、見守ってますので、がんばってください

 

 

まだまだ未熟で経験も少ない私たちボランティアスタッフを

暖かく見守ってくださる多くの方にどんなに心が支えられていることでしょう

ありがたいです

 

 

 

 

 

保護部屋にいた時は鈴音ちゃんはまだお母さん猫の感じが残っていましたが

 

里親様に甘える生活で子猫のような表情になっていますね

 

里親様は鈴音ちゃんにお友達をと考えてくださっていますので

 

仲良しに慣れる子とご縁が結べたら嬉しいですね~

 

 

 

まだちょっとパンチも出ちゃうし

 

急に抱っこしようとすると警戒しますが

 

本当はかなりの甘えん坊さんのようですね千君♪

 

 

 

 

お~い!おくに~!

 

手ごわいぞ~

 

目が見えにくい分怖いのかな?

 

それよりツーロの「やっちまうぞ!おら~!」の遺伝子が強いのか

 

(勝手にツーロの子だと思ってツー子と呼んでいます)

 

発情もしちゃいそうなのでそろそろ避妊手術に連れていかないと

 

いけないんだけど

 

おくにさんにとっては、気が休まらない毎日は苦痛なんだろうね

 

一度もリラックスして寝てる姿を見ていないよ・・・

 

 

 

こはくちゃんの子たちの爪が毛布にひっかかって危ないですね

 

ムートンとサンデーと赤ちゃんたちは初めての爪切りです

 

またすぐ伸びちゃうんだけどね

 

いや~、しかしこの可愛さは何なんでしょうね~

 

お耳がまだ小さいですね

 

あと1週間ほどで離乳食を食べ始める子もいるんだろうね

 

 

 

 

お迎えまで風邪ひきませんように

 

 

 

 

毎月11日はイオンでイエローレシートをレジ前に立って

 

ボランティアスタッフさんが集めています

 

今月は10日と11日の2日間がイエローレシートデーでした

 

アイビーたちの保護主のKさん、旅館で仕事仲間のKちゃん

 

一時預かりも手伝ってくださってるちーよんさん、ほくほくさん、

 

ムートンさんお疲れ様です(写真撮影はイオンさんに許可をいただきました)

 

集めたレシートの1%のギフトカードがいただけます

 

私たちスタッフが集めることができるのは予約をした1時間だけなので

 

写真のボックスでワンニャンクラブの引出しにも直接入れることが

 

できますので洲本イオンでお買い物される方はご協力をお願いいたします

 

昨年の7月から12月末までの6か月で集まったレシートの1%の

 

ギフトカード36900円分がいただけました

 

ゴミ袋や漂白剤やワンコの餌や猫砂などに変えていただけます

 

ワンニャンクラブさんの総会で会計報告がされますので

 

にゃんむすびではブログでの報告だけになります

 

 

ワンニャンクラブメンバー費や新聞紙や段ボールの売り上げ

 

そしてワンニャンクラブさんへの寄付や支援物資は

 

全てワンニャンクラブさんの口座へ入ります

 

「にゃんむすび」はワンニャンクラブさんの保護部屋の猫たちへの支援と

 

TNRをする人への支援のためににゃんむすが個人で立ち上げましたので

 

会計報告が別々なのです

 

どちらの寄付も小さな命を救うために大切に使わせていただいております

 

これからもどうぞワンニャンクラブさん、そしてにゃんむすびを

 

よろしくお願いたします

 

 

つばきちゃんの皮膚炎もやっと乾いてきました

 

術後服のおかげですね

 

送ってくださったみなさまありがとうございます

 

ツンツンお姫様の椿ちゃんも術後服着てると赤ちゃんみたい(●´艸`)

 

可愛いね~

 

こんな格好で抱っこもさせてくれるようになりましたよ

 

まだまだビビりですが少し安心した表情になってきました

 

ごはんには目が無いですけど

 

つばきちゃん里親さん募集中です

 

そうじの手伝いをしてくれるジョエル!

 

お迎えの日が近づいてきましたね

 

 

*****みなさまから届きましたご支援のご報告*******

 

岡山県 M.M様  消臭チップ1袋、パウチ24個

 

洲本市 M.F様  10000円 パウチ16個

 

保護部屋の猫を迎えてくださった里親様ご支援もしていただき

本当にありがとうございます

大切に使わせていただきますね

 

 

 

 

 

 

では、今日もあーもんさんPOPTEKOさんのブログへ行ってみましょう~

 

http://aamonndaisuki2.blog.fc2.com/

 

 

http://blog.goo.ne.jp/popteko

 

 

 

コメント

 

O.Y
(月曜日, 14 4月 2014 22:33)

洋菓子のお名前の子猫さんたち な〜んて可愛いのでしょう。
それぞれすぐに里親様とご縁が結ばれましたね。

ゆずるはくんも寝顔がとっても可愛い子ですね。

こはくちゃんの子猫さんたちは日々可愛さが増てきていますね。

 千くんはお顔の毛が伸びて来たら可愛くなって来ました。

おくにちゃんはもっとリラックスして慣れてくれるといいですね。

つばきちゃんは皮膚炎治ってよかったです。
お洋服良く似合っていますね。

ジョエルくん 相変わらず やんちゃですね。
 里親様の所にいってしまうとちょっと寂しいです。

 

 

 

 

噂の神戸SSアメリオさつきままん
(火曜日, 15 4月 2014 00:15)

プリン君、バーム君、ティラミス君、ゆずるは君
 卒業おめでとう~~~~♪
ゆずるは君、大物ですね^^

おくにちゃんはツーロ二号なんですか~
ツーロ元気してますか?
 廊下に寝る所を作って貰ったって言ってたような・・

 

 

 

う~こ@りょうくんのママ
(火曜日, 15 4月 2014 16:50)

こんにちは。 毎日活動お疲れ様です
 それにしてもすて猫が多いですね
 こちらではほとんど野良ちゃんを見ないのでこんなに毎日たくさんの子がやって来ることが驚きです

私も春嵐ちゃんの里親さんと同じ透析患者です
 りょうくんがうちにやってきた時は体調も良かったのですが
昨年は本当に何度も生死にかかわる状態になりました
 りょうくんの顔を見ていると「頑張って生きないと」と思うと同時にもしもの時はどうしようと毎日不安に思ったりもします
 りょうくんが来る前、市内の団体の里親募集に応募した時「透析患者さんには高齢の猫しか譲渡できません」と言われて「あなたは長くない(生きられない)」と言われたようで傷つきました
 でもにゃんむすさんに「元気な人でも明日事故で急に死ぬこともあります。闘病中の人にこそ猫と生活してほしい」と言っていただけてすごく救われました
 りょうくんはあいかわらずビビリさんで噛み癖がひどく、抱っこもなでなでもさせてくれませんがひどいさびしがり屋さんです
 りょうくんより1日でいいので長く生きたいとしんどい透析も頑張れています

私が元気ならお手伝いに行きたいくらいなんですが、橋の向こうから応援するくらいしかできませんが活動頑張ってくださいね

 

 

 

にゃんむす

O.Yさん
 ついつい大好きなスィーツの名前をつけてしまいます
 ゆづるは君の寝顔は見ている人を幸せな気持ちにしてくれますね~
お迎えが決まると残り少ない時間を少しでも楽しく
一緒に過ごしたいですね

 

 

噂の神戸SSアメリオさつきままん
保護部屋に子猫たちがやってくると風邪をひかせてしまいそうで
 お迎えしていただけるとほっとします
 でも、可愛くて可愛くてもっと触れ合いたいわ~
おくにはツーロ2世のような気がしてなりません
 ツーロは暖かくなったらベッドで寝ないので段ボールはもう置いてなかったです
 どこで寝ているんだろ~。でもご飯は食べに来てるようです

 

 

 

 う~こ@りょうくんのママ
 とうとうという感じですが、運よく見つけられた子たちはいいけれど、人知れず山の中でさまよっている子がどれだけいるんだろうかと思うと辛いですね

保護部屋があるおかげで私たちはアレルギーなどで飼えなくなった子たちがいても引き取ることができます
 それはとても心強いですし、一緒に住んでみて可能性にかけることができますね

起こるか起こらないかわからない「何か」を恐れていては
 いけませんね
人の持つ治癒力や生命力はとても大きく、それは生きたいという気持ちから生まれてくる力だと思っています

 りょう君がそんな力になってくれているなんて
送り出した私たちも嬉しいです

夢は猫と暮らせる介護施設を作ること(自分も入るのだ)
 自分の猫の持ち込みもOK、施設の猫と一緒に部屋で暮らすのもOK
そんな施設ができたらいいな
  死ぬまで猫と暮らしたいもの~