2014年

2月

01日

ありがとうございます

 

かりんとうの事で読者のみなさまも、里親様も悲しい思いをさせて

 

しまった事をお詫びもうしあげます

 

 

コメントをくださった里親様はお迎えの時にお母さんと来てくださった

 

娘さんかお嫁さんですね

 

猫を迎えた事で嫌な思いをさせてすみません

 

お子さんがとても猫を好きだと聞いていましたので

 

お子さんと遊べるような子を迎えていただく方がいいと思いました

 

もしかしたら慣れない子かもしれないし怪我をさせてはと不安もあり

 

お母様には人馴れしている子猫が入ってきたら

 

連絡しますので待っていただく方が良いのではと最初にお伝えしたのですが

 

 

ダメだと思ったらいつでも返してくださいとお伝えしましたので

 

早い判断で返すことを決めてくださったことも

 

良かったと思っております

 

 

兄弟引き離すのは可愛そうと優しいお気持ちで迎えてくださった事

 

とても感謝しております

 

可愛がって育てようとしてくださってた事もよくわかりました

 

ただ、やはり逃げたら捕まらないので絶対に罠から出さないでと

 

お願いしていたのに外で逃がしてしまったことは

 

残念です。

 

 

 

カリントウたちはは外でずっと追い払われて生きてきた子です

 

絶対に幸せになって欲しいと保護した子です

 

私たちはあの子が無事に帰ってきてくれるだけでいいのです

 

 

 

読者のみなさま

 

かりんとうの事を心から心配してくださり

 

ありがとうございます

 

私の言葉の足らなさから傷つく者がいることを反省しております

 

 

 

今日は本当にすみませんがコメント欄を閉じさせていただきます

 

 

 

 

たくさんのメールをいただいておりますが

 

お返事がすぐにできないと思います

 

すみません

 

 

 

コメントをくださったご家族の方には

 

お伝えしたい事が他にもあります

 

今度お伺いした時にお詫びしたいし

 

知ってもらいたい事をお話しいたします

 

 

コメント欄を閉じることで、みなさまの心の行き場を閉ざしてしまうようで

 

申し訳ございませんが

 

しっかり受け止めております

 

 

 

本当にありがとうございます