2014年

1月

19日

クロマメ、かりんとう卒業おめでとう

まずはお知らせ

 

 

4匹の仔犬たちはみんな里親様が決まり、今日最後の1匹黒い仔犬の

 

麻呂ちゃんが迎えていただきました

 

 

 

*********************************

            フリマのお知らせ

 

1月26日 淡路市の八浄寺で 9時半~  (雨天中止です)

 

この日はすごい人だと思うので頑張って売り子さんしてきますね~

 

(予定ではホクホクさんとホクホクさんの友人とにゃんむす)

 

おわりの時間がはっきりしていないのですが

 

2時くらいまでは必ずやってると思います

 

今回は手作りの小物も展示して販売させていただく予定です

 

天気良ければ散歩がてら寄ってみてくださいね~

 

 

**********************************

 

 

 

 

写真のお目目真ん丸な2匹は

 

お外で頑張って兄弟で生きてきたかりんとうとクロマメ

 

もう1匹の兄弟は助けることができなかったけど

 

その子の分も幸せになろうね

 

まだ2匹ともスリスリとまではいかないないけれど

 

撫でであげると喜ぶようになってきました

 

ご飯もいっぱい食べてお薬で風邪も良くなって

 

これからは家族みんなのアイドルになるのね

 

いっぱい遊んでもらえるよ

 

里親様のお家は保護部屋と同じ洲本市なのでなんだか身近に感じますね

 

 

 

クロマメ、かりんとう卒業おめでとう

 

 

 

 

やまと君のこの幸せそうな寝顔写真にはやられてしまいますね~

 

一緒におねんねのお姉ちゃんも可愛くて修正するのがもったいなかったわ

 

はじめての猫さんとの生活は不安もいっぱいあったようですが

 

きっともう猫のいない生活ができない猫好きさんになっているかも( ´艸`)

 

 

今まではすり寄って来たら抱き上げていたそうですが

 

はじめて自分からお膝に乗って来てくれたと嬉しいご報告♫

 

まだ風邪っぽい感じの時があるそうですが

 

良く食べてよく走り回っているので大丈夫そうですね

 

名前は漢字の大和君になりました~

 

今日は大和君の保護主さんにお会いしたので

 

おねえちゃんに抱かれる大和君の写真をお見せしたら

 

涙ぐんで喜んでおられました

 

保護するまでとても時間がかかり大変だったそうだけど

 

この幸せな寝顔を見たら疲れも吹っ飛び

 

パワー充電できますね~

 

 

 

 

 

 

李さん(元チョビ母さん)は猫パンチを繰り出すのが得意だそうで

 

そのパンチをかいくぐって驚かさないように、逃げないようにと

 

撫でているそうですが、お父様はなかなかそれもできず

 

李さんに触ることができなかったそう

 

 

それが炬燵の中でお父様が手を伸ばすと猫パンチを出しかけて止め

 

そのままお父様に初めて触らせたんだそうです

 

『その時の目尻の下がった父の顔を写真に撮っておきたかったです』と。

 

 

警戒心が強くてかくれんぼが得意な皐君(元つぼみ君)は

 

この1週間位、驚くほどに撫でさせてくれていたそうです

 

喉も音が聞こえほどゴロゴロ鳴らし

 

爪も切らせてくれたり、なんと自ら膝に来るように

 

感動ですね~、あの皐君がここまで心開いて

 

甘えるようになって本当に良かった~

 

冒険好きで甘えっ子の棗君(元つくし君)は

 

確率2分の1で帰りお出迎えしてくれるそう

 

そして、実は一番にゃんずとの距離があるのがお母様

 

とっても猫好きで、保護部屋に何度も会いに来てくださった時も

 

いっぱいおもちゃで遊んでくれていました

 

でもお膝には乗ってくれなかったそうで

 

娘さんが遊んだ後、そのおもちゃをお母様に渡して

 

お母様のおひざで遊ばせるのを繰り返していたら

 

おもちゃが無くても棗君がお母様のお穂座に行ったそうです

 

 

『母の驚きと喜びの入り混じった顔!これも写真に残したかったです』と

 

 

迎えていただいてもうすぐ半年

 

次の冬には、あんたらホントに時間がかかった!

 

と笑って話していることと思いますと里親様

 

 

保護部屋を卒業した子たちがこんなに時間がかかっても

 

 

里親様の愛でこんなに変わっていくのですね

 

本当にうれしいですね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トイレができなくて里親様に心配をかけていた鈴音ちゃん

 

しっかりできるようになっていましたよ~

 

(うんちはえらい固いそう)( ̄m ̄〃)

 

ご飯もよく食べ、お水も前よりよく飲むようになったそうです

 

水分取れるようになると少し便も柔らかくなるかな

 

里親様にべったりですね~

 

 

でも、でも、鈴音ちゃん、あなたもやっぱり猫ですね

 

 

 

寝ている人間の顔にお尻を向けるのは何故~~~Σ( ̄ロ ̄lll)

 

「お父ちゃん大好きお尻フリフリしましゅ~」とやってるように

 

見える鈴音ちゃん

 

うちの子たちも何故か顔面すれすれでターンして

 

お尻を眼の前に向けてくるのよね~

 

「やめれ~」と叫びながらも喜んでしまってるからかな←にゃんむすがね!

 

・・・・たぶん里親様も・・・・

 

鈴ちゃん、TNRじゃなく里親さん探すことにして本当に良かったです

 

 

 

 

 

アメリオさつきママさんちの当麻王君が手術で石二つ

 

取り出してもらったそうです

 

他にも心配な事がいろいろある子なので

 

麻酔から覚めなかったらと生きた心地がしなかったと思います

 

面かいに行って無事な姿を見てホッとしましたね

 

ちょっと食欲が無くてもめちゃめちゃ心配になるのに

 

猫さんたちの病気は私たちにとっては自分の生活を大きく左右するほど

 

心配ですね

 

さつきちゃんも皮膚を自分で掻きむしってしまうし

 

なかなか痰が切れず、食欲もあまり無く

 

動画で見せていただきましたが

 

呼吸がやはり苦しそう

 

毎日こんな大変なさつきちゃんや先住猫さんたちの姿を見て

 

治療に獣医さんに通い本当にアメリオさつきママさんの方が

 

倒れてしまわないか心配です

 

当麻王君もさつきちゃんも元気になりますように

 

 

 

追記*さつきちゃん痰が切れてご飯もちょうだいするようになって

 

ちょびちゃんと鬼ごっこして走り回っているそうです

 

良かった~、発作がおさまればきっと絶好調になるのね

 

でも、走りまわる姿みてきっと内心ドキドキですね

 

 

 

コタ君もすっかり慣れたようですね~

 

お膝大好きで写真のように乗ってきて「動けなーい」と

 

嬉しい悲鳴の日々だそうです

 

大きいお兄ちゃんたちには静かになでられるのは大好きだけど

 

声が大きくて動きも激しいので苦手なよう(^_^;)と・・・

 

にゃんむすの子供の頃も兄や弟と3人で暴れてケンカしてという中で

 

猫たちはとばっちりをうけないよう避難してたような気がします

 

 

 

一番下のお子さんとはお互いが大好きなようで

 

ひっついて寝たり泣くと心配して顔を覗きにきたりと

 

月齢はお子さんよりコタ君の方が年下なのに完全にお兄ちゃんですって

 

コタ君すごいね~!一緒にこの子と成長していくのがとっても楽しみですね

 

 

 ****なおテン通信の続き***

 

 

ケージにもどって参りました。

おちっこもうんちも二人ともしてくれていたのを確認。
ご飯も、ナオちゃんは食欲旺盛。
テンくんは控えめに食べてるみたいです。目の前にちょっと置くとやっとワタシがいても食べてくれるようになりました。

ただ、ナオちゃんがもしかしたらちょっと風邪っぴきかも…みたいな気配が。
もうちょっと様子みたいけど、テンくんにうつらないかが心配…。

ナオちゃんはケージから出ると人に甘えたさんになるようです。
ケージにいるときは、二人でラブラブしています。

 

 

 

 

 

相変わらずのラブラブっぷりの二人。

ワタクシ、果敢にも間に割り込んでは、テンくんにそっぽ向かれる日々。
ケージの中のナオちゃんにもたまにそっぽ向かれるのが切ないわぁ。

ただいまの問題点。
男の人がこわいのか、テンくんはもちろんのこと、ナオちゃんにも父はびびられまくって近寄ることすらできません。
これは、時間が解決するのかどうなのか。
もしかして、臭い?(笑)

可愛い猫たちとうれしいことがいっぱいのこの活動ですが

 

辛いこともたくさんあります

 

保護したくてもできない猫さんがとても多い淡路島

 

 

 

ちょっと痛々しい写真ですが

 

昨日から保護しようと頑張っているのですが

 

人馴れしていないのでなかなか捕まりません

 

ニャジやヤマト君の保護主さんが見つけてなんとか

 

してあげたくて慣らそうと頑張ってくれているのですが

 

用心深い子のようですね・・・

 

 

何故こんな目になってしまったのか原因がわからないのですが

 

 

昨日この猫の事を聞いていたので保護部屋に行く前に立ち寄ってみました

 

近づくと逃げますが一定の距離を置いて見ているので

 

餌がくれる人なのか?と観察しているようにも見えました

 

 

今日は新しいボランティアさんも加わったので一緒に午前中保護しに

 

行ってみましたが1匹の猫の姿も無く・・・

 

 

 

帰る前に姿をもう一度行ってみるといました!

 

キャリーの扉に紐をつけて

 

中にフードを入れて待ってみたら、片足を踏み入れるまでしたのに

 

下の砂地がデコボコしてたためキャリーがガタっとなってしまい

 

その振動で怖がって逃げてしまい戻ってきませんでした

 

この捕獲方法はもう危険を感じて入ってくれないかもしれないけれど

 

昔飼ってた猫がこめかみに膿がたまってあっと言う間に死んでしまった

 

事があるのであまり時間が無いような気もして焦ってしまいます

 

 

地面の確認をこれからはしっかりしないとですね

 

毎回保護するたびにいろいろと経験して勉強になりますが

 

今日の失敗が大きな後悔にならないようにと祈るばかりです

 

 

 

この子も夏生まれくらいでしょうね、まだ大人になりきっていない猫さんです

 

 

外で生きるだけでも過酷なのに、こんなひどい怪我していたら

 

苦しいだろうね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日はルリちゃんのお見合いの日でした

 

島内の方なのでお迎えの前に会いに来てくださって

 

フードや獣医さんなどいろいろと聞いてメモしておられました

 

 

娘さんは島外へ出ておられるようですが

 

保護して飼っている愛猫2匹を連れて

 

淡路島に帰省するそうです

 

娘さんもかなりの猫好きさんのようなので

 

きっとルリちゃんの可愛さにやられますね~

 

 

 

 

 

保護部屋の小さい部屋にはルリちゃんとプリちゃんだけなので

 

とっても静かで甘えたさんのこの2匹にスタッフは癒されております

 

隣の部屋からは「こら~~~~!何やってんの~!

 

ダメ!ダメ~!あ~水こぼして!」「痛い~!もうジョエル~!オコウタ~!」

 

なんてにぎやかな声が聞こえてきます( ̄m ̄〃)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

セーラももうすぐお迎えですね

 

可愛い前髪を見られるのもあと数日ですね

 

 

 

長くいた子がいなくなった保護部屋は

 

ドアを開けるとまだいつもいたゲージにいるような気がしてしまいます

 

この寂しさを埋めてくれるのは里親様からの幸せの便りと

 

新し子たちとの出会いですね

 

今年はどんな子たちが来るのかな

 

保護される子がいるのは望ましい事ではないけれど

 

1匹1匹みんな個性があって、出会えてうれしかったよと思う子ばかりです

 

 

 

 

 

 

 

 

シルクちゃんも5日前にメールをいただき

 

名前が「うずまき」決まったそうです

 

うずと略して呼んでいるそうです

 

 

うずちゃんの新しい生活のスタートですね

 

 

むかえていただいてから1週間、ずっとベッドの下だったそうです

 

里親様がいない昼間と寝静まった夜中にトコトコ歩きだし

 

ご飯を食べ、お水を飲み、トイレを済ませ

 

たまにバリバリと畳を壊すそうですが

 

里親様が居るとビタっと出て来ないそうです

 

 

保護部屋では最初とても時間がかかった子なので

 

自由に歩き回るのにもまだもう少しかかりそうですね

 

 

でも、『少しずつ馴れてきてるのか距離が近づいているのは

 

わかるので、あと少しで楽しい猫ライフが始まると思います』と

 

うずちゃんのペースで馴れるのを

 

優しく見守ってくださっています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近はヤング組が部屋を暴れて落ち着かないすだちさん

 

 

食欲も落ちてベッドやトイレでじっとしていることが増えてしまいました

 

 

こんなふうに足を延ばして寝る姿をしばらく見ていないような気がするわ

 

 

びびりで怒ったような顔のすだちさんですが

 

 

本当は甘えたい子なんです

 

 

 

 

たぶん迎えていただく日が来ても

 

里親様のお家ではゲージからなかなか出て来ないと思うのですが

 

 

静かにいつも同じ家族がこの子を愛してくれたら

 

 

 

 

きっとお部屋の居心地の良い場所を見つけ

 

リラックスして寝ることができるようになるのではと思います

 

 

すだちさん里親さん募集中です

 

 

 

 

*****みなさまから届きました保護部屋の子達へのご支援****

 

S.H様  和歌山市  10000円

 

 

 

いつもありがとうございます

 

保護部屋の子達の治療費、避妊手術費、TNRのために

 

大切に使わせていただきます

 

 

 

では今日もあーもんさん、POPTEKOさんのブログへ行ってみましょう~

 

http://aamonndaisuki2.blog.fc2.com/

 

http://blog.goo.ne.jp/popteko

 

 

 

 

コメントをお書きください

コメント: 5
  • #1

    みりあ (金曜日, 24 1月 2014 16:23)

    すだちさん、私がもう少し若ければ、
    お引き受けしたいです(T^T)

  • #2

    Y.O (金曜日, 24 1月 2014 23:05)

    スリスリ甘える可愛いすだちさん!

    ゆっくりとすだちさんが慣れてくれるのを楽しみながら待ってくださる里親様が現れるといいですね。

  • #3

    ぽてち (土曜日, 25 1月 2014 20:04)

    先日の長い間保護部屋にいた子達の名前を見て、懐かしかったです。
    にゃんむすびのブログを始める前に卒業した?のか、わからない子もいましたけど。
    鈴音ちゃんもチビミケちゃんもTNRせずに里親さんを探されて良いご縁が繋がって、
    良かったですね。
    可愛いので、早く決まる気がしていました。

    さつきが、アメリオさつきママンさんの家の子になれたのも喜んでいます^^
    (ママンさんぐらいのベテランの方でないと難しいと思います)
    ムートンさんも猫使いなだけじゃなくて、点滴とかもパパッと手早くされるのですね。

  • #4

    はな (土曜日, 01 2月 2014 16:25)

    かりんとちゃんの記事を非公開になさったのに、コメントして、すいません。でも、とても心配しております。
    もし、無事に見つかったら、記事にしていただけませんでしょうか。何卒、宜しくお願い致します!

  • #5

    ワンにゃん読者 (土曜日, 01 2月 2014 19:32)

    かりんとちゃんの記事を公開してください。
    とても心配しています。