2013年

11月

03日

ジン君ノアちゃん卒業おめでとう

寒くなってきましたね~

 

退院したさつきちゃんですが

 

翌日すぐにまた呼吸が浅く苦しくなってしまって

 

再入院です

 

息ができないのは本当に辛いだろうね

 

元気になって早く帰ってこれますように

 

りゅう君もしばらく入院です

 

でも、保護部屋の子達の治療ができるのも

 

保護部屋でお世話ができるのも支えてくださっている

 

みなさまのおかげです

 

スタッフみな感謝の気持ちでいっぱいです

 

本当にありがとうございます

 

 

 

泣き虫の寂しがり屋だったジン君

 

風邪をひいていたので子猫の部屋に入れることができなくて

 

ひとりぼっちで過ごしていたためか愛情に飢えて

 

必死でゲージの前を通る私たちに「遊んで~」と手を伸ばしていましたね

 

 

昨日は他の子猫が写真で気になってお見合いに来てくださった

 

里親様が、ジン君のこの甘えん坊ぶりとつぶらな瞳で

 

お迎えしてくださることを決められたようです

 

最初は人見知りして震えてたのに抱っこしてもらって

 

なでてもらっているとすぐにゴロゴロと喉を鳴らしていました

 

淡路島に住んでいるおばあちゃんも一緒に来てくださいました

 

お母さんと娘さんは今は橋の向こうに住んでいます

 

ジン君は幸せの橋を渡って篠山っ子になりました

 

ジン君卒業おめでとう

 

抱っこされているときはやはり猫かぶっていましたね

 

お家に着いて自由になるとなかなかの暴れん坊君のようです

 

風邪も治って元気になって良かったね

 

 

 

そして保護部屋で生まれた9匹の子猫の中では

 

一番最初に家族に迎えていただいたのはノアちゃん

 

あずきちゃんの子猫です

 

 

本当は来週の10日以降からのお迎えを予定していたのですが

 

里親さまはノアちゃん、ナイト君、クロッキー君の3匹の黒ネコさんで

 

どの子にするかまよっておられ、今日お見合いに来てくださいました

 

里親様は小さな黒い子猫をひどい風邪で弱っているところを保護され

 

頑張って治療をしたけれど4日でこの世を去ってしまいました

 

たった4日でも大切な家族になったその子のおもかげが忘れられず

 

この子たちに会っていただくことになったのです

 

 

小さな命を救えなかった時の辛さは、私たちも何度か経験しましたが

 

本当に辛くて心が壊れそうになります

 

その子がつないでくれたご縁です

 

しっかりバトンを受け取ったノアちゃん

 

いっぱい甘えて幸せな毎日が始まりますね

 

先住猫さんも3匹いるお家です

 

たった体重300gの時に保護した子もいるそうです

 

今回、少し早いけれどお迎えしていただいのは

 

そんな里親様の経験もあったからですが

 

毎回この生後6~7週に、母猫の免疫が切れるせいか

 

子猫たちが風邪で悪化したケースが今年は多かったので

 

母猫と少しでも長く一緒にさせてあげたい気もちも大きいですが

 

風邪に移るまえに里親様のもとで育てていただくことの方が

 

良いと判断いたしました

 

ノアちゃん、今日はお母さんを探すかもしれないけれど

 

あなたにはずっとずっと一緒のお母さんが出来たから

 

安心していいんだよ

 

幸せの橋を渡って加東っ子になりました

 

ノアちゃん卒業おめでとう

 

 

 

あずきの子猫のシャムシャムと

 

ななみの子猫の5匹全部にお申込みが入りました

 

里親様はお迎えの日が待ち遠しいと思います

 

動画で子猫たちを撮ってきましたので

 

家族になる子を見てくださいね~

 

「どの子がうちの子?」って

 

探してみてくださいね( ´艸`)

 

 

 

 

こちらはまっちゃ君(元タルト君)

 

保護部屋でお見合いしていただいた時は

 

ウシワカ達4兄弟が大暴れしていて

 

タルト君はおとなし~く見えたのですが

 

やっぱりお家で自由になったら

 

やんちゃ坊主だったようですね~

 

それでも夜は寂しくて里親様のお布団に入ってくるようです

 

こんなに甘えるのも子猫のうちだけかもしれないので

 

いっぱいあまえさせてあげてくださいね

 

 

タルト君の兄弟のモンブランちゃんも

 

甘えたさんですね~

 

里親様にぴったりくっついていますね~

 

遊んでアピールがすごいようで

 

ついつい遊んでしまうそうです

 

初めての猫との生活はきっと想像してた以上に

 

楽しくて可愛さにはまってしまうと思います

 

 

もう猫のいない生活は一生できないと思いますよ~(●´艸`)

 

こちらはルブタン(元マシュマロちゃん)

 

ルーちゃんと呼ばれているそうです

 

先住猫さんに甘えていますね~

 

おてんばで気が強くて走り回っているそうです

 

すでに里親様のお家ではアイドルだそうです

 

猫の幸せそうな顔を見るとどうしてこんなに気持ちが良くなるんでしょうね~

 

だからこの活動もやめられないわ~

 

この顔を見ると元気も希望も湧いてきます

 

 

 

猫を迎えてくださった里親様の親ばかぶりに

 

毎回近況報告でうれしくなってしまう私たちですが

 

ロックの里親様も誰にも負けない親ばかぶりですよ~(≧∇≦)

 

骨盤骨折をしていたロックの検査で獣医さんに行ってくださったのですが

 

検査の結果を待ってる間、里親様は心配で吐きそうになるほどだったとか

 

小さな怪我でも、食欲が無いだけでもものすごく心配になるのですから

 

大きな怪我をした子の事は本当に心配ですね

 

骨盤が曲がって腸を圧迫していたため

 

うんちがでにくくなってたロックなので

 

ずっと保護部屋では下剤のお世話になってて

 

2~3日出ないとすぐに獣医さんへ走って

 

うんちを出してもらっていました

 

でも、成長とともの骨盤も広がり、今は下剤なしで

 

うんちが出るようになったそうです\(○^ω^○)/

 

去勢手術も無事に終わって心配していた術後も走り回って

 

いたそうです

 

婚礼家具も見事に3~4年使った感があるくらい

 

アンティークになってきたそうΣ( ̄ロ ̄lll)

 

里親様がロックに「お母さんアンティーク好きって言ったけど。。。

 

ロックたん、早くない?」って言うと

 

可愛くゴロ~ンとしてお腹を見せて女の子みたいな可愛い声で

 

「んっ♪にゃ~ぁん♪」って言います

 

計画的犯行です(笑)

 

なんて言ってる里親様です

 

ロック幸せだね~~~~

 

ソフィーちゃん(元フラッフィーちゃん)は

 

迎えていただいたときコクシジウムが出て

 

(外で保護された子には虫がいる子が本当に多いです)

 

お薬で駆除してもらって

 

ワクチン接種も無事にすんだそうです

 

最近は窓からお外を見たり

 

おねえちゃんの肩に乗って勉強するのを見ているそうです

 

勉強はかどるかな~

 

いや、遊んじゃうよね~~~

 

 

 

わんにゃんクラブの専用の電話には

 

毎日のように保護依頼の電話がかかってきます

 

私のホームページにも旅行で来た方たちからの

 

コンビニ、海岸、バス停、スーパーの駐車場などで

 

見つけた猫たちの保護依頼のメールがたくさん入ってきています

 

全ての子を助けたい気持ちでいっぱいですが

 

もう限界を超えている保護部屋では

 

どうすることもできなくて

 

気になっていても見に行ってあげることさえできずにいます

 

 

島外の家に帰ってからも淡路島で出会った猫が忘れられず

 

戻って保護を試みた方も何人かいます

 

手おくれで亡くなってしまった猫や

 

餌やりさんに連れていかないでと言われたり

 

せっかく楽しい旅行で来た淡路島なのに

 

辛い思い出になっているのかと思うと本当に悲しいです

 

捨て猫の多さが淡路島にとってはとても恥ずかしいことだと思います

 

この写真も淡路市の久留麻の海岸で見かけた猫さんだそうです

 

お近くの方で猫を迎えることができる方が

 

もしこのブログを見ていましたら

 

1匹でも保護していただければうれしいです

 

これからの季節は釣り客もほとんど来ないので

 

寒さと飢えで海岸の猫たちは過酷な毎日です

 

保護依頼をお断りしなければいけなかったのですが

 

連絡してくださった方は保護部屋に寄付金を振り込んでくださって

 

いました

 

道の駅うずしおやコンビニなど依頼を受けて見に行った子たちも

 

余裕ができたら保護したいと思っていたのに

 

できませんでした

 

せめて保護部屋に来て命をつなぐことができた子たちが

 

暖かな冬を迎えられるよう

 

できることをこれからも頑張っていくしかないですね

 

たくさんの方にご支援いただいているのに

 

救える数がわずかで申し訳ない気持ちでいっぱいですが

 

どうかこれからも見守ってくださいますように

 

 

 

 

 

 

 

 

にゃんにゃんにゃんもっくの姫丸さんから

 

冬用にゃんぶくろの試作品が届きました

 

さっそくマロ君に使って感想を聞いてみました

 

 

暖房の無い保護部屋がベッドや毛布やカイロで

 

なんとか暖かく過ごしてもらおうと思っていますが

 

寝袋のようになっているこのにゃんぶくろだと

 

冷たい冷気が防げますね

 

中に毛布を敷いて、その下にカイロを入れたら

 

低温やけども防げる厚みもできるし、カイロをおもちゃにして

 

破って真っ黒け~なんてのも防げそうです

 

マロ君「あったかいにゃ~」と嬉しそうですね

 

実はもう一つ試作品(入口の綿の量の違う物)が届いたのですが

 

新入りにゃじ君に入れてみたら、すぐに水をひっくり返してしまって

 

びちゃびちゃに( ̄  ̄|||)

 

大きな体なのに赤ちゃん猫用の棚の無いゲージだったから

 

お水の器が転がってしまったのね

 

 

姫丸さんににゃんぶくろを保護部屋の子たちへ注文していただけると

 

これからの寒い冬に大変助かります

 

ペットヒーターのご支援のお申し出も何人かしていただけたのですが

 

夜は無人の保護部屋で建物や電気の設備が古く

 

熱を持つヒーターは使用できません

 

とても安くしてもらっている家賃に電気代も入っているので

 

できるだけ電力は使わないようにしています

 

カイロやにゃんぶくろでこの冬を乗り越えたいと思っております

 

ご支援に頼ってばかりで本当に申し訳ないですが

 

よろしくお願いいたします

 

 

 

 

にゃんぶくろは横から見るとこんな感じです↓

 

動かないよう脇から洗濯バサミでゲージに固定しています

 

 

 

なかなかご支援の物資や寄付金をいただいても

 

お礼の手紙が出せずに失礼をしております

 

ブログ記事で今日から届いた皆様からのご支援を載せていきたいと

 

思います。会計報告、物資報告にも載せていきますので

 

もし、送ったのに載っていないときはご連絡をお願いいたします

 

 

 

 

吹田市のH.H様   8000円

 

にゃんむす部様   5340円

 

POPTEKO様    16000円

 

 

 

姫丸様      にゃんもぐりx2

 

加東市  K.H様  カイロx90 爪とぎx3

 

保護部屋の子達へたくさんのご支援をありがとうございます

 

 

 

カイロ30枚入りを5箱送ってくださった方

 

発送会社Monotaroさんにもに問いあわせもしているのですが

 

返事が無く、

 

送り主様が納品書に書かれておらず解らないので

 

お知らせいただけますでしょうか?

 

 

では、今日もあーもんさん、POPTEKOさんのブログへ行ってみましょう~

 

 

http://aamonndaisuki2.blog.fc2.com/

 

http://blog.goo.ne.jp/popteko

 

 

 

 

コメントをお書きください

コメント: 3
  • #1

    H.H (月曜日, 04 11月 2013 13:34)

    .久留麻の猫をブログで取り上げて下さってありがとうございます。今週の土日、いよいよ鍵の返却で母が退去します。暇を見つけては母が猫を見に行ってくれ連絡をくれるのですが、どうやら日々の食事は海から水が住宅街に流れ込む様になっている所で魚を捕っている様で茶トラが一番小さい耳が黒っぽい子(画像の子とソックリのもう一匹の子)に捕り方を教えてあげたり、日中は私が作ったダンボールハウスの上で2匹で仰向けに寝ていたり…と仲良しでなにくれ面倒を見ているみたいです。何にもしてあげれなかったのに猫達がハウスを気に入ってくれている様子に救われた気持ちになります。この猫達と出会った経緯は不思議なタイミングでした。茶トラがきっかけです。この子は大きさは下から4番目位なのに観察していると他の猫達を守ろうとしている様なみんなの代表の様な印象を受けました。猫の居場所の前のお家の方に好意的でない様子なので何事もなく元気で過ごせる様、7匹に名前を考え日々祈る事しかもう出来ないのですが、母の鍵返却の時、体調が良ければ日帰りで様子を見てきたいと思ってます。

  • #2

    噂の神戸SSあめり王ママ (火曜日, 05 11月 2013 00:45)

    ジン君、ノアちゃん、たるとちゃん、もんぶらんちゃん、
    みーにゃ母さん、卒業おめでとう♪

    ロック君、骨盤広がってよかったね
    花ちゃんに似てて可愛い^^

    さつき心配><どうしたんだろう・・

  • #3

    fukiko (火曜日, 05 11月 2013 22:23)

    にゃんぶくろ、素敵ですね~。

    猫保護の依頼の件、本当に苦しくて辛い気持ちになりますね。
    いくら保護を頑張っても追い付きません。
    なんとか餌やりさんや近隣の方達に
    外猫の不妊手術に対する理解が広まって欲しいですね。

    うちの隣りの市では猫の不妊手術に助成金が出て、
    飼い猫でも外猫でも市から数千円の補助が受けられます。
    そこから数百メートルの私の済む地域は助成金などありません。
    隣りの市を散歩中の猫を、隣りの市に住む人に、
    隣りの市にある動物病院で不妊手術してもらいたい、なんてね(笑)。

    長々とバカなことを書いてごめんなさい。
    外で暮らす不幸な猫が少しでも減るように頑張りましょう。
    (にゃんむすさん達はすでに精一杯頑張られていますよね。)
    お疲れ出ませんように!京都からも応援しています。