2013年

9月

20日

茶ずけ君卒業おめでとう

またまたちょっと忙しくコメント欄へのお返事できないかもです

 

メールのお返事も遅れてしまっていますが

 

どうしても夜中の1時2時になってしまい、起こしてしまわないかと

 

心配です。

 

 

********************************

 

 

 

今日は泣き虫で甘えん坊で抱っこの大好きな茶ずけ君が

 

幸せの橋を渡って行きました

 

お父さんが茶ずけ君に一目ぼれしてのお申込みで

 

お迎えに来てくださった時も抱っこされてうれしそうな茶ずけ君でしたよ~

 

お母さんも猫が大好きでこれからいっぱい甘えさせてくれるよ

 

先住猫さんを腎不全で7月に14歳で亡くし

 

とてもお辛い思いをされましたが

 

きっとその子が茶ずけ君へバトンを渡してくれたのですね

 

思った通り、お家に着くまで車の中でびゃ~びゃ~鳴いてたみたいです

 

いつも獣医さんへ行くときも車の外まで聞こえてるんじゃないかって

 

声で鳴いてたもんね

 

里親様、私たちへのお土産までお気遣いさせてしまいました

 

みんなでいただきますね

 

ありがとうございます

 

 

 

茶ずけ卒業おめでとう

 

 

 

 

にゃんむすの家はこんな木が茂っている民家の無い山道を通るのですが

 

人目につかないのでよく猫が捨てられて車にひかれています

 

今日もそんな山道を小さな子猫が歩いていて

 

横を車がびゅんびゅん通っているのに

 

白線の向こう側は深くて広い側溝で子猫が落ちたら這い上がれない感じ

 

車を停める場所も無く、一旦通り過ぎてUターンできるところまで行き

 

戻ってみましたら走って逃げようとします

 

仕方なく農道に続く道に車を停め網を持ってダッシュで子猫に近づき

 

危うく見逃すところでしたが保護できました

 

網の中で大暴れしたので、元気があるから大丈夫!って

 

思っていましたが

 

保護部屋に向かう途中獣医さんへ連れていきましたら

 

ガリガリに痩せてて、便を検査するにも腸もからっぽで

 

ほじくる棒でほじってもうんちがありません

 

風邪で目やにと鼻水が出ていてあの大暴れした子とは思えないほど

 

おとなしくなっていました

 

何日も食べていないだろうと獣医さんがフードをあげてくれました

 

 

 

 

自力で食べる元気があることを確認して

 

飲み薬をもらってきました

 

パルボや真菌の検査も済ませ

 

保護部屋へ

 

本当はマリンの兄弟に準備していたゲージがあったのですが

 

今日保護に失敗して逃げられたそうで

 

入口の隔離場所にこの子を置くことにしました

 

名前はそらまめちゃん 530g 生後1カ月くらいの女の子です

 

 

ものすごいノミの数!

 

レボリューションも使いますがノミが弱って落ちるまでの

 

間に貧血になってしまうと

 

ムートンがノミを1匹ずつつぶします

 

30匹はつぶしたわね

 

あんなにすばしっこく動いたり飛んだりするノミを

 

本当にうまいこと捕まえるなと感心してしまいますよ

 

その間もこうしておとなしくじ~っとしていたそらまめ

 

ムートンがいる時で良かったね

 

 

離乳食にミルクを混ぜお薬を入れて食べさせました

 

のども乾いていたんだろうね

 

たくさん飲みました

 

次々に子猫の保護依頼の電話が入っています

 

まだ春に生まれてゲージを空くのを待ってる子がたくさんいるのにね・・・

 

実は茶ずけ君のお迎えは昨日の予定だったのですが

 

里親様のお仕事のご都合で今日になりました

 

今日はにゃんむすは保護部屋には行かない日だったのですが

 

茶ずけ君のお迎えが今日になったのでこの子に出会い保護することが

 

できました

 

この子を保護した山道では多い時は日に3匹の子猫がひかれていたときも

 

あるのです

 

カラスに食べられて頭だけ残って体が骨だけになっている子も

 

落ちていたりします

 

生きて動いている子をこの山道で出会えたのは奇跡的な事

 

小さな体でよく頑張ったね

 

 

 

 

 

キイタ君は名前はそのままキイタ君

 

保護した学生さんの名前から付けたことを里親様に伝えたら

 

”名前の由来を聞いて、保護してくれたから出会えたんだなと

 

改めて感じたので、感謝の気持ちを込めてそのままキイタ君と呼んでいます”と

 

里親様

 

先住猫さんはキイタをなめてくれて

 

遊んでくれています

 

キイタンみんなに愛されて良かったね

 

 

 

きょうこちゃんが保護部屋に帰ってきました

 

バス停にお迎えに行って里親様のお顔を見たとたん

 

涙があふれてきてしまい、二人で抱き合って号泣してしまいました

 

家族に迎え、抜歯もできて

 

さ~これからのきょうこちゃんの毎日は痛みの無い

 

ほんわかな幸せな時間になるのだと

 

誰もが思っていました

 

進行性の早い癌に侵され日に日に弱っていくきょうこちゃんだったので

 

一人でどんなに辛く大変だったことでしょう

 

きょうこちゃんも頑張ってくれました

 

そして本当に里親様も一番にきょうこちゃんの事を思い

 

頑張ってくれました

 

きょうこちゃんの育った淡路島へと分骨してくださったので

 

結ちゃんやゆずちゃんの子やちーたんの兄弟のビーたんの眠る

 

ところに埋めましょうね

 

部屋の棚に置くと絶対にいたずらする子がいますから

 

ゲージの中からみんなを見てもらいましょうね

 

ほらほら、さっそく来ましたよ

 

 

 

なんて言ってるのかな

 

 

きょうこちゃん

 

みんなにおわかれしたら静かな所で眠れるからね

 

あなたと里親様に私たちはたくさんの幸せと勇気と希望を

 

もらったのよ

 

 

 

あなたに出会った人も猫もいつかみんな虹の橋の向こうで

 

また会う日まで

 

 

では、今日もあーもんさんPOPTEKOさんのブログへ行ってみましょう

 

 

http://aamonndaisuki2.blog.fc2.com/

 

http://blog.goo.ne.jp/popteko

 

 

 

 

 

コメント: 6 (ディスカッションは終了しました。)
  • #6

    ちーよん (水曜日, 25 9月 2013 10:05)

    本来、人間に愛されるべき猫や犬達が、捨てられたり、カラスに食べられたりするのを見るのは、ワンちゃんや猫ちゃんが好きな者にとっては、本当に辛いことですよね。

    私は最近思いました。捨て犬や捨て猫を無くしていくためには、これから犬、猫を飼い始めるであろう子供たちを教育したり、現在飼っている人で、生まれた子をすてたりする人たちに飼い方を改めていただくしかない、と。

    かく言う私も現代の猫の飼い方をきちんと教えられたのは、去年動物愛護センターの子供向けのセミナーに出たり、新聞で犬猫の殺処分が淡路島が1番多いと知ってからです。

    全ての人が、犬や猫を捨ててはいけないなぁと分かって下さることが最善と思います。
    そのためには行政機関や教育機関のお力が必要だなぁ、と感じます。

    はぁ〜、学校で講演会とかさせてくれないかしら...

  • #5

    うえだ (火曜日, 24 9月 2013 11:21)

    こんにちは。
    いつもありがとうございます。

    人間の勝手で捨てられる子。
    カラスにやられちゃう子。
    ・・・etc

    そんな動物たちが、兵庫県、日本、そして世界中に
    たくさんいるのかと思うと、胸が苦しくなります。

    自分にできることは何なんだろう?って思います。

  • #4

    ちーよん (日曜日, 22 9月 2013 22:26)

    皆さん、動物のお世話をしていると、かわいいや楽しいことばかりじゃなくて、辛く悲しいことも経験しなければならないのですね...
    それでも他の猫ちゃんのお世話をたくさんして、本当に頭が下がります。
    とっても純粋だと思います。ただただありがとうございます、です。

  • #3

    噂の神戸SSあめり王ママ (日曜日, 22 9月 2013 19:03)

    きょうこちゃんお帰り^^
    里親さんに幸せを置いて逝ったんだね
    とてもいい子の可愛いきょうこちゃん
    もう一度逢いたかったなぁ

    茶ずけおめでとう!ちーよんさんよかったね^^

    本日のそらまめっちは食べてますか?
    またシャム系の綺麗な子ですね
    淡路ってシャム系が多いけど、
    純血シャム一匹からどんどん増えてったのかな??
    神戸では一度も見た事がありません

    キイタ君、先住さんが凄く優しいからすぐ打ち解けてますね
    いいなぁ羨ましい・・いまだにうちのアメリオとちょびと当麻王はうまくいってませんw

  • #2

    ヨッピー (土曜日, 21 9月 2013 16:50)

    きょうこちゃん、おかえりなさい。保護部屋で長い長い九年間を過ごし、やっと運命のお母さんに巡り会えたのにね。でも幸せな2ヶ月間だったよね。最期を看取って、葬儀屋さんでお骨にして淡路まで分骨に来てくださったお母さん。優しいお母さんで本当に嬉しかったね。桔梗の花を買ってきて植えました。桔梗のきょうはきょうこちゃんのきょうだから。ヨッピーの所にも会いに来てね。きょうこちゃんのお母さん、ありがとうございました。

  • #1

    ちーよん (土曜日, 21 9月 2013 15:52)

    わんにゃんさんの皆様、茶ずけを無事卒業させてくださり、本当にありがとうございました。
    聞けば、里親様のお父さんが茶ずけに一目惚れしてくださったとのこと。早速抱っこされて、いよいよ甘えた生活の始まりですね。
    皆さん、本当にありがとうございます。

    保護された子猫ちゃん、よかったですね〜。
    よう、がんばって生きてたね、にゃんむすさんに会えて本当によかったね!あなたは運の強い子だね!

    なんか、耳としっぽだけ色がついてて、きれいになったらとっても可愛くなりそうですね。

    楽しみです。