2013年

3月

10日

シャムちゃん

 

近所の漁港に久しぶりに行ってみると

 

また子猫(生後8~9か月くらいかな)が捨てられていました

 

でもとても臆病でフードをあげても

 

他の猫さんたちに食べられてしまって

 

遠くからニャーニャー言って近づいてきません

 

近づくと走って逃げてしまい、まだ捨てられたばかりなのか

 

このままではご飯になかなかありつけなくて痩せてしまうだろうな。。。。

 

気になっていたのですが保護には踏み切れず10日がたちました

 

 

 

だって、チロちゃんを保護したこの漁港には

 

たくさんの猫さんがいすぎて、この子たちを保護したら

 

保護部屋のゲージはあっと言う間に満室になってしまいます

 

でも、ここで生まれ育った子は人間との生活は難しい子の方が多く

 

そしてシャムちゃんのように捨てられた子はお外で生きていくのが

 

難しいだろうね。。。。

 

悩んでいる時に1本の電話が!

 

「シャム猫いませんか?」と

 

春ちゃんはお申込みが入っていたし、ベルちゃんはエイズであることが

 

わかり、先住猫さんがいるというのでお家にはおすすめできません

 

(検査代が高く、保護部屋全部の猫さんはまだ検査ができていませんが

 

ブールちゃんとベルちゃんがエイズでした)

 

 

 

「捨てられたばかりだと思われるシャム猫がいるのですが」と伝えると

 

「自分でその漁港に行って保護してきますので場所を教えてください」と

 

言われました

 

死んでしまったシャムネコちゃんの生まれ変わりをと思ったので

 

子猫が良かったそうですが、きっとこれも何かのご縁と感じられたようです

 

 

今飼っている子たちも保護した子だそうです

 

昨日その方はシャムちゃんを見に行ったそうですが

 

(私は保護部屋のそうじ当番の後夜中まで仕事で行けなかった)

 

やはり逃げてしまって保護できなかったと電話がありました

 

今日、仕事を終えてからその方に電話をしてみましたら

 

これからまた行ってみると 言いますので

 

「一緒に保護できるかやってみましょう」と

 

伝え、5時をまわっていたので暗くなる前にと

 

先に漁港へ行ってしばらく探していたら出て来ました

 

警戒心が強く、ちょうど帰宅するところだった漁港の人に手伝っていただいて

 

網とバスタオルで抑えることができましたが大暴れ!

 

なんとかキャリーに入れることができました

 

電話の方が到着し、キャリーごとそのまま連れて帰っていただきました

 

優しい言葉でシャムちゃんに話しかけ

 

何度も何度もお礼を言って帰って行かれました

 

まだ大人になりきっていない子猫でしたのでこのまま

 

漁港での過酷な生活から救われて私も本当にうれしかったです

 

ふと自分の手を見ると血だらけΣ( ̄ロ ̄lll)

 

今日は急に気温が下がって海からの風が冷たくて

 

全く指に感覚がなくなってて気が付きませんでした

 

猫捕獲道具には網(魚釣り用のデカイ物)、手袋、バスタオル

 

フード、キャリー、洗濯ネット、そして消毒液と絆創膏!!

 

 

噛まれたらすぐに血を絞り出し、水があれば流すのですが

 

使い捨ての消毒パッドでしっかり消毒します

 

これでたいてい腫れることは防げます\(○^ω^○)/

 

保護する前っていつも心臓バクバクでやっぱりちょっと怖いのですが

 

どんなに暴れても放さない!!って心に決めてかからないと

 

暴れる猫さんの力ってすごいのよね。

 

 

 

ベルちゃんは最近いろんな物に興味があって

 

紙くずでもおおはしゃぎで遊んでいます

 

甘えたサンで人が大好きなベルちゃんなので

 

里親様の愛情独り占めできる日がいつか来るといいね

 

 

 

 

コメント: 8 (ディスカッションは終了しました。)
  • #1

    POPTEKO (月曜日, 11 3月 2013 09:32)

    お疲れ様です<(_ _)>
    シャムちゃん、運命の出会いができて本当に良かったですね。

    時間はかかるかもしれないけど...
    その方のおうちで安心して暮らせますように。
    願ってます。

    にゃんむすさん、手の傷お大事にしてくださいね。



  • #2

    musubichan (月曜日, 11 3月 2013 22:10)

    POPTEKOさん、保護するのは難しいことではないのですが、保護部屋に1匹連れていくことでたくさんのお金がかかることや、お世話が大変な事を考えるとボランティア仲間も保護したくても出来ずにいる猫さんが多いので
    どうしてもすぐには踏み切れないことが多いです
    こんなにタイミング良くお電話があるとこの子と里親様は結ばれることが決まっていたのかなと思います

    今日もまだパンチが出るそうですが
    気長に頑張っていただけそうです
    私の傷も大したことはなかったので大丈夫です(。-д-。)ゞ

  • #3

    噂の神戸SS夫婦 (水曜日, 13 3月 2013 02:45)

    手の傷大丈夫ですか><

    私はこの2日消毒や手洗いのしすぎで皮がべろんと・・
    しかも洲本温泉の茶色い温泉に入る前に指輪をはずすのを忘れて、
    直後から真っ赤になって痒くて日に日に酷くなって腫れて痛いです><

    漁港のシャムちゃん、運命の飼い主さんなんですね
    淡路ってシャム系多いですね
    こっちは昔から一匹も見たことがないですよ~

    一番左のキジトラさんの尻尾が立派!

  • #4

    みりあ (水曜日, 13 3月 2013 11:50)

    淡路の漁港にもたくさん野良さんがいますね。私の地域にも残念ながらいます。もうすぐ「ひまわりと子犬の7日間」という映画が封切られるようですが、たくさんの人に観てもらって、多くの人が動物の命の大切さを考えるようになってほしいと願っています。

  • #5

    musubichan (水曜日, 13 3月 2013 23:49)

    噂の神戸SS夫婦さん
    2か所噛まれて、まだ一か所ぐじゅぐじゅしてますが
    4日間はがさない絆創膏で密封しているので明日めくるのが楽しみです。治ってるかな~

    温泉に入る時は指輪ってはずさないといけないのね?
    金属アレルギーでほとんど指輪やネックレスってつけないから知らなかったわ
    シャムちゃん、ほんとタイミング良かったです
    どうやらもう1匹パンダみたいな柄の兄弟と一緒に捨てれていたみたいだけど、その子はぷっつり姿を見せていないようです。誰かに保護されていればいいんだけど

    明日届いたタオルをアメリオに敷いてきますね!!

  • #6

    musubichan (水曜日, 13 3月 2013 23:51)

    みりあさん、こんなにいるとどこから手をつけていいのか
    悩んだり、あきらめてしまったりですが
    3か月に1匹くらい避妊できないかなと思案中です

    ひまわりと仔犬の7日間で今の日本の現実が伝わるといいですね。

  • #7

    噂の神戸SS夫婦 (木曜日, 14 3月 2013 17:45)

    剥がさない絆創膏、数日後に剥がすとどうなってるんだろう?
    かさぶたがわりだから、めくったら下は皮膚?と
    くっついてそうで怖いし、あれ結構高いですねー

    茶色い硫黄系の温泉は外さないとだめみたいです
    普通の温泉は大丈夫です^^

    アメリオタオル、お手数おかけします><

  • #8

    musubichan (木曜日, 14 3月 2013 23:09)

    噂の神戸SS夫婦さん
    めくってみましたよ~
    皮がはがれていたところがもりあがって皮を再生中って感じです。まだ真っ赤なのでまた新しいのを貼っておきました。乾燥してたら貼っちゃいけないみたいだけど、まだ濡れてる感じだったので大丈夫かな~

    この絆創膏ほんと高いけど、猫の保護するときは怪我するだろうな~って買っておいたんです!
    予感的中でした(≧∇≦)