2013年

1月

16日

TNR活動スタート

 

淡路島にはたくさんの猫が外で暮らしています

 

家で飼われている猫を避妊してくれれば、捨てられる猫も減るのですが

 

まだまだ避妊する人が少ないのが現状です

 

保護部屋では生きていけない子猫はできる限り保護していますが

 

大人で何とか生きていけている猫さんたちの引取りはお断りしなければならないケースが

 

多いですね

 

できればそういう猫さんたちをTNRしていきたいと思っています

 

TNRというのは

 

T= Trap トラップ(捕獲機)で猫を捕獲すること

N= Neuter ニューター(不妊手術のこと)

 

R= Return リターン 又は Releaseリリース(元の生活場所に戻してあげること)

 

私たちができる数は限られていますが、こういう活動は同じ思いの人を少しずつでも

 

動かす力になればと思っています

 

写真の黒ネコさんは私にとって初めてのTNRの猫さんです

 

ご近所の方が餌をやっており捕獲機をお貸しして保護し、避妊手術をしました

 

 

獣医さんにお迎えに行くと「お乳が張ってたので子猫がいるかもしれません」との事

 

すでに発情が始まっていたので子猫はいないかもしれないとも言われました

 

一時保護してくださってたお家からエリザベスカラーを付けたまま逃げだし

 

子猫の元へ戻ったと思うのですが、次の日には保護主さんの家に帰ってきて

 

自分からケージに入っていたそうです。

 

しばらくしてそのお家のお隣の軒下で子猫たちの死体が見つかったそうです

 

不幸な子猫を増やさないためのTNRが、子猫を死なせることになってしまいました

 

保護主さんは泣いて泣いて泣いて自分を責めました

 

私もそれからTNRすることが怖くなり昨年は結局その後1匹もできずにいました

 

でも保護部屋で保護することが猫にとって良いとは思えない猫さんの場合や

 

外で生きていける猫たちには 

 

やはりTNRはしていくべきだと思い、2日前に保護した猫をTNRすることにしました

 

触ることができるまでに1年半かかった子なので怖い思いをして

 

また人間不信にならないといいのですが。。。。

 

 

 

 

 

  

 

 

ツーロ君はまだ怒っています

 

とてもナデナデできる状態ではなく、毎日がツーロくんにとっては

 

恐怖でしかないのでしょうね

 

この子にとってはたとえ過酷でも外の生活の方がいいのかもしれませんね

 

トイレの砂を変えるのも大変です

 

足の怪我の状態が見ることができず、ご飯にクスリが残っていないようなので

 

なんとか化膿しないで治ってくれるといいのですが

 

まだ一度も寝たりくつろぐ姿を見ておりません

 

毎日みんなでネコナデ声で話しかけていますがお返事は全て「シャー」です

 

里親様からフリマへのお問い合わせと一緒に可愛い写真も届いています

 

ゆずちゃん(元銀ちゃん)リラックマより可愛いですね~

 

たくさんのフリマへの品物が次々に届いております

 

保護部屋の猫たちにもたくさんのご支援の物資も届いております

 

本当に感謝の気持ちでいっぱいです

 

みなさまありがとうございます

 

 

 

 

フィガロちゃんとソアラ君(元ちあきちゃんとあきら君)

 

な、なんと男の子だと思ってたソアラ君が女の子だったそうです

 

小さな子猫の見分けは獣医さんでも間違えるようなので

 

タマタマが大きくなってくるまでわかりませんね

 

前髪が2匹とも可愛いね~

 

凛ちゃん、悟空君(元カノンちゃんシオン君)

 

すくすく元気に育ってますね

 

肩乗り猫さんは憧れます~

 

先住猫のノア君はこの子たちが来てから一時は自力でご飯が食べられるほど

 

元気になったそうですが、お星さまになったそうです

 

きっと大好きなお父さん、お母さんが凛ちゃん悟空君がいたら大丈夫だと

 

しっかりバトンを渡して安心して旅立つことができたのではないかと思います

 

ノア君、凛ちゃん悟空君呼んでくれてありがとうね

 

 

 

 

 

ねもちゃん(元はなちゃん)

 

どんどん美人さんになってますね~

 

くしゃみをしてて獣医さんに連れていってもらい

 

風邪が悪化せず治って良かったね

 

里親様は心配でたまらなかったようです

 

 

 

シド君(元フェリー君)の寝顔はたまりませんね~

 

猫がこうして顔をぎゅっと抱きかかえるように寝ている姿って

 

どうしてこんなにキュンとなるんでしょうね~

 

ずっと見ていたくなってしまいますもんね

 

ラムちゃん&レオ君(元ハニーちゃんとシナモン君)

 

充電器をガシガシ噛んだり、水やティッシュをグチャグチャにしたりと

 

いたずらは絶えないようですが、人間の子供を育てているようで

 

未来の自分の子を育てる練習になるって喜んでくれてて

 

愛情いっぱい受けてすくすく育っているのがわかりますね~

 

可愛い寝顔の里親様だったのでそのまま載せたかったのですがぼかし入れました

 

 

 

最後に春ちゃんの動画です

 

春ちゃんはすっかり甘えたさんになって

 

撫でていると「もっと~」と催促したり、遊び始めるようになりました

 

甘噛みもできますよ~

 

でも上から手を出すと怖がるので常に下から手を差し出すようにします

 

可愛い春ちゃんにも早くお迎えが来ますように

 

今日もあーもんさんちのブログへ行ってみましょう~(≧∇≦)

 

http://aamonndaisuki2.blog.fc2.com/

 

 

 

 

 

 

コメント: 4 (ディスカッションは終了しました。)
  • #1

    あーもん (土曜日, 19 1月 2013 16:12)

    里親さんからのお便り、写真は
    本当に嬉しいですねえ。
    みんな大きくなって、ふっくらして
    毛並みもよくなって、可愛くなっているなぁ。
    みんな、素敵な写真だニャン。

    保護部屋活動だと、助けられる猫の数が
    とっても限られているから、やはり根元を
    断たないと、野良猫の数は減りませんね。
    餌やりさんも、可愛がっているとは限らず
    子猫が生まれると、捨ててしまうと言う
    話をたびたび聞きます。

    私も近所の方と協力して、3匹の猫のTNRを
    しました(うち1匹は、うちの家猫になったけど)
    地道な活動ですけど、段々に避妊去勢の大切さを
    広めていきたいですね。

  • #2

    musubichan (土曜日, 19 1月 2013 17:05)

    あーもんさん、この幸せそうな姿を見ることで
    私たちもたくさんパワーをもらって頑張れますね
    家で猫を可愛がっている人にも生まれてすぐの子猫は
    平気で捨てる人が多く、本当に驚きますね。
    目が開く前は見えてないからできるのかしら。。。

    あーもんさんも3匹もTNRされたんですね
    一人だとなかなかできないことも誰かと一緒に力を合わせてやると
    何倍もの力になることがあります
    一人で悩んでいる人も多いでしょうね
    できることをまたこつこつやっていけばきっとその輪は広まっていくので
    頑張りましょうね

  • #3

    小梅ぽぽ (土曜日, 19 1月 2013 20:32)

    はじめまして
    いつも楽しく(?)悲しく(?)読ませていただいています。ワンにゃんの活動に協力できるようにするにはどうすればよいでしょうか?
    本当に小さな事しかできないのですが…

  • #4

    musubichan (土曜日, 19 1月 2013 22:27)

    小梅ぽぽさんはじめまして
    ご協力していただけるとの事、本当にうれしく思います
    こちらのホームページの一番上の所にご支援という文字がありますので
    それをクリックしていただくと不足している物資やご寄附していただいている口座番号などが載っております
    支援物資の送り先はメールでお知らせしておりますので
    awajiwannyan@live.jp までご連絡いただけますでしょうか?

    わんにゃんクラブさんでは入会費500円、年会費3000円(1年目は3500円、2年目からは3000円)でメンバーも募集しております
    保護部屋の犬猫たちにそのお金は全額使われています
    会計報告はこちらのにゃんむすびとは別ですので
    わんにゃんクラブさんは総会を年に1度開いて会計報告をメンバーにお送りしております

    どうぞよろしくお願いいたします