2012年

9月

20日

マイちゃん、ネオ君里親様のもとへ

 

全ての子猫に感染した真菌症ですが

 

はげたところに毛が生えてきており

 

ほっとしています。

 

それでも飲み薬をもう2~3週間は続ける

 

ことになると思います

 

それも承知の上でマイちゃんが18日に

 

島内のお家の家族に迎えていただきました

 

名まえはチョロちゃんになり、わんことの生活がはじまります

 

今まで飼っていた猫も真菌症になった経験もあり、保護部屋でよくお世話になって

 

いる獣医さんに行っておられ、ご縁が繋がりました

 

優しいお父さんとお母さんができて良かったねマイちゃん

 

 

 

そして今日はネオ君が橋を渡って島外へ!

 

里親さまは大人の猫の方がもらいてが少ないのでは

 

と、大人の猫もお見合いも希望されました

 

仔猫の可愛さは特別ですが、おとなの猫でもと

 

言ってくださると本当にうれしいです

 

ネオ君は6月22日に保護部屋に来て

 

3か月もの間ケージで子猫の時期を過ごさせてしまっていました

 

何度かお申込みがあったのですが、ご縁を結ぶことができなくてこのまま

 

大人の猫さんになってしまうのではと、とても心配でした

 

(ネオ君初対面の人にビビりさんなんです)

 

今日もビビりぶりを里親さんにしっかり見てもらったのですが

 

それでも選んでくださり本当にうれしかったです

 

マイ猫じゃらしを持参しておられ、ちょっと子猫たちにちらつかせたら

 

食いついてはなれませんでした

 

みんなおもちゃに飢えているので

 

ネオ君は今日からじゃらしまくり生活が始まるのね

 

もうすぐなくなりそうだった真菌症のお薬を先生に無理言って

 

用意していただいたのに、里親様にお薬を渡すのを忘れてしまいました

 

何でこんな大切なことを私はポカしてしまうのでしょう。。。

 

郵送いたしますので、里親様よろしくお願いいたします

 

 

 

治療の必要な子を家族に迎えてくださったマイちゃん、ネオ君の

 

里親様、心からお礼申し上げます

 

ありがとうございました

 

 

 

 

 

お目目を手術したジュン君

 

どうやら術後の経過が思わしくなく

 

再手術になるかもしれません

 

毎日痛い思いをしているのかと思うと

 

早く連れて帰って抱きしめてあげたいです

 

真菌症にも感染していて

 

保護された時からずっとずっと

 

風邪もひどく、なんでこの子ばかり

 

こんな辛い目に合わなければいけないんでしょう。。。

 

先生や看護師さんも治療以外にも人間不信にならないようなでてあげたりしてくださって

 

いるそうです。

 

猫には治療の意味が解らないものね、痛い思いをしても

 

ゴロゴロとのどを鳴らし甘える姿を見ると胸がキューってなります

 

猫ってどうしてこんなにけなげで愛しい生き物なんでしょう

 

1日も早く目が良くなって帰ってきて欲しいです

 

絶対に君を幸せにしたいよ

 

 

 

コメント: 2 (ディスカッションは終了しました。)
  • #1

    fukiko (木曜日, 20 9月 2012 19:21)

    マイちゃん、ネオ君、素敵な里親様が見つかって良かったですね。
    おめでとうございます。

    ジュン君は今は辛いだろうけど
    きっとでっか~~い幸せが待っていますよ。
    一日も早く退院出来ますように!
    京都からも応援していますね。

  • #2

    musubichan (木曜日, 20 9月 2012 22:08)

    fukikoさんありがとうございます
    治療の必要な子の里親になってくれる大きな愛に
    本当に感謝です

    ジュン君のために祈ってくれてありがとう!!
    祈りのパワーって遠くてもちゃんと届くんだよね
    目に見えないそんな力が奇跡を起こしたり
    良い方向へ道を開いてくれるような気がするわ♪
    ジュン君に負けないよう私も頑張ろう~!!