再出発

 

 

今日は皆さまに重要なお知らせがあります

 

にゃんむすは先月ワンニャンクラブをやめ

 

個人活動となりました

 

 

 

とは言っても、にゃんむすびでは

 

ワンニャンクラブの猫たちの里親募集を続けていきますし

 

他の保護活動家のお手伝いも

 

個人で保護した猫の里親募集も

 

命を繋ぐ事、幸せへのご縁結びにつながる事を

 

これからも続けていきます

 

 

 

ワンニャンクラブのスタッフが

 

保護したい猫がいれば

 

保護かごを持って走りますよ

 

(今まで捕獲機と呼んでいましたが、

 

悪いものを捕まえるイメージがあり

 

違和感を感じていましたのでこれからは保護かごと呼びます)

 

 

 

 

今もにゃんむすの友人たちの家で預かっていただいている

 

ワンニャンクラブの猫たちのお世話がありますので

 

通院や、ゲージやキャリーを洗ったり

 

お見合いでは保護部屋にも

 

案内に行っていますので

 

やめた感はあまり無くてまだ実感がわきませんが

 

 

 

獣医さんに先日行った時も

 

にゃんちさん、ムートン、あーもん、さくらもちさん、エムさんが

 

次々と猫を連れてやってきて

 

久しぶりにこんなに沢山のスタッフに一度に会い

 

おしゃべりが止まりませんでした

 

 

ワンニャンクラブで出会った素晴らしい仲間たちのおかげで

 

にゃんむすは本当に沢山助けていただいて

 

感謝の気持ちでいっぱいです

 

個人活動になってもよろしくお願いします

 

 

 

今までと何が変わったかというと

 

ワンニャンクラブで受け入れできなかった猫や

 

にゃんむすに関わった保護猫たちの

 

医療費や必要な物資をにゃんむすびで

 

これからは集めなければならないのです

 

 

仕事の休みの日は早朝から深夜まで

 

猫たちのお世話や保護で飛び回っていますので

 

ブログ更新もやはり月1回しかできないかもしれません

 

正直なところどこまでできるのか

 

不安の方が大きいのですが

 

 

 

 

ワンニャンクラブで今までと変わらず沢山の犬猫を

 

救っていただければ

 

にゃんむすがこれから保護したり

 

保護した方のお手伝いをする事で

 

今まで以上に救える命が増えると思います

 

それから、にゃんむすが保護する沢山の猫を

 

ワンニャンクラブで受け入れしなくてよくなる分

 

猫を保護して困っている人をワンニャンクラブで

 

もっと救えると思うのです

 

 

 

コロナが終息し一日も早く

 

ワンニャンクラブのホームページの

 

問い合わせを開く日が来ますように

 

保護依頼の数が多く

 

全ての猫を助けるのは限界がありますが

 

 

 

助けを必要とする猫の年齢や環境を問わず

 

助けられない理由を探す前に

 

どうしたら助ける事ができるのかを考えて

 

今までの経験で学んだ事を

 

保護依頼をしてきた方に教えるだけでも

 

 

見えなかった道が見えたり

 

一人では出来ない事も

 

助け合えば出来る事もあると思います

 

 

 

これからもずっと淡路ワンニャンクラブを応援しています

 

本当にお世話になりありがとうございました

 

 

 

 

では、今日のブログの最初の写真の猫ちゃん

 

こうめちゃんの事からお話しましょう

 

 

9月の終わりは台風の影響で

 

雨も多く、保護された子たちが

 

雨に打たれ弱っている事もありました

 

人や車が道路でうずくまっていた子猫を

 

さけるように通っていた中

 

重度の猫アレルギーのある娘さんが

 

持っていたショッピングバッグにその子猫を入れて保護しました

 

 

にゃんむすの近所に住む雑貨屋さんでは

 

ワンニャンクラブの猫たちを沢山預かってくれているのですが

 

その雑貨屋さんに良く来ているお友達の娘さんでした

 

お母さんは保護部屋にも見学に来てくださった事があり

 

淡路島で猫の保護活動をしている団体があるのだと

 

知り、今回娘さんが保護した仔猫の相談に来られました

 

 

 

獣医さんで診ていただきすぐに入院となりました

 

何度も何度も吐いた嘔吐物は

 

どれもビニールばかりで

 

お腹が空いて食べる物は

 

ビニール袋しか無かった事がわかります

 

 

退院時に全額の医療費負担をしてくれるそうで

 

保護した娘さんの姉妹には猫アレルギーが無いので

 

もう一人の娘さんの部屋で預かる事ができるというので

 

ワンニャンクラブへの入所ができないかと思い

 

連絡しましたが

 

 

コロナの影響で保護猫がいっぱいいっぱい

 

医療費も沢山かかっているのでこれ以上はと

 

 

 

 

これは仕方の無い事で、ワンニャンクラブが

 

多頭保護崩壊になってはいけませんので

 

誰も攻める事はできません

 

 

 

雑貨屋さんが娘さんのアレルギーを心配し

 

「うちで預かるよ」と言ってくれて

 

にゃんむすびから今後の医療費やフード代などを

 

出させていただく事で

 

小さな命を繋ぐことができました

 

 

 

元気いっぱいになったこうめちゃん

 

真菌だったサンシ君の上のゲージにいましたので

 

真菌に感染させてしまいました

 

一般のお家での隔離って

 

本当に難しいですね

 

隣のゲージにいた夏姫ちゃんにも感染し

 

ほとんど2階にいるチョビ丸やカステラちゃんは

 

大丈夫でしたが

 

バク、コロン、バル、福太郎は子猫なので

 

確実に感染するので

 

真菌の薬を一緒に飲ませる事にしました

 

9匹の預かり猫のお世話がどんなに大変か

 

いつも笑顔で猫たちのお世話をしてくれる

 

Yちゃんに本当に感謝です

 

ご主人も段ボールでキャットタワーを作ってくれたり

 

ご飯をあげてくれたり協力してくださってます

 

 

 

こうめちゃん良く食べ、よく遊び

 

斜め飛びしたり、威嚇のポーズをとったり

 

狭いゲージの中でおかしな行動で笑わせてくれました

 

 

 

 

こうめちゃんにお声をかけてくださったのは

 

2016年にワンニャンクラブからみさきちゃんを迎えてくださった

 

里親さまでした

 

 

シャーシャー娘のみさきちゃんを

 

写真で見てお見合いに来てくださったのですが

 

 

 

あまりにもなついていないみさきちゃんに

 

不安を感じ、保護部屋で他の猫たちにも

 

会っていただいたけど

 

やっぱりみさきちゃんが気になると

 

迎えてくださったのでしたね~と

 

 

 

なんだかついこの前の事に思えましたが

 

4年もたっていたのね

 

 

 

そのみさきちゃんはみーちゃんという名前になり

 

今ではものすごい甘えたさんになっていました

 

 

 

みーちゃん鼻のぼっちがそのままね

 

 

 

こうめちゃんの真菌の治療も

 

家でしますのでと

 

以前も子猫が真菌になって治療した経験があるそうで

 

すぐにお迎えに来てくださって

 

獣医さんで待ち合わせ、シャンプーや

 

真菌のお薬をこうめちゃんと一緒にお渡ししました

 

 

 

こうめちゃんの事でやりとりしている時に

 

みーちゃんを迎えて

 

何もできていなかったのでと

 

ご支援させていただきたいと言ってくださって

 

お見合いの日にご寄付をいただきました

 

 

 

 

ありがとうございます

 

これからこうめちゃんには沢山お金がかかりますし

 

淡路島に来るためには橋代も高く

 

交通費もかかりますので

 

お迎えの時にはご負担が少ないようにと

 

いつも思います

 

 

いただいたご寄付を保護猫たちに使わせていただきますね

 

 

 

 

 

 

早くゲージから出してあげたいこうめちゃんですが

 

真菌の治療が終わったら

 

いっぱい走り回れるからね

 

朝晩冷えるようになったので

 

フリースの下には湯たんぽを入れてくださってて

 

抱きかかえるようにしてぬくぬくしているようです

 

こうめちゃんをよろしくお願いいたします

 

 

にゃんむすがメルボルンから帰ってきて

 

わりとすぐの事でしたが

 

保護依頼が毎日のように入っていて

 

ワンニャンクラブのホームページに入った依頼で

 

受け入れた依頼、断った依頼などが

 

毎日メールで届いていました

 

1軒1軒書き出して

 

この依頼をしてきた人たちは

 

断られてみんな困っているんだろうな

 

その猫たちはどうなってしまうんだろう

 

 

 

 

保護部屋が閉鎖していて受け入れが沢山できないけれど

 

預かり先があれば、通院や里親探しなら

 

仕事の休みに2~3匹なら出来るかな

 

 

 

断った依頼の中に、にゃんむすの職場のTさんの

 

すぐ近所の方がいました

 

 

仕事をしている時にTさんから

 

近所の家で「野良ちゃんが子猫を庭で産んだので

 

ワンニャンクラブを知り合いから聞いて知って

 

連絡したけど引き取ってもらえなかった」と聞いたと

 

 

にゃんむすがそれってご近所の時計屋さんでしょう?と

 

言うと「そう!」と、驚いていました

 

 

 

せめて写真を撮って、里親探しのお手伝いが出来ないかと

 

仕事の帰りに訪ねてみました

 

 

庭に建っていた離れの家は

 

もう何年も誰も住んでおらず、物置になっていましたが

 

母猫は安心して子育てができる環境になっていました

 

雨や風がしのげご飯がもらえる場所にたどり着いたこの猫は

 

本当にラッキーだと思います

 

 

ご飯も乾燥した魚をゆでて食べさせていました

 

 

段ボールで遊び場も作ってもらって

 

迷い込んだ猫にここまでしてくれるのは

 

優しいご夫婦だな~と思いました

 

以前も野良ちゃんが迷い込み

 

避妊手術をしようと、獣医さんに連れて行った話を聞き

 

こういう方が増えてくれると嬉しいですね

 

 

 

奥さんがチラシも作っていました

 

淡路島では、里親募集の張り紙をしても

 

なかなか里親様はみつかりません

 

実際に郵便局などに2年間いろんな猫を

 

張り紙してみましたが

 

2年間でお申し込みは1匹だけでした

 

やはり、ネットの力を借りてご縁探しをしましょうという事になり

 

 

 

子猫たちが庭でちょろちょろしだして

 

いつカラスに持って行かれるかヒヤヒヤなので

 

にゃんむすの職場の社長のお家で

 

3匹を預かっていただく事になり

 

預かり先がある事や通院や里親募集を

 

にゃんむすが出来るならと

 

ワンニャンクラブに受け入れもしてもらえて

 

 

写真左側のサバちゃんと右側のゆきちゃんは

 

里親様が決まり、幸せになりました

 

真ん中のトラ君は

 

去勢手術を終えた翌日に

 

両足が麻痺し、両前足も麻痺して

 

オシッコもカテーテルで出さないといけなくなり

 

大阪の大きな病院へ、かかりつけの先生が

 

車で連れて行ってくださって

 

CTやMRIで血栓などが無いかもかなり時間をかけて

 

調べてくださいましたが原因が分かりませんでした

 

 

数日後にはおしっこが出るようになり

 

麻痺も無くなり

 

今は走り回って元気にしています

 

麻酔の影響だったのかもしれません

 

 

 

 

社長の家にはワンニャンクラブ卒業生の

 

茶白のトラ君(元ソックス君)がいます

 

インスタでむぎ君(元タビ君)を見ると兄弟なのでそっくりですね

 

キジトラのとら君里親様募集中です

 

甘えん坊の優しい猫さんです

 

生後半年になり、去勢手術も済んでいます

 

 

 

母猫も無事に避妊手術を終え

 

トキさんという名前になり

 

これからも保護主さんが見守ってくださる事になりました

 

 

お庭にはボロボロのサビ猫さんがいました

 

 

この猫、実は

 

 

にゃんむすの職場のTさんのお家に

 

昨年現れた猫でした

 

その時はこんなにひどい怪我をしていませんでしたが

 

サビ猫なので女の子だから

 

出産する前にTNRをしたいと相談を受け

 

何度も保護かごを種類を変えたりして

 

しかけてみましたが

 

1度も保護かごには近寄らず

 

危険を察したのか全く姿を現さなくなっていました

 

 

まさか近所の時計屋さんのお庭で餌をもらっていたなんてと

 

Tさんもたまたま子猫の相談を受け見に行って

 

サビちゃんがいたので驚いたそうです

 

 

胸の傷の治療もしてやりたいし

 

避妊手術をしたいのでと

 

時計屋さんと何度か捕まえようと

 

網で失敗し、ネットに入れ損ねたりして逃げられ

 

捕まえる事ができません

 

 

抗生剤を渡して飲ませてもらったのですが

 

 

 

にゃんむすがキャリーを持って行き

 

見えないところに置いてもらったのですが

 

サビ猫はにゃんむすの姿を見て

 

また危険を察知してしまったようで

 

それから時計屋さんの庭から姿を消してしまいました

 

 

が!

 

今度はTさんの屋根つたいに

 

Tさんの寝室の窓に来るようになったので

 

今度は焦らず、捕まえるそぶりを見せないように

 

心を許すまで餌付けしてもらう事にしました

 

 

寝室の窓から部屋に入るまでになったと聞き

 

家の中に入ったら窓をそっと閉めてと頼みました

 

 

 

やっとやっとサビ猫さんを保護する事が

 

できました

 

 

それまでの間、抗生剤をフードに混ぜてもらっていたので

 

 

 

獣医さんで傷を診ていただいたら

 

乾いていて、治ってきていました

 

エイズや白血病も陰性でしたが

 

かなりのお年の猫さんで

 

目も一度角膜に穴が開き、癒着しており

 

貧血もひどく、肝臓も腎臓も悪い数値でしたので

 

一緒に過ごせる時間は短いかもしれませんが

 

 

Tさんが家でこの子をみるよと言ってくれて

 

これから寒い冬を暖かく過ごせます

 

名前をシャンとつけました

 

警戒心は強いのですが

 

Tさんの寝室に窓から入ってくると

 

足元にスリスリごろごろと

 

甘えるようになったそうなので

 

可愛いのよ~と

 

食欲もあり少し毛艶も良くなったようです

 

 

 

 

 

9月でも赤ちゃん猫は生まれているのですね

 

猛暑の中保護された子猫です

 

母猫の育児放棄らしく

 

近くに母猫がいたのに、どんなに鳴いても

 

全く気にしないで子猫には近づかず

 

お乳をもらえないと

 

電話で相談を受けました

 

 

ワンニャンクラブ卒業生のチビタの保護主

 

Iさんからでした

 

 

ワンニャンクラブで受け入れできるか聞いてみましたが

 

母猫がいるなら母猫に戻すようにと

 

近くにいるだけで、その猫は母猫ではないのでは?と

 

不安もありましたが

 

 

その事を伝えるため、電話をIさんにかけなおしてみると

 

ご近所の方が赤ちゃん猫を引き取ってくれたというではないですか

 

 

 

猫は飼っていたけどミルクっ子の経験の無いご家族と聞いて

 

ミルクっ子飼育のベテランのにゃんちさんと一緒に

 

赤ちゃんセットを持って向いました

 

 

(赤ちゃんセットとは一つの袋に

 

粉ミルク、体重測定の計り、熱湯消毒済みの哺乳期や

 

穴を開けておいた哺乳期の乳首、ペットヒーター

 

体重や飲んだミルクの量を記録する筆記具、哺乳期洗い、

 

湯銭用のスープウォーマー、温度計

 

ペット用ウェットティッシュ、子猫をくるむフリース、

 

冬の場合のカイロなどが入れてあります)

 

引き取ってくれたお家でも

 

ミルクの飲ませ方やおしっこの出し方を

 

お母さんと娘さんが動画で調べたりしていたようで

 

頑張って育てようとしている事に安心しました

 

すぐに子猫はミルクに吸い付き

 

オシッコも里親様がうまくトントンして

 

出す事ができました

 

その後もウンチが出ないと獣医さんに走ってくれたり

 

大切に育ててくださっています

 

 

 

このミルクっ子の相談の時

 

Iさんのお家の納屋には親子の猫がいました

 

母猫は2匹の子猫を倉庫で出産し

 

1匹の子猫は風邪でひどい状態だったため

 

Iさんが保護して獣医さんに連れて行き

 

みー茶と名付け家で育てています

 

もう1匹の兄弟の子猫を保護するか

 

母猫と引き裂く事は心が痛むと悩んでおられました

 

 

家のまわりには、この母猫の親や姉妹もいますが

 

避妊手術を終えています

 

にゃむすがメルボルンから帰ってきて

 

最初に受けたTNRと子猫の保護依頼は

 

Iさんのご近所に住むおっこちゃんの里親様から

 

庭に来ている親子の猫でした

 

 

あ~、あの時の母猫が今回の母猫の姉妹だったのね!

 

淡路島はどこかで誰かがつながっている事が

 

本当に多くてちょっと話をすると

 

共通の知り合いがいたりします

 

 

 

 

Iさんから野菜を入れるコンテナで寝ていた

 

子猫を蓋をして閉じ込めたと

 

電話をもらい

 

またまた社長の家で預かっていただきました

 

獣医さんでの検査やワクチンなどをIさんがしてくれましたので

 

助かりました

 

茶白の子猫はシー茶君

 

母猫はちっ茶母さん

 

 

ワンニャンクラブではキャパはいっぱいになっていると

 

餌をもらっている猫たちは

 

受け入れ対象にはならないので

 

今回も相談してもきっと断る方も辛いよね

 

この子たちもにゃんむすびでお手伝いする事にしました

 

 

 

 

 

親や兄弟と引き裂く事は

 

私たちも何度経験しても辛いですし

 

自然に反する事がはたして正しい事なんだろうか?と

 

思う事もありますが

 

辛い思いをして死んでいく猫たちの姿を沢山見ているので

 

安心して暮らせる毎日をと望んでしまいます

 

 

 

 

Iさんは農家さんなので

 

納屋には藁があり猫たちには

 

気持ちの良い天然のベッドでしょうね

 

親子が仲良くお庭でひなたぼっこしたり

 

子猫がバッタを追いかけていたり

 

 

危険な事が無ければ理想の猫たちの生活でしょう

 

人間だって、事故に合ったり、犯罪に巻き込まれたり

 

災害にあったり

 

決して全てが安全で安心かというとそうでは無いので

 

Iさんのお庭で暮らしている猫は

 

野良ちゃんの中では幸せだなと思いました

 

 

もう少し可愛い写真を撮っておけば良かったね

 

保護かごに入ったちっ茶母さん

 

避妊手術を終え、Iさんのお庭にもどしました

 

Iさんより手術代と沢山のご寄付をいただき

 

お米やお野菜もいただきました

 

本当にありがとうございます

 

また次の子たちを助ける事ができます

シー茶はとら君とすっかり仲良しになりましたが

 

兄弟のみー茶と一緒にIさんが育ててくださる事になりました

 

お庭に来るちっ茶母さんとも

 

ゲージに入れてですが再会できたようです

 

 

 

 

仕事の後、シー茶をIさんに届けに行った時の事です

 

電話が職場の人からあり

 

電話口からニャアニャアと小さな子猫の声がΣ( ̄ロ ̄lll)

 

ま、また子猫~~~

 

 

駐車場で2~3日前から声は聞こえていたそうですが

 

2匹の子猫がちょろちょろしていると

 

「あ~フェンスの向こうに行ってしまう~」と聞こえ

 

これは、急がないと保護できないかな

 

 

 

にゃんむすが駆けつけた時には

 

Mちゃんが三毛ちゃんを抱っこしていて

 

茶白の子猫がフェンスの向こう側にいました

 

Mちゃんと一緒にいたH君がパンでおびき寄せていますが

 

茶白は警戒心が強くて寄ってこないと言っていました

 

 

にゃんむすが焼きカツオを出すと

 

ぴょ~んとフェンスからこちらに出てきて

 

焼きカツオに食いつきました

 

首をつまんでキャリーにほい!

 

 

さて、どこで預かってもらおう

 

どこもいっぱいだよ~~~

 

社長も奥さんも京都の娘さんに会いに泊まりで

 

出かけちゃうし

 

 

真菌の猫がいる雑貨屋さんに

 

お店の扉の方へ置かせてもらう事に

 

居間も玄関もゲージでいっぱいだったからね

 

 

 

体重700g代と800g代の兄弟

 

とってもなつこく

 

これは飼われていた子猫たちが捨てられましたね

 

もう個人活動に入っていたので

 

この子たちの医療費などもこれからは寄付を募らなければ

 

と思っていたら

 

お昼休みにH君が「これ。。。」と

 

ご寄付を (´;ω;`)ウッ…

 

H君ありがとう~

 

(H君は卒業生のにゃんまる君ファントム君あさみちゃんも

 

漁港で見つけてくれました

 

今募集中のふうにゃんもH君に出会わなければカラスにやられていたと

 

思います)ちなみにH君はにゃんむすの上司で部長さんです

 

 

 

 

 

たまたま住んでるマンションの駐車場で声がした子猫たち

 

見つけた人には何の責任も無いのです

 

保護主さんに医療費の請求をしたくないといつも思います

 

同じお金なんですが

 

請求していただいたお金と

 

猫たちの事を思って心のこもった

 

善意のお金とは全く違うお金だと思うのです

 

 

 

助けを求めている猫に手を差し伸べてくれた人には

 

保護してくれてありがとうと伝えたいです

 

保護主さんがしてあげたいと思っての医療負担は

 

本当に助かりますのでありがたいので

 

大切に使わせていただきます

 

 

 

余裕のない時の寄付がどんなに大変か

 

メルボルンでアパートを借りた時に

 

家には紙コップが一つしか無く

 

仕事に行く電車代を人に借りて乗ったような

 

ド貧乏生活をした経験がありますので

 

お金の重みが少しはわかると思います

 

保護主さんにお金の余裕が無い時は

 

みなさまからのご寄付を使わせてくださいね

 

 

 

 

次回猫をみつけた時に

 

お金が無いから助けてあげられない

 

そんな事にならないようにと思うのです

 

 

理想と現実は違いますが

 

理想に近づく活動をしていきたいと思っています

 

 

先日にゃんむすの携帯に

 

電話が入り

 

発信名は「ドンちゃん保護主さん」と画面に出ました

 

 

ドンちゃんの保護主さんは確か看護学校の学生さんだったよな~

 

里親様からの近況をお知らせするために

 

連絡先を登録してあったので

 

 

 

また子猫保護したのかな?と

 

出てみると

 

当時学生だった自分は保護しても何もできなかったと

 

学校を卒業して、仕事を始め

 

寄付を送ろうとしていた時に

 

バイクの事故でかなりひどい怪我を負い

 

リハビリをずっと続け

 

この10月から仕事に復帰できるのでと

 

寄付の振込みのご連絡と6年前にどんちゃんを保護した時の

 

お礼の電話でした

 

 

看護師さんになったそうです

 

 

とっても好青年だった記憶がありますが

 

本当に嬉しいです

 

猫を通じていろんな経験ができて

 

人が人を思う気持ちの大切さを気づかせてくれます

 

 

この活動をしていてよかったな~と思います

 

 

 

 

 

保護した仔猫たちは

 

も~気持ちいいくらいの食べっぷり

 

お腹空いてたんだね

 

でもすごくは痩せていないから

 

やはり駐車場で声がしだした2~3日前に

 

置いていかれたんだね

 

 

警戒心が強そうだった茶白の子猫もお腹を見せてゴロゴロ

 

2匹とも仲良く甘えんぼさんです

 

2匹一緒にとお申し込みをいただきました

 

台風がちょっと心配ですが

 

週末のお迎えです

少し前に利庵さんから

 

猫の預かりのお申し出のメールをいただき

 

チャアさんやおにゃんちゃんがお世話になっているので

 

これ以上預かっていただいてはと思いましたが

 

行き場の無い子たちや預かり先の無い子もいて

 

すがってしまいました

 

 

サンシ、すいめいの2匹か

 

パインか悩みながら

 

保護してあげたい猫がいるので迷っていると

 

利庵さんに相談していました

 

 

パインの抜歯をしてあげたかったので

 

おにゃんちゃんの術後の経過も良く

 

パインもお口が治って痛みから解放してやりたいと思いました

 

おにゃんちゃんの抜歯の様子やパインの事も

 

利庵さんのブログで詳しく説明が出ていますので

 

これから抜歯を考えている方は必見です

 

 

幸せの第一歩

 

利庵さん、いつも本当にありがとうございます

 

大変な子ばかり預かって治療をしてくださって

 

里親募集もしてくださっています

 

りんちゃん(元おりんちゃん)のご縁で

 

沢山の猫たちがお世話になり

 

心強いです

 

 

 

 

にゃんちさんがパインに用意していたお庭の猫小屋に

 

保護してあげたい子たちを入れてあげられるかもと思い

 

パインがお迎えの前日に

 

前にも記事にしましたが

 

福太郎と一緒にいたキジシロかサバシロっぽい猫2匹を

 

探しました

 

 

 

毎日通勤で朝晩通る道なので

 

何度も車を停めて探したのですが

 

なかなか姿を見る事ができません

 

 

 

夜になると出てくると、餌をあげてくれてる人に聞いていました

 

元気でいるし、毎日餌をあげているから安心してねと

 

 

 

でも、遅すぎました

 

パインがもらわれる日の朝

 

小さい方の子がひかれて道に倒れていました

まだ死後硬直しておらず、雨で濡れていて

 

冷たい体に触れた瞬間、思わず道路で泣き崩れてしまいました

 

ビニールシートにくるみ

 

漁師さんに手伝ってもらい

 

漁港で亡くなった猫たちの隣に埋めました

 

まだ小さな体とあどけない顔のチビちゃん

 

何でもっと早く保護してあげられなかったんだろう

 

仕事中も涙があふれ

 

餌をもらっているからと

 

あとまわしにした自分を責めました

 

こんな危険な場所で

 

今まで事故に合わなかった事の方が不思議な海岸で

 

 

私は何をのんきに待っててねと毎日ここを通り過ぎていたんだろう

 

この子のたった一度の命を

 

これから沢山の楽しい事や

 

幸せな時間が待ってたいたはずなのに

 

 

 

 

 

 

 

少し前にハピニャンのNさんに 

 

聞いたお話に驚きました

 

「先週は8匹の猫のTNRをして全頭女の子でした

 

多頭飼い(外飼い)の人から手術代(全額ではありませんが)

 

いただきましたが、今週は10匹の予約をしていて

 

お金をいただけるのはにゃんむすさんだけなんです」と

 

 

 

他の猫は先週の多頭飼いの人の猫で

 

もうこれ以上出せないと言われたそうです

 

それでも多頭飼いだからこそ

 

秋や春に生ませないためにと言っていました

 

 

 

にゃんむすが保護した猫を待ち合わせ場所でハピニャンのNさんに

 

お渡ししたのは夜の8時過ぎでしたが

 

ハピニャンの他のメンバーは

 

仕事が9時に終わってからの捕獲に入るんだと聞き

 

そこまで頑張る姿に、そして彼女たちの猫を思う気持ちに

 

頭が下がる思いでした

 

 

 

 

 

 

 

 

ボロボロの一太郎君を保護する予定で

 

保護かごを置きましたら

 

体半分入っていたところで

 

仕事が忙しく、2階にあがらなければならず

 

H君に「保護かごの音がしたら、扉が開かないようにフックかけてね~」と

 

お願いしましたら

 

 

入っていたのは二太郎君でした

 

うずまる君を預かってくれていた

 

まもちゃんのお家の玄関に

 

保護かごに入った二太郎を一晩置かせてもらえ

 

助かりました

 

まもちゃん、いつも急な預かりを

 

本当にありがとう~

 

 

 

 

たまにしか姿を見れないので

 

まだなついておらず

 

一太郎を先にと思っていたのですが

 

よく見ると二太郎の後ろ左足が

 

座るとびよーんと前に出てくる

絶対おかしい・・・

 

獣医さんに連れて行き

 

レントゲンを撮ると

 

骨折していました

 

 

もう自力で治したようで、骨はくっついていました

 

6月に初めて見た時は

 

もう少し小さかったので

 

昨年の冬生まれでしょう

 

先生がタマもまだ小さいので成長中でしょうと

 

診察台の上でも震えていましたが

 

ゲージの中でも、目が合うだけで

 

ブルブルと震え始めます

 

 

今までも何度か倉庫で見かけましたが

 

人に気づくとダッシュで逃げていくので

 

よほど怖い思いをしてきてきたのかな

 

 

全く威嚇が無いのに

 

まごの手でなでようとしても

 

 

とにかくまごの手で触る事もできないほど逃げ回ります

 

 

二太郎の運命の里親さまがどこかにきっといるはずなので

 

お家でおだやかに過ごせる日が来ますように

 

 

 

 

 

まもちゃんのお家には

 

保護されたばかりの

 

可愛い黒猫ちゃんがいます

 

 

パレットちゃん

 

生後3か月半くらいのまだ小さな子猫です

 

 

 

とても甘えたさんの

 

可愛い女の子

 

パレットちゃんにキュンと来た方いませんか?

 

里親募集中です

 

 

 

 

 

 

先日、3階の仕事場にいた時に

 

外でカラスが異常なほど騒いでいました

 

20羽?30羽?

 

すごい数でギャアギャア大騒ぎ

 

 

窓からみんなで「誰か猫捨ててないだろうね?

 

地震の前触れじゃないだろうね?」と

 

話していました

 

 

そのカラスが騒いでいた場所で

 

翌日小さな子猫がいると

 

H君からの連絡で、社長の奥さんから

 

にゃんむすに連絡がありました

 

 

仕事がお休みだったので

 

この日は朝7時過ぎに

 

シー茶の母猫が保護かごに入ったと連絡があり

 

Iさんのお家に母猫を迎えに行き

 

翌日の手術の予約を入れて

 

にゃんちさんの小屋で一晩置かせてもらう事に

 

 

そこへ職場のTさんから

 

ずっとつかまらなかったサビちゃんが部屋に入って

 

閉じ込めたと連絡があり

 

走ってシャンちゃんを保護しに行って

 

シャンちゃんも明日の獣医さんの予約を入れて

 

にゃんちさんの小屋に一晩おかせてもらい

 

ダイレックスで猫のフードと砂を買っていたら

 

社長の奥さんからの電話で

 

 

もう、目のまわる忙しさ

 

 

保護かごを持って行くとすでに洗濯ネットに素手で入れたと

 

 

これ以上水分が抜けないだろうというくらい

 

骨が全部浮き上がって

 

ひどいやせ細り方をした

 

生後1カ月ちょっとくらいの子猫でした

 

 

 

ビニールシートの下に隠れて

 

カラスから逃れられたのかな

 

兄弟が昨日の騒ぎで連れ去られたのだろうか

 

社長の奥さんが弱った子がいないか

 

シートの下なども探してくれましたが

 

兄弟はいませんでした

 

 

 

尻尾の先が撒いているので

 

まるでライオンの尻尾のよう

 

はじらみがいたのでバリカンで毛を刈ってもらうと

 

さらに骨骨した体に (>_<)

 

体重は420gしかありませんでした

 

ミイラのようです

 

ご飯をいっぱい食べたせいか

 

下痢になってて

 

検便するとコクシジウム

 

以前のような強烈に苦い薬を10日間というのから

 

新薬になって

 

無味無臭の1回の薬になってから

 

コクシジウムもさほど恐怖ではありませんが

 

うんちをするたびに砂やトイレを取り換えて

 

使った布系の物は熱湯でグラグラしなくちゃいけないので

 

ダイソーの100円のマイクロファイバータオルを使い捨てできるように

 

保護したばかりの猫には使っています

 

 

再検便でコクシジウムは退治できていましたが

 

今度はマンソン裂頭条虫が出て

 

1週間よく食べていたのに

 

急に食欲が無くなって

 

少し熱もあり入院させてもらいました

 

体重は600gになっていましたので

 

少し肉がついたのかな

 

まだ触るとガリガリでしたが

 

 

 

職場のTさんに預かっていただいてたのですが

 

退院してきたサビちゃんのお世話もあり

 

留守時間が長いので、具合が悪いこの子の

 

預かり先を探さなくちゃね

 

 

ふうにゃんの運命の里親様

 

ご連絡お待ちしています

 

里親応募はこちらから

 

 

9月の会計報告

9月も沢山の方にご支援をいただき

 

本当にありがとうございます

 

たぶんシェルター積み立てする余裕が無くなって

 

ご寄付は医療費に使わせていただく事になると思います

 

これからもどうぞよろしくお願いします

 

横浜市   S.I様             2000円

 

神戸市   M.M様            5000円

コトラ君、おごうちゃん、ゆっちちゃん里親様

 

淡路市   M.S様            3000円

すず君、ねねちゃん里親様

 

南あわじ市 H.K様            3000円

ハピタ君保護主様

 

加古川市  N.F様             3000円

シャネル君里親様

 

四万十市  S.K様           30000円

 

 

東京都   POPTEKO様          8000円

 

南あわじ市 Y.N様           10000円

マミーちゃん里親様

 

南あわじ市 I様            40000円

チビタ君、シー茶君、ちっ茶母さん保護主様

 

神戸市 N.H様             5000円

メリーちゃん、シャイニー君、シュシュちゃん、ティティ君

シフォン君里親様

 

岡山市 A.M様             10000円

タマちゃん2号、ワオン君、アイスちゃん里親様

 

芦屋市 Y.N様             100000円

カノンちゃん、シオン君、トキ君里親様

 

収入                    219000円

支出                  100316円

 

 

ご支援のお願い

ゆうちょ銀行からの振込み

 

口座記号番号  00990-2-305364

 

口座名称    にゃんむすび

 

 

 

 

他の銀行からの振込み

 

ゆうちょ銀行 

 

店名(店番) 〇九九 ゼロキュウキュウ  (099)

 

口座名称 にゃんむすび

 

口座番号 0305364

 

預金種目 当座

必要な物資を募集するページを作りました

 

まだ保護猫の数は少ないので

 

少しでも良いのでご支援のフードや砂等の

 

消耗品を送っていただけると大変助かります

 

どうぞよろしくお願いいたします

 

ご支援のお願いページ

 

今月は得に下の写真の物が不足しております

 

 

頂いたご支援の物資のご報告

三木市  M.N様 

みさきちゃん、こうめちゃん里親様

 

今回こうめちゃんを迎えていただき

みーちゃんの近況もいただいて

あの怖がりなみーちゃんがと驚きました

ご支援本当にありがとうございます

会計報告では10月分に掲載させていただきますね

南あわじ市 I 様 シー茶、ちっ茶母さんの保護主様 

沢山のご寄付、避妊手術代、美味しい新米を

ありがとうございました

炊き立ての新米がこんなにおいしいなんて!

 

南あわじ市 M.T様

 

ベッド類が全く無かったので

本当に助かります

保護猫たちに使わせていただきますね

南あわじ市 K.T様

 

いつも気にかけてくださって

ありがとうございます

フードとても助かります

 

南あわじ市 M様 H様

 

真菌のお薬を飲んでいる子が沢山いるので

チュールはお薬には必需品です

保護時には焼きかつおでの保護率高いです

南あわじ市 H君 

オクちゃん、トーバー君保護主様

 

ご支援を検査、ワクチンに使わせていただきました

本当に助かります

すえひろの美味しいケーキもいつもありがとうございます

コメントをお書きください

コメント: 5
  • #1

    ぽてと (木曜日, 08 10月 2020 08:27)

    お久しぶりです。神戸のポテトです。
    メルボルンからの帰国記事から驚きばかりですが、にゃんむすさんが帰国して、淡路の野良猫さんにとっては良かったなーと思います。
    助けられる子はほんのほんの一部の子でしょうが、いつもありがとうございます。
    薄給の身で1日のパート代+アルファのみの送金ですが、独立の記事を見て直ぐに送金しました。
    にゃんむすさんもあまり無理を重ねて倒れないようにして下さい。
    同年代、体力の衰えを感じます。
    また出来る範囲で送金しますね。

  • #2

    にゃんむす (金曜日, 09 10月 2020 07:44)

    ぽてとさんお久しぶりです
    ぽてとさんも外の猫たちの避妊手術やお世話で大変なのに
    ご支援本当にありがとうございます
    全く野良猫を見なかったメルボルンから帰ってきて
    淡路島の猫の多さには本当に驚きます
    まだまだ終わりが見えない活動ですし
    体力も年々衰えて不安な事も多いのですが
    1匹でも多くの猫たちが幸せに安全に暮らせるよう頑張ります
    長い間ワンニャンクラブ、にゃんむすびを応援してくださって
    ありがとうございます

  • #3

    M.O (月曜日, 19 10月 2020 08:45)

    にゃんむす様
    はじめまして。私は東京都在住のM.Oと申します。
    にゃんますさんの活動を拝見し、ご相談したくコメントさせていただきました。
    昨日、パートナーとの旅行で淡路島へ渡りお昼頃に道の駅あわじに行きました。
    駐車場から建物に向かって左手にある屋根付きのテーブルとベンチがある辺りにチャトラの猫ちゃん(まだ2.3歳くらい、重さは2キロほどだと思うのですが)がニャアニャアと鳴きながら出てきました。可愛らしい子だったので近寄ると口のところに釣り針が刺さってしまっていました。津野動物病院がやっているとのことで餌を使って車に乗せて連れていこうとしたのですが怖かって逃げてしまい、津野動物病院に行ってケージと網をお借りして戻ったところ猫ちゃんはいなくなってしまっていました。周辺を探したのですが見つからず、新幹線の時間も迫り悔しい気持ちで東京に帰ってきました。はじめに無理やり車に乗せようといたのがいけなかったのかと思います。どなたにご相談したら良いかわからず、こちらのブログを拝見してコメントさせていただきました。あの痛々しい姿が胸に残りとても気がかりです。どなたかに様子を見に行っていただくことは可能でしょうか?色々なご相談がある中で写真や情報もなく申し訳ありません。私も出来る限りご支援したいと思っています。よろしくお願いいたします。

  • #4

    にゃんむす (月曜日, 19 10月 2020 10:59)

    M.Oさん
    はじめまして、淡路島で釣り針のささった猫を見つけ
    助けようと獣医さんを調べ、かごや網を借りて戻ったりで
    せっかくの旅行が大変な事になりましたね
    茶トラの猫ちゃんのためにありがとうございました

    これから見に行ってみますが
    我が家は淡路島の最南端なので
    道の駅あわじまで50㎞以上あり、なかなか行ける距離では無く
    今日会えると良いのですが
    とりあえず、道の駅で協力してくださる方がいないか
    確認もしてきます
    もし出会えたら保護して釣り針を取り
    預かり先を探してみます
    ご連絡ありがとうございました
    すみませんが、連絡先をこちらのコメント欄か
    里親応募のページからお知らせいただけますでしょうか?
    よろしくお願いいたします

  • #5

    M.O (月曜日, 19 10月 2020 16:34)

    にゃんむすさん
    早速のご連絡ありがとうございます。
    里親募集のページに私の連絡先お送りいたしました。
    よろしくお願いいたします。