目の前の命 2月3月の会計報告

桜の花びらが舞い散る中を車を走らせ

 

「きれいだな~」と思う間も無いほどドタバタな毎日です

 

今日も昨日も猫猫猫~(;^_^A

 

 

 

今年もお花見には行けませんでしたが

 

膝が痛くなって注射してもらったり老化現象にも焦ります

 

(あーもんさんも先週から膝が痛いらしいわ、こっちの仲間入りね)

 

 

 

写真の可愛いにゃんこはリルちゃん

 

きれいなブルーの瞳と、超のつくあまえんぼさん

 

市場に捨てられたようで、しばらくの間さまよっていたそうですが

 

もしかしたら猫には危険な貝類(サザエやあさりなど)を食べてしまったのでしょうか?

 

耳の先が変形して、カチカチになっています

 

スコティッシュの血が入っているのかな?と思ったのですが

 

赤く傷になっています

 

ステロイド治療をしていますが、たぶん元の耳に戻る事は無さそうです

 

歩くと後を付いてきて足元にスリ寄ってきます

 

 

こういう子が市場にいたら、追い払われ、蹴られ、悲しい思いをする事を

 

捨てる人はわかっていないのでしょうね

 

 

まだ体重が1.8㎏ほどなので、痩せているとしても

 

避妊手術にはちょっと早いかな

 

生後5か月くらいに見えますが、小柄なのかも

 

寂しいと泣いているので、先住猫さんがいるお家か

 

留守時間が短いお家が良いと思います

 

リルちゃん、しぐさが本当に可愛くてぎゅうっと抱きしめたくなりますね

 

 

 

この子も冬の寒い時期に生まれた子かな

 

淡路島は温暖な気候とはいえ、大寒波で本当に外で暮らす猫には

 

厳しい冬でしたね

 

ここまで成長できたのも、甘えん坊のスリスリなのも

 

お家で飼われていて捨てられた可能性が高いですね

 

名前はキノ君、少し前にいたシト君にそっくりですね

 

この子も寂しがりなので、沢山愛情注いでくださる

 

里親様を探しています

 

体重2.1㎏  生後4か月~5か月くらいかな

 

リルちゃんと遊ばせてあげたいね~

 

まだ隔離期間なので、もうしばらく一人で辛抱ね

 

 

 

 

 

 

赤ちゃん猫の保護依頼も入ってきています

 

お母さん猫がいるので、子育てを頑張ってもらっています

 

3月29日生まれの5匹の子猫たち

 

野良猫が子猫を出産したので、子猫を処分する所を教えて欲しいと

 

スタッフの家に電話があったそうです

 

子育てが終わったら母猫の避妊術を約束していただき

 

子猫を離乳した後引き取る予定です

 

ゴールデンウィーク明けには離乳食に切り替わっていると思います

 

 

 

スタッフのにゃんちさんが子猫の預かりをしてくれる予定ですが

 

昨年、赤ちゃん猫を預かった時にパルボを子猫たちが発症したため

 

にゃんちさんのお家は大変な事になりました

 

沢山のキャットタワーや洋服も家具も廃棄したにゃんちさん

 

それでも、預かりをしたいと

 

何と、お庭に猫の預かり小屋が!

断熱材を入れて、これからエアコンも付けてと

 

準備をすすめています

 

夏の暑さ対策に黒かった小屋は白く塗り替え

 

木陰ができるよう成長の早い木も植えると良さそうです

 

 

中古ハウス15万円

 

配線やエアコンにいくらかかるかな

 

にゃんちさん、一人で負担する気でいたようですが

 

こんな時のために貯めておいたスタッフ募金を使う事にしました

 

にゃんちさん   30000円

さくらもちさん  20000円

にゃんむす    20000円

エムさん     30000円

Tさんご夫婦    50000円 

        合計15万円 

 

にゃんちさんのお友達が10万円寄付してくださったそうです

 

 

 

 

 

ゆきはちゃんを保護したスーパーの駐車場には

 

他にも猫がたくさんいました

 

この4匹はここで生まれたのではなく、捨てられた子のようですが

 

餌やりが禁止になり、寝床になっていた段ボールハウスも撤去される事になり

 

店長と餌やりさんがもめ、捕まる子はセンターへという話が出ました

 

間に入って話をしていたエムさん

 

保護部屋にこの子たちのスペースが無いのもわかっていて

 

スタッフに相談もできず、一人で悩んで悩んで

 

保護する事の後悔よりも、保護しなかった時の後悔の方が大きくなるような気がしてと

 

自宅の預かり用の部屋に4匹を保護してお世話をしています

 

(残念ながら、なーたんは姿を消してしばらくたちます)

 

 

ちょっとポロ君に似ているのでポロニ君

 

大人の猫を一気に4匹、勇気がいりますね

 

お世話になっている獣医さんの受付の方が

 

Tさんご夫婦にスーパーの駐車場でゆきはちゃんが子猫を出産していたのを

 

見たという話から、Tさんご夫婦がゆきはの子を保護し

 

なかなかゆきはが保護できず、捕獲機に入ったるーたんを

 

避妊手術して耳カットして戻したりと

 

私たちの知らないところでTNRをすすめてくださっていたようです

 

 

 

ゆきはをにゃんむすが保護したのですが

 

その手伝いをしてくれていたエムさんが

 

風邪で目や鼻がグシュグシュだったるーたん達に

 

過酷な環境で生きる子たちに心を痛め

 

せめて風邪を治してやりたいと抗生剤を飲ませるために通っていたそうです

 

野良猫の寿命は短く、避妊手術もしてこれ以上増えないのだから

 

店長さんに餌やりさんと猫たちを見守ってほしいと

 

話をしに行ってくれたのですが

 

慣れた子は店内に入って来るし、お客様の車の上に乗るし困っていると

 

言っていたそうです

 

餌やり禁止の張り紙ではなく、捨て猫禁止の張り紙をするべきだと

 

いつも思うのですが・・・

 

るーたん、かーたん、まーたん3匹は避妊去勢手術が済んでいます

 

ポロニは今週末に手術を予定しています

 

 

 

○○のコンビニに白い子猫が2匹いると保護依頼では無く情報が入りました

 

何故保護依頼では無いかと言うと

 

見かけた人は昨年も子猫が道を行ったり来たりしていて、親猫もおらず

 

危険な状態だったと言っていた時に

 

「そんな子を何故保護しないのか」と聞くと

 

「保護とかしないし、車に乗せるなんて絶対にしない!」と言っていました

 

 

猫を飼った事が無く、猫に興味もない若い男の子にしたら

 

保護する事の方が不思議なのかもしれませんね

 

 

その男の子が職場の人に「昨日〇〇のコンビニで白い子猫を見た」と話し

 

聞いた人がにゃんむすにメールで情報を送ってきたのです

 

 

保護部屋の行き帰りに通る道沿いにあるコンビニです

 

 

 

メールが来たのはお昼過ぎでしたが

 

保護部屋を出たのは6時を過ぎていて

 

もう子猫はそのコンビニにはいないかもしれないなと思いました

 

保護部屋を出てすぐに

 

先日知り合いの猫を家族に迎えてくださった里親様から

 

「にゃんむすさん、助けて

 

子猫を保護しました。病院は今日はどこも開いていなくて

 

今そちらに向かっています。もしかしたらダメかも」と

 

メールが入り

 

「今どこですか?」と聞くと

 

子猫のいたコンビニのある地名でした

 

もしかしたら、あの子猫たちが車にひかれたか

 

カラスにやられたのか・・・

 

 

 

次のメールには「亡くなりました」と

 

ご主人が開いている獣医さんが無いかと

 

電話をかけまくっていた時

 

子猫は苦しかったのか最期に里親様の指を噛んで息絶えたそうです

 

結局、職場の人から聞いた

 

白い子猫がいたというコンビニで待ち合わせをして

 

亡くなった小さな三毛猫を引き取りました

 

翌日、漁師さんがばぁばぁの横に埋めてくれました

 

生きていてくれたらきっと幸せがまっていただろうに

 

こんな風に死んでいく子がいったいどれだけいるのか

 

見つけた人がどんな思いをするのか

 

捨てた人に天罰下れと思わずにいられません

 

 

 

コンビニの駐車場で三毛猫の保護主さんと別れた後

 

にゃんむすの車の前に白い小さな子猫が座っていました

 

 

建物の影にもう1匹いました

 

車の中には助けられなかった子が乗っています

 

この子達はこれからどうやってここで生きていくことができるのでしょうか?

 

一日いったいどれだけの人が気にかけ

 

猫のために何か買って与えてくれるでしょうか?

 

これから子猫シーズンが始まるので子猫たちのスペースをあけておかなければと

 

毎日のようにスタッフと話しているのですが

 

助ける事ができる目の前の命

 

どうしようと考えるより先に捕獲機を置きました

 

 

少し大きな子はすぐに入ってフードを食べ始めました

 

警戒心が無いのはきっと男の子だね

 

小さな子は警戒してなかなか捕獲機に入りません

 

女の子かな

こういう場合、先に1匹が捕獲機で捕まるのを見ると

 

警戒心が強い子は逃げて捕獲機には近寄らなくなってしまうので

 

踏板で扉が閉まる捕獲機ですが、踏板につながる鎖を外して

 

代わりに長い長い犬のリード(ボタンで紐の長さを調節できる物)を

 

扉を支える棒につないで

 

リードを離れた場所で引っ張ると扉が閉まるようにして

 

2匹が一緒に入るのを待ちました

 

 

 

すぐに食べきってしまうので、何度かフードを継ぎ足すのですが

 

小さな子の方はまわりをウロウロ

 

大きな子がお腹がふくれたら出てしまうよね

 

しばらく待つと

 

2匹並んでフードを食べ始めました

 

よし!今だ!リードを引っ張り

 

扉がガシャンと閉まりました

 

 

ちょっと暴れて鼻の頭が赤くなっていましたが

 

無事に2匹を保護する事ができほっとしました

 

 

保護部屋に戻るには時間が遅くなりすぎていたので

 

いつもこういう緊急時に快く預かってくれるまもちゃんに電話をして

 

預かっていただく事ができました

 

 

まだ乳歯だけなので生後3か月くらいかな

 

手前の男の子が1.8㎏ 両目がブルーアイ

 

後ろの女の子が1.5㎏ 片方がブルーのオッドアイ

 

撫でてもパンチも無く、全く鳴かないけど

 

怖がって固まっていました

 

 

2晩まもちゃんに預かってもらって、会社の社長の家で今は預かっていただいています

 

心臓の悪いキィ君を家族に迎えていただいていますが

 

薬を飲んで、今のところ落ち着いているから

 

子猫のお世話大丈夫よ~と奥さんも言ってくださって

 

本当にいつも助けていただいてて感謝です

 

 

子猫を見かけた男の子が、白い封筒をにゃんむすに

 

「子猫のために使ってください」と(T_T)

 

 

猫に無関心だった男の子が、自分が見つけた子猫の幸せを願い

 

名前を仕事中に考えてる姿を見て

 

なんだか気持ちが暖かくなりました

 

 

 

この子たちのこれからのにゃんこ人生を大きく変えたのは

 

見つけてくれた男の子の小さ気持ちの変化からです

 

名前は男の子がスカイ君 女の子がシャーナちゃん

 

静岡からお申込みが入りました

 

 

 

 

里親様のお家から行方がわからなくなってしまったおみかんを探しているうちに

 

何度か出会う猫たちが

 

1軒のお爺さんの家で餌をもらっている事がわかりました

 

 

今のところこの庭で確認した猫は13匹

 

その内子猫が3匹(茶トラ2匹とキジトラ1匹)

 

おみかんの里親様が茶トラの子猫が事故で亡くなっていたと

 

お爺さんと埋めたと聞きました

 

写真の子だったかはわかりませんが

 

写真左側の赤い丸のところにいたキジトラは

 

鼻をズピズピ言わせ、どの猫よりも小さくて

 

おみかんを探しに来るたび気になっていました

 

今にも生まれそうなお腹をしたサビ猫もいました

 

まだ成長中かなという小柄なサビ猫はあちこちで出会っていたので

 

せめて、この子だけでも避妊手術しようと思い

 

おじいさんに耳カットの了解も得て

 

捕獲機で捕獲して、車に積むと

 

なんと、そっくりなサビ猫がもう1匹出てきました

 

2匹いたからあちこちで出会ったのね~

 

おみかんの里親様も、おみかんのために置いた捕獲機に

 

何度も何度もサビ猫が入っていると聞いていました

 

 

 

この子たちはまだお腹も膨らんでいないし昨年生まれの大きさに見えます

 

まさか、もうどこかで産んでしまっていないよね?という

 

不安もありましたが、捕獲してお乳が張っていないか確認をし

 

2匹のサビ猫をTNRしました

 

 

沢山の猫がいる現場では、一気に全部の猫のTNRは考えるだけでも

 

気が遠くなりますが、1匹でもいいのです

 

1匹だけでも一生に産む子猫の数は50~100匹

 

その生まれるほとんどの子猫が悲しい死に方をしています

 

でも、このサビ猫2匹を戻した時に、もう2匹そっくりなサビ猫がいた時は

 

卒倒しそうになりました

 

 

にゃんむすの家から車で1時間20分かかるこの場所は

 

頻繁に来れる場所ではありません

 

先日も仕事を5時に終え6時半に到着し、2時間ほどおみかんを探して帰宅は10時です

 

淡路島広いな~~~

 

 

 

 

今回は他の3匹のサビ猫の避妊手術は難しいかな

 

(走って逃げてしまったので、妊娠しているのかさえも確認できませんでした)

 

風邪が悪化している小さなキジトラの子猫が

 

この日も辛そうな息をしていて

 

この子だけでも保護して治療してあげたいと

 

保護部屋に連れて帰りました

 

 

乳歯が生え変わっていて歯の色も見ると

 

もしかしたら茶トラの子と兄弟だったのかも

 

成長が悪く、1.8㎏と、生後3か月~4か月の子猫に見えますが

 

半年は過ぎているのではと獣医さんに言われました

 

 

薬が効いてきたのか、少し食欲も出てきて

 

目もきれいになってきました

 

まだ鼻が詰まっていますが、スタッフのうりちゃんがお家で預かってくれる事になり

 

人馴れ修行もできそうです

 

名前はトウラ君

 

ずっとの家族ができますように

 

そして、また保護部屋の玄関の前に段ボール箱が・・・

 

箱を開けると中には茶トラの子猫が1匹

 

 

体重が1.2gしかありません

 

痩せて汚れて今までどこでどんな生活だったのか

 

栄養失調で目が少しつり上げっていますが可愛い男の子です

 

お腹いっぱい食べて絶対幸せになろうね

 

名前はエイプ君

 

人馴れしていますので元は飼われていて

 

捨てられてからしばらくさまよっていたのではないでしょうか

 

あーもんさんのブログで動画を見る事ができます

 

あーもんさんちはニャンとも幸せ

 

 

気になった子がいましたら  お問合せ  よりご連絡をお願いいたします

 

 

大変遅くなりましたが

 

2月3月の会計報告です

 

沢山のご支援本当にありがとうございます

 

病気の子も多く、治療をして命を繋ぐ事ができる事を

 

心より感謝しております

 

物資も毎日届き、きれいなベッドや清潔なトイレや

 

お腹いっぱい食べる事ができる贅沢なフードやおやつも

 

皆様のご支援のおかげです

 

栄養状態の悪い子が多いので、栄養価の高いフードを募集のページに載せており

 

保護猫に高価なフードをお願いするのは心苦しいのですが

 

元気に回復するのがやはり早く感じます

 

物資のご報告はあーもんさんのブログで

 

寄付金のご報告はにゃんむすびでさせていただいてます

 

イニシャルが間違っていましたらすみません

 

日本全国から、淡路島の猫たちを思いご支援いただいて

 

保護部屋の子たちも、この活動を続ける事ができる私たちも幸せです

 

本当にありがとうございます

 

 

 

2月の会計報告

豊橋市   C.T様  10000円 物資もいつも沢山ありがとうございます

南あわじ市 N様   5000円  マロ君ロイ君にも良いご縁探しましょう

鳥取県   K様   10000円 ふうりの里親様ブログ楽しみにしています

大阪市   E.O様  10000円 おはなの里親様今もPC壁紙は夫人です

大阪市   Y.H様  10000円 いつもご支援ありがとうございます

津山市   M.T様  3000円  ピッピ、ミンミ里親様お会いできて嬉しかったです

南あわじ市 N様   5000円  シロピ5兄弟の保護主様ありがとうございます

南あわじ市 K.K様  10000円 おゆゆ保護主様インスタのおゆゆたち可愛いですね

 

徳島市   K.Y様  5000円  淡路島の猫たちにご支援ありがとうございます

札幌市   N.K様  10000円 おゆゆはおたけさんのいた場所からの保護でした

北海道   C.T様  10000円 毎月のご支援ありがとうございます

南あわじ市 Y.N様  10000円 いつもご支援コメント励みになっています

明石市   M.E様  12000円 毎月のご支援ありがとうございます

神戸市   K.T様  5000円  淡路島の猫たちのためにありがとうございます

大阪府   J.K様   2000円  スヴェン里親様Qちゃんの写真いつも可愛いです

姫路市    M.T様  2000円  ご支援毎月ありがとうございます

香川県    T.M様  5000円 いつもご支援ありがとうございます

南あわじ市  M様   2000円 いつも保護部屋の子たちにありがとうございます

神戸市    M.T様  2000円 長い間ご支援つづけてくださりありがとうござい

京都府    K.H様  10000円 イチイ里親様お子さんとのツーショット素敵です

京都市    H.F様  2000円 毎月のご支援、砂やフードもありがとうございます

神戸市    M.M様  5000円 コトラ君元気メッセージ嬉しいです

西宮市    T.M様  5000円 モン、ミヤト里親様いつもありがとうございます

南あわじ市  Y.N様  10000円 ご支援いつもありがとうございます

京都府    S.U様  10000円 ふみ、ギンナン里親様毎月ありがとうございます

滋賀県    Y.U様  8000円 にゃにゃ君里親様毎月のご支援ありがとうございます

香川県    S.I様  10000円 風神、コーク里親様フード沢山ありがとうございます

群馬県    R.T様  5000円 毎月のご支援ありがとうございます

さいたま市  Y.Y様  20000円 毎月フードなどご支援ありがとうございます

姫路市     I.F様  10000円 クーリクータ里親様ベッドやフード助かります

 

 

 

猫グッズ制作販売の売り上げよりご支援ありがとうござます

 

福岡市  姫丸様   6500円 (にゃんむす部)

東京都  popteko様 8000円

 

にゃんむすび    収入  237500円

          支出 -434003円

 

ワンニャンクラブ  収入  439692円

          支出 -153864円

 

 

 

 

 

 

3月の会計報告

愛知県   K様 20000円 タクトの里親様遠くからお迎えありがとうございます

神戸市   E様 5000円   ブルー里親様友人、訪問ご寄付ありがとうございます

南あわじ市 Y様 20000円 にぃにぃの漁師さん治療費にとありがとうございます

大阪府   H様 10000円 シロピクロピ里親様ご訪問可愛い動画嬉しかったです

南あわじ市 I様  2000円  スカイ、シャーナ発見者様小さな命を助けられました

南あわじ市 T様 3000円  スカイ、シャーナへとご寄付ありがとうございます

 

大津市   M.T様 3000円  はりま里親様兄弟も母猫も幸せ探し頑張ります

三木市   A様  3000円  みもざ里親様近況写真の可愛さに嬉しくなりました

淡路市   M.S様 3000円  すず、ねね里親様いつもご支援ありがとうござい

香川県   T.M様  5000円 毎月のご支援助かりますありがとうございます

大阪府   J.K様 2000円  スヴェン里親様毎月のご支援ありがとうござい

明石市   M.E様  10000円 毎月のご支援大変助かります

姫路市   M.T様 2000円 毎月ご支援続けてくださりありがとうございます

三田市   E.Y様 3000円   フードもご支援くださってありがとうございます

南あわじ市 Y.M様 10000円 ご支援いつもありがとうございます

徳島市    M.M様 2000円  淡路島の猫にご支援ありがとうござい

香川県    M.O様 10000円  ルカ君里親様物資も沢山ありがとうございます

北海道    C.T様 10000円 毎月のご支援ありがとうございますそちらも春ですね

福岡県    M.I様 3000円      毎月のご支援ありがとうございます

南あわじ市 Y.N様 10000円 毎月物資も沢山ありがとうございます

さいたま市 Y.Y様 20000円 ご支援続けて下さってありがとうございます

奈良県   K.O様 20000円 いつも保護猫たちにありがとうございます

神戸市   M.T様 2000円  毎月のご支援ありがとうございます

滋賀県   Y.U様 5000円  にゃにゃ君里親様ご支援いつもありがとうございます

宝塚市    M.S様 5000円   いつも保護猫たちにご支援ありがとうござい

京都府    S.U様 10000円 毎月のご支援とても助かりますありがとうございます

淡路市    M.S様 3000円   毎月保護猫たちにご支援ありがとうございます

神戸市    M.U様 20000円 いつもご支援助かりますありがとうございます

阿倍野区  Y.M様 3000円   いつも猫たちを思ってくださりありがとうございま

群馬県   R.T様 5000円  毎月のご支援助かりますありがとうございます

 

 

 

猫グッズ制作売り上げよりご支援ありがとうございます

姫丸さんとpoptekoさんの作るものは猫も人も幸せにしてくれます

 

福岡市 姫丸様   15000円(3月分)

 

東京都 popteko様 14000円(3月分)

 

 

にゃんむすび  収入  258000円

        支出  528822円