2016年

10月

24日

家族のぬくもりを

ハロウィンのバンダナをしている可愛いにゃんこはペペ君

 

預かりのエムさんのお家で甘えていましたが

 

緊急の保護依頼が入り

 

ペペ君は保護部屋へ(保護した時は保護部屋が猫風邪蔓延していたため

 

エムさんに預かっていただいたので)

 

初めて会う人にも駆け寄ってスリスリ攻撃の甘えんぼさんです

 

生後3~4か月くらいに見える小さな子ですが

 

乳歯が生え変わっているので5か月近いのかな

 

寂しがりのペペ君なので、たくさんスキンシップしてくださる

 

里親さまを募集中です!

 

 

 

 

こちらはその緊急保護した子猫たち4匹

 

保護主さんは鳴き声が聞こえてきたので見に行くと

 

箱の入れられて2匹の猫が捨てられていたそうです

 

その後、また声がして見に行くと

 

また2匹捨てられていて、4匹の子猫を保護された方は

 

困ってスタッフのジャズさんに相談に来られたそうです

 

 

まだ母猫のお乳しか飲んでいなかったかもしれませんが

 

歯が生えていたので離乳食を食べてくれました

 

 

ジャズさんの家には現在5匹の預かり猫がいますので

 

もうこれ以上はご商売をしながらのお世話は

 

とても難しく、他の預かりスタッフもみんな預かり猫がいて

 

 

イオンで焼きそば食べてたにゃんむすとムートンはジャズさんからの電話で

 

(この日は3匹の去勢手術のお迎えが5時過ぎの予定だったので

 

長い一日になりそうな時はしっかり食べますのよ

 

とは言っても最近は6時前に帰れる日の方が少ないですが)

 

子猫たちの目がぐちゅぐちゅと聞いたので

 

預かりさんも頻繁に目薬ができる人は?と

 

どうする?どうしよう?と焦りました

 

 

 

快く引き受けてくれたエムさん!本当にありがとうございます

 

 

 

保護部屋に戻って、ペペ君のゲージを準備したり

 

残っていた洗い物などをして

 

去勢手術を済ませたえびす、げんじ、ちゃまを迎えに行き

 

ジャズさんのお家へ子猫4匹を迎えに行きました

 

保護部屋から往復1時間の獣医さん(避妊去勢手術を特別な価格で

 

してくださってる獣医さんは保護部屋からちょっと離れているんです)

 

やジャズさんのお家へ

 

2往復で2時間、にゃんむすの家から保護部屋までも往復2時間なので

 

運転時間だけでも4時間を使ってしまいます

 

お見合いの案内や獣医さん通いで

 

にゃんむすはほおとんどお掃除ができません

 

 

 

スタッフのみなさんは時間に追われて大変ですが

 

猫たちのお世話をしています

 

週に1日でもよいので、お手伝いできるボランティアさんを募集しています

 

メニューのお問い合わせよりご連絡お待ちしています

 

 

 

4匹の子猫たちは具合が悪そうですが

 

食べる元気があったのでほっとしました

 

保護部屋に戻り、保護部屋近くのかかりつけの獣医さんで

 

1匹1匹丁寧に診察していただきました

 

まずは体重を計ります

 

一番体重が少ない子で330g、一番多い子で390g

 

生後4週くらいです

 

 

 

まずはくっついた目を開いて、眼球に癒着が無いか診ていただき

 

目の洗浄や目薬をしていただきます

 

 

耳の中、口の中、リンパや見えない部分の触診

 

聴診器で心音や心拍数を確認

 

青く光っているのはブラックライトと言って

 

カビは黄色く光って見えるので

 

真菌がないか検査しています

 

 

お尻に体温計をさして検温

 

この時にうんちが付けば検便

 

下痢だった子猫のお尻からうんちで出てきましたが

 

かなりの水下痢のため、普通の検便に加えパルボ検査もしました

 

 

4匹とも脱水していたため

 

20ccほど補液

 

白いふけのような物が毛についていたので

 

テープに貼り付けて顕微鏡で見ていただきましたら

 

ハジラミがいました

 

下痢止めの注射をして、爪切りをしてくださいました

 

風邪の治療のため4匹分の抗生剤と目薬2種類をいただいて

 

預かりのエムさんのお家についたのは8時近くになっていました

 

こんな時間に具合の悪い子4匹の受け入れに

 

本当に申し訳ない気持ちでしたが

 

保護部屋に置いていくのはあまりにも不安で

 

無理をお願いしてしまいました

 

日に4回の点眼、日に4回のごはん

 

下痢ですぐにうんちまみれになっているので

 

お仕事もあるしどんなに大変な事でしょう

 

保護主さんも治療費を寄付してくださったおかげで

 

大変助かりました

 

家に向かっていると冷たい雨が強く降ってきました

 

保護してもらえていなかったら

 

この雨の中この子たちはどうなっていたのでしょう

 

 

今もどこかで助けを求め鳴き叫んでいる子たちがいるのでしょうね

 

すべての子たちを救う事はできないけれど

 

保護できた子たちを見ると

 

無理してでも受け入れることができてよかったと思います

 

 

ムートンが走り回るにゃんむすを見て

 

「猫のためだと頑張るね~、死んだらいいとこ行けるからね」と

 

優しいんだか優しくないんだかわからない事言ってくれたけど

 

できれば死ぬ前にいいとこ行きたいわ~

 

1泊の温泉旅行でもいいわ

 

できればおいしいカニでも食べながら

 

スタッフのみんなでお酒飲んで

 

 

なんて日が来たらうれしいな~

 

 

4匹の子猫たちの紹介をしましょうね

 

 

キジ三毛の女の子カシスちゃん

 

お目目が治ったら可愛くなりますよ~♡

お腹は白い毛が多いですが

 

最近減っていると言われている和三毛の女の子のカルアちゃん

 

一つ一つのしぐさがたまらないです

茶シロの男の子バーボン君

 

母性本能くすぐるタイプですね

 

栄養失調の時は目が吊り上がっていますが

 

もう1週間もしたらみんなくりくりお目目になりそうです

薄茶の茶シロの男の子スコッチ君

 

一番のんびりな性格のような気がします

 

これらかお耳も大きくなってきますね

 

イケニャンになりますよ

 

 

運命を感じた子がいましたら

 

ご連絡はお問合せよりお願いいたします

 

昨日に比べたらずいぶん良くなっていますね

 

エムさんから

 

「食べてウンチして遊んで眠って、ずーっと見ていたくなる可愛さです」と

 

そうなのよね、この生後4週くらいの時の可愛さを

 

里親様にも見せてあげたいですね~

 

 

 

 

 

 

 

あーもんさん預かりのニコル君

 

食欲も少し出てきて、なかなか増えなかった体重が増えはじめ

 

ほっとしましたよ

 

このサイズの子猫たちは毎日どんどん体重が増える時期なので

 

具合の悪い子は毎日計ってドキドキするのよね

 

目に力が出てきています

 

可愛いな~~(´▽`*)

 

ニコル君と寒い冬はくっついてぬくぬくしませんか?

 

 

 

 

大人の猫さんもお迎え待っています

 

三毛のミケランちゃんと兄弟のジェイム

 

いつもくっついて寝ていますが

 

ジェイムがしつこくじゃれて喧嘩したり

 

グルーミングしたり

 

仲いいのか?悪いんか?

 

本当は二人とも人に甘えたいんだよね

 

 

大人の猫たちは

 

子猫たちが春からずっと入居し続けるため

 

あまりかまってあげられず、愛情に飢えてしまいます

 

この子たちもまだ1歳だもんね

 

 

遊びざかりにはゲージでの長い長い時間を過ごさせてしまって

 

早くお家で自由にお昼寝したり、遊んだり

 

人に甘えたい子は得に寂しいですね

 

 

 

poptekoさんに作っていただいたハロウィンのにゃんずたち

 

夜中に動き出しそうですね

 

poptekoさん、いつも保護部屋の子たちのためにありがとうございます

 

 

可愛い粘土のお人形たちのブログはこちらから

 

猫とインコと一緒。HAPPYな毎日。

 

 

 

 

 

 

 

今年は保護部屋でも重症な子が多いのですが

 

センター君がFIP(伝染性腹膜炎)の疑いのある症状が出ています

 

完治の難しい病気で、進行も早いので

 

どうかFIPではありませんようにと祈りながら

 

できる限りの治療をしていただいています

 

 

検査結果でもしもFIPと診断されましたら

 

保護部屋で独りぼっちで最期を迎えるのはあまりにも寂しすぎます

 

しかし、熱がずっと下がらず、胸水がたまっており

 

血液検査の数値からも

 

獣医さんからはFIPにほぼ間違いないと・・・

 

 

どうかセンターに暖かな家族のぬくもりをと願っています

 

残された時間は短いかもしれませんが

 

捨てられて、お腹を空かせ

 

人が怖くてたまらなかったセンターが

 

やっと保護部屋に慣れて

 

私たちに甘えるようになってきたところです

 

できるなら今すぐにセンターを連れて帰りたい

 

 

 

センターの迎えてくださる里親様、または預かり(ホスピス)をできる方

 

ご連絡お待ちしています