2016年

7月

22日

新入生 マッハ、ダッシュ、ターボ、シロツメ、あじさい TNRおゆり

忘れてしまわないうちに今まであった事をブログの記事にと

 

思いながら、なかなか現在に追いつかない

 

スーパースローなにゃんむすです(^_^;)

 

しろつめ、ダッシュ、マッハ、あじさい、ターボを保護したのは

 

5月の終わりでしたね

 

捨てられて自力では生きていけない子達が保護され

 

ワンニャンクラブに犬や猫はやって来ます

 

その子たちのお世話と里親さん探しが私たちボランティアの仕事で

 

本来は猫を保護しに行く活動はしていないのですが

 

この子たちは連絡を受け、保護部屋から近かった事もあり

 

猫使いムートンと見に行ってきました

 

いつも保護部屋の修繕、ご支援でお世話になっているTさんご夫婦も

 

その場に駆けつけてくださいました

 

 

捕獲は人数が多い方が保護できる確率が高くなります

 

 

 

 

 

 

塀と家の壁の間に親子の猫たちはいましたが

 

人の気配がすると壁に開いた穴に入り込み

 

隠れてしまいます

 

捕獲機もこの狭い所に置く事ができず

 

空き家の庭に捕獲機を置いて入るのを待ちました

 

 

にゃんむすは用事があって、帰らなければならず

 

ムートンとTさんが2日かけて

 

何度も捕獲機を置いて5匹みんな保護する事ができました

 

 

母猫も保護して避妊手術をしなければ

 

秋にはまた子猫をここで産むので

 

母猫も捕獲しました

 

 

母猫のお世話をしてくれる人がいたためTNRする事になりました

 

 

 

母猫のおゆりちゃん

 

過酷な外で子猫を育て、何匹か子猫を保護した時は

 

残っていた子猫を連れて山に逃げていました

 

必死で子猫を守るおゆりちゃんから

 

子猫を奪う事は本当に胸が痛みました

 

子猫たちをきっと幸せにするからねと約束をして

 

避妊手術を終え、抗生剤を飲ませて

 

傷口がきれいになっているのを確認してから元いた場所へ

 

ムートンが戻しに行きました

 

一度保護した猫を住み慣れた場所へ戻すとはいえ

 

寒い冬も暑い夏も外で暮らす事を思うと

 

まるで捨てに行くような気持ちになり

 

TNRは毎回心に不安と悲しさを残します

 

おゆりちゃん、事故に合わないように、怪我しないようにね

 

 

 

 

 

 

お鼻が黒くて、何故か猫っぽく見えないしろつめちゃん

 

兄弟で一番にお迎えがありました

 

里親様ご夫婦はご実家の6歳の猫を引き取る事になり

 

お仕事中、留守のお家でその子と一緒に仲良くできる子がいれば

 

寂しくないのではと、しろつめちゃんを迎えてくださる事になりました

 

幸せの橋を渡って大阪っ子になりました

 

しろつめちゃん卒業おめでとう 

 

怖がりで、警戒心が強く

 

捕獲機になかなか入らなくて、最後に保護した子でしたので

 

慣れるのに時間がかかるかもしれないと思っていましたが

 

迎えていただいて2日後には足にまとわりついて甘えていたしろつめちゃん

 

1週間後には人にベタベタの甘えんぼさんになっていました

 

可愛い写真も届いていますので

 

こちらもまた近況報告専用のブログへ載せますね(とは言っても

 

きっと、載せるのは子猫シーズンが終わってからになってしまいそうですが)

 

 

保護部屋でシャーシャー言っている子達に

 

私たちがもっと接してあげる時間があればといつも思いますが

 

家族の愛情ってすごいな~と

 

いつも感動しています

 

 

 

 

2番目にお迎えがあったのは

 

マッハ君

 

卒業生のなーごちゃんのお家へトライアルへ行きました

 

 

なーごは漁港で漁師さんに魚をもらって生きていました

 

母猫のマルンはTNRして今も漁港で元気にしていますが

 

なーごの兄弟が海に落ちて死んでしまった事を聞いて

 

なーごを保護する事を決めたのよね

母猫を避妊手術するため、保護部屋に連れて行ってた間は

 

父親らしきボス猫がなーごを守っていました

 

ご飯がもらえて、守ってくれる母猫、父猫がいたなーごですが

 

たぶん4匹で生まれ、2匹が水槽に落ちていたと聞き

 

1匹が海に落ち、育っていたのはなーごだけでしたので

 

今まで誰も避妊手術しなくても猫が増えすぎる事が無かったのは

 

それだけ子猫には過酷な世界なのかもしれませんね

 

 

 

今ではすっかり家猫になって甘えるなーご

 

マッハ君と仲よくね

 

 

 

 

 

いつもくっついて寝てるダッシュとあじさい

 

ダッシュはあまえんぼさん

 

あじさいはびびりさん

 

保護されてからあっと言う間に1カ月半

 

この可愛い時期を里親様と過ごせたらと思っていました

 

 

1匹の予定でお見合に来てくださった里親様でしたが

 

仕事に出かける時は猫も寂しがりますし

 

里親様も後ろ髪引かれる思いになると思うので

 

先住猫さんがいない場合は兄弟2匹一緒におすすめする事があります

 

 

里親様も久しぶりの猫との生活なので2匹同時に飼い始める事は

 

不安があるようでしたが

 

あじさいとダッシュを一緒にトライアルしてくださる事になりました

 

 

初日は隠れたり、トイレにこもっていたようですが

 

すぐに出てきて、猫じゃらしで遊んでもらったり

 

お布団に入れてもらったり幸せそうな写真が届きました

 

 

 

 

 

 

 

 

里親様は1匹残されてしまうターボをとても心配しておられましたが

 

ターボにもきっと運命の里親様がお迎えに来てくれるからね

 

もう少し待っててね

 

ターボにキュン♡来た里親様からのご連絡お待ちしています

 

保護された時はシャーシャーの怖がり兄弟たちでしたが

 

預かりのAさんに毎日いっぱい抱っこしてもらって

 

保護部屋に来た時はシャーも減って

 

数日後には少し甘えるようになってきました

 

 

三毛猫のミミちゃん

 

黒猫のクク君

 

キジトラのキジちゃん

 

この子たちの母猫がいると聞いて

 

猫使いムートンと捕獲機を持って行きました

 

 

お腹を空かせている猫たちは

 

捕獲機の美味しいフードの匂いに耐える事ができず

 

怪しいとわかっていながら捕獲機に恐る恐る入ってしまいます

 

 

 

 

まだ若そうなお母さん猫です

 

元の場所で幸せだとは思えませんが

 

ご飯はお世話してくれる人ができたので

 

TNRする事になりました

 

名まえはおつゆちゃん(捕獲したの梅雨の時期だったからね)

 

 

TNRする予定の猫さんには

 

何故か保護部屋では名前に「お」を付けています

 

 

 

 

車の通りは少ない場所なのですが

 

外猫の生活は危険もいっぱいです

 

おつゆちゃん、怪我しないように気をつけて元気でいてね

 

 

 

 

 

 

最初にお迎えがあったのは三毛猫のミミちゃん

 

実は里親様はフーネちゃんを先住猫さんとの相性を見るために

 

トライアルをしてくださっていました

 

まだ人にあまり慣れていなかったフーネでしたが

 

風邪をぶり返してしまい、フーネは目薬が本当に怖いようで

 

私たちが点眼するのも大変な子でした

 

里親様は獣医さんに連れて行ってくださって

 

2種類の目薬を処方していただき

 

日に何度か点眼してくださったのですが

 

恐怖のあまり、ものすごく引っ掻いたり、噛んだりするようになってしまいました

 

 

少しずつ慣れていくフーネの近況を何度も送ってくださっていましたが

 

残念ですが、トライアル終了となり保護部屋に戻ってきました

 

 

奥様の指にはたくさんのフーネに噛まれた傷跡があり

 

どんなに噛まれてもフーネの目が良くなるようにと頑張ってくださったおかげで

 

戻ってきたフーネの目はとてもきれいになっていました

 

今回は三毛猫のミミちゃんをトライアルしてくださり

 

先住猫さんとすっかり仲良しになって

 

正式にお迎えとなりました

 

トライアルで猫を保護部屋に戻す時には

 

里親様はとてもお辛い思いをされますが

 

猫も人も幸せな毎日を始めるためのトラアイルですので

 

ミミちゃんと先住猫さんと里親様が仲良く楽しく暮らせる事を嬉しく思います

 

幸せの橋を渡って徳島っ子になりました

 

ミミちゃん卒業おめでとう

 

 

保護した時は、と~~~~っても怖がりだったキジちゃん

 

Aさんに預かっていただいて、毎日たくさん撫でたり抱っこしていただいた

 

おかげで、保護部屋に来た時はまだちょっと控え目でしたが

 

甘えるようになっていました

 

里親様は久しぶりの猫さんとの生活です

 

高校生の娘さんも猫との生活をとても楽しみにしてくださっていました

 

初日は兄弟と離れたせいか夜鳴いていたそうですが

 

おもちゃで遊んでもらって幸せそうな様子を嬉しく思います

 

名前はきぃちゃんに

 

幸せの淡路島っ子になりました

 

キジちゃん卒業おめでとう

 

おつゆ母さんと外で暮らしていたら

 

怖がりのこの子はいつも隠れて、人から逃げていたかもしれませんね

 

 

いつか猫が外で暮らさなくても良い日が来る事を祈っています

 

 

黒猫のククちゃんは

 

風邪が移ってしまって、鼻水がひどくて口呼吸になっていました

 

まだまだ人を怖がっていたククちゃんが

 

兄弟2匹がいなくなって、急にさみしくなったのでしょうか

 

ゲージからムートンに手を伸ばしてきて

 

甘えてきたそうです

 

風邪もひいてしまって、口呼吸になって

 

抗生剤を飲ませ始めました

 

上の写真はジブリ兄弟

 

高齢の方のお家に迷い込んだ野良猫が子猫を5匹産み

 

相談の電話がありました

 

母猫は避妊手術をしてその方が育ててくださる事になりましたが

 

年齢的に子猫は最後までお世話が難しいため

 

里親様を探す事になりました

 

1番上の2匹は黒猫のクク、キジトラのアシタカ

 

2番目の2匹はキジシロのシータ、キジトラのパズー

 

3段目の2匹はキジトラのポニョ、そして5匹のお母さん

 

 

最初にお迎えがあったのはキジシロのシータちゃん

 

にゃんむすの友人ご夫婦が保護した子猫を飼い始め

 

シータの里親様はその子猫に会いにご家族で友人宅へ遊びに行って

 

保護部屋を紹介していただき

 

ご縁を結ぶことができました

 

シータはお姉ちゃんが二人もできて

 

これから3姉妹のように育っていきますね

 

幸せの橋を渡って神戸っ子になりました

 

シータちゃん卒業おめでとう

 

 

 

 

2番目にお迎えがあったのはキジトラのポニョ君と黒猫のジジ君

 

先代の猫さんは白血病と解っていて迎えた子だったそうです

 

中学生の娘さんもその子とのお別れはとても辛かったですね

 

命のバトンをポニョ君とジジ君がしっかり受け取って

 

里親さまの元へ迎えていただけました

 

幸せの橋を渡って京都っ子になりました

 

ポニョ君、ジジ君卒業おめでとう

 

 

3番目にお迎えがあったのはトライアルで先住の猫さんと相性を見ていただいていた

 

アシタカ君

 

すぐに風邪の症状が出てしまいましたが

 

紺ちゃんとすっかり仲良しになって

 

お迎えしていただく事ができました

 

幸せの淡路島っ子になりました

 

アシタカ君卒業おめでとう

 

 

兄弟みんなお迎えしていただき、最後に残っていたパズー君

 

運命の里親様はパズー君にもちゃんといましたよ

 

同じように兄弟が先に迎えていただき

 

1匹になっていた今日の記事の黒猫のククちゃんを

 

パズー君と一緒にトライアルしていただく事になりました

 

 

1匹の予定でお見合に来てくださり、初めての猫との生活でしたので

 

2匹育てる事に少し不安もあるようでしたので

 

先住の猫さんがいなくても、トライアルはこんな時にも

 

良いと思います

 

 

 

 

パズーとククは風邪も同じ症状だったので

 

一緒にお迎えしていただく事ができました

 

里親様には薬も飲ませていただく事になり大変だったと思いますが

 

こんなに仲良しになって、暴れているそうです(^_^;)

 

幸せの橋を渡って岡山っ子になりました

 

パズー君、クク卒業おめでとう

こちらはTNR予定で捕獲機で捕獲したおりんちゃん

 

たぶん昨年の秋に生まれた子でしょう

 

キャリーに移す時も、獣医さんで採血する時も

 

全く抵抗する事も無く、パンチも出ない子でした

 

母猫らしき猫は子猫を出産したようですが

 

子猫の姿が無く、おりんちゃんがお乳を吸っていました

 

まだ今なら家猫になれるのではと

 

まもちゃんが預かりをしてくれる事になりました

 

 

 

甘えたさんのおりんちゃん

 

里親様を募集しています

 

野性的な目がびびりの性格とのギャップが可愛いですね

 

おりんちゃんの目にドキっとした方はお問い合わせより

 

ご連絡をよろしくお願いいたします

 

 

 

 

 

全国のあーもんさんのブログファンの皆様

 

保護部屋の猫たちの応援をしてくださっている皆様

 

たくさんのご支援の物資、寄付金を送ってくださり

 

本当にありがとうございます

 

受け入れをストップしてからも

 

どうしても見捨てる事ができず

 

保護したり、受け入れしたりで

 

まだ増え続けてしまっている現状に

 

応援してくださっている皆様にもご心配おかけしております

 

 

 

なんとか夏を乗り切れれば命を繋ぐことができるのではと

 

スタッフも足りないので焦りはありますが

 

届いた物資とお金のおかげで病気の治療などもする事ができています

 

 

保護部屋にやってきた猫たちに

 

「大丈夫だよ、生きていたらきっと幸せが待ってるからね」と

 

話かけてやれるのは皆様のおかげです

 

 

振込みの用紙のお名前に卒業生里親様や

 

定期的にご支援を続けてくださっている方や

 

初めてお金を寄付してくださった方など

 

本当にたくさんの方が支えてくださっている事に

 

感謝の気持ちでいっぱいです

 

なかなかお礼ができず本当に申し訳ないですが

 

これからもどうぞよろしくお願いいたします

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

加古川市  Y様ご夫婦

 

 

河内長野市 C.T様 

 

 

 

さいたま市 Y.Y様

 

 

洲本市 S.A様

 

 

洲本市 N.K様

 

 

 

宝塚市 H.K様

 

 

大阪府  K.K様

 

 

姫丸さんが作ってくださったにゃんもっく

 

神戸市 I.F様 2枚

南あわじ市 Y.N様 3枚

北海道 N.K様 1枚

東京都 M.S様 5枚

洲本市 S.A様

 

 

南あわじ市 Y.N様

 

 

さいたま市 K.O様

 

 

滋賀県 Y.Y様

 

 

八尾市 Y様ご夫婦

 

 

神奈川県 K様