2016年

6月

12日

マップ卒業 支援物資のご報告

毎年6月は息をつく間も無いほどの忙しさですが

 

心強いスタッフも増えて嬉しいです

 

ボードに書かれた猫の名前をふと見ると

 

Σ( ̄ロ ̄lll) よ、よ、48匹

 

スタッフのみなさん倒れないでよ~~~

 

 

 

何とか子猫シーズンを乗り切りたいと思います

 

 

前回の記事では、保護依頼に対してちょっと厳しい事と書いてしまいましたが

 

受け入れできない猫の数が多いので

 

中には断った事で、恨む人がいたり

 

心無い言葉にスタッフもやりきれない思いをしたり

 

落ち込むような事が昨年からいろいろとありましたので

 

ブログに書けないもどかしさから

 

あんな記事になってしまいました

 

(保護依頼を受けられないというのは消しちゃいました)

 

 

保護主さんが見つけた子を助ける気持ちや協力無くては

 

私たちも命を繋ぐお手伝いができませんので

 

保護依頼をする時にはできる限りの事を頑張ってしてくださいね

 

どうかどうかよろしくお願いいたします

 

 

 

中にはどうしてあの猫は助けられて、私の猫はダメなの?と

 

感じた人も少なくないと思うのですが(たぶん断られた人のほとんどが

 

そう思っていると思います)

 

 

保護活動には場所も、人も、お金も限りがあるので

 

全ての猫を救う事はできませんが

 

  

気が滅入って、うじうじしている時間ももったいないので

 

目の前の、今助けが必要な命を救う事を頑張りたいと思います

 

にゃんむすびの問い合わせから連絡をいただいて

 

助かった命もたくさんありますので

 

依頼のメールを受ける事は続ける事にしました

 

(引取りできるかは、ワンニャンクラブさんのその時の状況によりますが)

 

 

 

ぐったりしているような子猫の場合は

 

1分1秒が生死を左右する事がありますので

 

返信を待つのでは無く、緊急の場合はとにかく獣医さんに連れて行ってください

 

 

ワンニャンクラブさんの連絡を待ってる間に

 

死んでしまったと言われた事もありました

 

保護部屋にいつも人がいるわけでは無いですし

 

メールも夜まで確認できない事も多いです

 

 

仕事や家庭のあるボランティアスタッフが自由になるわずかな時間に

 

おそうじや、獣医さん通いなどをしている事をどうかご理解していただきますよう

 

お願いいたします

 

 

 

 

では、嬉しい卒業から

 

トップの写真は白黒イケニャンのマップ君

 

怪我をしていたので、預かりボランティアのMさんが獣医さんへ連れて行こうと

 

キャリーに入れていたのを見せていただいたのがきっかけでしたね

 

甘えん坊のスリスリの子でしたので

 

里親様を探す事になりました

 

 

こんなに早く家族ができて、あの時保護できて良かったと思います

 

幸せの橋を渡って大津っ子になりました

 

マップ君卒業おめでとう

 

マップ君の名前は保護した日が「地図の日」だったのでつけましたが

 

里親様がその理由を聞いて

 

そのままマップ君と呼んでくださる事になりました

 

お家での 幸せそうなご報告が届いていますよ~

 

 

 

奥様から

子供たちはマップ君が可愛くて仕方がないみたいで、お兄ちゃんが凄く喜んでいます
元気になってきた今日のマップ君を見てあげて下さいお兄ちゃんにベッタリです(笑)今もお兄ちゃんのお部屋に居てます(笑)

 



ご主人様から

こんばんは!マップ、風邪薬が無くなったんで、病院行きましたよ~
ほんの少しやけどくしゃみするので、もう4日分薬もらった。

 

次行ったとき、ワクチン接種の話をして日を決めます

病院でも賢く、暴れたり泣いたりせんと、落ち着いてました
食事もよく食べ、うんちも異常ありません。日に日に本性を現してきてます
上のチビにもゴロゴロすりすり
我が家のアイドルです

 

 

幸せそうなマップ君!

 

他にもたくさんの卒業生や新入生がいますが

 

今日はご支援の物資のご報告をさせていただきますね

 

まだまだたくさんの物資が届いていますし

 

5月分の会計報告もまだできていませんので近日中にと思っています

 

 

支援物資のご報告です

神戸市  Y.Y様

 

 

東京世田谷 Y.H様

 

 

広島県 Nさま

 

 

さいたま市 Y.Y様

 

 

千葉県  H.K様

 

 

奈良県 C.O様

 

 

大阪市 J.K様

 

 

八尾市  Y.N様

 

 

 

淡路市  K.Y様

 

 

全国の皆様からたくさんの支援物資が届いております

 

なかなかご報告ができておらず申しわけございません

 

これだけの受け入れが出来るのも

 

治療ができるのも皆様の御支援のおかげです

 

どんなに忙しくても、猫に必要な物資やお金がある事で

 

焦らず頑張る事ができ、重症の子達にできる限りの治療をしてあげる事が

 

できています

 

本当に本当に感謝の気持ちでいっぱいです

 

ありがとうございます

 

あーもんさんも点眼を1時間おきにしなくてはいけない子猫を2匹預かりながらの

 

毎日のブログ更新ありがとう~~

 

保護部屋の様子はこちらから

 

あーもんさんちはにゃんとも幸せ

 

 

 

コメントをお書きください

コメント: 3
  • #1

    ばろにゃんの母 (日曜日, 12 6月 2016 23:42)

    にゃんむすさん。保護活動なさっているなかで、様々なことがあるのですね。
    バロンは元気にしています。昨年は大変な事が続きましたが、大きな家支えになってくれて、家族一同感謝しています。ご無理なさらずに。

  • #2

    O・Y (水曜日, 15 6月 2016 09:39)

    マップくん おめでとう❣️
    良かったですね〜
    ご家族にとっても愛されている事が伝わってきます。
    幸せそうな寝顔です。
    保護され 里親さまに迎えて頂いて愛されて本当に良かったです。

    子猫ちゃんの季節 本当に皆さん過労になるくらい
    ギリギリの綱渡りの様子がわかります。
    心の中で猫さんたちの幸せ願い祈っております。
    助けて下さる方々がたくさん現れてくださいますように…

  • #3

    ちゃちゃまる (月曜日, 27 6月 2016 23:07)

    岩屋の 橋の下の施設に とても人懐こいキジ猫がいました。メスで 妊娠してる様子に見えました。人に懐くことで 食べ物をもらい 生きてるのでしょう。滞在中には あちこちで野良ちゃんを見かけました。遠くから来ていた為 何もできず ずっと気になってます。TNRが 淡路島でも進んでいけばと願います。