2015年

11月

27日

ミフィーちゃん、シルバちゃん、カワ君卒業 新入生ぎんなん 

近況報告ページもボチボチ記事をアップしていますが


まだ9月分を編集中でして(。-д-。)ゞ


気になるあの子の近況を楽しみにしている方気長に待っててくださいね~



さて、この可愛いにゃんこは誰でしょう~?



10月1日に箱に入れられて低体温で冷たくなってた

 

へその緒の付いてたミフィーちゃん

 

兄弟のラフィー(今はとら君)と一緒に

 

にゃんむすから預かりのKさん、Kさんからあーもんさん

 

あーもんさんからジャズさんへと命のバトンリレーでした

 

ミルクの吸いつきが悪くて大変でしたね

 

本当にお疲れ様でした


1日で死んでしまった兄弟のサージとルシアもきっと生まれ変わって


今度は幸せになれるよね


お空からミフィーとラフィーを守ってくれてありがとうね



ミフィーの里親様は知り合いの方が病気で猫を飼えなくなった時に

 

3年間その猫を預かったそうです

 

でも、小さな子猫は今回が初めてで

 

ミフィーの小ささに驚いていましたが

 

不安よりその可愛さに満面の笑顔の奥様が

 

名前をひまわりと決めているとうれしそう

 

ご主人様は匂いのついた砂をもらって帰ると良いと袋を持って来ておられ

 

お迎えの前にきっといろいろ調べてくださっていたんだな~と思うと

 

嬉しかったです

 

幸せの橋を渡って香川っ子になりました

 

ミフィーちゃん卒業おめでとう(11月21日)

 

さっそく写真が届いていますよ


「今日はお世話になりました

 

我が家にやってきても、全く怖がることなく

 

全開で猫じゃらしを追いかけています

 

食事ですが、教えていただいた離乳食を準備していたので

 

それを20g与えたら少し余すまで食べました」

 

 

うっかりお迎えの時にご飯の説明を忘れていましたが

 

コクシジウムが出たため、お迎えを延期していただいてる間に

 

ドライフードも食べ始めていたので

 

離乳食とドライフードを日に4回に分けて食べさせていただく事に

 

子猫の成長は本当に早いですね

 

そして一昨日届いた写真はまた少し大きくなったように見えますね~!


体重は850g! 名前を覚えたようで、ひまわりと呼ぶとわかるみたいですよ


お迎えの日は片目がしょぼしょぼしてたので目薬をお渡ししていましたが


治ってきれいな目になったそうです

 

耳が大きくて可愛いですね~~!


ちょうど兄弟のラフィーちゃんの写真が昨日届きましたよ



こちらは940g


なんて可愛いんでしょ~


ラフィーの方がミルクっ子の時はかなり小さかったのですが


さすが男の子ですね、ミフィーより大きくなっていましたよ



「可愛い写真が撮れたので」と送ってくださいました


段ボールハウスがクリーム兄さんもお気に入りの場所になっていますね( ̄m ̄〃)






シルバちゃんは兄弟3匹一緒にお寺に捨てられて


2匹の兄弟は保護主さん宅とお隣のお家の庭で息絶えていたそうです


保護部屋で生まれた子や保護されたミルクっ子たちを見ていますと


離乳食を兄弟みんな一緒に食べ始めるわけでは無く


なかなか食べず、兄弟から遅れて何日もたってから食べる子がいたりします


小さな小さなシルバはやっと歯が生え始めたところだったのでしょうね


食べる事ができたシルバだけが生き残れたのではないかと思います




子猫部屋に移動してからは

 

いろんな物に興味を持って

 

オモチャで一人遊びをしたり

 

抱っこをすればいつまでも抱かれている穏やかな性格のシルバ

 

保護主さんも里親様が決まったと知ってとても喜んでおられ

 

お迎えの前にシルバに一目会いたいと来てくれましたね

 

 

 

お迎えはなんと三重県から

 

連休の渋滞する高速を使ってのお迎えは

 

きっと運転もお疲れになったことでしょう

 

 

朝3時半にお家を出て、早めに着いた淡路島で少し観光をされてから

 

保護部屋へお迎えに

 

 

 

シルバは初対面の里親様に抱っこされたまま降りようとしませんでした

 

幸せの橋を渡って三重っ子になりました

 

シルバちゃん卒業おめでとう

 

 

無事に三重の松坂に到着したご連絡をいただきました

 

 

「今、自宅に到着しました。


途中で猫グッズを買っていたので遅くなってしまいました。


道中ではとてもおとなしかったです。(トンネルではなぜか泣いていましたが・・)

 にゃんむすさん、本日はありがとうございました。


スタッフさんの言葉で「生きててよかったね!」が頭に残っています。


「生きててくれてありがとう!」です。

これからは家族の一員として可愛がっていきます。


良いご縁をありがとうございました。

状況の報告は改めて送ります。


まずは無事到着の連絡まで!」

 

 

 

どんなに私たちが頑張っても

 

どんなに獣医さんが手を尽くしてくださっても

 

小さな命の炎が消えていくのを何度も見てきました

 

鼓動が止まった瞬間から

 

私たちはその子の未来の幸せのためにしてあげる事無くなってしまうのです

 

この活動で一番辛い事です


保護部屋にやってくる子達もたくさんの捨てられた猫のうちのほんの一握りです

 

今保護部屋でお迎えを待っている子達も

 

いつか家族ができ「生きててくれてありがとう」って言ってもらえる日が来ますように

 

 

 

淡路ワンニャンクラブさま


三重県のFです。
 
【1回目の状況報告をします。】
1.家に連れてきて3日目になります。
  今朝やっとうんちが出ました!心配していましたが一安心です。
  1日目はボックスハウスに入ったまま出てきませんでした。
  2日目から部屋の中の探検が始まりましたが、いつの間にか部屋の隅の置物
  の下に隠れていました。
  2日目の夜から猫じゃらしにも反応してくれるようになりました。
  3日目の朝から猫じゃらしで遊んでいたら自分からトイレに行きうんちが

  できました。

2.命名(新しい名前)
  いくつかの候補の中から「マリン」を選びました。
  ・6月生まれ ⇒ 夏 ⇒ 海 ⇒ マリン

3.写真(いろいろな風景)
  添付ファイル(Excel)に写真を貼り付けました。
   ※うまく見れるでしょうか?

 
すっかり慣れて遊んでもらていますね~

大きなキャットタワーに順番待ちしなくてもずっと遊んでもらえる

猫じゃらしに

シルバちゃん大興奮ですね

 

 

トライアルに行ってたカワ君


残念ながら先住猫さんの大豆君も下痢が続き


カワ君もずっと鳴いてたみたいで


里親様もとても心配しておられました


このままでは大豆君もカワ君もストレスになると判断して


静岡のご実家に預かっていただいたそうです


ご実家の方からご両親様も同居しておられるお姉さんご家族も


カワ君を可愛がってくださり


迎えてくださる事になりました


今までも同じように先住猫さんとの相性が合わず


ご実家で迎えていただいた子達が今も幸せに暮らしています


カワ君にとって最善策は?ときっとたくさん悩んで


決心してくださったと思います


ご実家に迎えていただいたその日から


ご飯もたくさん食べて、トイレもできて


お母さんのお布団で一緒に寝て、お父さんにおもちゃで遊んでもらって


一人運動会もしているようで


1匹でいる方が活き活きしている気がしますとご連絡いただきました



幸せの橋を渡って静岡っ子になりました


カワ君卒業おめでとう





保護されたばかりのムーミン(左)とカワ君(右)


1日違いで、ほぼ同じ場所での保護でしたので


たぶん兄弟だったのではないでしょうか



小さな可愛い時を里親様と一緒に過ごしてもらいたい!と


いつも思うのですが


ご縁は必ず子猫のうちに結べるとはかぎらないですね




私たちは保護部屋で猫たちに会えるのがうれしいし


お世話できる事も楽しんでしているけれど


猫たちにとっては狭いゲージの中で遊び盛りの時期を過ごすのは


やはり、見ていて辛いですね


ムーミンにも「一緒にお家に帰ろうか」って聞いてくれる里親さんが


お迎えに来る日が来ますように



甘えん坊で抱っこも大好きなムーミン


猫にストーカーされたい方


ご連絡お待ちしています

人間も猫も季節の変わり目は何かと体調を崩しやすいですね


朝、保護部屋に行ってから


猫たちの部屋のドアを開け具合の悪い子はいないかな?


みんな変わりなく元気かな?と確認するのですが



その日はひすいちゃんのトイレの砂が真っ赤に染まっていました


吐血?血尿?


袋に砂を入れて、獣医さんへ走ります



怖がりの猫達は意外と診察台の上で硬直してしまう事が多く


ひすいちゃんも良い子に先生に診ていただきましたよ


膀胱炎でしたが、オシッコの色の変化に気付かずにいたのかもしれません


冬はお水を飲む量が減って、オシッコの量も減るため


膀胱に長い間オシッコが溜まるので菌が発生しやすいようです


お家の猫さんなら少し水を温めて飲む量を増やしたり


お水の飲む量が増える器に変えてあげたり


電動で流れのある水にしたりできますが


保護部屋では難しいですね


ひすいちゃんは飲み薬で血尿は止まりましたが


再度検査してこれから注意して行ってあげたいです


一人でいる事を好む子なので先住猫さんがいないお家が良さそうです


ものすごい怖がりですがパンチも出ない子です


何をしていても何故か笑いをさそう猫さんです


ひすいちゃん里親さん募集中です

最近の船長の変なマイブームは・・・

 

おそうじの時に噛むのでキャリーに一旦入ってもらっているのですが

 

そうじが終わってキャリーから出そうとすると

 

出ない!ふんじばって、ひっくり返って出ない!

 

遊びを誘うしぐさをしておいて出ない!

 

「おい、船長キャリーから出てくれ~」と叫んでも

 

出ない!

 

出そうと手を入れると噛む( ̄  ̄|||)  

 

子猫用ゲージが狭そうで、2段重ねて広くしたんだけどな~

 

そんな狭いキャリーの何が楽しいのか。。。

 

もっと遊んで欲しいんだろうな~

 

 

先の読めない猫、船長君の里親さん募集中です

 






 

卒業生がいれば新入生もやってきますね


この子はぎんなん君


先日卒業したイチョウ君の兄弟です


スリスリの甘えんぼうさんなので


カメラを向けるとずんずん寄ってきてしまうので

ほとんどがこんなアップの写真かブレブレ写真ばかりだわ~


生後4か月~5か月くらいかな


初めて猫を飼う方にもおすすめです


隔離期間中なので階段の寒い場所で一人で過ごすのは


寂しそう~



ぎんなん君里親さん募集中です!


茶トラのニューフェイスも来てますよ~


また次回の記事で紹介しますね



では、最後にサビサビコンビの2コマ写真をどうぞ♪



ぬるいキャラのノットちゃん

 

シブいキャラのあんずちゃん

 

サビ猫好きの里親さん募集中です



*****みなさまから届きましたご支援のご報告******

 

愛媛県    M.O様    カイロ60個

 

南あわじ市  A.N様    キトンドライフード10kg、成猫どらいフード10kg

 

神戸市    M.T様    2000円

 

神戸市    S.U様    10000円


宝塚市    K.N様    10000円

 

 

皆様からのご支援、本当に本当に助かります

 

 

里親様から、そして保護主様からのご支援

 

ブログ読者さんからは全国からご支援していただいており

 

小さな保護部屋で年間200匹以上の犬猫の命を繋ぐことができています

 

 

スタッフもみんなこの恵まれた環境で活動させていただける事に

 

感謝の気持ちでいっぱいです

 

 

 「どの子もクリスマスは家族と一緒に」を胸に頑張りましょう~!

 

 

 



では今日もあーもんさん、POPTEKOさんのブログへ行ってみましょう~


あーもんさんのブログ


POPTEKOさんのブログ

コメント: 2 (ディスカッションは終了しました。)
  • #1

    O・Y (日曜日, 29 11月 2015 11:11)

    ミフィーちゃん ラフィーちゃん 本当に大きく育ち安心しました。
    写真をとるといつもバッチリカメラ目線で人が大好きに育ったのだなぁ
    と思いました。
    幸せそうな2匹の様子に心から良かった〜と思います。

    シルバちゃんも美しく成長し卒業していきましたね!
    おめでとう❗️
    シルバちゃんのことを大切に大切にして下さっている様子が
    とてもよく伝わってきます。
    シルバちゃん 幸せにね。

    ひすいちゃん 膀胱炎が良くなってきてまずは安心ですね。

    大人の猫さんは自分からこちらに近寄ってくるまで
    待てると懐いてきてくれますね。
    きっとひすいちゃんも自分から心を開く時間を待ってもらえれば
    スリスリしてきてくれる猫さんなのでしょうね。

  • #2

    にゃんむす (金曜日, 04 12月 2015 00:14)

    O.Yさん

    ミルクっ子たちが
    無事に成長するとほっとします

    大人の猫たちも
    入れ替わりが激しい保護部屋では
    きっとストレスなので
    里親さんがお迎えに来てくれたら
    嬉しいです