2015年

10月

10日

新入生右京、左京、ききょう、りんどう、シュシュ          ミルクっ子のワンコ  卒業生アルタイル、プリス、モカ

 


保護部屋近所で母猫が事故で死んでしまい、残された子猫たちがいると連絡が

 

入りました(9月23日)

 

母猫が死んでしまってから既に2日たっているらしく

 

まだ生後3週間くらいのミルクっ子だったため

 

離乳食を始めながらのミルクでの預かりをAさんにお願いしました

 

この写真からすでに3週間近くたっていますので

 

かなり成長していると思います

 

写真左上が左京君 ♂

 

右上が右京君 ♂

 

左下がききょうちゃん ♀

 

右下がりんどうちゃん ♀

 

9月初旬くらいに生まれの生後1カ月ちょっとの子たちです

 

 

Aさんのお家で元気に走りまわっているそうです

 

この子たちに運命を感じた方は

 

お問い合わせよりご連絡をお願いいたします

 

新しい写真も近日中に撮って募集ページにアップしたいと思います

とても怖がりで泣き虫だったモカ君


まだまだ人が怖くて逃げてしまう子でしたが


猫を決めずにお見合いに来てくださった里親様が


「怖くないよ、大丈夫だよ」と何度も話しかけ撫でておられました



奥様は初めての猫でしたので


甘えん坊の育てやすい子を紹介させていただこうと思っていましたが


こんな風に怖がる子だからこそ心配で助けたいという気持ちの方が強かったようです



幸せの橋を渡って宝塚っ子になりました


モカ君卒業おめでとう


 

 

そして、お迎えいただいた翌日に届いた写真にスタッフみんなびっくりです!

 

「え~~~、あの怖がりのモカ君が~~~?」ヾ(@□@ )ツ

 


 こんばんは。

昨日モカくんも引き取らせていただいたNです。

昨日はお時間とモカくんを譲っていただきありがとうございました。

今朝4時過ぎから泣き始めたり、隅っこに隠れたり、

 

ちょっと時間経って側に行くと相変わらずシャーってイカクしてきますが、

 

丸一日経って、大分、慣れてきたみたいです。

今日は二食ちゃんと食べ、トイレも初めてしました。

これから少しずつ、絆を深めていきたいと思います。

ちなみに、うちではあっくん (あい)と名付けて可愛がってます。

うちの妻には、正直、自分も驚きました。


でも、そのお陰で朝4時から泣いた彼を根気強く話し掛け、

 

接したことで、今は色々な物にジャレて、やっと子猫らしくなってきましたよ(笑)

今回、淡路島は2回目ですが、初めて行った時、

 

将来淡路島に住みたいと妻も言ってたので、

 

あの保護部屋の跡継ぎをさせて下さい(^^)(笑)

 

 

奥様のように根気強くニャンコに接する事が将来淡路島に移住してきてくださったら

 

心強いですね~(今スタッフに欲しいっ!)

 

怖がりな子ほど新しい環境で心配ですが

 

モカ君もう大丈夫ですね

こちらは七夕の日に保護されたアルタイル君

 

漂白剤で殺菌してるのでにゃんもっくが色落ちしていますね

 

新しいにゃんもっくやにゃんぶくろもたくさん届いていますので

 

さっそく使わせえていただいております


 

息子さん二人とお父さんお母さんで気になる猫さんがそれぞれいたようですが

 

実際に保護部屋の猫たちに会ってみて

 

たくさんいる猫の中から選んでいただいたのがアルタイル君!

 

 

コンビニでお子さんに寄って来た子猫をお家に連れて帰り

 

初めての猫さんとの生活が始まったそうです

 

 

幸せの橋を渡って神戸っ子になりました

 

アルタイル君卒業おめでとう(9月22日)

 

お家に着いて早速ご報告が届きました

 

「こんばんは。今日はお世話になりました。


アルタイル君、家に着くまで不安そうに鳴いていました。


胡ロンとの初対面は、まさかの胡ロンのシャ~でした涙ぽろり
アルタイル君は良い子ですね~


胡ロンのシャ~と猫パンチ(爪は出していません)にも怒らず、


コロンと横になってお腹を見せていました。


最初のうちは胡ロンが追いかけ回していたので、ハラハラしましたが、


オモチャで遊んだりしているうちに、少しずつ落ち着いてきたようです。


お水も飲んでご飯も食べて、トイレはオシッコは出ましたがウンチがまだです。


犬との対面はまだですが、取り合えず安心かなと思います


名前は、リオンになりました」

 

初日は猫さんも人間もドキドキですね

 

 

でも翌日には

 

「こんばんは。やっとウンチでました


今日はすっかり落ち着いたみたいで、よく寝てよく食べてよく遊んでます。


胡ロンも一緒に遊んだり、毛繕いをしてあげたりするようになりました」

 

すっかり仲良しになってる様子でほっとしましたよ( ̄m ̄〃)

 


昨日も近況報告をいただいております


仲良し写真また近況報告のページで紹介させていただきますね



 

オッドアイのイケニャンだったプリス君

 

トライアルに行っていましたが

 

正式に家族に迎えていただけました♡(9月22日)

 

愛媛県への募集を始めて里親募集サイトに載せましたら

 

愛媛からのお申込みが入って驚きました

 

遠い淡路島まで娘さんとお母さんがプリス君を迎えに来てくださって

 

先住猫のメロちゃんとの相性を見ていただいていました

 

 

「プリス君ですが、トライアルを終了し


正式にうちの家族として迎え入れたいと思います。


名前はフーガ君にさせていただきます。


王子らしくストライプのカラーを着けてみました(笑)

条虫と下痢の件も1週間程で治り、元気に過ごしています。


私も娘も相変わらずのゴロスリふわふわイケにゃんっぷりに毎日癒されてます。


先住のメロ(女の子)とは、初めの1週間位はたまにギャッ


と言い合いながらバトルしてましたが(笑)、

 

少しずつ仲良くなり、最近では一緒に寝るほどまでになりまし


若干メロの方が主導権を握っている感じです…(^_^;)


そして、私に対しては、メロは元々甘えん坊だったのですが、


フーガに妬いているのかさらにベタベタしてくるようになりました(笑)


2匹ともなついてくれて私としては嬉しい限りです(*^^*)

また来月あたりに去勢手術を予定しておりますので、


処置後にご報告させていただきます。

紹介していただきましたにゃんむすさんとあーもんさんのブログも


いつも読ませていただいております。


みんなが無事に里親さんが見付かり幸せになれますように私も願っております。


また3匹目を考える時や飼いたいと言う友人がいたら紹介させていただきますね。」


愛媛にも淡路島出身の子達がこれから増えていくと嬉しいです


 

 幸せの橋を渡って愛媛っ子になりました

 

プリス君卒業おめでとう(9月23日)

 

目の開いていない仔犬が6匹捨てられていると連絡が入ったのが9月21日

 

ボランティアを始めて4年が過ぎましたが

 

乳飲み子のワンコは初めてでした

 

ミルクを哺乳瓶で飲ませると勢いよく吸うのですが

 

とにかくむせて鼻からも出てくるので

 

気管に入ったら肺炎を起こしてしまいます

 

スタッフで手分けして連れて帰り交代でお世話をするのですが

 

とにかく手足をばたばたするのでミルクでビチョビチョになる上

 

お腹を空かせて必死で吸うのにむせてしまう

 

 

ネットで調べてみると、犬猫用の哺乳瓶ではむせるから

 

人間の赤ちゃんの哺乳瓶で飲ませてみてくださいと

 

経験豊富な方が書いておられたらので

 

さっそくな試してみると

 

もう感動です!!全くむせる事もミルクが口からあふれることもなく

 

じょうずに飲んでくれました

 

 

なかなかミルクを飲んでくれなかった子がいました

 

最初に飲んだミルクが肺に入ってしまったのか

 

レントゲンでは肺が真っ白だったそうです

 

白血球も少なく、感染症が疑われました

 

先生は生まれつきの疾患のある子もいるから原因は特定できないと

 

説明してくださいましたが

 

いつもミルクっ子の具合が悪くなると

 

哺乳瓶の殺菌がきちんとできていなかったのではないか

 

肺にミルクが入ったのではないか

 

体温調整をうまくしてあげられなかったのではないかと

 

弱っていく子のお世話は自分を責めてしまうので精神的にとても辛いです

 

 

残念ですが、小さな命がまた消えてしまいました

 

母犬から引き離し、箱に入れて捨てるという行為ができる人がいる事が恐ろしいです

 

その母犬もどんな飼われ方をしているのでしょうね

 

番犬だけのために犬を飼う人は

 

犬に避妊手術のお金をかけるなんてできないと平気で言ったりしています

 

6匹の仔犬を捨てた人は

 

春にまた生まれたら捨てるのでしょうか

 

 

 

 

淡路島の人口は兵庫県の人口の2%だそうです

 

そして、愛護センターでの仔犬の引取りは兵庫県の引取り数の80%が淡路島だそうです

 

淡路島の人たちがこれを恥だと思わないことには

 

捨てる事をやめないでしょうね

 

 

淡路島は住んで5年になりますが、食べ物がおいしく

 

空気も海もきれいで本当に良い島なのに

 

ゴミと犬猫を捨てる人が多いのは何故なんでしょうね

 

 

 

 

 

 

 

明日は保護された子達の最後のワンコが卒業です

 

兄弟たちがみんな新しいお家へ番犬としてでは無く

 

家族としてお迎えしていただけ嬉しいですね

 

お目目が開いてとても可愛くなりました

 

忙しい中、里親募集サイトでの掲載、里親様とのやりとり

 

そしてミルクっ子を育てながら毎日保護部屋に通い

 

ブログ更新もかかさないあーもんさん

 

保護部屋のNさん、温室の雑草さんも預かっている間は寝不足でしたね


本当にお疲れ様でした






もう隔離場所が無い保護部屋にまたまた保護された子がやってきました

 

ガリガリに痩せていますが食欲もあるから頑張ろうね

 

4日ほどさまよっているのを見てた方が広い通りの方へ移動しているので

 

車にひかれてしまうと側溝に逃げたこの子を捕まえたそうです

 

卒業生の里親様があーもんさんのブログでこの子を見て

 

お申込みしてくださいました

 

 

子猫部屋も隔離部屋も満室で階段や廊下にも猫があふれ

 

預かりしていただいてる猫たちが入居できずにどんどん成長しているので

 

 

ワクチンの回数も増え、避妊去勢手術にも今までに無いたくさんの医療費が

 

かかってきてしまい、緊急募金では皆様からのご支援で助かりました

 

本当にありがとうございます

 

 

まだブログ記事も9月22日分までしかアップできていませんが

 

すこしずつまた時間がある時に更新していきますね

 

コメントのお返事やご支援いただいた皆様へのお礼のメールもなかなかできず

 

すみません

 

いつも本当にありがとうございます


全国のたくさんの方に支えられ小さな命を繋ぐことができています



 

 

 

では、今日もあーもんさん、POPTEKOさんのブログへ行ってみましょう

 

あーもんさんのぶろぐ

 

 

POPTEKOさんのブログ

 

 

 

 

 

 

 

コメント: 4 (ディスカッションは終了しました。)
  • #1

    O・Y (月曜日, 12 10月 2015 14:03)

    モカくんが里親さまのお家での幸せそうな様子 良かったです。
    すぐに里親さまの膝の中で腕に顎乗せして気持ち良さそうに寝ている
    姿はグッときますね。
    卒業おめでとう。

    アルタイルくん おめでとう。
    里親さまがお利口さんなので褒めてくださいましたね。
    これから 先住さんと時間をかけて仲良くなっていってね。

    プリスくん おめでとう。
    先住さんは黒猫さんかな?
    幸せそうですね。

    子犬ちゃんたちがむせないようにミルクを飲ませるには
    人間の赤ちゃん用の哺乳瓶がいいとは初めて知りました。
    猫さんの赤ちゃんとはまた別の難しさですね。

    犬猫は避妊をさせましょうと回覧板か何かで
    いつもいつも知らせたいですね。
    人の民生員さんではなく動物(主に犬猫)の民生員さんのような
    ものを市の単位ででも作って頂きたいです。

    シュシュちゃん 早い卒業ですね。
    おめでとう。

  • #2

    ばろにゃんの母 (火曜日, 13 10月 2015 00:02)

    淡路島の愛護センターからの子犬の引き取り割合の多さにに驚きました。今月のこちらの市の広報では、トップ記事が、ペットについて。去勢手術・避妊手術の必要性から、生涯責任を持ち、飼いましょうという、内容でした。動物愛護週間?月間?だからでしょうが、こちらに嫁ぎ長いですが、初めての出来事です。こういう行政の動きに少し感動しました。にゃんむすさん、スタッフの皆様、お体に気をつけて活動を続けてください。メッセージだけですみません。応援しています。

  • #3

    にゃんむす (日曜日, 25 10月 2015)

    O.Yさん

    田舎は回覧板は沢山の人が目を通しますね
    捨てる事が犯罪で罰金も取られると
    書いてまわしてもらいたいですね

    子犬の授乳はみんな、始めてで
    経験できてまたひとつ勉強になりました

  • #4

    にゃんむす (日曜日, 25 10月 2015 06:44)

    ばろにゃんの母さん

    淡路島も少しずつ良い方向へ向かうと嬉しいです
    私達がいつでも受け入れができるくらい
    捨てられる子が減るといいのですが
    まだまだ時間がかかりそうですね