2015年

7月

13日

スイカ君、エマちゃん、ルゥルゥ&オーレ卒業おめでとう

毎日蒸し暑い日ですね

 

保護部屋に来てくださる里親様も

 

暑さで汗をふきふき猫たちとお見合いです

 

昨年いただいた冷風機をそろそろ使わせていただきましょうね

 

 

写真の可愛い長毛茶トラのスイカ君

 

怖がりさんですがおっとり系男子

 

最近はお腹を出して寝る姿も見る事ができ

 

人にも慣れてきましたね

 

 

お見合いの時はまだ引っ越しが少し先なのでと

 

猫を決めずに帰られましたが

 


すぐにスイカ君をとお申込みがありました


ブログを見てくださっていて


実はすいかくんお申込みが入ってしまうのではないかと


ドキドキしながらチェックしてたそうです


実際に会ってみると早く一緒に暮らしたいですよね( ̄m ̄〃)


 

予定をはやめてお迎えに来てくださいました

 

幸せの淡路島っ子になりました

 

スイカ君卒業おめでとう


娘さんは船長君が気になると言ってくれていましたね

 

噛み噛みを早く治してあげないとですね

 

新しい夏用のベッドをたくさんいただきました


卒業生のご家族が送ってくださいました


船長もとても気に入って寝ていますよ~


となりから伸びた子猫の手を握って何か言ってますが


子猫とは最近上手に遊ぶようになってきましたね


無理に抱っこすると両手でしがみつきながら噛んでくるので


噛むのをよけるのが上手な里親様を募集しています(そんなんありか?


いや、きっとどこかに船長をうまくあやつる人がいるはずよね


あきらめず運命の里親さんを見つけてあげなくちゃね)



手足がすらっと長く

 

真ん丸の目が可愛いエマちゃん

 

先住猫さんの子猫の時にそっくりだったようで

 

里親様がえまちゃんを見つけてくださったのは

 

先住猫のマロン君のおかげですね

 

野良ちゃんだったマロン君はかなり凶暴?だったようで

 

里親様の手には傷跡が残っていて

 

獣医さんに連れて行くときは血だらけよ~と

 

お母様も笑っておられました

 

えまちゃん、猫に寛大なご家族のようなので

 

少しくらい暴れても大丈夫よ( ̄m ̄〃)

 

幸せの橋を渡って神戸っ子になりました

 

えまちゃん卒業おめでとう

 

 

「すぐに慣れてじゃれたり走り回ったり

 

息子さんが仕事から帰ってくると

 

”この人が連れて帰ってくれたんだ”といったように

 

足元に擦り寄って・・・

 

不思議というかなんというか

 

可愛いです」

 

 

(ご主人様や息子さんと同居されているのですが)

 

「私の方が先に逝くのが分かっているので

 

飼う事をあきらめていましたが、娘が『その時は私が面倒みるから』の

 

言葉に背中を押されて飼う事になりました。

 

今日『ようこそレモンちゃん』のプレートの乗ったケーキを持って

 

会いにきました。嬉しい事です」

 

と、ご報告いただきました

 

えまちゃん幸せになりましたね

 

名前はレモンちゃんになりました

 

 

にゃんむすも死ぬまで猫と暮らしたいな~

 

猫と一緒のケア施設建設を夢見て頑張ろう



 

 

 

 

兄弟一緒に保護されて


ずっと里親さんに出会えずに


獣医さんの入院室のゲージの中で7~8年もの間過ごした子達です



何度か避妊手術に保護部屋の猫たちを連れて行き


暴れる猫は入院室のゲージから猫使いムートンが


キャリーに猫を移すので


入院室に何度か入った事で


「あれ?この子たち前もいたよね?」と


ムートンが気づきました



毎日ここから見える物は何だったろうか?


手を差し出すと舐めてきたりスリスリと頭をこすりつけてきます


先生に話を聞くと神戸にいた時に捨てられた猫たちが


たくさんいて、里親様が見つからず残ってしまった子達だそうです


淡路島で開院した時に連れて来たけれど


里親探しはあきらめていたのだそうです



大きな声で鳴き叫ぶ犬も隣のゲージに入ります


四角い小さなこのゲージの中でこのままずっと過ごすのかと思うと


冷暖房完備で治療も受けられ、ごはんももらえるのですが


決して幸せではないと思い


日頃、保護部屋の子達の手術をどこよりも安くしてくださっていて


(避妊手術の傷跡も本当にきれいで小さくて術後の回復がとても速く


信頼している先生です)


恩返ししたいという気持ちもあり


お話ししてからもずいぶん待っていただいてたのですが


保護部屋に引き取ることが出来ました


あれから2か月


ルゥルゥとオーレを見つけてくださった里親様から


2匹一緒にとお申込みが入り


先住のワンコが亡くなって49日が過ぎ


里親募集サイトを見ていてルゥルゥとオーレがどうしても気になってと


すぐに駆けつけてくださいました


幸せの橋を渡って神戸っ子になりました


ルゥルゥ、オーレ卒業おめでとう


写真もたくさん届いていますので


近況報告のページで紹介しますね


と言ってもまだそのページが下書き中ですので


もう少しかかりそうですが(^_^;)


お待ちくださいね

こちらは山の中で鳴いてたフィートちゃん


卒業生のローラちゃんの里親様がお見合いに来てくださって


トライアルルする事になりました


ローラちゃんが迎えていただいたのは2012年


毎日ブログも見てくださっていて


この非常事態で子猫をお迎えいただける事


本当に感謝です


もう1匹先住猫のふーちゃんもおてんばフィートに


きっとビックリするでしょうね


他の猫さんが大好きな子なので


怒られてもへこたれずにじゃれていくかな


トライアルがうまくいきますように

また漁港に捨てられた子猫です


今回はボンボンが漁師さんの小屋に連れてきたそうです


甘えん坊で誰にでもついて来るので飼われてて捨てられたのでしょうね


職場の方がお家で預かってくれる事になり助かりました


ワクチンもできたので2週間後には保護部屋でと思っていますが


今の状態だとゲージが空きそうに無いので


預かっていただいている間に里親さんを探し始めたいと思います


名前はシナ君、生後3か月近く


一緒に誰かに寄り添っていたい子です



さ~、今日はにゃんにゃんにゃんもっく祭ですよ~

 

サンデーちゃんが来てくれたので

 

ご支援でいただいたにゃんもっくを子猫たちのゲージに

 

付けてもらいましたよ

 

にゃんもっくは福岡在住の姫丸さんが作っており

 

売上から寄付をいただいております

 

注文してくださった方、作って送ってくださった姫丸さま

 

猫達が快適な夏を過ごせます

 

ありがとうございます

 

にゃんにゃんにゃんもっく



 

まずはマリモちゃん

 

やっと素手で触ってもあまり怒らなくなってきました

 

まだちょっと警戒していますが

 

この調子なら慣れていきそうですね

 

お見合い予定です

 

 

いつもゲージを覗くとトイレの隅に隠れようとするジューク(キジシロ)と


ブルー(茶シロ)ですが


にゃんもっくに大興奮


転がったりかくれんぼしたりと


本当に楽しそう

キィキィも本当は猫が大好きな子なので


誰かと一緒にしてあげたいのですが


にゃんもっくにケリケリ、カミカミ


もう楽しくてたまらない様子


お見合い予定です

ミリとセンチは一緒に入って


取っ組み合い


メートルは慎重派?まだ2匹を観察していました



高熱が出て、点滴に2日通いましたが


ぐったりして入院してしまったリズちゃん


退院してきて元気いっぱい


今年もサビ猫さん多いですね


こちらはマイルドなサビ



こちらはハード系サビのあんずちゃん


飛びかかりパンチが得意技です


一緒に保護された兄弟のさくらんぼちゃんと風邪の薬を飲ますため


ゲージを2つに分けていましたが


さくらんぼはあんずの顔が見えないと鳴いて


ゲージから出ようと必死になります


今日から一緒にゲージに戻しました

母猫のような貫禄ですね(すごい目力!卒業生ファーファと


にらめっこさせてみたいです)


さくらんぼの目は綺麗な綺麗な水色なんですよ


さくらんぼは手が出ないので触り放題ですが


怖がりさんです


あんずとさくらんぼ、里親さん募集中です



マシロもまだまだ小さいですが、来たときに比べると大きくなってきましたね

 

甘えん坊さんですぐに寄って来て手を延ばしてきます

 

子猫たちと遊ばせると息が苦しくなってしまうので

 

ずっと一人ぼっちです

 

漏斗胸という先天性の病気です

 

今のところ軽度なので様子を見る事になりましたが

 

今後注意していかなければなりません

 

手術するとなっても淡路島ではできないそうで

 

大阪の病院までいかないといけないし

 

手術は生後2~3か月の子猫の時でないと骨が固くなってしまうので

 

できないそうです

 

コルセットのような物を手術して付けるのだとか

 

 

里親さん探しはかなり難しいとは思うのですが

 

このまま様子を見ながら大きくなってしまうのも

 

一人でこんなにさみしい時間を過ごさせるのも可愛そうで

 

里親さんを探す事になりました

 

病気の子を育てるのは経験者でしたらわかると思いますが

 

とても辛いし、毎日不安や心配が尽きません

 

でも、それ以上にマシロは一緒にいると可愛くて可愛くて

 

そのしぐさやはかなさに

 

胸がきゅ~んとなる子です

 

マシロちゃんと一緒に寝てくださる方

 

お待ちしています

 

もちろん、このまま保護部屋にいて手術が必要だと獣医さんから

 

言われましたら大阪まで連れて行き治療していただくと思います

 

 

 

 

 

保護部屋からの帰り道


いつも予知夢で保護部屋の危機を知らせてくれたり


ご支援してくださってるYちゃんから


電話で相談を受けました



ある施設への入口付近の駐車場で段ボールに母猫と生まれたばかりの


子猫が入れられ置き去りにされていると


Yちゃんのお父さんが見つけ、雨にぬれると思いビニールをかぶせておいたそう


Yちゃんとお母さんがかけつけましたが


母猫の威嚇がすごくてどうしたらいいかと・・・



どうしたらいいか考えても答えは見つからず


とりあえず向かう事にしましたが


どんなに考えても保護できる状況では無くて


頭の中は真っ白


雨はどんどん降ってくるし



ビニールをかぶせた時もすごく威嚇してたそうですが


手を近づけるだけで飛びかかり


ビニールから爪が出てきます


子猫はかなり小さくて生まれて間も無い感じ


Yちゃんと、お母さんと、にゃんむすの口からは


「どうしよう・・・」という言葉しか出てきません



ビニールがくぼんだところに雨水がたまり


それが箱に入ってしまうと子猫がずぶ濡れになってしまう



それよりも追い詰められた母猫が駆けだし逃げてしまったら


この小さな子猫を預かることができる人がもういないし・・・




今日はなんとなく捕獲機を車に積んでおこうと思い


予備の捕獲機を持って帰ってきていたので



段ボールの脇を板でふさぎ


箱を少しずつ傾けながら


捕獲機の中へ母猫を追いやるようにしました


子猫が箱の中で転がるのは解っていましたが


なんとか捕獲機に入ってくれました







捨てた人は箱に入れて置いてくれば


母猫は子猫を咥えて移動すると思ったのでしょうか


雨が降るのがわかっているのに


屋根の無い場所へ置いて行く神経も疑ってしまいますが


そんな事すら考えていなかったのかな


段ボールには新聞紙が敷いてありましたが


破水した跡が無いのでこの箱で産んだわけではありません




野良ちゃんたちは妊娠している時から安全に子猫を育てられそうな場所を探し


出産します


突然知らない場所に子猫が生まれてから置いていかれたら


その場を動くことが出来ないでしょうね





キャリーに子猫を移す時


へその緒がついているのを見ました


保護できてYちゃんもお母さんもほっとして力が抜けそうになっていました



保護する時の緊張とドキドキは普段の生活ではあまり無いですもんね


これだけ保護してきたにゃんむすでも


皮の手袋をはめる時に指が震えていましたよ



どうしても今日は帰らなければならず


Yちゃんとお母さんに猫たちを保護部屋に連れて行っていただきました


以前、ご支援の物資を持って来てくださったり


イエローレシートに出てくれたりして保護部屋にはYちゃんもお母さんも


来た事があったので、重度の猫アレルギーで喘息のYちゃんに猫を運んでもらうのは


本当に申し訳なかったけれど


ムートンがかけつけ、ゲージの準備をしてくれました


今日はムートンは用事があったのですが


預かった子猫が下痢と嘔吐で獣医さんへ行くため


用事をキャンセルしていました


万が一パルボだったらと思うと怖くなりますからね


検査していただいて腸内細菌のせいだと解りほっとしましたが


ただでさえ衰弱している子達なので


下痢や嘔吐が脱水をお越し命を奪う事があるので慎重になります



哺乳瓶からよくミルクをたくさん飲むようになったそうで


離乳食だけではまだダメなようです


4匹のミルクっ子のお世話をしながら


親子の猫のためにありがとう


サンデーちゃんやあーもんさんも駆けつけてくれたそうです









ルゥルゥとオーレのゲージが消毒してあったので


組み立て、大人の部屋へ置くことが出来ました


本当はポールを子猫部屋から移動する予定でしたが


チュスとオーク師匠がもうすぐお迎えなので


せめてあと数日は新しい猫が来るとストレスになるので


卒業してから移動しましょうと話していたのです



母猫も見知らぬ猫に囲まれたら不安になるでしょうね


子猫が外から見えないように布で囲ったそうです




母猫はトイレに籠っていましたが

 

ご飯も食べて、子猫にお乳を飲ませ始めたと

 

連絡を受け

 

本当にほっとしました

 

Yちゃんも、お母さんもお疲れ様でした

 

保護部屋の状況を知っているだけに

 

何度も謝り、すまなさそうにしていましたが

 

もしも見て見ぬふりしていたら

 

もっと苦しむ事になっていたと思います

 

 

 

捨てられた子達を偶然見つけてしまった人たちが

 

こんなに苦しんでいる事を捨てた人に教えてやりたいですね

 


 

子猫たちが元気に育ちますように

 

隣でレナが唸っていますけど(^_^;)

 

 

では今日もあーもんさん、POPTEKOさんのブログへ行ってみましょう~

 

名前はアナ母さんと(アナと雪の女王より)

 

子猫たちはエルサ、オラフ、クリス、スヴェンちゃんになりました

 

ホクホクさん覚えられるかな~

 

 

あーもんさんのブログ

 

 

POPTEKOさんのブログ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント: 2 (ディスカッションは終了しました。)
  • #1

    アメリオさつきままん (月曜日, 13 7月 2015 19:18)

    スイカ君、エマちゃん、ルゥルゥ&オーレ卒業おめでとう(*^▽^)/★*☆♪

    ルゥルゥに恋する乙女のレナ嬢( *´艸`)
    初めてアタックした現場を見ちゃったから気になって気になってw
    レナも早く人間恋して幸せに暮らしてほしいなー

    Yさん、アメリオの時はお世話になりました(^^)
    安心できる一言でどん底気分から光がさしましたよ
    親子猫無事幸せになりますように

  • #2

    姫丸 まいこ (火曜日, 14 7月 2015 00:06)

    今年もにゃんもっく祭り始まりましたね。
    狭いケージの中で少しでも快適に過ごせるようにと
    にゃんもっくの設置をして頂きありがとうございます。
    支援者さまの気持ちに寄り添えるように
    里親さん探しにお役に立つように
    かわいいにゃんもっくを作りたいと思っています。

    母子猫の保護、お疲れさまでした。
    読んでいるだけで緊張で胸がぎゅっとします。