2014年

5月

08日

ユーリ卒業おめでとう

 

ゴールデンウィークはコハクちゃんの子猫たちのお見合いや

 

仔犬たちのお迎え

 

そして小さな小さなユーリのお迎え

 

おまめ一族の里親様とおまめに会おうツアーもあり

 

とってもにぎやかな連休となりました

 

 

ユーリのお迎えの日が決まり、この子を見つけてくれた小学生の

 

ゆりちゃんが、最後に一目会いたいと

 

保護部屋にやってきましたよ

 

ユーリの里親様は昨年杏海ちゃん(元チュチュちゃん)と

 

美海ちゃん(元ミミちゃん)を迎えてくださったご家族です

 

奥さまは子供のころからずっと猫と暮らしてきていて

 

ミルクっ子も何度か育てた経験があり、今いるメロちゃんも

 

母猫が育児放棄した子を育てたそうです

 

まだまだ手のかかるユーリですが

 

お申込みいただき、本当にありがとうございます

 

ブログでこれからにゃんずの成長を見られるのは

 

本当にうれしいです

 

 

 

 

 

 

ゆりちゃんも最後にユーリを抱っこして

 

おわかれをしました

 

お家に帰ってお母さんにそのことをゆりちゃんがお話していた時

 

涙ぐんでいたそうです

 

 

 

大人になっていつかゆりちゃんが猫を飼える環境になった時

 

助けを求めている猫さんを家族に迎えてあげてね

 

 

 

お家に着いてすぐに里親様からさっそくご報告が届きました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

帰りは少し渋滞してましたが、無事に大阪まで帰りました
 
名前は海琉と書いて(うるる)にしました。
淡路島なので杏海、美海と同じで海をつけたかったので嬉しい顔

帰る前にミルクを少ししか飲んでなかったせいか、途中で鳴き始めたのでサービスエリアによってお湯をもらってミルクをあげたら帰るまでスヤスヤ寝ておりこうでした。

先住さんたちはちょっぴり怒ってますが小さいのでそのうち慣れると思いますあっかんべー
杏海はうちに来てから初めて威嚇したのを聞きましたウッシッシ
美海は全然怒らず仲良くしてくれそうです。

また近況をお知らせしたいと思います。

小さな小さな命、大切に育てていきますので安心してください

 

出発前にミルクを飲ませたのですが

 

たくさんの訪問者の声やいつもと違う雰囲気のせいか

 

ユーリはあまりミルクを保護部屋で飲んでいなかったので

 

心配していましたが

 

さすがですね

 

 

 

 

幸せの橋を渡って大阪っ子になりました

 

ユーリ卒業おめでとう

 

そしてお迎えまで育ててくれたあーもんさん

 

本当にありがとう

 

海流君の成長が楽しみです

↓ 里親様のブログ「毎日がにゃんこのうんどうかい♪」はこちらから↓

 

http://nekonoundoukai.blog.fc2.com/

 

 

 

 

おまめ一族の里親様

 

ジヨン君(あずきの子元クロッキー君)のパパさんママさんと娘さん2人

 

ノア君(あずきの子)のパパさんママさん

 

さくらちゃん(元あずきちゃん)のパパさんママさん

 

そしてゆりちゃんと私で

 

保護部屋から奇跡の猫のサービスエリアや

 

椿ちゃん親子やおうめさんのいたバス停

 

そしておまめのいる漁港へツアーを組んでワイワイにゃんにゃん

 

回ってきましたよ~

 

おまめに会えるかドキドキでしたが

 

まるで来る事をわかってたかのように

 

駐車場の前で待っていましたよ~

 

おはるやキントキ、ジャイアンもいました

 

おまめはご飯をくれるSさんにはスリスリで

 

抱っこされたりでビックリです

 

里親様がこうして仲良しになってラインなどでお話したり

 

集まったりできるのはなんだか嬉しいですね~

 

 

猫が好きで同じ保護部屋からの猫を迎えていただいてて

 

猫トークは途切れることなく盛り上がりましたね~

 

楽しい楽しい時間をありがとうございました

 

ゆりちゃんとジヨン君とこのお子さんが同じ小学校3年生で

 

仲良しになっていましたね~

 

 

ちょっと雨もパラパラしましたが

 

今度来る時はもっときれいな青い海と空の下

 

お弁当持って釣りでもしながら漁港でワイワイもいいですね

 

 

 

 

 

 ハル君(元ティラミス君)もお友達を探しに

 

里親様がゴールデンウィークにご家族で保護部屋に来てくださいました

 

 

兄弟がいたハル君ですが、まだ生後2か月になる前に保護部屋にやってきて

 

兄弟がそれぞれ里親様の元へ迎えていただいたので

 

一緒にケンカしながら覚える噛み加減がわからなくて

 

ついつい人の手などを痛く噛んでしまいます

 

 

しつけの方法もネットで見るといろいろ出てきますが

 

やはり同じ年頃の子猫を迎えるのは良いかもしれませんね

 

 

また保護部屋から良いご縁が結べたらうれしいです

 

本当はチャコちゃんを考えてくださってたそうですね

 

大人の猫さんのことも考えてくださっていてとてもうれしいです

 

 

 *****************************

 

こんにちわ


 昨日、うっかりオイルサーディンをそのままにしていたら、ハルがオイルを舐めまくっていました考えてる顔
 体が生臭くなったので、初シャンプーしました
 
子供たちはハル君いい匂~いって言ってます嬉しい顔
 スッキリしたところで、カブトと鯉のぼりと遊びましたこいのぼり相変わらずガブガブ噛んで痛いですーうれしい顔(笑)

 

チャコちゃんのご報告も届いていますよ~

 

**************************

 

こんばんは。
チャコちゃんの近況です(*^^*)

我が家の子になってから一週間が過ぎました。

GWだったので、バタバタとしていましたが、朝、昼、晩、3食しっかり食べて、ウンチもしっかり出てます。


家にも少し慣れたのかゲージから出て、私の前を素通りし、探検に向かいます。ゲージの扉を開けっぱなしにしているので、1日に何回か探検に出るようになりました。


探検終わったらテーブルの下に置いた猫ベッドに入って寝てたりします。(床が冷たいので、猫ベッドを置くようにしました。)夜は、きちんとゲージの中でお嫁に持ってきた猫ベッドで寝ています。


今日は、洗面所でチャコちゃんと鉢合わせをし、チャコちゃんも私もビックリでした(笑)


2日前、外が見える場所にキャットタワーを設置したのですが、チャコちゃんはいつも反対方向に向かって探検に行ってしまいます。(笑)


猫のいる生活って本当にいいですね。まだわからない事がいっぱいで、頭を悩ませる事が度々ありますがチャコちゃんが来てくれて本当に良かったぁって、つくづく思います。

それでは、また報告しますね。

 

 

********************************************

 

こっそり探険しているチャコちゃんをこっそり撮っていただきました

( ̄m ̄〃)

 

家の中を歩くチャコちゃんがなんだかとっても新鮮♪

 

 

 

 

「いいな、いいなチャコが家にいる生活

 

洗面所でばったり鉢合わせしてみたーい」と

 

チャコファンだったあーもんさんも羨ましそう

 

 

 

 

 

 

千君とおくにを一緒のゲージにしてみたら

 

なんとなくいい感じ~♥

 

 

もしかしたら兄弟かな?

 

でもおくにちゃんがごはんをすご~~~~~くゆっくり食べるので

 

朝晩のご飯はNさんが食べ終わるのを見ていることができないし

 

おくには誰も見てない時に何時間もたってからこっそり食べるので

 

きっと千君にみんな食べられちゃうよね

 

大きなゲージにはできれば2匹一緒に入れるといいのですが

 

相性だけでなくお薬があったり、食べ方のスピードがあったりで

 

なかなか一緒にできる子がいないですね

 

でも、おくにが少しずつ落ち着いてきている感じ

 

 

 

お迎えやお見合いがたくさんあったGW

 

でも新入生もいっぱい!

 

まずはミヤちゃん

 

名前の候補に「たま子」というのがあったほど

 

たまちゃんの柄に似てますね

 

こんな顔のおさるさんもいましたね

 

 

まだまだ怖がっていますが

 

パンチや噛みも無いし、今日は3日目でゴロニャンポーズもできたし

 

なんだか目やにが出ているのでムートンがすぐに獣医さんで診ていただいて

 

お薬をもらってきました

 

もう少しふっくらしたらもっと可愛くなりそうね

 

 

愛護センターへ連れていかれるところだったミヤちゃん

 

ここへ連れてこられなかったら

 

今はもう生きていなかった子です

 

どんな環境でどんな経緯で保護され

 

どんな理由で愛護センターへ連れて行かれそうだったのか

 

あまり詳しい情報が無いのですが

 

この子の目を見ていると人の顔色をうかがっているような

 

寂しい目に見えるけど

 

 

この子が私たちを見上げるたびに

 

いっぱい笑いかけて

 

いっぱい話しかけて

 

 

のびのび子猫らしくなってくれたら嬉しいです

 

そんな優しい気持ちでこの子を愛してくださる里親様を探しています

 

たぶんまだ大人になりきっていない子だと思います

 

 

 

ミヤちゃんと一緒にやってきたダックスちゃん2匹

 

来る前にトリミングしてもらってきれいにしてもらったそうです

 

どちらかお乳のところにしこりがあるみたいで

 

検査が必要でしょうね

 

この子たちも愛護センターへ連れて行かれる直前だったようです

 

ミヤちゃんと一緒に来ましたが

 

飼い主さんはたぶん違うのかな

 

 

室内で飼ってくださる里親様を探しています

 

 

 

 

6匹のへその緒の付いた子が

 

新聞紙にくるまれて、家と家の間に置き去りにされていたそうです

 

保護した方がミルクを飲ませていましたが

 

GWが終わり仕事で6匹の授乳が難しく相談を受けました

 

あーもんさんもさすがに6匹の授乳は無理です

 

郡家のTさんが昨年8匹の乳飲み子を育てていましたので

 

連絡してみました(最後の頼みの綱でしたがこんなに早くお願いする

 

事になるなんて、まだ5月が始まったばかりなのに)

 

 

2匹Tさんが育ててくださることになり、あーもんさんが2匹

 

そして保護主さんになんとか2匹頑張って育てていただくことになりました

 

 

これで、もうわたしたちは乳飲み子が来ても受け入れができなくなって

 

しまいました

 

乳飲み子を育てた経験がある方で預かりができる方がいましたら

 

今後のためにご連絡をよろしくお願いいたします

 

4週間預かっていただけると大変助かります

 

必要な物は全てこちらで用意させていただきます

 

 

 

里親様も募集始めますのでよろしくお願いいたします

 

 

 

 

キジトラ4匹、黒2匹です

 

 

新しく入ったミケミケちゃん

 

 

まだ新しい環境にとまどっていますが

 

今日は少しゲージから出て

 

スタッフにスリスリ

 

他の猫たちにうーうー唸ったり

 

ちょっと噛み癖があると聞いていますが

 

まだ噛むほどリラックスしていませんね~( ̄m ̄〃)

 

 

 

白の多めの三毛柄ですが

 

飛び石で尻尾がしっかり三毛で

 

純和猫~って感じで素敵な猫さんですね

 

体のラインは卒業生の姉妹アムラちゃんやななちゃんのように美猫さん♪

 

 

 

 

 

 

 

写真は郡家兄弟の7匹! 覚えていますか~?

 

クウ、オセロ、カカオ、オレオ、レオナ、シラタマ、マーブル

 

この子たちは8匹兄弟でしたが

 

私たちが会いに行った時は

 

ミケミケちゃんはすでに里親様に迎えていただいた後でした

 

 

その里親様の転勤で戻ってきてしまったそうで

 

ゲージが空くのを待っていただいていました

 

保護部屋よりお家の方が環境も良いので

 

写真だけホームページで紹介させていただいていましたが

 

 

乳飲み子を2匹預かっていただくので

 

ミケミケちゃんを保護部屋に!

 

里親さんを募集しています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日にゃんむすの家から山の中の道を走っていると

 

1匹のキジトラが歩いていました

 

民家がまったく無いこの場所は

 

毎年たくさんの猫が捨てられます

 

歩道も無く、信号も無く、大型トラックもスピードを出す道路です

 

今まで何匹もさまよっている猫をみかけるのですが

 

車を停める場所の無いカーブの多い山の中の道では

 

見かけた猫を探しに戻っても見つけられない事がほとんどです

 

ひかれて死んでいる姿を見ると

 

捨てられ、真っ暗な山の中で怖い思いをして

 

お腹を空かせて何日もさまよい死んでいったのかと思うと

 

見かけた時に助けてあげられなかったことを悔やみます

 

 

やはりこの時もしばらく行った先でUターンできる場所があったので

 

すぐに戻ったのですが

 

もうキジトラの子の姿はありませんでした

 

草むらに入ってしまったら見つけるのは難しいですし

 

車の中から一瞬見ただけだと、同じような木しか生えていないと

 

猫を見た場所の目印が無くて戻っても

 

本当にその場所で見たのかもう数十メートル前後してるのか・・・・

 

奇跡的に生きている猫をほごできたのは昨年のそらまめだけ

 

 

 

そしてしばらく走ると今度は長毛の大きな猫が道を横切り

 

両車線の車にひかれそうになりドキっとしました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先ほどの場所だと民家までかなり離れているので

 

捨てられたと判断できますが少し民家や牛舎があるので

 

飼い猫のお散歩?

 

なんだかブリーダーから買ったようなこの立派な感じの猫を

 

外で飼うかな?

 

逃げ出して迷子?

 

一人暮らしの老人が亡くなると飼われてた猫の引取りがないと

 

捨てる人も多いし

 

気になって戻りました

 

いなければきっと自分の家に帰って行くだろう・・・・

 

 

 

 

少し探してみると渡ったところの草むらにいました

 

私の顔を見るとニャーニャー鳴きながら出てきました

 

 

 

GWで旅行者が逃がしてしまったのかな

 

(にゃんむすのホームページにも旅行で来てホテルやサービスエリアで

 

連れてきた猫がハーネスやリードがはずれ逃げてしまったから

 

探して欲しいという依頼もけっこう入ってきますが

 

1匹だけ見奇跡的に飼い主さんが保護しましたが

 

見つからないことがほとんどです)

 

近くにホテルや観光施設が無いので

 

 

里帰りで実家に猫を連れてきて、ドアが開いてて逃げたかな

 

肉球もやわらかく、長毛なのに汚れていなくて

 

草の実などがほとんど着いていないから

 

外飼いだとは思えないし

 

迷子か捨てられたかのどちらかだと思ったので

 

キャリーを取りに車に戻ろうとすると

 

にゃんむすのあとを着いてきました

 

 

 

歩道の無い道をスピードを出した車が真横をかすめるので

 

危なくてキャリーを取りに行く間にも

 

引かれてしまうんじゃないかとヒヤヒヤでした

 

 

 

 

郵便局に今日張り紙をお願いしてきました

 

ショッピングセンターにも張り紙をして

 

しばらく飼い主さんがいないか探す予定です

 

愛護センターには届けは無かったのですが

 

ちょっと聞いてみました

 

「そちらではもし、こういう迷い猫を連れて行ったら

 

どのくらいの期間預かってくれるのですか?」と

 

答えは「翌日か、2日、3日目には処分です」と

 

 

短いですね・・・・

 

 

 

名前をキングとつけました

 

オスで長毛茶シロ 首輪の跡もすこしあるような感じ

 

飼い主さんを探しています

 

もし、知り合いの猫に似ていたらその方の猫が行方不明になっていないか

 

聞いてくださいね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この子はピアノとフルートの兄弟です

 

女の子で名前はチョロちゃん

 

この子達は保護主さんの家に置き去りにされたそうです

 

保護した方は昨年9匹の子猫を愛護センターへ連れて行きました

 

 

もちろん「愛護センター」という名前を信じ

 

里親を探してくれると思って連れて行ったそうです

 

しかし、翌日その話を聞いた獣医さんが

 

愛護センターに電話をしたら

 

その9匹の猫は即日処分だったそうです

 

連れていったその方はとてもショックで泣いておられました

 

 

 

持ち込みの場合即日処分もあるのですね

 

そして、持ちこんだ人に処分する事は伝えないのですね

 

 

 

でも、もし猫嫌いの人が「うちの猫です、処分してください」と

 

ウソを言って近所の猫を捕獲して持ちこんだらどうなるのでしょう・・・

 

飼い主が帰って来ない猫の届け出をしていても

 

持ち込む人が自分の猫だと言ったら、飼い主には似た猫が

 

来たとは連絡は入らないような気がします

 

 

せっかく愛護法で動物の遺棄、虐待が法律で罰せられる日が来たというのに

 

国が動物を殺してもいい法律があるのはなんだか矛盾していますね

 

ピアノ、フルート、チェロは処分されてしまった9匹の子たちの

 

おかげで保護した方が愛護センターへは2度と連れて行かないと

 

自宅の倉庫で保護していました

 

チェロだけはなかなか捕まえることができず

 

ちょっと触ることができるようになったけど

 

両手でつかもうとすると逃げてしまうそうなので

 

捕獲機をお貸ししてしばらくかかりましたが

 

やってきました

 

 

なので、一気に犬2匹、乳飲み子4匹、大きくなった猫4匹が

 

保護部屋へやってきたわけで

 

連休明けの昨日からから何度も獣医さんの往復でスタッフが走り回っています

 

そして、今このブログを書いている間にも

 

電話が鳴り、保護依頼が入って来ています

 

 

ブログ更新やコメントのお返事、ご支援の物資のお礼のメールや

 

近況報告のお返事などこれから3か月ほどの間

 

なかなかできない時がありますがお許しください

 

里親様からのお申込みのお返事は必ず2日以内にしていますので

 

こちらからお返事が無い時は

 

パソコンからではなくケータイからのメールで

 

再度お申込みをいただけますでしょうか?

 

たぶんいくつかのプロバイダーからのメールが届かない事があるようで

 

得にOCNからのメールはブロックされてしまうようです

 

出したメールが戻ってくれば気が付くと思うのですが

 

送った方には「送信済み」になっているのが問題です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キングを保護した少し手前の山の中の道路でキジトラを見かけたと書きましたが

 

昨日ほぼ同じ場所で今度は茶トラの猫が道を横切りました

 

捨てられたのは1匹ではなかったのでしょうね

 

今回は少しくぼんたところに車を停め

 

猫が横切ったあたりを見に行きました

 

お顔ははっきり見えましたが

 

すぐに草むらに入ってしまい鳴き声しか聞こえません

 

 

ショッピングセンターなどに捨てる人は、まだ少しは猫に生きるチャンスを

 

与えてくれますが

 

こんな民家から離れた山の中に捨てるのは

 

自分が捨てるところを誰にも見られない事しか考えておらず

 

本当になんでこんな事ができるんだろう

 

同じ人間として悲しいですね

 

 

友人にこの話をしたら4~5日前に茶トラの子を見たと言うので

 

もしかしたらもう何日もさまよっているのかもしれないですね

 

見た感じ生後8~10か月くらい

 

 

フードを少し置いて

 

保護部屋の獣医さんの予約の時間がせまっていたので

 

急いでその場を去りましたが

 

毎日ここを通るたびに気になります

 

 

 

 

 

 

 

今こうして記事を書いてる間にも

 

保護部屋にやってきた子猫たちの写真が届きました

 

キジトラ3匹、生後3週間くらい?

 

離乳食を食べることができるかな

 

 

まだ子猫の入居待ちの里親様が何組かおられますが

 

キジトラの子猫の希望が無いのでさっそく募集を始めたいと思います

 

 

まだかなり小さいのでお留守の時間が少ない方を希望いたします

 

名前が決まったらまた募集のページに載せますね

 

 

 

 

 

悩んでも、考えてもできる事は限られているし

 

気合い入れていかないと

 

まだまだ始まったばかりの子猫シーズンなので

 

気持ちリセットしながら頑張っていくしかないですね

 

 

 

コハクっ子たちはシャカシャカトンネルに夢中~

 

送ってくださった方ありがとうございます

 

みんなドライフードをふやかしたのを食べるようになりました

 

トイレが何匹かうんちもおしっこもできるようになりました

 

里親様、お迎えの日までもうしばらくお待ちくださいね~

 

 

 

*******皆様から届きましたご支援のご報告*******

 

静岡県 IKCEKA OYATE(AISHAさん)    13700円

 

南あわじ市  A.K様              3000円

 

南あわじ市  F.E様              5000円

 

南あわじ市  K様               5000円

 

大阪府    A様ご夫婦   猫砂2、消臭チップ2,パウチ16

 

大阪府    O様ご夫婦   おもちゃ2,スープ8,モンプチ5、おやつ13

 

加東市    H様ご夫婦   爪とぎ3,猫砂1,パウチ24

 

大阪府    T様ご夫婦   娘さん(妹)かつおぶし1

               娘さん(姉)おやつ11

               猫草セット6,パウチ39

 

芦屋市    T.W様     ドライフード3,猫缶18

 

岡山県    M.U様     消臭チップ5

 

神戸市    S.S様     おくに用ベッド&にゃんもっく

 

 

たくさんのご支援を本当にありがとうございます

大切に使わせていただきますね

皆様の思いや気持ちがたくさん詰まったご支援に

いつも感謝の気持ちでいっぱいです

 

では、今日もあーもんさん、POPTEKOさんのブログへ行ってみましょう~

 

 

http://aamonndaisuki2.blog.fc2.com/

 

 

http://blog.goo.ne.jp/popteko

 

 

 

  

 

 

 

 

 

コメントをお書きください

コメント: 10
  • #1

    噂の神戸SSアメリオさつきままん (木曜日, 08 5月 2014 19:40)

    ユーリちゃん卒業おめでとう♪
    乳飲み子達が保護部屋へ来る直前に卒業できてよかったね^^

    迷子や捨てられた子が無事保護できたらいいけど、
    部屋は満室になってアワワワワですね><
    ムシムシ暑くなる前にみんな卒業できますように

  • #2

    ひーたん (木曜日, 08 5月 2014 21:20)

    先日はお忙しいのにお世話になりました。
    海琉、とっても元気ですよ。
    昨日から少し下痢をしてたので、今日念のため病院に連れていってきました。でもミルクもちゃんと飲んでくれてとっても元気なので安心してくださいね。
    ゆりちゃんにも海琉が元気なこと伝えてくださいね。
    今は写真よりおめめがパッチリでイケにゃんになりましたよ♪

  • #3

    ジヨン母さん (木曜日, 08 5月 2014 21:55)

    先日はお忙しい&お疲れのところありがとうございました!
    ジヨンのおばあちゃんのおまめに会えて、撫でることが出来て、感激でした
    ホントに楽しい一時でした!
    娘もユリちゃんと遊べて楽しかったようで、また遊びたい!と言ってるのでユリちゃんによろしくお伝え下さい。
    お世話になったスタッフの皆様に大きくなったジヨンを見ていただけて良かったです

  • #4

    さくらママ (金曜日, 09 5月 2014 05:58)

    先日は、ありがとうございました!
    保護部屋の皆さんのお陰で
    さくらの息子達やお母さんに会う事が出来ました!
    こんな経験は初めてだったので
    感激しました!
    そしてにゃんむすさんのお陰で
    スタディーツアーの様な一日を送る事が出来ました!
    お忙しい中、本当にありがとうございました。
    保護部屋にお休みはないですよね。
    皆様、お体、大切になさって下さいね。
    応援しています。

  • #5

    ひまわりママ (金曜日, 09 5月 2014 13:12)

    一気に満室になりましたね。こりゃ大変だぁ~!でも、ユーリちゃん卒業で着てよかった。やっぱり卒業の文字は嬉しいです!もっともっと卒業の文字が多くなりますように。
    千君きれいになりましたね、おくにちゃんも美人さんになって。にゃんむすさん、ファイトです!人間できることしかできないんですから、無理するより、息長く続けられるようにどうぞお体に気をつけながら日々を送られますように。

  • #6

    えむ (金曜日, 09 5月 2014 23:29)

    ゴールデンウィークのワンニャンさんは大賑わいだったんですねー
    ユーリちゃんを見つけたゆりちゃん、優しい女の子ですね♪ユーリちゃんを抱いているゆりちゃんを見ると心がほっこりします(*'▽')ユーリちゃん、素敵な里親様と先住猫さんに囲まれて幸せになってね♪
    里親さまのブログも楽しみに読ませていただきます。

    動物愛護センター、ほんの少し前まで字の通り犬や猫を愛情をもって保護してくれるところだと思っていました。情けないのですが愛護センターの現実を知りませんでした。
    私のように、現実を知らずに保護した犬や猫を愛護センターに連れていく方も多いんじゃないかと思います。保護した動物をセンターに連れて行った人にどういう場所なのか説明すべきですし、個人的には愛護センターではなくて、殺処分センターと名称を変えるべきだと思っいます。

    不幸な犬や猫が減ることを願いながらワンニャンさんの猫の手になることもできず心苦しいのですが皆さんの活動を心から尊敬し、応援しています。

  • #7

    あまの姉さん (土曜日, 10 5月 2014 22:59)

    先日はお忙しいところお邪魔しました。
    みい太保護主の娘です。
    愛護センターの事はホームページなどで確認し、存じていました…
    犬は保護されるのに猫はなぜ殺処分なのか…ぎも

  • #8

    あまの姉さん (土曜日, 10 5月 2014 23:00)

    途中で誤って送信してしまいました
    スイマセン
    なぜ猫は殺処分なのか疑問です。
    命の重さはおなじなのに…

  • #9

    りおん (月曜日, 12 5月 2014 01:57)

    兵庫県愛護センターホームページには譲渡を前提とした引き取りはしていません、殺処分を前提としてます、となってますね。
    H24 犬の引き取り1337 殺処分1088
    猫の引き取り4022 殺処分3955
    ホームページ
    譲渡条件 すでに犬 猫を飼ってる人には 譲渡しません ほぼ100パーセントが殺されている
    兵庫県は 新動物愛護法を無視した殺す行政の最先端をいってるそうです
    殺処分を減らす一番の方法は行政は 引き取らない
    引き取らない猫は 地域猫として共生していく
    行政がこれを進めている自治体は確実に殺処分0に向かって 行ってるそうです

  • #10

    りおん (月曜日, 12 5月 2014 10:27)

    にゃんむすさんが 愛護センターの問題を投げかけてくださってますので この機会にまた重いコメントすみません
    わたしも 何も知らずに来ましたが この1 、2ヶ月でいろいろ分かってきました
    兵庫県愛護センター は 阪神淡路大震災で 動物たちのためにと8億円の寄付が集まり 保健所から今の愛護センターに建て替えられたそうです
    全国初の愛護センターで 広い敷地内に立派な建物です 動物たちを助けてほしいというおもいの寄付を使って建てられたのですから 本来なら 一匹も殺してはいけないはずですが 残念ながら 兵庫県は現在殺処分ワースト1位ですね
    あーもんさんのふるさとの長野県では 地域猫が100カ所あり すでに10カ所は 地域猫活動が終了したそうです 全てのねこたちが 地域の方に見守られ天命を全うしたのです
    りんご園のそばで 地域猫たちが暮らしているのでしょうか 行ってみたいですね
    タンポポちゃんが いた施設の猫たちは 駆除のためエサやり禁止されてます
    地域猫をお願いしましたが 効果が現れてくるのが3年かかることから 3年も待てないと言ってます
    そして 自分たちも 動物が好きだから 愛護センターには連れて行きたくない だから エサを与えず 自然淘汰させると言います
    淡路には 野良猫 捨て猫が多いため 許容範囲を超えると目を背けたくなります
    でも 目の前で タンポポが人が怖いと思いながら
    ごはんをちょーだいと懸命にアピールしてる姿を見て そんな子たちに 3年以内にいなくなれと願う動物好きがいますか
    心があるなら 目の前の子だけでも救いたいと思うはずです
    目の前で 飢えて衰弱する子たちを見ていられるなんて 動物好きなんて言わないでほしい
    全国で 地域猫が最善の方法だとして 続々成功してるのに耳を貸そうともしません
    残念です