2014年

6月

03日

タイム君、ケッパー君、セージ君、トラトラ君卒業おめでとう

 

5匹兄弟で捨てられて、カラスに突かれ怪我をした子もいて

 

猫風邪で目がグシュグシュだったりしたケッパー君たち

 

 

 

パルボが発生した保護部屋ではワクチン接種のしていない子猫を

 

受け入れるのは危険すぎると

 

リオンさんが預かりをしながら風邪の治療をしてくれました

 

ケッパー君とタイム君仲良しの兄弟一緒にお迎えです

 

 

 

 

お迎えの時間までリオンさんの服にもぐりこんで寝ているケッパー君

 

知らない場所でちょっと緊張してたけど

 

お昼寝できちゃうのはまだまだ子猫ですね~

 

 

 

あらら、タイム君も限界ですね

 

気持ちよさそうに寝てしまいましたよ

 

 

里親様はお迎えの日が楽しみでと

 

可愛いお子さんたちと一緒にいろいろ準備をしてくださいました

 

お姉ちゃんはお迎えの前日は早寝してましたよ

 

遠足の前の日みたいにドキドキしてなかなか眠れなかったかな

 

 

幸せの橋を渡って神戸っ子になりました

 

ケッパー君、タイム君卒業おめでとう

 

 

タイム君とケッパー君にそっくりな兄弟の

 

セージ君も里親様のお迎えです

 

里親様はトラトラ君かセージ君か悩んで悩んで

 

どうしても1匹を選ぶことができなくて

 

トラトラ君とセージ君の2匹を迎えてくださる事になりました

 

 

 

保護部屋であずき母さん(今はさくらちゃん)が産んだ子猫のノア君を

 

迎えてくださった里親様のお家です

 

 

猫のために広い一戸建てのお家へ引っ越しをしたそうです

 

 

さっそくお家に着いてご報告をいただきました

 

 

 

 

 

 

 

 

ノア君は初めてシャーと言ったそうです( ̄m ̄〃)

 

ご飯も食べて、お水も飲んで、トイレもできてほっと一安心

 

名前はトラトラ君がレオ君に

 

セージ君がカイ君になりました

 

他の猫さんたちに威嚇されて

 

いっちょまえにチビちゃん二人も威嚇してたそうです

 

先住猫さんと慣れるまでの間ゲージでおねんねですが

 

仲良く寄り添って寝ていたようです

 

 

「可愛くて母さん寝不足になっちゃいそうです」と

 

うれしい悲鳴も聞こえてきましたよ

 

 

幸せの橋を渡って西脇っ子になりました

 

トラトラ君、セージ君卒業おめでとう

 

 

 

 

こちらはTNRしたクーちゃん

 

数日前に怪我をしていたと聞いていましたが

 

クーちゃんの怪我を見に行ってみたら

 

足の付け根のあたりに大きな傷がパックリ口をあけていて

 

中の肉が見えていました

 

どこでこんな怪我をしたのか・・・

 

麻酔をかけて中を洗浄していただき

 

少し乾いてしまっていた切り口を少し新たに切って

 

縫いあわせていただきました

 

TNRした後の猫さんをどこまでケアできるかは

 

難しい問題で、たいていは手遅れになったり

 

姿を見なくなってしまったり

 

最後を確認できない事がほとんどだと思います

 

 

ずっと元気でとはいかないだろうけど

 

少しでも長い時間を元気に過ごして欲しいです

 

 

 

 

キジシロのチュスちゃんと、三毛猫のオークちゃん

 

14歳のおばあちゃん猫の姉妹です

 

飼い主さんの事情で一緒に暮らせなくなりました

 

明日には住んでいる場所を出なくてはいけないという

 

タイムリミットぎりぎりで

 

保護部屋にやってきました

 

 

飼い猫さんの引取りはしていないので

 

預かりというかたちで有料です

 

獣医さんにかかった時も飼い主さんに治療費は

 

請求が行きますが、今のこの保護部屋の状況で(パルボの事もですし

 

子猫シーズンが始まっているので)入居させていいのだろうか・・・・

 

隔離場所が必要で、おたけさんを階段から部屋へやっと

 

移したばかりだというのに

 

またまたこの子たちが階段です

 

 

 

子猫シーズンが始まる前に、子猫部屋は空にしておく予定が

 

チェロちゃん、ミヤちゃん、おたけさん、トマトちゃんと4匹の

 

大きくなった猫さんがゲージを使っていますので

 

 

パルボがおさまっても、子猫の引き受け場所があまり無い状況になって

 

しまっています

 

 

 

 

 ワクチンが接種できた子猫から

 

預かりさんから早く子猫の受け入れを始めないとと焦っていますが

 

悩んでいる時間も無く2匹の姉妹猫はやってきました

 

 

にゃんむすができる事は全力で里親様を探す事しかないので

 

これからこの子たちの可愛いところをいっぱい引き出して(これは

 

あーもんさんにおまかせよう)

 

 

 

 

 

余生をおだやかに暮らせるお家が見つかるとうれしいです

 

 

 

今年は何人か預かりをしてくださる人がいるおかげで

 

 

子猫たちの命をつなぐことができています

 

毎年、ピーク時にはどう頑張っても助けられない数の子たちが

 

入居できずに処分されている(又は「じゃあ、元いた場所に戻します」と

 

言われたり)のが現実なので

 

なかなか里親様が見つからない大人の猫さんを保護部屋で引き取る事は

 

とても悩むところだと思いますが

 

 

 

でもね、大人の猫さんも未来があります

 

殺処分が決まってたミヤちゃんも

 

毎日「この子が殺されなくて本当に良かった」って

 

思います

 

 

 

 

 

チュスちゃん、オークちゃんの飼い主さんも今後の見通しが立たないようで

 

里親様を探して欲しいと言っておられます

 

 

生後1~2か月の小さな子猫で大阪で保護されて

 

14年間一緒に暮らしてきた猫さんと

 

別れて住むのはどんなに辛いでしょうね

 

猫さんたちも知らない場所で怯えています

 

三毛のオークちゃんは車にゆられ、病院で健診してもらって

 

ワクチン打ってもらってきたせいか

 

よだれが出ていました

 

 

 

 

キジシロのチュスちゃんはお膝が大好きな子だそうです

 

三毛猫のオークちゃんはあまり抱っこやお膝は好まないようですが

 

飼い主さんにだけなついていたようです

 

どちらも固まって、う~う~言っていますので

 

ビビりさんですね

 

今までの名前は男の子の名前がついていたので

 

女の子っぽい名前に変えました

 

保護した時に男の子だと思ってチュー助、おっ君と名前を付けたんだそうです

 

 

里親様を募集するにあたって、男の子だと誤解を招くといけないので

 

チュスちゃんとオークちゃんにしました

 

 

2匹ともかなりインパクトのある素敵キャラですよ~

 

 

 

 階段は真夏は風が通らず、蒸し蒸しになってしまうので

 

それまでには大人の部屋へ移動したいです

 

 

 

 

 

 

 

 

トマトちゃん

 

抜糸も済んでワクチン接種も済みました

 

汚れていた毛も白くなってきたら

 

 

なかなかの美人猫さんですね~

 

甘えたでとにかくおっとりで静かなトマトちゃん

 

自分の居場所を決めたらいつもその場所にいる子です

 

 

 

 

 

バーム君の里親様が避妊手術後預かってくださっていました

 

毎日、トマトちゃんの日記をつけてくださっていて

 

術後のようすがとても詳しく書いてありました

 

保護部屋でも、猫たちの日記は書いていて

 

うんちの状態や気になった事を書き込んでいきます

 

後から病気の疑いがあった時

 

この日記はとても役にたつのです

 

持っていった術後服が大きすぎて

 

トマトちゃんサイズの物を作って着せてくださっていました

 

前にもおこうちゃんたちにもたくさん術後服を作っていただきました

 

 

預かっていただけ、本当に助かりました

 

ありがとうございました

 

 

 

 

 

 

今回パルボが発生して

 

ウィルス除菌のできる超音波加湿器が3つ届きました

 

高価な物なのでなかなか買う事ができない物でしたが

 

各部屋に設置できました

 

送ってくださった方ありがとうございます

 

 

 

大人部屋の加湿器

 

 

子猫部屋の加湿器

 

それぞれ、専用の原液も届きました

 

コハク一家の部屋の加湿器

 

今まではコンセントが一つしか無かった事や

 

古い建物で漏電の心配や、安くしていただいてる家賃に電気代が含まれて

 

いる事から、電化製品はほとんど使えなかったのですが

 

新しく配線していただいた事と

 

加湿器の電気代が1時間数円と低いため

 

使う許可が得られました

 

(暖房、冷房は電力高くてダメですけど)

 

 

 

中に入れる原液は成分は各社同じようなのですが

 

混ぜると良くないと思うので

 

どの加湿器にも『アビィ除菌消臭水』の原液を10倍に薄めて

 

入れることにしました

 

(一般の加湿器には使えないので専用の加湿器を)

 

他のメーカーの液はスプレーに入れて、ドアノブを拭いたり

 

ゲージを洗った後にスプレーしています

 

 

いつもご支援いただいている

 

AVYさんより定期的にこの原液を購入させていただきたいと思っています

 

今回、原液3Lx2と500mlスプレー2本をAVYさんに注文してくださった

 

方がおられたのですが

 

AVYさんより原液20Lにかえさせてくださいと・・・

 

保護部屋には20L届いております

 

 

 

(値段はそのままでと、差額がAVYさんからだとご連絡をいただき

 

見えないところでも保護部屋の子達のためにと

 

ご支援してくださっている事がわかりました

 

なかなかできることではないと思います)

 

 

AVYさんの所では、写真をもとにゃんこの似顔絵の入った

 

猫用の食器も作っていただけます

 

これがまた可愛いいのよ~!!

 

猫への優しい気持ちがいっぱい詰まったAVYさんの器は

 

きっと猫たちにも幸せを呼びそうな気がします

 

みなさんのお家のにゃんこにも是非

 

 

http://www.avylife.com/smp/

 

 

 

 

 

 

さくらちゃん(元ペコちゃん)は

 

避妊手術を受けて、ちょっと食欲が無ったようですが

 

ご飯食べるようになったかな

 

普段、おてんばなのにとてもゆっくり歩いてベッドにも来なかったようですが

 

お母さんのベッドにジャンプして上がって来たようで

 

さくらちゃんの負担にならないよう

 

添い寝をしてくださったようです

 

もう元気になってご飯食べたかな

 

初めての全身麻酔の手術は本当に心配ですね

 

いつものさくらちゃんに戻っていますように

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コハクたちの部屋にいたプリンセスとプリンスの事が

 

とても心配で、里親様には

 

すぐに連絡をして様子を見ていただいていましたが

 

猫風邪で獣医さんのお世話になりましたが

 

パルボ感染はありませんでした

 

 

先日無事にワクチン接種もできたそうです

 

 

名前はプリンスがコテツ君、プリンセスウがさくらちゃんになりました

 

 

 

 

 

飼い主さんの元へ戻った

 

迷い猫チャブ君(保護部屋ではキング君)

 

きっとチャブ君はお散歩してただけの所をにゃんむすに拉致されたと

 

思っているかな

 

 

短い間でしたが、うちの猫に性格や大きさも似ていたチャブ君は

 

とっても存在感があって素敵な猫さんでしたよ~

 

 

あれから落ち着くまで2~3日かかったそうですが

 

大~きな体を大きな態度で我が家を満喫していますと

 

可愛い写真が届きました( ̄m ̄〃)

 

 

抱っこもずっしり

 

抱きごたえがありましたよ

 

 

 

 

せまい子猫用ゲージから

 

少し広い3段ゲージになったおたけさん

 

なんだかきれいな猫さんになってきました

 

 

あいかわらずパンチが出ますが

 

可愛いです

 

暗い階段から明るい子猫部屋に移動しました

 

 

 

 

イカ耳も可愛いチェロですが

 

全くまだ触れないのよね~

 

ちょっと触っても棚から転げ落ちて

 

威嚇してパンチと噛み攻撃です

 

でも、ご飯の時の催促は一番かも

 

 

触ってあげられる時間も無くて

 

慣らすのにも時間がかかってしまいそう

 

 

もっと小さい時に引取りできていれば兄弟のフルートやピアノみたいに

 

早く慣れたかな

 

 

 

いつ見ても、笑えるミヤちゃん

 

にゃんむすの笑いのツボのナンバー1はミヤちゃんかも

 

 

術後服も他の猫たちが着ていると

 

「赤ちゃんみたい~!可愛い~」とスタッフから声が漏れるのですが

 

ミヤちゃんには何故か

 

「もう~ミヤちゃん~、何で~?おかしいな~

 

普通はもっと・・・」なんて聞こえてきます

 

各家庭に1匹ミヤちゃんをとすすめたくなるくらい可愛いですよ

 

 

 

 

しばらくブログ更新もできていませんでしたが

 

 

淡路島は今、たまねぎの収穫の真っ最中!

 

 

梅雨の前のお天気が続く日に一気に収穫をすませなければいけません

 

にゃんむすは、淡路島に移住してきた時に

 

犬の花ちゃんと猫の小次郎、ミミをオーストラリアから

 

連れてきました

 

向うでは花ちゃんはつながれた事がなかったため

 

室内で飼えるお家を探していましたが

 

大型犬や猫を室内で飼ってもいいという物件が見つからず

 

移住してこられないとあせっていました

 

 

 

オーストラリアに25年住んでいましたが

 

どこのお家へ行っても、犬は裏庭で自由にさせていたり、室内で飼っている

 

家しか見たことが無く、一度も紐やクサリで繋がれたままの犬って

 

見た事がなかったです(どのお家もバックヤードがあるので

 

全く繋がれた犬がいないわけでは無いのでしょうが、知り合った

 

人の中には誰も犬をつないでいる人はいなかったです

 

日本では、なかなかそういうわけにはいかないようですね

 

実家のわんこたちもつないでありました)

 

 

公園でも、トレーニングされた犬ばかりで

 

リードを付けている犬の方が少なかったですね

 

不思議と犬同士もケンカにはなりませんでした

 

 

犬も猫も家の中でいいよと家を貸してくださった方がいました

 

今住んでいるお家を建てている間

 

お世話になったお家の大家さんが農家さんなので

 

玉ねぎの収穫のお手伝いに畑に行ってたのです

 

 

 

 

今年は夏のような暑さで辛かったですが

 

雨が降る前に全部収穫も終わりほっとしています

 

労賃を払うと言うおばあちゃんに

 

恩返しのつもりでやっているのでいらないと言っているのですが

 

いつもどこかにこっそりお金が入れてあります

 

昨年は車の中のバッグに入っていたので

 

今年は車に鍵をかけておいたのですが

 

縁側に無造作においてあったビニール袋に入ってたエプロンを

 

おばあちゃんが「こんな派手な色のエプロンもらっても

 

おばあさんよう使わんわ~、にゃんむすさん使うけ~?」と

 

差出しました

 

保護部屋で使える!って思っていただいたのですが

 

 

家に帰ってひろげてみると

 

エプロンのポケットにお金が・・・・

 

 

今度おばあさんに何かごちそうしよう

 

 

 

 

 子猫シーズンの一番忙しい時に

 

保護部屋をお休みさせていただいてて

 

里親様の案内も、獣医さん通いも、猫たちのお世話も

 

スタッフのみなさんがどんなに大変だった事でしょう

 

 

メールのお返事も緊急のものしか返信できていなくて

 

ご支援のお礼や近況報告への喜びをお伝えできなくて

 

申し訳ないのですが、ブログの記事ですみませんが

 

いつも本当にありがとうございます

 

新しく入居待ちの子猫たちの写真も載せていきますので

 

保護部屋に入る前にご縁があるとうれしいです

 

ワクチン接種をできるだけ保護主さんや預かりさんのところにいる間に

 

していただいていますが

 

効果がでるのに2週間ほどかかり

 

すぐに保護部屋に入れるわけにはいかないので

 

写真でこの子だって思う子がいましたら

 

ご連絡をお願いいたします

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タラちゃん

 

順調に体重も増えてきました

 

少し体に揺れがあり、これは後遺症で残るかもしれませんが

 

今はとにかく、元気になる事だけを考えて頑張ろうね

 

 

 

 

カツオ君とサザエちゃん

 

良く遊び、良く食べ、良く寝ます

 

猫らしい猫生活を送っております

 

タラちゃんも、もう少し元気になったら

 

一緒に遊んであげてね

 

 

パルボは治ってからもウィルスを排出し続けます

 

待ってくださっている里親様には本当に申し訳ないのですが

 

個人差もあり、数週間から数カ月(長い子は半年ほど)

 

ウィルスを出すそうなので

 

先住猫さんにワクチンが打ってあったとしても

 

ウィルスを保護部屋から外部へ運んでしまう事は

 

避けるようにと獣医さんからのアドバイスもあり

 

いつ迎えられるかわからないこの子たちを待つのは

 

先住猫さんへのお友達にという事もあり

 

新しくご縁を見つけていくことをお話しています

 

 

いろいろお互い考えて考えて

 

悩んで悩んで

 

答えは簡単には出ませんが

 

この子たちの募集は停止させていただく事になりました

 

治療に専念し

 

パルボの遺伝子検査(微量のウィルスもわかる検査があります)で

 

安心できる時がきましたら

 

改めて里親さんを募集しようと思っております

 

辛い思いをされた里親様は

 

いつもいつもこの子たちを応援してくださり

 

一緒に暮らす日を楽しみにしておられました

 

 

待っている里親様がいてくださったおかげで

 

頑張って病気を治して幸せになろうねと

 

この子たちを励ましてあげることができました

 

本当にありがとうございました

 

 

 

 

 

 

 

 

コハクちゃんも体重を計らせてくれないのですが

 

元の体重に戻ってきているような気がします

 

 

コハクちゃんも里親さんの募集を停止いたします

 

私たちも初めての事なので手さぐり状態ですが

 

後から後悔するような事が無いよう

 

もう大丈夫と確信持てる時が来るまで

 

またひっかかれながら、噛みつかれながら

 

喜んでお世話させてもらいますよコハクちゃん

 

 

 

 

 

*********皆様から届きましたご支援のご報告**********

 

洲本市 M.F様    術後服1枚

 

群馬県 O様ご夫婦  哺乳瓶8個

 

神戸市 H.U様    3000円

 

姫路市 K様ご夫婦  3000円

 

洲本市 C.D様     10000円 猫砂2袋,子猫用粉ミルク2缶,毛布1枚,

           消臭シート1袋、爪とぎ1個

 

西宮市 S様ご家族  猫砂2袋、哺乳器1個、パウチ18個、おもちゃ1個

           おやつ6袋

 

 

 たくさんのご支援をいつもありがとうございます

 

大切に使わせていただきますね

 

始まったばかりの子猫シーズンですが

 

気を引き締めて頑張っていきたいと思います

 

では、今日もあーもんさん、POPTEKOさんのブログへ行ってみましょう~

 

 

http://aamonndaisuki2.blog.fc2.com/

 

http://blog.goo.ne.jp/popteko

 

 

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    ひまわりママ (水曜日, 04 6月 2014 00:36)

    治療に専念するための里親募集停止。・・・難しい、辛い決断ですね。でも、画面を通じてもわかるパルボの脅威。きっと目の当たりにされてきた保護部屋の皆さんにとって、広げないための譲れない決断だったでしょう。そんなに長い間排出されるのだと初めて知りました。
    こんなに頑張って死線を越えてきた子達です、きっと素敵なご縁が待っていると確信できますね。
    それにしても元大家のおばあちゃま、にゃんむすさんのお母さんみたいですね!どんなにおばちゃんになっても娘は娘、いつまでも小さい子みたいに心配する日本のお母さん(^艸^)なんだか心温まるエピソードでほっぺたが緩みました。
    パルボの一掃ももう一息です。この暑さではお疲れが出やすいでしょうが、くれぐれもご自愛ください。

  • #2

    O.Y (水曜日, 04 6月 2014 16:52)


    淡路島は美味しいタマネギの産地でしたね。
    広いタマネギ畑での収穫作業は重労働です。
    お疲れ様でした。

    我が家は去年 縁あって仙台から5歳と2歳のにゃんこを迎えました。
    20歳11ヶ月で家で生まれた子を看取りやはり猫のいない生活は考えられないので迎えることになりました。
    私達夫婦もいい歳なので あえて大人の猫さんにきめました。
    大人の猫さんも心を開いてくれた時は最高ですね。
    どうぞ 大人の猫さんたちに優しい素敵な里親様が現れてくださいますように…

    (主人が「この子は可愛いね。」とトマトちゃんの写真を見て言っていました。)