2014年

3月

12日

TNRの難しさ

 

みなさま暖かいコメントをありがとうございます

 

 

 

気持ちを引き締め頑張って生きている子たちが不安にならないよう

 

今日も笑顔でニャンズのお世話をスタッフみんなで頑張りました

 

 

 

 

写真の猫さんを「おまつさん?」と思った方も多いと思いますが

 

この子はおはるさん

 

近所の漁港で餌やりをしているおばちゃんが

 

メスはこのおはるさんで最後だと言うので

 

何度か捕獲しようと試みたのですが

 

警戒心が強くあきらめかけていた時に

 

漁港で働く女性が捕獲成功したと連絡が入り

 

すぐに迎えに行って翌日避妊手術をすることができました

 

 

 

 

 

 

 

初めて耳にカットを入れていただきましたが

 

きれいな耳を傷つけるのは本当に心が痛みます

 

抜糸するまでの間保護部屋のゲージでお世話をしましたが

 

一度もリラックスできず、常にこの体制でいました

 

 

おまつに里親様が見つかった事で

 

どの子もみんな里親探しをしていきたいと思っていましたが

 

すでに大人部屋の大きなゲージは満室で

 

子猫用の小さなゲージにミクちゃん、おまめちゃん、おうめちゃん

 

アリスちゃんが入っています

 

 

本来ならゲージが一つ空いたら次の待ってる子を迎えるようにしていますが

 

TNR予定でたくさんの子を保護したけれど里親さんを探す事にしたので

 

今のような状況になってしまいました

 

1匹の大人の猫が一つのゲージに入ると3匹の子猫の受け入れができなく

 

なります。それはその子猫たちの死につながるケースが多いため

 

どこかで線をひかなければいけないのですが

 

本当に難しい選択です

 

 

 

 

 

おはるさんを保護するならTNRしなければいけないのに

 

心の迷いに負けるなら保護しない方がいいんじゃないかと

 

悩んで悩んでTNRする決心をしました

 

保護部屋には10日間ほどの滞在となりました

 

 

 

 

2日前におはるさんをキャリーに入れて

 

漁港に行きました

 

餌やりさんの顔を見ると大きな声で「ぎゃお~んぎゃお~ん」と

 

鳴きながら飛びだし

 

知らない場所で怖かった事を一生懸命話しているように見えました

 

 

 

 

お家の方へごはんを毎日もらいに来るそうなので

 

 

おはるとおまめはお家でお世話をできるそうです

 

(今までどおり漁港や山にも自由に行き来するのですが)

 

 

 

 

 

毎日カチカチに固まっているおまめさん

 

漁港のおばちゃんのお家に帰ろうか

 

 

 

にゃんむすもこれからは怪我をしてたら治療してあげたり

 

おばちゃんが旅行や娘さんに会いに長期で出かける時は

 

お世話のお手伝いができるので

 

漁港で見守っていきたいと思っています

 

 

おまめさんの子供たちや孫たちが里親様のもとで幸せになり

 

おまめさんもいつか家族ができる事を祈っている方がたくさんいるので

 

本当にこれで良かったのだろうかと

 

自分の本当の気持ちはどうなんだろうかと

 

おまめさんはどうして欲しいのかなと

 

保護してからほとんど身動きしないで固まっているおまめさんを見て

 

ずっと考えてきました

 

おまめさんの事を応援して見守ってきてくださった方には

 

本当に申し訳なく、期待を裏切るようなかたちになってしまい

 

ごめんなさい

 

 

 

 

 

おばちゃんは夕方帰ってくるというので

 

お家の前でキャリーを開けました

 

走って去って行きましたが

 

振り返り「にゃー」と鳴きました

 

 

おまめ元気でね、今度会う時はにゃんむすを見たら逃げちゃうのかな

 

 

 

車に戻ろうとしたら聞き覚えのあるだみ声が「ぎゃお~ん」

 

あ~!おはる~!

 

 

昨日姿を現さないとおばちゃんが心配していましたが

 

おばちゃんが帰ってくるのを待ってたんだね

 

「おはる!」と呼ぶとなんとダッシュで駆け寄ってきました

 

保護部屋では撫でてもイカ耳全開でトイレの隅に頭突っ込んでいたのに~

 

 

 

 

 

 

 

焼かつおとカリカリをたんまりあげてきました

 

昨日はどこに隠れていたの?

 

おばちゃんのところに帰るんだよ

 

 

 

 

おはるの元気な姿を見てほっとしました

 

 

おまめにもこうしてここで会えるよね

 

なんて思っていたら

 

おまめが出てきました

 

こ、こんなに早い再会になるとは

 

鳴きながら近寄ってきたのがおまめさん

 

そして後ろから来た黒猫さんはあずきちゃんの子だそうです

 

昨年の春にシャム系の子と黒猫を産んだのは聞いていましたが

 

ずっと行方がわからなくなっていたのに

 

数週間前に戻ってきたそうです

 

全身黒ではなく茶色の毛が半分生えているので

 

たぶん間違いないそうです

 

 

 

 

 

この写真は8月にあずきちゃんを保護するためにノミダニ駆除の

 

レボリューションをしに来たのですが、子猫がいたので

 

この子も一緒にクスリを首の後ろにつけました

 

 

翌日キャリーを持って行くとあずきちゃんしかおらず

 

この子はそれっきり姿を見せなかったのです

 

もう1匹の子のシャム系の子はこの頃両目がふさがってしまってて

 

漁港の方には出てきていませんでした

 

 

 

 

 

 

おまめの孫にあたるわけですね

 

茶色の毛が不思議な感じですが

 

そういえばおまめは鼻の先だけが茶色かったね

 

 

 

おまめ一族の家系図に新たに入ったこの子はグリンピーと名付けました

 

 

もう1匹おまめ一族とわかった子がいます

 

 

 

 

 

おまめの子でチロちゃんと一緒に生まれた兄弟のゴロ太

 

 

 

淡路島に引っ越し準備で来た時にお腹の大きなおまめを見たのが

 

2010年9月

 

3年と6か月かかりましたが

 

おまめ一族の他になると君、カノン&シオン(凛ちゃん&悟空君) シャム

 

の4匹を保護して里親様のもとへ

 

引っ越して来て1匹目の保護した猫は我が家に迎え

 

漁港には妊娠する恐れのある子はいなくなりました

 

 

 

 

 

オスは全部で6匹(1匹まだ会ったことが無いので写真が無いですが)

 

メスはおまつとおはるの2匹

 

 

おまめ一族の里親様

 

いつかまた淡路島に来ることがありましたら

 

漁港でおまめたちに会っていただけるととてもうれしいです

 

その時は案内させてくださいね

 

 

さきほどおばちゃんからおまつとおまめがそろってお家に戻ってきたと

 

電話がありました

 

あんなに食べたのにごはん催促してたようです

 

 

鳴きむしと食いしん坊は一族に遺伝していますね

 

 

広い漁港なので少し離れた船着き場や水揚げ場には

 

まだまだたくさんの猫たちがいるのですが

 

(ジブリ兄弟のポピー君(元トトロ君)夢ちゃん(元ナウシカちゃん)

 

空ちゃん(元ハウル君)はこの水揚げ場の方から保護した子達です)

 

あまり立ち入りしていない場所なので猫の数も把握できていません

 

 

バス停、ショッピングセンター周辺、お寺の3か所が

 

次の目標地なので

 

まだまだ何年かかるかわかりませんが

 

保護部屋の子たちのお世話をしながら

 

できる時に少しずつでもやっていければと思っています

 

 

 

 

******みなさまから届きましたご支援のご報告*******

 

 

洲本市     T.M様   10000円

 

南あわじ市   K.S様   15000円

 

福岡県  にゃんむす部 姫丸様  白子玉5つ 首輪5つ

 

群馬県 O様、 大阪府 K様、 茨城県 Y様 にゃんぶくろ7枚

 

 

いつもたくさんのご寄附をありがとうございます

 

にゃんぶくろもビビりっ子たちのお迎えの時に安心するので

 

里親様へお渡しする事も多く、大変助かります

 

白子玉と首輪は猫グッズ販売をさせていただきますね

 

TNR積立金より おまつ、おはるの避妊手術代に30000円

 

使わせていただきました

 

 

 

 

では、今日も楽しい可愛いにゃんずがいっぱいの

 

あーもんさんPOPTEKOさんのブログへ行ってみましょう~

 

http://aamonndaisuki2.blog.fc2.com/

 

http://blog.goo.ne.jp/popteko

 

 

 

 

 

コメントをお書きください

コメント: 21
  • #1

    ジヨン母さん (木曜日, 13 3月 2014 00:28)

    にゃんむすさん、お気持ち凄く分かります
    それぞれの猫ちゃんの生き方があるんだと思います…それを見極めるのはとても難しい事ですよね…

    ジヨンのルーツでもあるので、漁港に行ってみたかったんです!
    里帰りした時は是非とも案内お願い致します!

  • #2

    ノアママ (木曜日, 13 3月 2014 01:11)

    にゃんむすさんの判断は、間違ってはないと思いますよ。
    馴れない保護部屋で、怯えている毎日。
    おまめにとっては、苦痛だったかもしれないですね。
    でも、漁港で待ってくれている人がいるとの事。
    安心しました。

    私も、ジヨン母さん同様、漁港に行ってみたいと思ってました~(*≧∀≦*)
    漁港に行けば、ノアのお父さん猫に会えるのかな?って妄想したり。
    漁港だけじゃなく、また、保護部屋にもお邪魔させてくださいねー。

  • #3

    噂の神戸SSアメリオさつきままん (木曜日, 13 3月 2014 01:19)

    おまめ一族の家系図わかりやすいですね^^
    おまめ&おはるさんに再会できて、おばちゃん嬉しかったでしょうね
    おはるさんがおまつさんそっくりで超べっぴんさん!
    ところでおまつさん&オパールは仲良くしてるかな?
    淡路はポピィ君のような綺麗なシャム系が多いですね
    あ、ポピィ君のブログ毎回楽しみに拝見させてもらってます^^

    グリンピースじゃなくてグリンピーになったのは、
    グリンピース君が過去にいたのでしょうか

  • #4

    なっつママ (木曜日, 13 3月 2014 01:28)

    うちのなっつの母耳にカットを入れました。
    保護前は撫でることも出来ていましたが保護となるとまだ5匹の仔猫がそばにいたので怒るかもしれないし、
    保護時にかなり抵抗して噛まれ引っ掛かれたので家猫修行を断念してリリースになるかもしれなかったからです。
    近所では避妊については無知で可哀想という人が多いです。
    だからこそ手本にならなくちゃ、という考えが起きました。
    もし野良に帰って誰かに保護されて避妊してあるのにお腹を開けられたら可哀想だし、と思いました。
    たとえ家で飼うにしても万が一脱走しても避妊してあることが一目でわかれば乱暴な事はされないと思ったからです。
    幸いなことに脱走してもちゃんと戻ってきたし家猫として可愛い仕草を見せてくれてるので確かに耳カットは不要だったかもしれないけど、
    「あんたんちの猫が子供を生んだから責任取れ」と言われる事もないし。
    近所には野良猫に餌をあげてる人がいますが本人曰く避妊はしてあるとすごい剣幕で怒鳴ります。
    耳カットがないので本当かどうかわかりません。
    うちの姑曰く、
    あの人は野良猫にお金を掛ける人じゃないと言っているのでしてないような気がします。

    耳カットは確かに耳の先が奇形みたいにも見えるし可哀想な行為ですが、
    猫ちゃんの為にも人間の為にも良いんじゃないかな、と思います。


    猫の繁殖力ってスゴいですね、まさにねずみ算。
    不幸な猫ちゃんを増やさないためにもTNRは必要ですね、
    にゃんむすさん頑張って下さい。

  • #5

    ひまわりママ (木曜日, 13 3月 2014 02:46)

     しばらく見にこれなかったので、まとめて読ませていただきました。
     もう、涙無には読めませんでした。いつもいつも卒業の文字を探しながら読んでいます。でも、どういようもないことってありますね。
     その子のために一番いい方法を考えるって難しいです。今回の決断は、とても勇気のいることだったと思います。誰だって温かいおうちがあるほうが幸せだと感じますよ。でも、こんな野良生活もこの子たちには一番だったんですね。
     最近、よく考えます。ひまわりにとってうちに来ることが本当に良かったことなのかなって。うちに来なければ健康なお腹を切らなくても良かったかもしれない。狭いマンションの中だけでなく広い空や鳥たちと仲良くなれていたのかもしれない。答えは出ないんですよね。
     でも、私はひまわりがいてくれて本当に幸せです。命があって、温かいってそれだけで幸せな気分にしてくれます。私のエゴにつき合わせる代わりに最後まで大事にするからねっていつも抱きしめています。
     にゃんむすさん、ひまわりを保護してくれてありがとうございます。これからも難しい決断やつらい思いをされることが多いかと思いますが、少なくとも私たち里親はにゃんむすさんのおかげで幸せになれています。どうかお体に気をつけて、にゃんこが大好きなにゃんむすさんでいてください。

  • #6

    O.Y (木曜日, 13 3月 2014 18:21)

    おまめさんは無事漁港の優しいおばちゃんの所に帰りましたね。
    おはるさんも「ありがとう!」と言っているように姿をあらわして
    ごはんを催促ですね。
    TNRの難しさ…お世話して下さった方は本当に色々決断しなくてはならず悩みますよね。
    おまめさんとおはるさんは優しいおばちゃんの近くが一番幸せなのではないでしょうか?
    にゃんむすさんや保護部屋でお世話して下さった皆様 お疲れ様でした。

  • #7

    さくらママ (木曜日, 13 3月 2014 19:32)

    にゃんむすさん始め、保護部屋の皆様には
    いつも感謝と尊敬の気持ちでいっぱいです。

    おまめさんは、避妊手術をした事で、これからの人生での危険にさらされるリスクが減ったのだと思います。
    それだけでも凄い事ですよね。
    漁港でおまめさんらしい毎日を過ごしてくれると思いますし、私も漁港に会いに行きたいと思いますので、その時はよろしくお願いします!!


  • #8

    さくらママ (木曜日, 13 3月 2014 19:38)

    おまめ家系図ありがとうございました!!
    こんな立派な

  • #9

    何回もすみません (木曜日, 13 3月 2014 19:40)

    立派な家系図大切にしますね!
    そしてさくらの子供達の事
    とても気になります。
    ありがとうございました!!

  • #10

    ちーよん (木曜日, 13 3月 2014 22:45)

    おまめさんとおはるさんには、漁港での使命があったんですね、きっと。
    淡路初のさくら猫、(かもしれない?)、なんか感激します。

  • #11

    ぽてと (金曜日, 14 3月 2014 16:11)


    ひまわりのママさんへ

    ひまわりちゃん、家猫になれて幸せだと思います。
    野良猫から家猫になれる子って、ほんの一握りだと思いますし、
    ひまわりちゃんは腎臓が悪いようなので、お外で生きて行くのは難しいと思います。

    避妊手術は私は必要だと思います(1匹のメスが年に2~3回、都度4匹産むとして1年で12匹増えるでしょうか)
    手術しなければ、発情して家出してしまう心配もありますし。

    ひまわりちゃんを迎えに行かれた時にご主人がひまわりちゃんを見て、チューしていたとブログにあったと思います。
    こんな旦那さんならなーーと思いました。

    ひまわりちゃんは幸せですよ!!

  • #12

    ぽてと (金曜日, 14 3月 2014 16:19)


    おまめ一族の家系図、すごいですね。
    ゴロ太君、可愛いし、ジャイアンは味のある顔をしていますね。

    TNR、私も1週間がかり、5回目でやっと捕獲出来ました。
    (捕獲器まで買いました)
    メスなような気がしていたので、中猫位の小さめの子だったのですが、焦っていたのですが、やはりメスでした。
    でも妊娠しておらず(発情はしていた)妊娠する前に手術出来て良かったです。
    保護部屋のように子猫を産ませて、里親探し出来ないので。

  • #13

    ひまわりママ (日曜日, 16 3月 2014 00:35)

    ぽてとさん、ありがとうございます。なんか、ほっとしました。頭ではわかっていても、やはり体にメスをいれるのは決断が必要でした。
    いまではひまわりは私たちのちゅーまみれです(笑)体をこれ以上いためることのないように、大事にしてやりたいと思います。

  • #14

    musubichan (日曜日, 16 3月 2014 18:46)

    ジヨン母さん、ノアままさん、さくらママさん
    そう言っていただけると気持ちがとても楽になります
    何が一番良いのかこれからも悩みそうですが
    この先も元気でこの子たちが暮らせる環境であって欲しいです

    おまめに会おうツアー是非実現させてくださいね~

    お父ちゃん猫はたぶんジャイアンのような気がします( ´艸`)
    みんなおまめやさくらちゃんに似て良かったわ

  • #15

    musubichan (日曜日, 16 3月 2014 18:53)

    噂の神戸SSアメリオさつきままん さん

    漁港の子たちはべっぴんさん揃いですよね~
    みんなほんと可愛いのよね
    シャム系が多いのが本当に不思議です
    ポピー君のブログ私も大好きです♪
    おまつはご飯催促してるだろうけどオパールと仲良くなってると
    いいですね
    グリンピーは単数?だからとっさにグリンピースじゃなくグリンピーかしらと思ったのですが
    グリンピースって一粒でもグリンピースって言うのかしら~
    誰か知ってたら教えて欲しいわ~

  • #16

    musubichan (日曜日, 16 3月 2014 19:00)

    なっつママさん
    保護する時は噛まれたり引っ掻かれたりで大変だったのですね
    今回いろいろ獣医さんで耳カットをしてもらえるかも
    聞いてみたのですが、1軒の獣医さんから
    「うちは耳カットはしません」と言ってた先生がいました
    理由までは聞きませんでしたが

    こんな事をしなくてもいい日本になってほしいですね
    オーストラリアでは耳の内側に青い入れ墨を入れていましたが
    日本では入れ墨に対する感じ方も違うのでできないのでしょうね
    うっすら水色の入れ墨なのでTNRしたい人には
    捕獲してからじゃないと見分けがつかないのも大きな問題でしょうね。野良猫がほとんどいなかった国だからTNRはする人がいないからぱっと見てみわけがつかなくても良かったのでしょう

  • #17

    musubichan (日曜日, 16 3月 2014 19:05)

    ひまわりママさん

    私たちがやっている事が猫にとって本当に良い事ばかりではなく
    結果的に可愛そうな事をしているような気がして
    何か決断するときは本当に悩みますね
    一人だったらどうすることもできないけれど
    スタッフがみんな猫の幸せを一番に考えて
    話しあいすることでひとつひとつ乗り越えていけるのだと思います

    ひまわりは最高に幸せそうなお顔でオテンバしてますよ~
    こんなに愛されて大切にしてもらって
    ひまわりだけでなく私たちも幸せな気持ちにしてもらっています
    ありがとうございます

  • #18

    musubichan (日曜日, 16 3月 2014 19:10)

    O.Yさん

    漁港で生まれ育って60年以上暮らすおんばちゃんです
    ずっとずっと猫たちを見てきてうれしいことや辛い事
    いっぱいあったと思います

    里親様からの近況報告をコピーして時々お渡しするのですが
    何度も何度も呼んでうれしくて涙が出ると言っていました

    これからもこの子たちにお魚を買いに来るたび会えるので
    おばちゃんと一緒にケアしてあげれたらと思います

  • #19

    musubichan (日曜日, 16 3月 2014 19:16)

    ちーよんさん

    おまめは漁港では強い存在だそうで
    オスもたじたじって感じでしょうか
    お春は他の子とよくつるんでいましたよ

    さくら猫はたしかすでにいるはずです~
    獣医さんで前にもカットをしたことがあると言っていましたし
    主人の職場に集まってくる猫たちもみんなカットがしてあったそうです
    保護団体ではなく、きっと個人でしているはずだから
    最初はきっと悩んだり、捕獲が大変だったりしたのではと
    思います

  • #20

    musubichan (日曜日, 16 3月 2014 19:23)

    ポテトさん

    ひまわりのお迎えの日を私もよく覚えていますよ~
    絶対この子めちゃめちゃ可愛がられるよぉぉぉぉ~って
    里親様にお会いして思ったもの

    今日はおはるとじゃいあんとキントキが一緒にひなたぼっこしてました
    ごろ太は魚屋の裏口で魚待ってましたけど~

    捕獲した子妊娠する前で良かったですね
    もうこの時期はけっこう妊娠してお腹大きい子が多いので
    気になっていながら保護できずにいる猫もたくさんいます

    節分までには避妊手術しないと妊娠してる確率が高いようです

  • #21

    メルママ (木曜日, 08 5月 2014 10:14)

    TNRの難しさはつくづく感じるこの頃です。少しでも不幸な猫達を
    減らすために日夜公園に住みついた猫を捕まえては獣医に連れていき去勢をして、また元の場所に戻し、毎日餌を与える。

    少しでも猫ちゃん達の毎日が穏やかで幸せであってほしいと思いますが、公園に健康のために運動をしに来る人間の中には猫達に向けて石を投げたり、棒で猫達を殴ったり、猫用水のみの入れものを捨てたり、身体は健康でも心が不健康な人間が後を絶たず、思わずそんな人間に神様の罰があたる事を祈る毎日です。

    こんな日本の状況がいつかは変わり、少しでもオーストラリアの動物愛護の水準まで上げることができるのでしょうかね? 

    猫達に石を投げるおっさんの良い対処方法を教えてください。