2014年

3月

07日

ミルちゃんの世界

 

 

3月1日の午後

 

ルビー母さんから一番最初に生まれた白黒子猫のミルちゃん

 

 

 

みんな無事に元気に生まれてきたと喜んでいましたが

 

 

 

 

お乳もよく出る場所を選んで飲んでいたのですが

 

 

 

今日で生まれてたった1週間ですが

 

ミルちゃんはお空へ旅立ってしまいました

 

 

 

ミルちゃんの世界はルビー母さんのやさしい匂いと

 

暖かさとふわふわと気持ちいい世界だったと思います

 

 

小さな小さな命の炎が消えていくとき

 

自分たちの無力になんとも言えない気持ちになりますが

 

人も猫も今ある命をあたりまえだと思わないで

 

感謝の気持ちで生きていかなくちゃね

 

ミルちゃん今ならコハク母さんのお腹にこっそり入っても

 

大丈夫だよ

 

もう一度生まれておいで

 

待ってるよ

 

 

 

 

 

 

コメント: 9 (ディスカッションは終了しました。)
  • #1

    コチャピ (土曜日, 08 3月 2014 01:11)

    ミルちゃんの一週間の猫生は、あたたかな幸せにつつまれた一生
    だったと思います。
    いのちの大切さを教えてくれてありがとう。
    きっと元気で生まれ変わってくれることを信じています。

  • #2

    ひーたん (土曜日, 08 3月 2014 09:10)

    ミルちゃんの1週間はとても幸せでしたね。
    コハクちゃんのお腹にこっそり入ってるかもしれませんね。
    うちの世話好きだった暖音ちゃんにお世話をお願いしておきます。
    また生まれ変わって出会えるの待ってるよ~

  • #3

    O.Y (土曜日, 08 3月 2014 10:32)

    ミルちゃん お乳もよく出るところに吸い付いて一生懸命だったのに…

    悲しいです。

    どうか他の兄弟にゃんこたち元気に大きく育って下さい。

  • #4

    コスモちゃんママ (土曜日, 08 3月 2014 18:48)

    こんにちは。泣いてしまいました。残された兄弟が元気に育ちますように。コスモちゃん元気ですよ。また写真送ります

  • #5

    なっつママ (土曜日, 08 3月 2014 20:24)

    3月とはいえ、まだまだ寒いこの季節。
    野良のまま産まれてたら1週間も生きてられなかったかもしれない運命だったのかもしれない。
    でも運命と片付けるには悲しすぎます。
    たくさんお世話してたら避けては通れない道ということは分かりますが小さな命に残酷な試練を与えすぎてすね、神様は。

    残された兄弟たちはミルちゃんの分まで元気ですくすく育ちますように。

  • #6

    ヨッピー (土曜日, 08 3月 2014 21:18)

    もっと苦しい思いをしなくてすむように神様が迎えに来てくださったのかも知れないね。大丈夫、今度は元気なやんちゃさんに生まれ変わってくる。ミルちゃん、待っていますよ。

  • #7

    musubichan (土曜日, 08 3月 2014 22:11)

    みなさまコメントありがとうございます

    子猫たちは少し早産だったのか
    みんな体重がとても少ないです

    元気に育ちますように

  • #8

    Ueda (月曜日, 10 3月 2014 11:19)


    大丈夫だと思っていたのですが・・・。

    祈っていたのですが…。

    今度は元気な子になって戻ってきてね。

  • #9

    musubichan (火曜日, 11 3月 2014 00:50)

    uedaさん

    私たちではどうする事もできない時がありますが
    命の大切さを子猫が教えてくれたような気がします

    小さな命の炎が消える時は辛いですが
    生きている子たちに受け継だれた火を消さないよう
    頑張りたいです