2012年

9月

28日

段ボールの中には。。。

 

保護部屋の前に捨てられた

 

段ボール箱

 

中には子猫が入っていました

 

きっと人目につかない暗い時間に

 

置いていったのでしょうね

 

真っ暗な箱の中、母猫と離れ

 

どんなに不安で長い時間だったろうね

 

開けた時はうんちにまみれていたそうです

 

生後4週~5週でしょうか。。。

 

女の子です。名前は胡桃(クルミ)ちゃんに。

 

廊下にケージを置きましたが、真菌が移って

 

しまうと心配でしたが

 

どうやらこの子も真菌症かな?

 

足のかかとが両方ハゲハゲで耳の先も

 

カビが生えているような感じです

 

首もガサガサでノミのフンがたくさんついています

 

 

 

この大きさではクスリは無理だろうから

 

なめても大丈夫の消毒でふいてあげています

 

保護部屋の前に防犯カメラをつけようか?

 

なんて話しましたが

 

保護部屋の前に捨てることができなかったら

 

その人はきっと山に捨ててしまうよね?

 

そしたら、こんな可愛い子が飢えてさまよって

 

苦しんで死んでしまうんだよね?

 

だったらこうして尊い命を救うことができたのなら

 

喜びましょう

 

胡桃ちゃん、こんな猫生の始まりでも生きて保護された事があなたの運の転機に

 

なったならいいね

 

 

 

 

 

 

階段でひとりぼっちのみなみちゃん

 

今日も一番最初にいっぱい抱っこして

 

いっぱいお話ししてきました

 

でも他の子を触ったら近づけないから

 

今日も前を通るたびに

 

必死で手を伸ばして「行かないで~!」

 

「抱っこして~」と叫びます

 

写真の100倍実物は可愛いですよ~

 

これから寒い季節、みなみちゃんと暖かい冬をむかえませんか?

 

 

 

 

 

 

 

4週間前に里親様のもとへ

 

行ったりすちゃんが帰ってきました

 

私が糸を結び間違えたのです

 

里親様はお見合いの日、ガク君を

 

お申込みされていました

 

しかし、ワクチン接種で風邪の症状が出て

 

真菌症のカビが鼻や口元に出ていて

 

私たち自身どうやって治療をしていくのか

 

どんな治療が効果があるのかかなりパニクッている

 

時でした。

 

初めて猫を飼う里親様に大変な思いをさせたくないという思いから

 

治療の必要ない子にしてはどうかとすすめました

 

 

里親様はものすごく悩み、「少し考えさせてください」と一旦保護部屋を

 

出て行かれました

 

しばらくして戻ってこられ、リスちゃんを選び連れて帰ってくださいました

 

ガク君の治療が大変だからではなく、自分たちにちゃんと治療できるかと

 

いう不安から、ガク君のためには引き取らない方がいいのではという思いだったようです

 

 

 

 

その日はキジトラのタイ君が里親様に迎えていただき

 

その里親様は駐車場で悩んでおられるご夫婦にお会いになったようです

 

ガク君がそんな状態で「じゃあ他の猫をというのは違うんじゃないか?」

 

と他の子をもらうことに抵抗を感じていたそうです。

 

(タイ君の里親様からその話を聞いて、私は里親様に

 

安易にほかの猫をすすめたことをとても後悔しました)

 

ほとんどの里親様が写真を見て何かを感じ、お申込みをしてから

 

その子の顔を思い浮かべ、その子との生活を楽しみにしてやってくるのですもの

 

気持ちの切り替えは相手が生き物の場合本当に難しいと思います

 

 

 

りすちゃんは保護部屋でもかなりのやんちゃ娘で

 

他の子猫と一緒にすると、どの子よりもパワフルで疲れ知らずなところがありました

 

ちょうど噛む癖が出る時期でもあり、里親様に飛びかかっては噛みついていたようです

 

私やリスちゃんを保護した仲間は今も家に噛みつくワイルドな猫がいますし

 

今までに数えきれないほど猫には噛まれてきていて、子猫が飛びついて噛むくらいは

 

何でもないことなので、凶暴な猫になってもうまくやっていく方法を今までの経験で身に

 

つけてきました。

 

でももしこれが初めての猫でどう扱っていいのかわからなかったら

 

力もどんどん強くなっていくリスちゃんを見て

 

里親様はきっととても不安になったことでしょう。

 

先週、一度りすちゃんを返したいとお話しがあった後

 

「もう1週間いいですか?」と、里親様はりすちゃんとうまくやっていこうと

 

努力されました。リスちゃんは真菌症にも実は感染していて

 

里親様のお家に行ってすぐ治療していただいてたのです

 

もう私たちはじゅうぶん里親様の気持ちが伝わり、本当に申し訳ない気持ちと

 

ありがとうの気持ちでいっぱいです。

 

りすちゃんの首には可愛い首輪に「ももちゃん」と新しい名前が刺繍してありました

 

おもちゃもいっぱい買ってもらってお家を手作りで作られたり

 

本当に愛情いっぱい育ててくださいました

 

 

最初からガク君がこちらの里親様には運命の糸が結ばれるはずだったのかもしれないね

 

里親様は猫を飼うことをあきらめようかとも思ったそうで

 

ケージなどを寄付しようかとも考えていたようです

 

それでもガク君をと申し込んでいただけ、トライアルというかたちで

 

気持ち新たに猫との生活に挑戦です。

 

結果がどうであっても私は里親様にとても感謝いたします

 

 

まだしばらくお薬を飲ませていただくことになりましたが

 

ガク君をよろしくお願いいたします

 

 

 

間違った糸を結んでしまうと絡まったり、切れたりするのだと

 

思いました。

 

お見合いで里親様が申込みをした子ではなく他の猫を直観で決めるときはその直観を信じ

 

里親様が運命のようなものを感じて最初から決めていた子だけを見ていたら

 

他の子をすすめたりしてはいけないですね

 

 

 

私たちにもとても貴重な経験でした

 

 

さて、やんちゃ娘のりすちゃん!あなたの本当の運命の里親様が

 

見つけてくれるまでに噛み癖を治しましょうか?

 

噛まれ慣れてる里親様かもしれないけどね( ´艸`)

 

 

 

りすちゃん!

 

おかえりなさい

 

ふっくらして、毛並も良くなってお姫様みたいだよ♪

 

 

 

 

 

 

 

コメント: 2 (ディスカッションは終了しました。)
  • #1

    ジャスミン (金曜日, 28 9月 2012)

    りすちゃん、可愛くなりましたね。
    私はりすちゃんが大好きです。
    早く真菌症が治るといいね。

  • #2

    musubichan (土曜日, 29 9月 2012 06:56)

    ジャスミンさん
    、りすちゃん本当にますます可愛さアップしてました!
    真菌症もお薬で思っていたより早く良くなりそうで
    ほっとしています
    テマリちゃんが何か月もかかっていたので
    みんなも全身はげてしまって治療にしばらくかかると思いましたが
    早めにお薬を飲ませてあげられたので広がらずにすみっました

    これはジャスミンさんや皆様のご支援があったから
    できたのです。本当にありがとうございました