2012年

7月

23日

広告の反響

 

わんにゃんクラブさんが

 

新聞折り込みの広告で

 

このままではもらわれずに大人に

 

なってしまう子猫が出そうで

 

広告料は高いけれど載せました

 

しかし、先回の反響とは裏腹に

 

1本の電話もメールもありませんでした。でもこうして保護された子たちが

 

いるんだって事を頭のかたすみに置いてもらってたら

 

今度猫を飼う時に思い出してくれればと思います

 

しかし里親探しのサイト「ネコジルシ」「ペットのおうち」「ペネット」

 

「いつでも里親募集中」などに載せていますが、今まで順調に里親様が決まって

 

いたのに、最近お問い合わせが途絶えてしまいました

 

 

現在里親募集中の子猫は15匹 大人の猫が11匹

 

ケージの空きを待ってる子猫が13匹です

 

今年に入って里親様が決まった子たちは54匹です

 

お目目が悪化していた

 

新入りのせい君とガク君

 

キジトラのガク君はクスリで良くなりそう

 

ですがキジシロのせい君の目はやはり

 

癒着がひどく手術しないといけないそうです

 

お金も体の負担もかかるので

 

 

 

じゅん君と同じように去勢手術と

 

一緒に目の手術をするかもしれません

 

しかし、先生もそれを待ってて

 

里親にもらわれえやすい子猫の

 

時期を逃してしまうのも心配され

 

目の手術を先にしても良いのではと

 

言っておられ、これからどうするかを決めることで、この子たちの将来も

 

変わってきますね

 

 

私は保護部屋から我が家に家族に

 

迎えるために犬と猫を保護された

 

子たちを選びました

 

そう、まるで商品や果物を選ぶように

 

元気そうで見た目もきれいな感じの子を

 

もとめました

 

仲良くなった友人が、同じように保護された猫をと保護部屋を訪れたら

 

風邪で鼻水がぐじゅぐじゅでひどい状態の子がおり

 

「この子は私でなければ」と思い家族に迎えたそうです

 

 

それを聞いて自分の動物への愛情は?といろいろ考えさせられました

 

その後家族に迎えた子はなかなか里親の決まらない大人で皮膚病の子だったり

 

片足切断の子だったりしたのですが、ハンデがあってもたくましく生きるこの子たちに

 

教えられることもたくさんあり、同じ尊い命に見た目や病気は

 

里親になる者のとらえかたで幸せなものに変えていけると信じています

 

確かに見ていて可愛そうに思えたり、辛いこともありますが

 

この子たちからもらう幸せの方が大きいです

 

 

 

 

 

とっても可愛いアッシュ君

 

保護部屋一番の甘えん坊さんで

 

一生懸命里親様にすり寄って行きますが

 

なかなかお声がかかりません

 

この子も子猫の時にここへ来て3年近くが

 

過ぎようとしています

 

お目目が片方無くてもきっとこの子との生活は笑いあふれる楽しいものになると思います

 

アッシュ君、きっと君の運命の糸で結ばれた家族を

 

見つけるからね、もう少しだけ待ってるんだよ

コメント: 2 (ディスカッションは終了しました。)
  • #1

    ちでまる (水曜日, 25 7月 2012 11:16)

    我が家には猫が2匹います。
    どちらも我が家の前に捨てられてました。
    その内の1匹は、目がヤニで塞がってて、鼻も鼻水が詰まって呼吸困難でした。
    獣医さんからは、もう危ないから覚悟を決めるように言われて、それでも(元)妻が必死に看病して、持ち直しました。
    獣医さんも感心してました。
    今では元気で、わがままいっぱいに走り回ってます。
    私のブログにも、その元気な様子を一部載せてたりします。
    http://pink.ap.teacup.com/tidemaru/

    皆、可愛いですよね。
    どうかいい里親が見つかる事をお祈りします。

  • #2

    musubichan (水曜日, 25 7月 2012 17:22)

    ちでまるさんこんにちは
    ちでまるさんのところの猫ちゃんは家の前に捨てられていたのですか?
    知りませんでした。。。
    仔猫は風邪をひくと一気に具合が悪くなり、死んでしまう子も多いようです。そんな状態で捨てた人の気持ちが理解できませんが、奥様、ちでまるさんの愛情が子猫たちを救ってくれたのですね

    いつも可愛いイラストの猫ちゃんの生い立ちがわかると
    さらにイラストの猫ちゃんにも愛着がわきます