2012年

7月

13日

大切な子猫の目

 

じめじめとした日が続きますが、こんな時は菌も繁殖しやすいので

 

仔猫の健康管理には得に気をつけてあげたいですね

 

 

さて、この可愛いキジ白の猫ちゃんですが、

 

鳴門の渦潮の近くの漁港で保護したことと、しっぽの先がくるんと渦を巻いているよう

 

だったので「なると君」と名前を付けました

 

 

保護した時は両目がふさがってて、最初に訪ねた獣医さんでは

 

手遅れだからと手術をしてもらえず、眼球がつぶれると言われていました

 

でも2件目にたずねた獣医さんでは、万が一にかけて手術しましょうと言われ

 

瞬膜と瞼を縫い合わせていただきました。

 

仔猫の治癒力にかけてみたのです

 

術後も目は濁っておりましたが、そんなハンデのあるなると君を

 

里親様は家族に迎えてくださいました

 

 

保護してから5か月以上も狭いケージで子猫時代をすごさせてしまっていて

 

このまま里親様が決まらなかったら、保護した事がなると君にとって

 

幸せだったんだろうかと悩むところでした

 

 

縫い合わせた膜をはがす手術も里親様がしてくださり

 

近況報告をいつも送ってくださってうれしく思っておりました

 

先日届いたこのきれいな目のなると君!ここまできれいに治るなんて!

 

きっとフードも栄養の高い物を選んでくれて、おもちゃもいっぱい買ってもらって

 

たくさんあそんでもらって、のびのびとストレスなくそだったことが

 

なると君の免疫力をあげてくれたのだと思います

 

お目目の治療中の保護部屋のじゅんちゃんやりすちゃんも

 

なると君のおかげで希望が持てます

 

なると君の里親さま、本当にありがとうございました

 

 

頑張ってきれいなあなたたちの目をとりもどそうね

 

他にもたくさん里親様からうれしいお知らせが入っております

 

 

 

 

 

こちらは大人の猫さんを家族に迎えてくださったあーちゃんからの

 

のびのび気持ちよさそうに寝ているパール君

 

やわらかいお布団の上で寝るなんて初めてだったと思います

 

あーちゃんの後をどこにでもついていき、洗い物をしていても背中に登ってくる

 

甘えん坊ぶりです

 

思い起こせば、昨年の暮れ、初めて保護部屋に行った時

 

パール君が必死で鳴いて「僕を連れていって」とケージから手を伸ばしてきたことが

 

ボランティアを始めようと決心したきっかけでした

 

パール君のおかげで、私も生きがいを見つけることができ

 

素晴らしい仲間と出会え、たくさんの命を救うことができました

 

パール君ありがとうね

 

 

ずっと口内炎治療で獣医さん通いであーちゃんには大変な思いをさせてしまっていますが

 

パール君は3.4kgでガリガリだったのですが、ストレスの無い愛された生活で

 

食欲もあり今では5.4kgにもなったそうです

 

いつも可愛い写真を送ってくれてありがとうねあーちゃん

 

 

これからもブログで少しずつ幸せになった子たちの写真も載せていきますね

 

さ~、今日は4匹新しい子猫がやってきます

 

また記事でも紹介させていただきますので

 

これから猫を飼いたいと思っている方、気になる子がおりましたら

 

気軽にメールくださいね、お待ちしております

 

写真のキジトラは3匹兄弟で保護されました。まだ2匹残っております

 

甘えん坊の可愛い男の子たちです(生後3か月弱くらい)

 

ちょっと大きくなってきていますので子猫のうちに里親様がみつかるよう

 

募集を続けていきたいと思っております

 

 

コメント: 4 (ディスカッションは終了しました。)
  • #1

    あーもん (土曜日, 14 7月 2012 20:57)

    わぁ!!こんな幸せそうな写真を見れて
    私も、幸せ気分です。

  • #2

    たんみ (土曜日, 14 7月 2012 22:55)

    まぁ、なると君が記事になってる!!
    記念にもなりますし、とても嬉しいです♪( ´▽`)

    保護時のなると君の写真は、両眼ともに大変な状態で、いつ見ても心が痛みます。
    でも同時に「よくぞここまで回復してくれたなぁ〜」と、感心してしまいます。


    現在、目を痛めてしまっている子猫ちゃんたちが、希望の光を感じられるようになりますように。

  • #3

    musubichan (土曜日, 14 7月 2012 23:21)

    あーもんさん、あの蒸し暑い保護部屋で汗だくでおそうじしていても、
    こんな姿を見ると「頑張ってよかった~」「あのこたち幸せになったんだ~」「今いる子たちの将来の里親様のためにも、しっかりケアしてあげたい」って思えます
    保護部屋に今度幸せになった子たちの写真を貼っておこうかなっておもっています♪

  • #4

    musubichan (土曜日, 14 7月 2012 23:25)

    たんみさん、なると君のために買った目ぐすりを、あの漁港の人に
    渡しておいたので、なると君を保護した後は子猫たちが風邪をひいても
    目が悪化しないですんでいます
    なると君のおかげで、光を失わずにすんだ子もたくさんいるんですよ~

    なると君の送ってもらった写真は全部宝物です!
    本当にありがとうございました